広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    読売ジャイアンツ

     2017年WBCにおいても攻守に活躍し、決勝トーナメント進出に大きく貢献した一人に挙げられた小林誠司。2019年は炭谷銀仁朗らと切磋琢磨する小林はいったいどのような高校球児だったのだろうか。10代の成長過程を知る恩師・中井 哲之監督に話をうかがうべく、小林選手の母校、広島・広陵高校に向かった。



    「あの子がプロ野球選手に?」と言いたくなる選手だった


    「いやぁ、最初の印象と言われても特にないんですよねぇ…」
    広陵高校に到着し、監督室を訪ねると、中井 哲之監督が出迎えてくれた。早速「教え子の入学時の印象」というテーマを投げかけてみると、冒頭のコメントが苦笑いとともに返ってきた。
    「ぜんぜん目立たない子でした。入ってきた頃のことは正直、ほとんど覚えてないです。まさに『あの子がプロ野球選手になるとは…』と言いたくなる選手なので…」

     大阪・堺市出身の小林 誠司。中学時代は大阪泉北ボーイズに所属し、ポジションは遊撃手兼投手だった。中学卒業後は親元を離れ、広島・広陵高校での寮生活を選択。同学年には現広島カープの野村 祐輔投手がいた。以前、取材を通じ、小林と高校入学時の話になったことがある。中3当時のスピードは125キロ。「中学でピッチャーの楽しさに目覚め、高校でもピッチャー志望。野村を完全にライバル視していました」と語った。

     ところが高校1年の秋、小林は敗戦後のチームバスの中で突然、捕手コンバートを中井監督より言い渡される。理由は伝えられなかった。野球を始めて以来、捕手は一度も経験したことがないポジションだったが「はい」という他なかった。

     以前、野村 祐輔がこの日のバスの中での出来事を話してくれたことがあった。
    「一年生大会で負けた帰り道のことでした。重苦しい空気の中、突然中井監督が叫んだんですよ。『おい、小林~!おまえ今日からキャッチャーやれ!』って。そりゃあびっくりしましたよ。そんな発想、監督以外は誰にもなかったと思いますから。あのシーンとしたバスの空気はいまだに忘れられません」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010004-hbnippon-base

    <巨人0-2広島>◇27日◇東京ドーム

    広島が今季の巨人戦を13勝7敗1分とし、5年連続のシーズン勝ち越しを決めた。



    巨人に5年連続で勝ち越したのは、1リーグ時代の阪神が43~44、46~48年(45年は戦争でリーグ戦中止)に記録したのに次ぎ、71年ぶり2度目。広島は84~88年まで5年連続で巨人戦負け越しなしがあったが、84年は12勝12敗2分。5年続けて勝ち越しは球団史上初めてとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-08270926-nksports-base

    ■巨人 – 広島(27日・東京ドーム)

     広島の長野久義外野手が27日、敵地・東京ドームでの巨人戦で代打で登場すると、三塁への内野安打を放った。


     2点をリードした8回、7回無失点と好投したジョンソンに代わる代打として長野が登場した。昨季まで巨人に在籍し、丸佳浩外野手の人的補償として広島へ移った長野。5月26日の対戦以来となる、かつての本拠地での登場に巨人ファンからも大きな歓声が起こった。

     巨人3番手の大竹との対戦に。2ストライクからの3球目を引っ掛けた打球は三塁へのボテボテのゴロに。突っ込んできた三塁手の若林だったが、グラブに当てたものの捕球出来ず、判定は内野安打になった。長野にとっては6月18日のロッテ戦以来、約2か月ぶりの安打となった。

     長野は5月24日、同26日の試合でも代打で出場していづれも安打を放っている。昨季までプレーした東京ドームで今季はこれで3打数3安打。打率10割という驚異的な代打成績を残している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00516428-fullcount-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ・リーグは巨人の独走から一転、DeNA、広島を加えた激しい三つどもえ戦。ファンは一喜一憂の毎日だろうが、最後に勝てば天国、負ければ地獄が待ち受けているのは監督たちだ。

     「さすがリーグ優勝7回、日本一3回、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)世界一の実績を誇る常勝監督だ。選手起用、采配がひと味違う」

     辛口の評論家諸氏からもこう絶賛されてきた巨人・原監督だが、風向きが変わりつつある。肝心要の宿敵・広島に5勝11敗1分、借金6と大苦戦。高橋前監督の“遺産”で不動の4番を期待された岡本の不振など、問題点がクローズアップされてきた。

     球団ワースト新記録の5年連続V逸を回避、5年ぶりのV奪回は至上命令であり、失敗したら去就問題にまで発展しかねない。

     編成権まで与えられ、三顧の礼で3度目の登板になった原監督は、3年契約と言われるが、ソフトバンク・王球団会長は巨人、ダイエー、ソフトバンクの監督を歴任した経験から「監督の何年契約なんてのは全く意味がない。実際には監督は1年、1年が勝負。1年契約と同じだからだ」と断言している。

     実際、広島・緒方監督は就任1年目こそBクラスの4位だったが、昨季まで球団史上初のリーグ3連覇を達成。それでも、今季低迷時には来季の去就問題が取り沙汰された。

     DeNA・ラミレス監督も同様。ここにきて奇跡的な快進撃を見せ、ラミレスマジック再現といわれているが、チーム低迷の最中は「コーチ陣の言うことに耳を貸さず、独裁政権化している。今季限りで間違いなく解任」とささやかれた。

     優勝すれば、胸を張って続投だが、V逸したら即去就問題が浮上する。いや、敗者復活のクライマックスシリーズ(CS)で救済される可能性もあるか。いずれにせよ、最後に笑うのは誰か、興味は尽きない。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000006-ykf-spo

     広島が7日、DeNAに0―4で敗れて2位浮上を逃した。先発ジョンソンが5回3失点の粘投も打線が相手左腕・浜口の前に6回まで散発4安打11三振と沈黙。ほとんど見せ場をつくれず押し切られた。三つどもえの混セに持ち込んだ広島だが、恐れるのは落ち目の巨人よりベイの勢い。2年前の悪夢はまだ赤ヘルナインの脳裏に残っている。

     先発のジョンソンが3回二死一塁でソトに被弾した2ランが最後まで響いた。打線は相手先発・浜口の前に6回まで毎回の11三振。緒方監督もこの日ばかりはお手上げといった表情で「また切り替えて、明日頑張るだけです」とサバサバと振り返るしかなかった。

     この日勝てば7月5日以来の2位浮上となるところだったが…。目の前のライバルであるDeNAには関しては「組んで強し」の実感を持ったようだ。

     実は今回の対戦前、赤ヘル首脳陣は「冷蔵庫を殴った投手(パットン)もだけれど、伊藤光の離脱が痛いんじゃないか。この時期にレギュラー捕手が抜けるのは響いているはず」と見ていた。ただ2戦を終え「思ったよりも投手陣が落ち着いて投げている」というのが対戦した選手の印象。「元から打線がいいのは分かっているけれど、投手が例年に比べてヘバっていませんよね。ここに東や三上が万全で帰ってくるとなると、かなり厄介」と警戒を強めている。

     2差で追う首位の巨人に関しては「直接対決の結果次第ですが、向こうも戦力的に苦しそう。ウチが今まで通り戦えれば上には行ける」と逆転に自信を深めているが、DeNAについては「今止めないと走られる」という恐怖感がある。

     ラミレス監督率いるDeNAにはリーグ連覇を果たした2年前、CSファイナルステージで敗れて日本シリーズ進出を阻まれた。苦い記憶が残る関係者は「できればベイとのマッチレースは避けたい」と話すが…。

     両軍の対戦成績はこれで8勝8敗1分けの五分。今年はハマの大波が4連覇への最大の障壁となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000019-tospoweb-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     猛暑の中で、令和元年のセ・パ両リーグのペナントレースがヒートアップ。『リベンジ』が共通のキーワードだ。

     セ、パ共に2日から首位攻防3連戦が行われている。セは横浜で2位DeNA対首位巨人、パは札幌で2位日本ハム対首位ソフトバンク。

     さらに、セは昨季までリーグ3連覇でもっか3位の広島、パは3位楽天、昨季覇者で4位の西武まで十分優勝のチャンスがある(2日現在)。

     『リベンジ』合戦の様相でもある。7月17日の時点で巨人に12ゲーム差をつけられていた広島が猛追中。1996年に長嶋巨人が成し遂げた伝説の『メークドラマ』に対し、23年ぶりのリベンジのチャンス到来だ。

     この年、三村広島は長嶋巨人に最大11・5ゲーム差をつけながら、奇跡の大逆転優勝を許し、最終的には3位に終わった。当時の屈辱の経験者である広島関係者がこう語っているという。

     「あの時はウチにけが人が出た。今年は逆にウチがメークドラマのリベンジをしたい」と。

     広島にはもう一つ、リベンジしたいことがある。一昨年セ・リーグを制しながら、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAの前にまさかの敗退。セ史上初の3位からの下克上日本シリーズ出場を許した。今季、CSでDeNAと再戦のチャンスがあれば、リベンジがノルマになる。

     パ・リーグの方も、工藤ソフトバンク対栗山日本ハムの因縁の戦いが続く。3年前の16年シーズンで、工藤ソフトバンクは栗山日本ハムに最大11・5ゲーム差をつけながら大逆転Vを許し、CSファイナルステージでも返り討ちに遭った。

     工藤監督にとっては、3年前の悪夢がトラウマになりかねない日本ハムの猛追。さらに、昨季10年ぶりのリーグを優勝を果たしながら、CSファイナルステージでソフトバンクに敗れた辻西武がリベンジを狙っている。

     挟み撃ちされる格好の工藤ソフトバンクの前途は険しく、楽観できない。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000000-ykf-spo

     巨人が31日の広島戦(東京ドーム)に2―3で競り負けた。一時はぶっちぎりで首位を快走し、ライバルの影すらかすむ10・5差をつけていたが、2位・DeNAに3・5差、3位の広島に5差まで詰め寄られた。一気に切迫してきた状況を、現場の首脳陣や球団側はどう受け止めているのか。微妙な温度差が浮き彫りとなってきている。

     序盤の失点が最後まで重くのしかかった。7月7日以来の一軍登板となった先発のドラ1左腕・高橋が、3回途中3失点で早々と降板。その後、救援陣6人が無失点リレーでつないだが、反撃はゲレーロの2ランのみ。8回には岡本に送りバントを命じるなど必死に食い下がったが、チャンスを生かしきれなかった。

     試合後の原監督はサバサバとした表情で「もう一本が出なかったね」としつつ、高橋には「ストライクを投げる勇気というものがなければ、抑える確率は下がります」と二軍再調整を言い渡した。

     これで今回の本拠地3連戦は1勝1敗の五分。振り返れば、前半戦を折り返した時点でセ・リーグの貯金を独占(17個)し、マジック点灯間近の快進撃だった。ところが、後半戦に入って2度の4連敗を喫するなど5勝9敗と失速。その間、DeNAと広島は連勝街道をバク進し、最大10・5あったゲーム差が、あっという間に3・5差まで縮まった。

     追われる者のつらさをまさに実感するチームに対して、首脳陣はこの「3・5差」をどう捉えているのか。

     コーチの一人は「あれだけ連敗したって首位にいるのは俺たちなわけだからね。3・5差を縮めるのは、そう簡単ではない。今年のチームは若い。だから『苦労しているのは他のチームの方。メディアが騒いでいるだけだから気にするな』と言っている」。

     別のコーチも「貯金だって10何個(13個)もある。『今、一番有利なのはウチだ。もちろん相手も簡単には勝たせてくれないだろうけど、それを一戦一戦ハネ返していこう』と(伝えている)」と口を揃えた。首位であることをポジティブに解釈&強調し、チームに漂う不安ムードの封じ込めにかかっている。

     一方、背広組には危機感が広がっている。球団スタッフは「3・5差なんて、実質的にあってないようなもの。今年はどのチームにも大型連勝、大型連敗の波が来ている。ウチだって例外じゃない。何か一つのキッカケで、いつでもひっくり返される。何一つ油断なんかできない」と表情を曇らせた。

     特に次のカードは敵地・横浜スタジアムでDeNAと直接対決。巨人が勝てば突き放せるが、一気に坂道を転げ落ちるリスクも…。立場によって見方、感じ方はそれぞれのようだが、ジワジワとライバルが迫っていることは事実だ。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000023-tospoweb-base

     5日に放送された『ニッポン放送ショウアッププレイボール』に出演した江本孟紀氏が、首位・巨人について言及した。

     首位・巨人は2位・DeNAとの3連戦で3連敗を喫するなど、現在5連敗中。オールスター前に2位・阪神、DeNAと9.5ゲーム差あった差も、気がつけば2位・DeNAとのゲーム差は0.5しかなくなった。

     江本氏も「ここまで悪くなるとは思わなかった」と話す。状態が落ちてきた原因のひとつに江本氏は「ここのところの戦いでいえば、4番が一本出ていればということもありますけど、全体的に打線が落ちていますよね。これが一番大きな原因」と打線を挙げた。

     江本氏が話すように、8月は4試合戦っているが、チーム打率.191、11得点はいずれもリーグワースト。「ゲームを引っ張ってこれないですよね。打線に奮起してもらうしかないですよね」と話した。

     6日から始まる9連戦で巨人は、中日、ヤクルト、広島と戦う。江本氏は「ここで心機一転、中日とは相性がいいですから、ここらへんで弾みをつけないといけないですね。どこかできっかけをつかめば、ジャイアンツは変わるはず」と話した一方で、「中日にやられると、相当(悪い状態が)長引くかもしれないですね。広島もじわじわあがってきている。ベイスターズだけでなく、広島も要注意」と心配した。

     5年ぶりのリーグ制覇を目指す巨人。この厳しい状況を乗り越え、再び勝利を増やしていきたいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00198200-baseballk-base

     敵地甲子園で、赤ヘル軍団が力尽きた。

     広島は5日、阪神に敗れ、引き分けを挟んで6連敗。貯金もゼロになり、セの貯金は巨人が独占することになった。

     この日はわずか4安打。六回にはバント処理で先発の大瀬良と一塁のメヒアが衝突するなど、守備のまずさも目立った。

     今季の広島は、最悪からのスタートだった。開幕ダッシュに失敗し、4月半ばに早くも借金8。昨季のセの覇者が、最下位の屈辱にまみれた。それが5月上旬から目が覚めたように勝ちだすと、借金をすべて返済。11連勝で首位に立ち、貯金も最大14となった。

     ところが、意気揚々と臨んだ交流戦で、パに5勝12敗1分けの最下位。リーグ戦再開後は、いまだ1勝もできていない。

     広島の敗因は貧打だ。交流戦で最も点を取った試合は4点。リーグ戦再開後も、7試合で12点しか取れていない。チーム防御率はリーグトップの3.41でも、同4位タイのチーム打率.245の打線に見殺しにされているのだ。

     地獄から天国、そしてまた地獄とせわしない広島。試合後、「(打順を組み替えても)点にならない。しっくりこない」と話した緒方監督。乱高下が激しい「赤いダイヤ」のごとき広島を、巨人が横目で見て笑っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00000023-nkgendai-base

     首位・巨人の独走と反比例するかのように、広島の苦境が目立つ。得意にしていた逆転劇が少なく、ミスも多い。3連覇の時の姿とは雲泥の差といってもいい。丸が抜けたのはもちろん痛いが、引退した新井がベンチにいないことも響いていると思う。

     球団関係者にも聞いたが、新井はチームをまとめるアドバイザー的な存在だったという。監督、コーチができないような目に見えない仕事をする。精神的支柱が不在の中、チームが一つとなって巨人を追いかける態勢を再び整えられるか。

     DeNAは投打のバランスも良く面白い存在。リリーフ陣の駒もそろっており、ソト、筒香らを中心に打線にも力がある。阪神も藤川、ジョンソンら勝ちパターンの継投があるのが強み。新外国人ソラーテ、故障から復帰が近い福留らで得点力が上積みできれば追い上げムードはつくれるだろう。

     しかし、残り60試合前後で9・5ゲーム差をはね返すのは至難の業。巨人優位は動かない。数少ない不安要素は救援投手だが、マシソンが復帰、新外国人デラロサ獲得と着実に手を打っている。酸いも甘いもかみ分けた原監督の采配の妙もチームを押し上げる要因の一つ。1死からの犠打、増田大といった走塁のスペシャリスト起用…。かつての星野監督を彷彿(ほうふつ)させる用兵といっていい。(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000158-spnannex-base

    このページのトップヘ