広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    読売ジャイアンツ

     巨人の田口麗斗投手が4日、ジャイアンツ球場で個人練習に参加。ブルペン入りし捕手を立たせて47球、投げ込んだ。個人調整期間中に新しい球種にもチャレンジしており「充実しています」と話した。

     広島県出身の左腕は5日の子どもの日を前に幼少期の憧れの選手を語った。「子どものころの憧れは黒田投手ですね!テレビでよく見てましたから。後は嶋選手!赤ゴジラね!」と明かしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000106-dal-base

     KAT-TUNの亀梨和也(34)が18日、日テレ系「衝撃のアノ人に会ってみた!」(後7時)に出演。日本ハム、広島、巨人の内野手として全力プレーを見せ、巨人の内野守備走塁コーチだった2010年4月7日に37歳の若さで死去した木村拓也さんの長男・恒希さん(20)らと対面し、父との思い出を聞いた。


     木村さんは1972年4月15日、宮崎県田野町(現宮崎市)生まれ。宮崎南高から90年ドラフト外で日本ハム入団し、92年にプロ初安打をマークすると、95年に広島、06年途中に巨人へ移籍。04年にはアテネ五輪日本代表で銅メダル獲得するなど、投手以外の全ポジションをこなすユーティリティープレーヤーとして、プロ19年間で1523試合に出場。熱血プレーと温かい人柄で、チームメートやファンに愛された。

     番組では野球に取り組んでいた恒希さんが亡き父の言葉「やると決めたら、最後までやり抜け」を胸にプレッシャーの中で奮闘を続けたことを紹介。高校1年の秋、右膝の負傷に苦しみながらも、必死のリハビリで最後の夏、レギュラーを勝ち取ったことに触れ「僕自身、この言葉に助けられることも多くて…」という恒希さんの思いが打ち明けられた。

     さらに、亀梨と恒希さんは木村コーチが最後まで魂を燃やしたマツダスタジアムを訪問。恒希さんは「父が倒れて、ここに来るのは10年ぶりです。父がいた場所なんで、僕も同じ立場で…選手としてここに立ちたかったと思いますね」と本音を吐露した。

     恒希さんは現在、大学で建築学を勉強中だが、「父を忘れたくない」という思いから、野球に携わる仕事に就くことを視野に入れている。そんな20歳に巨人・原辰徳監督がVTRでメッセージを披露。「大きな夢を持って前に進んでいると聞いています。拓也も喜んで天国から見守っていると思います」と語ると、恒希さんは感激の面持ちで「ビックリしました」とコメントしていた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-03180170-sph-ent

     「オープン戦、巨人8-9広島」(24日、沖縄セルラースタジアム那覇)

     広島の長野久義外野手(35)がオープン戦初安打を放った。


     六回の先頭に代打で登場すると、古巣・巨人のファンからも大きな声援が送られた。その初球、高田の145キロ直球をはじき返して中前打をマークし、この日は2打数1安打。

     試合後は、オープン戦初安打だったが、と問われ「いいです、いいです」と気に留めていない様子。「お疲れ様でした」と言って球場を後にした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000120-dal-base

     広島から戦力外通告を受けた横山弘樹投手が自身のインスタグラムを更新し、来季から巨人の打撃投手を務めることを発表した。



     横山は2015年ドラフト2位で広島に入団。ルーキーイヤーの16年には6試合に登板し2勝2敗、防御率5.47の成績を残したが、その後は1軍登板なく今オフに戦力外通告を受けていた。

     自身のインスタでは「来季から読売ジャイアンツで打撃投手を務めさせて頂くことを昨日正式に契約して頂きました」と発表。怪我をしてから支えてくれたトレーナー、裏方に感謝の言葉を綴り「悔いがあるとするなら1軍でもうひと花咲かせるところをファンはもちろんですが、そのトレーナーさんに見せれなかったことです」と思いを吐露。

     来季は巨人で打撃投手として第2の人生をスタートするが「ジャイアンツ関係者並びにファンの皆さん。どうか宜しくお願い致します」と綴った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00633402-fullcount-base

     現在開催中の「プレミア12」でオフィシャルタイムキーパーを務めるスイスの高級腕時計ブランド・ウブロが12日、都内で「ウブロ×プレミア12 チャリティーイベント」を開催し、ゲストとして元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂氏(53)、今年5月に現役を引退した元巨人の上原浩治氏(44)が登場した。

     このイベントは、台風15号、19号によって甚大な被害を受けた千葉県の野球少年が練習するグラウンドの復興支援として行われたもの。参加した少年少女や長嶋、上原氏による野球アトラクションの結果によってチャリティー金額が決定し、千葉県少年野球連盟に寄付されるというものだ。

     長嶋氏は集まった野球少年の前に姿を現すや、「おじさんは野球は下手だから、僕とは遊ぶつもりで。野球のことは、元メジャーリーガーの上原君に聞いてください」と自虐トークで挨拶。しかし子供たち相手にノックをするアトラクションでは、「捕球時はグローブを下から上に動かそう」「ダイビングキャッチより、正面のゴロをきちんと捕れるよう基礎をしっかり身につけることが大事」と熱血指導を展開し、バッティングの的(まと)当てゲームでは、自身がボテボテのゴロを連発するとバットを地面に叩きつけて悔しがるなど、完全に本気モードで汗を流していた。

     最終的には現役時さながらの制球力を発揮した上原氏の活躍もあり、同アトラクションの結果として180万円が寄付されることとなった。

     その後の質疑応答コーナーで、参加した子どもの一人に「生まれ変わってプロ野球選手になったら、どこの球団に入りたいですか」と聞かれた長嶋氏は、「広島ですね」と即答。「大学4年時のドラフト前、実は広島からもお誘いがあったんです。広島は大型の選手を育てるのがすごく上手いので、もし入団していたらどうなっていたんだろうって」と秘話を明かした。にもかかわらず指名を事前に断った理由は、「映画の『仁義なき戦い』を見て、広島ってずっとドンパチやってるところだと信じ込んじゃって、これは怖くて行けないと思ったから」と、真偽の確かめようのない“一茂ワールド”を炸裂させていた。

     イベント後の囲み取材では、「チャンスがあればプロの世界でコーチもやりたいと、この20数年間ずっと願ってきた」と語った長嶋氏。報道陣から、同イベントに参加した子供たちの年代であるU12日本代表の監督などどうかと勧められると、「元木(大介・現巨人コーチ)がやってたやつでしょ? いいじゃない。やりますよ」と意欲を見せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000201-spnannex-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     今オフに監督が交代したのは、パ・リーグが楽天1球団、セ・リーグも広島、ヤクルトの2球団。12球団中3球団だけなのに、コーチ陣には大量入れ替えの旋風が吹き荒れた。監督交代でコーチ陣も大刷新というのならわかるが…なぜ異常事態は起こったのか。

     5年ぶりのリーグ優勝をしながら7年ぶりの日本一奪回に失敗した巨人は内田巡回打撃コーチ、小谷巡回投手コーチという熟練のコーチをはじめ7人を退任させた。

     同時に実松2軍バッテリーコーチ、二岡3軍総合コーチ、山口3軍投手コーチなど若返り人事を断行。阿部を2軍監督に据えた人事とリンクし、2年後のポスト原体制もにらんでいるのだろう。

     ラミレス監督が続投したDeNAも同じ狙いが見え隠れ。今季1軍投手担当だった三浦コーチを2軍監督に配転している。同時に万永2軍監督を2軍総合コーチに。近い将来の監督候補生に帝王学をマスターさせる思惑だろう。

     今オフのコーチ陣入れ替え人事は巨人、DeNAのケースだけでは片付けられない。中日2軍監督に仁村徹氏が復帰したり、その中日2軍監督の座を追われた格好の小笠原が古巣の日本ハムに戻り1軍ヘッド兼打撃コーチに就任したりしているからだ。

     背景には球界の深刻なセカンドキャリア問題がある。球界OBが生々しく証言する。

     「昔はユニホームを脱いだら、ネット裏で新鮮な充電生活を送れたが、今はテレビの地上波でのプロ野球中継は激減。年間契約ではなく、1本いくらの厳しい評論家生活で、満足に食えない危機的状況だ。だから、一度ユニホームを着たら絶対に脱ぐな! 現場を離れるな! がわれわれの合言葉になっている」

     いろいろな球団を渡り歩いてでも現場でコーチを続けるのがベストなセカンドキャリア。それが紛れもない現実だ。日本プロ野球界が抱える、シビアなお家の事情である。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000004-ykf-spo

    プロ野球が好きだから-。巨人原辰徳監督(61)がプロ野球活性化、発展のための持論を展開した。時代の流れなのか。昨今のプロ野球界に意見を堂々と唱えることは、一種のタブー感が漂う。そんな中、原監督は秋季練習中に記者をベンチに迎え入れてプロ野球界の問題点、改善点、その先にある未来を語る。数日前にはセ・リーグでの「DH導入」を呼びかけ、今回はフリーエージェント(FA)制度での「人的補償の撤廃」を訴えた。


    「なんのメリットもない。プロテクトは28人しかいない。これは、なくす必要ありますよ。暗いニュースになる。FAっていうのは明るいこと。それを暗いニュースにさせてしまう」

    昨オフ、広島から丸、西武から炭谷をFAで補強した。一方で人的補償で長野、内海の放出を余儀なくされた。もちろん、リスクなきメリットはない。だが、人的補償のネーミング、制度そのものは現代社会の感覚とは合致しているとは言い難い。今季から1軍登録メンバーが1人増えて29人になった。人的補償で採用されているプロテクト枠の28人は、29人であっていい。さらには日本シリーズの登録は40人、メジャーリーグのロースターも40人。完全撤廃とは言わずとも、プロテクト枠を40人に拡大することも案として提言した。

    ルールの上で戦い、戦略を練り、チームを編成していくことは重々理解している。ただ、ルールは時代とともにアップデートさせるべきものであってもいい。「ルールをどうやって決めたかって分からないけど、もっとフェアなルールにしなきゃダメですよ。人的補償という犠牲者みたいな名前も悪い」と話した。

    プロ入りから同一球団で引退までやり抜くことが間違いではない。それぞれの価値観を尊重した上で、自由競争の概念も忘れてはいけない。選手生命が限られる選手は個人事業主として勝負している。選手として一人前になった勲章として「FA権」が与えられる。ただ、行使を宣言しなければ効力を持たない。一方、メジャーリーグは在籍6年で「自動的にFA」になる。もちろん、すべてメジャーリーグをなぞる必要はない。移籍の活性化は発展の一助になる可能性は高い。だが、サッカーなど世界のスポーツ界で、日本球界は異質である事実は否めない。【為田聡史】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11050895-nksports-base

     現在放送中の『ザ・フォーカス フライデースペシャル』に出演するショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、日本シリーズで敗戦した巨人について言及した。

     巨人は14年以来となるリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズは優勝した西武をクライマックス・シリーズで下し、2位から出場したソフトバンクに1勝も挙げることができず敗れた。

     江本氏は「セとパの力。交流戦も含めて、日本シリーズも一方的にやられているのは力の差が出たと思います」と分析した。

     また、巨人が日本シリーズを敗れた原因のひとつに、セの5球団も関係していたという。「日本シリーズで巨人が負けたのもあとの5球団が、だらしないからなんですよ。競り合っていないんですよ。西武の貯金が18、ソフトバンクの貯金が14で、貯金の差が4つしかない。巨人の場合は貯金が13あったが、2位・DeNAは2つ、3位・阪神は貯金1つ。こんな弱いチームと試合をしたってチーム力はあがりませんよ。巨人が負けたのは、ベイスターズと阪神のせいです」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00207215-baseballk-base

     元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(71)が26日、自身のブログを更新。セ・リーグのDH制導入について「俺は反対」と自身の考えを示した。
     セ・リーグで5年ぶり優勝を果たした古巣・巨人がパ・リーグの2位から勝ち上がって来たソフトバンク相手に日本シリーズで1勝もできず。4連敗で敗退した。

     これで2013年の楽天からパ・リーグ球団が7年連続日本一となり、2005年にスタートした交流戦もパ・リーグが10年連続勝ち越し中と「パ高セ低」の状況が長く続いていることもあって、日本一を逃した翌24日に巨人の原辰徳監督(61)が「DH制というので相当差をつけられている感じがある。(セ・リーグも)DH制は使うべきだろうね」と提言。25日には西武、ロッテで監督を務めた中日の伊東勤ヘッドコーチ(57)が「セ・リーグの醍醐味は投手も打席に入ること」とした上で「日本シリーズは今年はセパどちらの球場でもDH制あり、来年はDH制なしとかにすれば」と隔年制を提案していた。

     そんな状況の中で「セ・リーグのDH制導入について」のタイトルでブログを更新した堀内さん。「結論から言ってしまうと俺は『反対』」とし、「理由はいたってシンプルかもしれないが俺にとってはとても大事なこと。それは『野球の原点を残したい』」と続けた。

     堀内さんは沢村賞の選考委員長を務めており、21日に開かれた選考委員会の結果、今年は19年ぶりの該当者なし。沢村賞の選考基準は15勝、150奪三振、10完投、防御率2・50、200投球回、25試合登板、勝率6割の7項目で、候補に挙がった山口(巨人)は完投ゼロ、有原(日本ハム)が1完投だったことがネックになった。「有原も山口もよく頑張った。ただ、これ以上レベルは下げたくない。完投なしでいいとしたら、沢村さんのお名前に傷をつけてしまう」と話していた。

     投手の分業制が当たり前となった現代にこの選考基準が「そぐわないのでは?」という声は堀内さんの耳にも届いている。だが、それも含めて「時代は流れ色々なものが移り変わりそれに合わせて変えることももちろんあるし必要だろう。その一方で『不変』どんなに時代が変わろうと伝統や守っていくことそれもあると思う」と堀内さん。

     「俺にとってその『不変』の1つが『投手は9人目の野手』という野球の原点。投手は投げるだけじゃなく守備も攻撃もしっかりこなす。という原点。DH制だとピッチャーは気が抜けないから力はつくだろうね。でも、DH制だから強いって言ってしまうのもちょっと違うんじゃないかなぁ。俺はそう思うけどね」と私見をつづっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000236-spnannex-base

     プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが終了し、セ・パ各球団の外国人選手が次々と帰国している。残留を願う選手やMLB復帰を視野に入れる選手など様々で、今後の球団との交渉によって去就が決まる。各球団は来シーズンに向けたチーム編成に着手しており、外国人の補強は課題のひとつ。来シーズン、チームに残留して日本球界でプレーする選手は何人いるのだろうか。外国人選手の動向に注目が集まる。

     セ・リーグをみてみると、日本シリーズ進出を決めた巨人を除いて、外国人助っ人に対する球団の姿勢が徐々に明らかになってきている。リーグ2位の躍進を遂げたDeNAは、ホセ・ロペス内野手(35)、ネフタリ・ソト外野手(30)の強打者をはじめとし、エドウィン・エスコバー投手(27)、スペンサー・パットン投手(31)、エディソン・バリオス投手(30)ら豊富なタレントを抱える。

     複数年契約を結ぶソト、パットンに関しては残留の見込みで、ロペスとエスコバーは残留の意向を示しており今後、球団と残留を前提とした交渉に入るとみられる。今シーズン1勝2敗のバリオスは、日本球界でのプレーを望んでおり、他球団の移籍も視野に入れている。筒香嘉智外野手(27)がMLB挑戦を表明し、来シーズンの戦力ダウンが懸念されるなか、外国人選手においては多くが残留する可能性が高く、戦力は維持されそうだ。

    ■広島バティスタの契約は白紙

     中日の主力外国人選手も多くがチームに留まる気配を見せる。主砲ダヤン・ビシエド内野手(30)は複数年契約を結んでいるとみられ残留の見込み。エニー・ロメロ投手(28)、ライデル・マルティネス投手(22)、ソイロ・アルモンテ外野手(30)に対しては、球団が残留を要請している模様だ。残留が微妙なのがジョエリー・ロドリゲス投手(27)。球団は複数年契約を用意しているようだが、複数のMLB球団が獲得調査に動いているという。

     阪神で去就が注目されるのが、ピアース・ジョンソン投手(28)とラファエル・ドリス投手(31)だ。今シーズン、セットアッパーとして58試合に登板したジョンソンに対して球団は来シーズンの契約を更新する方針だが、複数のMLB球団が興味を示しており残留は微妙。一方のドリスは残留を望むものの、球団は来シーズンの契約に関して明言を避けており、流動的な状況になっている。

     リーグ4連覇を逃した広島は、クリス・ジョンソン投手(35)、アレハンドロ・メヒア内野手(26)、ヘロニモ・フランスア投手(26)の3選手の残留が濃厚で、カイル・レグナルト投手(30)、ジョニー・ヘルウェグ投手(30)、ケーシー・ローレンス投手(31)の去就は未定である。また、ドーピング違反で6か月の出場停止処分を受けたサビエル・バティスタ外野手(27)が注目されるが、こちらは現段階で白紙の状態だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000010-jct-spo

    このページのトップヘ