広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    読売ジャイアンツ

     巨人史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が、7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。2か月間の日本滞在でプロ野球も視察したクロマティ氏は、セ・リーグを2年連続で制覇した広島カープについて、日本野球に欠如しているという「本能」「ハッスル」の体現者だと称賛している。

     1984年から90年までジャイアンツで活躍したクロマティ氏にとって、現在最も共感を覚える球団は栄光の伝統を誇る古巣ではなかった。

    「私は今のNPBで一番好きなのは広島カープです。彼らのプレーが気に入っています。私は常々、選手からは自己表現をもっと見たい、感じたいと切望しています。広島の野球からはそういう部分を感じることができます。スタイル、テンポ、ハッスルというところです。私の指導方法にも近い部分を感じています。日本の現在の野球からは驚きという要素、そして、本能と呼ぶべきものが足りません。あまりに組織立っている。私は見た中での広島の野球のハッスル、そして、本能という部分は印象的でした」

     日本野球の「レベルダウン」を危惧していたクロマティ氏だが、広島には好印象を持っている。機動力を生かしたアグレッシブさ、躍動感を全面的に押し出した広島の野球に感じるものは「本能」「ハッスル」。地元米フロリダ州でスクールを展開しているというクロマティ氏の指導哲学にも合致し、琴線に触れるものがあるという。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010004-fullcount-base

     広島は22日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に5-0で勝利した。投打がかみ合っての快勝も、緒方監督の目はポストシーズンに向けて当落線上にある選手に向いていた。

     7回を無失点に抑えた先発の中村祐については「プレッシャーの少ない展開だったとはいえ、インサイドを使えたし、フォークが良かった。結果的に7回ゼロで抑えたからね」と評価したが、「イニングの入りのところは修正ポイント」と課題も示し、クライマックスシリーズでの先発入りに確定ランプは出さなかった。その中村祐をリードした磯村については「ゼロに抑えたということは、シーズン中に勉強してきたことを出せたということ。その点は評価したい」と合格点を与えた。

     攻撃陣では「勝負強い打撃。素晴らしい攻撃ができた」と、2安打2打点のバティスタを褒めた。2本ともライト方向への技ありの打撃だったことについて、指揮官は「守備でもそうだけど、そういったことをやろうとする気持ちはある」と取り組む姿勢を認め、「今日も走塁面でミスはあったけど、彼らはミスを繰り返して成長していく段階。1試合1試合で経験を積んでいくだけ」と、日々の成長に期待した。

     スタメンで野間を起用し、4番に入った松山を5回で交代させるなど、この日もチームの先を見据えた采配を見せた緒方監督。残り5試合も当落線上の選手の見極めが続くが、ポストシーズンのいわゆる「シリーズ男」は、この中から生まれるのかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00010030-fullcount-base

     「広島-巨人」(11日、マツダスタジアム)

     巨人の試合用ユニホームなどを運ぶ荷物車の到着が遅れ、30分の試合開始遅延が決まった。本来ならば午後6時試合開始予定だったが、場内アナウンスでも開始予定時刻の約5分前に同6時30分の試合開始が説明された。

     スタンドからはどよめきが起こった。この日から3連休。お盆の帰省ラッシュと重なり、渋滞などに巻き込まれたものとみられる。

     場内アナウンスが「本日の試合開始時間を6時から6時30分に変更させていただいております。お客さまにはご迷惑をおかけしておりますが、今しばらくお待ちください」とが流れる中、2桁勝利に王手をかけている先発の田口はキャッチボールを繰り返した。荷物車が到着し、三塁側ベンチには巨人ナインも試合用ユニホームを着て円陣を組み試合開始に備えた。

     巨人は10日、東京ドームで阪神とナイターで戦い、この日は広島へ移動しての試合だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000087-dal-base

     広島岡田明丈投手(23)が25日、明日26日巨人戦先発に向けてマツダスタジアムで調整した。

     キャッチボールやショートダッシュなどで汗を流した岡田は「できるだけ完投というのは意識して今までやってきた。それくらい長いイニングを投げられるように最低限のことをしたい」と話した。前回19日中日戦ではフォームのバランスを崩し、5回2失点で降板。フォーム修正に多くの時間を費やし、敵地東京ドームで自己最多のシーズン5勝目を目指す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-01829312-nksports-base

     3年ぶりにリーグ優勝を目指す巨人。昨オフは陽岱鋼、山口俊、森福允彦、カミネロ、マギー、吉川光夫を獲得するなど大型補強を敢行。毎年のように選手を補強し、若手・中堅選手が出場機会を限られ、他球団へトレードやFAの人的補償で移籍するケースが増えている。そして、移籍先でチャンスを掴んだ選手がいるのも特徴的だ。

     FAで加入した大竹寛の人的補償で広島へ移籍した一岡竜司がその一人。一岡は巨人時代、二軍の抑えとして結果を残していたが、山口鉄也、マシソン、西村健太朗を始めとしたリリーフ陣の層が厚く、一軍の枠に割って入る事ができず。巨人時代は2年間で一軍登板はわずかに13試合だった。

     巨人時代は、二軍で結果を残しながらもチャンスが巡ってこなかったが、移籍した広島では登板機会を一気に増やした。移籍1年目の14年は、右肩の故障で離脱した時期もあったが、31試合に登板して防御率0.58とチームに欠かせない存在となった。

     翌15年は1年目よりも成績を落としたものの、シーズン自己最多の38試合に登板。優勝した昨季は、故障で出遅れたものの、ビハインドゲームを中心に27試合に登板して、防御率1.82を記録した。移籍によってチャンスを掴んだ選手といえる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00104935-baseballk-base&p=1

     広島の新井貴浩内野手が21日、日本ハムの大谷翔平投手らと都内で行われた報知プロスポーツ大賞の表彰式に出席。新井は今イベントの主催新聞社が支援し、後援グループが運営する巨人が今オフに行った大型補強について言及。来季へ向け「自分たちはチャンピオンとしてではなく、もう1回挑戦者のスピリットで臨みたい」と、壇上で声高々に語った。

     表彰式は巨人の本拠地に隣接する東京ドームホテルで行われたが、そこにYGマークの選手の姿はなく、野球界からは大谷と新井が登壇。新井は受賞の喜びや感謝の言葉を発しながら、来季の目標として「日本一」と書いたフリップを掲げ、「この場で何ですが…読売巨人軍がすごい補強をしたので」と挑戦者魂を強調した。

     25年ぶりのリーグ制覇を果たした広島に対して、巨人は2位に終わり、クライマックスシリーズ第1ステージ(CS)でも本拠地・東京ドームでDeNAに敗れてシーズンを終了。オフにはFAとなった森福(前ソフトバンク)、山口俊(前DeNA)、陽岱鋼(前日本ハム)の3選手を獲得した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000063-dal-base

     2年連続でリーグ優勝を逃した巨人は今オフ、FAで山口俊、陽岱鋼、森福允彦、トレードで吉川光夫、外国人ではマギーを獲得するなど、来年に向けて大型補強を敢行している。一方で25年ぶりにリーグ優勝した広島は、目立った補強がない。

     FAでのマネーゲームに参戦しない広島は毎年、外国人選手を獲得し、選手を補ってきた。昨オフはジャクソン、ヘーゲンズ、プライディ、ルナの4選手を獲得し、ジャクソンはセットアッパー、ヘーゲンズは先発とリリーフ、ルナはシーズン序盤に4番を任されるなど、リーグ優勝に大きく貢献した。

     今オフは10勝を挙げた黒田博樹が現役引退し、三塁のルナが退団したが、ここまでドラフトを除くとほとんど補強を行っていない状況だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00098757-baseballk-base

    このページのトップヘ