広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    補強

    プロ野球は31日、今季の補強期限を迎える。トレード、新外国人選手の獲得、育成選手の支配下登録が締め切られる。シーズン終盤の戦いに向けて、戦力をどう整えたのか? 駆け込みはあるのか? 各球団の現状を整理した。


       ◇   ◇   ◇

    <巨人>

    新外国人デラロサを獲得し、日本ハム、楽天とのトレード2件で鍵谷、藤岡、古川が加入。育成からは4選手を支配下登録し、期限内の補強を終えた。

    <DeNA>

    リリーバー左腕・ソリスを獲得。さらに先発右腕の中川虎を育成から支配下登録し、支配下枠は上限の70人となり、期限内の補強を終えた。

    <広島>

    鈴木球団本部長(29日に育成サンタナを支配下登録し、上限70人)「補強は終了。外国人8人? 昨年と同じ。入れ替えながらやりくりできると思う」

    <阪神>

    7月にロッテから交換トレードで中継ぎ右腕の高野、新外国人野手のソラーテが加入。育成1年目の片山を支配下登録し、今シーズン中の補強を終えた。

    <中日>

    加藤球団代表(6月30日にオリックスにモヤ、松井雅、松井佑を譲渡し、松葉、武田を獲得)「今季中の補強は終了。今季は現状の戦力で戦います」

    <ヤクルト>

    球団ワースト16連敗を喫し最下位も、補強や育成からの登録はなし。小川監督は「現有戦力で戦う」。先発陣の立て直し、故障者の復帰を待つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-07300608-nksports-base

    広島と支配下選手契約を結んだドミニカ共和国出身のモンティージャが11日、マツダスタジアムで記者会見に臨み「とても幸せ。一番自信があるのはストレート。持てる力を100パーセント出し切りたい」と意気込んだ。6年契約で契約金10万ドル(約1080万円)、年俸約8万ドル(約860万円)で背番号は98。

     190センチ、115キロの大柄な左投手は最速154キロを誇る。23歳でカープアカデミーを経て今春に育成契約を結んだ。「低めに強い球をコントロールして、ゴロ、フライを取るスタイル」で、2軍では8試合に投げて2勝2敗、防御率1.98。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000094-kyodonews-base

    第2のフランスアになれ! 広島が10日、エマイリン・モンティージャ投手(23)と、アルフレッド・メナ投手(25)のドミニカ人練習生2選手と育成契約した。ともにフランスアと同じカープアカデミー出身で、球速は最速150キロを超える速球派。推定年俸はともに230万円(契約締結日5月10日以降の金額)。2投手のプロフィルとコメントは以下の通り。

    モンティージャ/1995年10月2日生まれ、190センチ115キロ。左投げ左打ち。背番号141 「ファンの皆様の応援で育成契約を結ぶことができました。目標の選手は床田選手です。早く1軍に上がり、自慢の153キロのストレート、チェンジアップとスライダーでカープの勝利に貢献し、ファンの皆さんに楽しんでいただけるよう精いっぱい頑張ります。応援よろしくお願いします」

    メナ/1993年12月6日生まれ、187センチ88キロ。右投げ右打ち。背番号144 「育成選手になれてとてもうれしく思います。長く1軍でプレーできる選手になれるように、チームメートのみんなと一緒になって頑張っていきます。自分の特長としては球速が158キロ出ることです。また、これから日本のいろいろなところに行って、日本の文化を学んで行きたいです。応援よろしくお願いします」



    引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-05100743-nksports-base

     広島は14日、ドミニカ共和国カープアカデミー出身で練習生のフアン・サンタナ内野手(24)と育成選手契約を結んだと発表した。年俸230万円で背番号は146。身長181センチ体重100キロ、右投げ右打ちの大型内野手で今春は日南キャンプに参加し、柔らかいグラブさばきと長打力をアピールしていた。そのフォームと力強いスイングは首脳陣から「バレンティンのようだ」と高い評価を受けていた。


     サンタナは「守備は菊池涼選手のように、打撃はバティスタ選手のようになりたい。一生懸命頑張って、早く1軍に昇格したい」と球団を通じて意気込みを語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000125-dal-base

     広島への加入が決まった前マリナーズのケーシー・ローレンス投手が自身のインスタグラムを更新し、新天地での活躍を誓っている。


     キャリアを通じて四球数が少なく、打たせて取る技巧派の右腕。「#GO CARP」のハッシュタグと共にインスタグラムに投稿されたメッセージは、性格の良さが表れた内容となっている。

    「広島東洋カープに入団できることに非常にワクワクしています。(巡ってきた)この機会に感謝していますし、(広島という)この街に4度目の“日本一”を届けるために、この素晴らしい球団と共に戦っていくことが待ち遠しいです。特にこの広島という素晴らしい街の中で、日本の価値観や文化を学び、そして味わっていくことを、私も家族も熱望しています。私たちは将来を楽しみにしていますし、待ちきれません。近いうちにお会いしましょう! ゴー、カープ! -ケーシー・ローレンス」

     日本でのプレーだけでなく、文化にも強い興味を示しているローレンス。広島というアットホームなチームに馴染むのに時間はかからなそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00265407-fullcount-base

     広島は4日、来季の新外国人としてケーシー・ローレンス投手(31)=マリナーズ=と契約合意したことを発表した。契約金は30万ドル(約3400万円)で、年俸は52万ドル(約5900万円)プラス出来高。背番号は70に決まった。

     ローレンスは米国出身で、2017年にブルージェイズでメジャーデビューを果たした188センチ右腕。今季はマリナーズで中継ぎとして11試合に登板し、1勝0敗、防御率は7・33だった。

     ローレンスは「カープの一員になれて、とてもエキサイティングな気持ちです。日本シリーズ優勝に向けて、一緒に戦えることを楽しみにしています」とコメント。優勝旅行中のハワイで対応した緒方監督は「面白い技巧派の投手。(投手陣に)厚みを持たせてやっていこうと思っている」と来季の活躍に期待した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000074-sph-base

     ぶっちぎりの強さで球団史上初のリーグ3連覇を飾った広島カープ。阪神をはじめとする他球団を寄せ付けなかった強さの秘密はどこにあるのか。デイリースポーツの広島取材班が3連覇を飾った裏側に迫る。

     リーグ3連覇は、エリック・シュールストロム氏(49)とスコット・マクレーン氏(46)の駐米スカウトの存在なくして語れない。今季もジョンソンをはじめ、ジャクソンやエルドレッドなどがチームを支え続けてきた。

     広大な米国を東西で分ける。ニューヨークなどの東部地区はマクレーン氏、ロサンゼルスなどがある西部地区をシュールストロム氏が担当する。シーズンが進み、気になる選手がいれば東西を入れ替え確認。シュールストロム氏は、その狙いを「投手と野手の視点を入れることが大事。ダブルチェックをしないと公正な評価ができない」と説明した。

     投手で言えば、技術面は球速、投げ方がスムーズか、角度があるかなどをチェック。その中で最も重要視するのは「三振が取れるかどうか」だという。ジョンソン、ジャクソンとも米国時代は高い奪三振率を誇った。かつて獲得したコルビー・ルイス、サファテ、ミコライオらもそうだった。日本の打者は球に対するコンタクトに優れているだけに、それをねじ伏せられる力や球種があるかが最も重要な判断材料となる。

     もちろん性格面も考慮する。「本来の投球ができなかったときの態度や、野手で言えば凡打したときにヘルメットを投げつけるとか。そういう姿を見れば日本でプレーしたときの姿が見えてくる」。03年から駐米スカウトを務めているだけに、メジャー30球団に加えマイナーリーグにも太い人脈を持つ。内面を近い人から聞けることは、大きなメリットになっている。

     毎年100人超のリストを作って年に1度来日し、球団首脳や編成担当に映像やレポートで報告する。レポート用紙にはびっしりと特徴や感想が書かれている。「すべての質問にしっかりと答えなければいけないから」。その眼力と熱意に球団は絶大な信頼を寄せている。

     「自分が見てきたものを包み隠さず、正直に伝えることが大事。間違っていることがあるかもしれない。でも自分にしか見つけられないものがあるかもしれないんだから。それが信念だ」。敏腕スカウトは力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000041-dal-base

     ソフトバンクの曽根海成内野手(23)が広島に移籍することが22日、決まった。美間優槻内野手(24)との交換トレードが成立し、同日に両球団から発表された。


     曽根は京都国際高から育成ドラフト3位で14年にソフトバンク入団。17年3月に支配下登録され、1軍で2試合に出場した。同年のフレッシュオールスターゲームでは育成ドラフト出身選手として初のMVPを獲得。今季は1軍出場はないが、2軍で39試合に出場し打率3割1分6厘をマーク、本職の二塁、遊撃手だけでなく三塁や外野も守っていた。

     入団1年目のオフ、球団納会で体を張って盛り上げる曽根の姿に着目したのが同会にゲストで来場していたソフトバンクファンのタレント間寛平だった。「後援会長」を名乗り、連絡を取り合う仲になった。

     曽根は球団を通じ「聞いたときは驚きと寂しさがありましたが、強いカープでプレーできるのはチャンスだと受け止めています。育成からここまで成長させてくれたホークスファンの皆様、1、2、3軍の監督・コーチ、選手、スタッフの方々には感謝の言葉しかありません。広島で活躍することが一番の恩返しだと思いますので、1軍で活躍できるよう頑張ります」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010026-nishispo-base

     ソフトバンク曽根海成内野手(23)と広島の美間優槻内野手(24)の交換トレードが22日、両球団から発表された。内野手の層を厚くしたい思惑が一致。補強期限の今月31日を迎える前に、駆け込みで交渉がまとまった。


     曽根は京都国際から13年育成ドラフト3位でソフトバンクに入団。17年3月に支配下登録された。今季1軍出場はないが、2軍では39試合に出場。打率3割1分6厘、0本塁打、8打点。本職の二塁、遊撃手だけでなく三塁や外野も守っている。1軍のバックアップへの成長が期待される。

     美間は鳴門渦潮(徳島)から12年ドラフト5位で広島に入団。昨年まで1軍出場1試合にとどまったが、今季は開幕1軍をつかむなどここまで30試合に出場。うち8試合にスタメン出場している。打率1割3分9厘、0本塁打、1打点の成績。鋭いスイングで長打力も秘める。主に三塁を守り、グラブさばきは柔らかく送球に安定感がある。ベテラン松田の後継者として期待される。

     午後にスーツ姿で福岡・筑後市のファーム施設に戻ってきた曽根は、2軍、3軍の選手にあいさつを行った。「今はさみしい限りです。広島はセ・リーグで一番強いチーム。守備と足をアピールしていきたい。ソフトバンクでは得たことしかない。これを広島でも生かしたい。赤いユニホーム似合うかな」と、新天地への思いを語った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00276229-nksports-base

    このページのトップヘ