広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    読売ジャイアンツ

     4年連続でリーグ制覇を逃した巨人は、今季もリーグ3連覇した広島に7勝17敗1分と大きく負け越した。

     かつては得意球団にしていた広島戦だが、2015年から4年連続で負け越し。特に2017年が7勝18敗、18年が7勝17敗1分と、ここ2年は10以上の借金を作った。敵地・マツダスタジアムでは、CSを含めると2勝12敗と広島に完全にのみこまれた。

     9月29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、「2年連続でしょ。今年も何も対策ができなかったということですよ」とバッサリ。「今年もダブルスコアですからね。広島優勝の最大の功労者ですよ」と皮肉った。

     8月30日の試合では、8回まで2-3と1点ビハインドも、9回に守備のミスなどで3点を失いこの試合に2-6で敗れた。同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島』で解説を務めた山崎武司氏は「(巨人は)力負けしたという一言に尽きますけど、今日も8回まで(2-3と)いい勝負をしていた。再三言っているように、ちょっとしたミスに付け込んで、最後はカープが勝ってしまう。王者カープですよね」と、小さなミスを見逃さない広島と、ミスが失点に繋がってしまう巨人との差を分析。

     来季から巨人をこれまでに7度リーグ優勝に導いた原辰徳氏が監督に復帰する。この2年間の屈辱を晴らすような戦いぶりに期待したい。

    ▼ 巨人の2015年以降の広島との対戦成績
    2015年 10勝15敗 
    2016年 12勝13敗
    2017年  7勝18敗
    2018年  7勝17敗1分

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00171859-baseballk-base

    セCSファイナルステージ第3戦
    ○ 広島 5 - 1 巨人 ●
    <10月19日 マツダスタジアム>

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ 第3戦 広島-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、広島と巨人の下位打線の差について言及した。

     巨人は2回無死走者なしから4番・岡本和真が失策、7番・陽岱鋼の四球で二死一、二塁の好機を作ったが、小林誠司が空振り三振に倒れた。その裏、広島は先頭の5番・メヒア、6番・野間峻祥の連続二塁打で先制。7番・会沢翼の遊ゴロで野間が三塁へ進むと、8番・安部友裕の一ゴロの間に野間が2点目のホームを踏んだ。

     2回に下位打線で得点できた広島と、得点できなかった巨人。“2回の攻撃”が結果的に、勝敗を分けたといえるだろう。江本氏は「そもそも広島の下位打線と巨人の下位打線を比べちゃダメですよ。今年の広島は、下位打線が繋がっていますし、点の取り方に余裕がありますよね」と語った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00169708-baseballk-base&pos=4

     9月29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島が独走した理由について語った。

     江本氏は「チーム力は広島がダントツにありますけど、それに(他球団が)劣るかといわれれば、そんなになかったと思うんですよね。基本的にはチーム力の差はそんなになかったと思います」と指摘。

     では、どこで差が開いてしまったのか…。江本氏は「選手一人一人を比べて劣るはずではないのに、成績があがってこない。その差が出た。チーム作りの問題でしょうね」と話す。

     「巨人や阪神などは成長してこないじゃないですか。たしかに広島の場合は選手層が厚さはあるが、一軍のフルメンバーはヤクルト、巨人、阪神なども負けていませんよ」と話し、「監督がダメなのもありますけど、選手ですよ」と広島に比べると、選手たちの力に問題があると分析した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00168457-baseballk-base

     「巨人5-4広島」(30日、東京ドーム)

     今季限りでユニホームを脱ぐ広島・新井が試合前に巨人・上原と阿部から花束を受け取った。

     試合後は「練習の時から歓声を送ってもらい幸せでした。巨人球団、上原さん、慎之助(阿部)に心から感謝しています」と頭を下げた。続けて「上原さんは同期ですごいピッチャーだった。何とか打てるようになりたいと思って練習した。慎之助とは長いこと戦ってきてオリンピックでは一緒のチームだった。敵だが、それ以上に友達のようにやってきた。これからも頑張ってほしい」とエールを送った。

     東京ドームの巨人戦はこれで最後。神宮球場やナゴヤドームでも花束を受け取り「どこの球場でもこういう風にやってもらって感謝しています。申し訳ないぐらいです」と恐縮しきりだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000107-dal-base

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島の強さの要因について挙げた。

     江本氏は広島打線の強さの要因のひとつに、点差が開いたあとの打撃だという。江本氏は「こういう点差になるとバッティングが粗くなるでしょ。広島打線は粗くないですよ。点差開いてからシングルヒットを打っている」と分析。

     江本氏が言うように、8-1となった4回以降の広島は8安打しているが、そのうち長打は8回に適時二塁打を放った小窪哲也の1本のみ。その他は全部シングルヒットだ。

     10-1で迎えた9回一死走者なしから丸佳浩が放ったセンター前ヒットに江本氏は「今の打ち方でも、ホームランボールみたいな球ですよ。センター返しにしてバッティングを維持している。こういうところができているんですよ。見ていればわかりますよ。こういうことを徹底しているのが、広島の強いひとつの原因だと思いますね」と挙げた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00164080-baseballk-base

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島対策について言及した。

     江本氏は「今までの普通の攻め方をしていたら抑えられません。広島打線はずっと打ち続けますよ。攻め方というと、インコース攻めを徹底するしかない」と広島打線を封じる秘策に“内角攻め”を挙げた。

     「打ちやすい球がくると広島は思い込んでいるので、そこを変えないと。広島の選手は相手を良く読んでいるんですよ。2位以下のチームは、データを一切辞めて、徹底してインコース攻める。たまに外角を投げればいい。バッティング自体の調子は崩れていきますよ」と続けた。

     「草野球程度のアドバイスしかできないんですけど、その程度なんですよ。それすらできていないんだから。データ、データと言いたがるんですけど、全然活きていないんですよ。データは関係ないんですよ。広島がなぜ打てるかというデータが全く入っていない。はっきりいえば分析力がない。ただデータを取っているだけ。だからデータは関係ないんですよ」と指摘した。

     首位を走る広島を封じるためには、江本氏が話したように“インコース攻め”の徹底が重要になっていきそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00164076-baseballk-base

     広島・大瀬良が6日の巨人戦(東京ドーム)に自己最多の11勝を懸けて先発する。尊敬する菅野との投げ合いを前に5日の練習後「素晴らしい投手。しっかりとゲームを作れば、打線が援護してくれると思います」と話した。前回6月29日のDeNA戦(横浜)では6回1失点も七回の打席でバント後、一塁へ走った際に左太もも裏をつって降板。「ホウレンソウとか、マグネシウムが豊富なものを食べるようにしています」とミネラルをフルチャージしてマウンドに上がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000582-sanspo-base

     セ・リーグは今年も広島独走の様相を呈してきた。追走の一番手と見られていた巨人は27日のマツダスタジアムでの直接対決第2ラウンドでも6―8で競り負けて3位転落。ついに7・5ゲーム差をつけられた。

     今季の広島は決して万全ではない。チーム打率こそリーグ2位だが、防御率は4・22で同5位。昨年同時期にダントツだったチーム盗塁数も53からリーグ3位の37に激減し、今年は交流戦も7勝11敗と負け越している。それでも首位にいられるのは選手の意識が他チームより高いからだろう。27日のCG戦でも象徴的な一幕があった。

     7試合ぶりにスタメン出場した広島・新井貴浩内野手(41)は初回に適時打を放つなど2安打1打点だっただけでなく、足でも魅せた。6―3の5回無死一、二塁、走者を進める右打ちの意識もむなしく打球は遊ゴロとなってしまったが、新井は一塁へ全力疾走。併殺を阻止して一死一、三塁の好機を演出し、会沢の二ゴロで事実上の決勝点となる7点目を奪う結果となった。試合後のベテランは「久しぶりのスタメン? 問題なかった。これからもいい準備をしていきたい」と終始笑顔で、5回の走塁についても「当然のことをやっただけ」と特に気にする様子はなかった。

     それに比べて2点を追う8回二死一塁で代打出場した巨人・阿部慎之助内野手(39)はジャクソンの足元を襲う強烈なピッチャー返しを放ちながら、一塁まで“よちよち走り”してアウトになった。カープ関係者が胸を張って言った。「安打が出なくても何とか点を取るというのは優勝した昨年、一昨年から掲げていたこと。それをああいう(併殺を阻止する)プレーで新井さんが体現してくれたのは大きい」。緒方孝市監督(49)も「新井が勝負強い打撃を見せてくれた。それから、つながりのある攻撃を意識してやってくれているのは頼もしいし、ありがたいこと」と最敬礼だ。

     新井が打席に入る際の登場曲はスキマスイッチの「全力少年」。足の速さは新井も阿部も似たようなもの。おじさんがおじさんなりの全力を尽くすからこそ広島は強い。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000055-tospoweb-base

    <広島4-2巨人>◇28日◇マツダスタジアム

     巨人が首位広島に3連戦3連敗した。野球評論家の西本聖氏にテレビ観戦でこの3連戦を分析してもらった。



     -巨人が昨季7勝18敗と苦手にした広島に3連敗。今季もこれで対戦成績は2勝8敗となった

     西本氏 勝負の世界には流れがある。3連戦の頭となった26日の第1戦。この試合が流れを決めてしまった。

     -巨人はドラフト1位ルーキーの鍬原が先発。1回表に4点を先制してもらったがその裏に松山に満塁弾を浴び4失点。結局3回途中7失点で降板した

     西本氏 第1戦の先発が鍬原だと聞いた時「えっ」と思った。鍬原で大丈夫か? というのが率直な気持ちだった。交流戦のソフトバンク戦でプロ初勝利を挙げた勢いに期待したのだろうが、新人にはその期待が大きなプレッシャーになる。鍬原が悪いというわけではないが、ここは田口に任せて欲しかった。今季はまだ2勝とはいえ、昨年、一昨年と2桁勝利を挙げた投手。16日のロッテ戦も負け投手になったものの8回を1失点で完投している。去年の良いときの状態に近づいてきたかなと思っていただけに田口に3連戦の頭を託して欲しかったなと思った。

     -田口は27日の第2戦に先発したが1回にいきなり4失点。3回にも鈴木に一発を浴びるなど4回5失点で負け投手になった

     西本氏 初戦で広島打線(13安打で14得点)を一気に勢い付かせてしまった。そして流れも。結果、28日の第3戦ではエース菅野でもこの流れ、勢いを止められなかった。

     -それにしても巨人は去年から広島に分が悪い

     西本氏 広島打線というのは去年と主力がほとんど変わっていない。それなのに抑えられないというのはミーティングで対策が徹底されているのか問われる。去年の反省も生かされていないということ。この3連戦を見ても打たれすぎ(34安打)だし四死球(17個)が多すぎる。

     -一方の広島はどうだったか。第3戦は2年目の高橋昂が6回を2点に抑えてプロ初勝利

     西本氏 高橋昂は腕も良く振れていたしスライダーも良かった。野間の逆転3ランも出たりとチームの勢いにも助けられた。これも巨人が広島に流れを与えてしまったから。流れ、勢い。改めて思うが初戦は田口で行って欲しかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00252787-nksports-base

    このページのトップヘ