広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    読売ジャイアンツ

     広島が20日に獲得を発表した新助っ人、レオネル・カンポス(30=ブルージェイズ)を警戒する声が早くも上がっている。

     メジャー通算38試合で1勝、防御率は4.74。今季はブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板。13回3分の2を投げて、防御率は2.63だった。

     ベネズエラ出身。188センチ、97キロの右腕は、長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。制球にも定評がある。

     スライダー、チェンジアップなど変化球も多彩。奪三振率は「9.9」。セで最も奪三振率が高かった阪神のメッセンジャーが「9.76」である。

     広島の今季の救援防御率は2.77。巨人の3.42より断然いいが、救援陣をさらに強固にする構え。チーム事情で先発に回る可能性もあるというが、これに戦々恐々なのは、今季7勝18敗と一方的にやられた巨人だ。

     打倒広島に燃える巨人は、今季後半から「広島専属スコアラー」となっていた田畑氏がヤクルトの投手コーチに就任。巨人内には「情報がきめ細かかった。流出は痛い」との声が出る中、「カンポスは奪三振率がメッセ以上で、しかも制球がいいというのは厄介ですね。広島が見つけたんだから、どうせいい投手だろうから」と別の巨人スコアラーは警戒する。

     年俸は40万ドル(約4500万円)プラス出来高払い。給料は安くても、広島は外国人選手の発掘に定評がある。ソフトバンクの守護神としてMVPを獲得したサファテにしても、元はといえば広島が年俸9000万円で見つけてきた助っ人だ。現エースのジョンソンも入団1年目の年俸は7000万円。他球団とは違い数年かけて動向を追い続けるため、年俸1億円以下の主にマイナーが主戦場だった助っ人でも、日本球界に合う選手が多いのだ。

     カンポスの加入は、広島と巨人の力関係をさらに広げるかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000012-nkgendai-base

     西武は18日、今オフにフリーエージェント(FA)権を行使して12月1日に巨人と契約した野上亮磨投手の人的補償として、高木勇人投手を獲得することを発表した。

     野上は今季ローテの一角を担って24試合に登板して11勝10敗、防御率3.63の成績をマーク。一方の高木勇は三菱重工名古屋からプロ入りした2015年に先発として9勝10敗、防御率3.19の成績を挙げていたが、昨季、今季と成績を落とし、今季は16試合で1勝2敗1ホールド、防御率2.63だった。

     補償対象となるFA選手が他球団に移籍した場合は、移籍先球団は前球団に対して金銭補償と人的補償をしなければならない。現行制度では、各球団の日本人選手を更改前の年俸順に上位3位をAランク、4から10位をBランク、11位以下をCランクと格付け。AランクとBランクの選手が補償対象となる。Aランクの選手が初めてFA移籍した場合は、移籍先球団が獲得制限リストに含まなかった選手を1人+当該選手の旧年俸の50%にあたる金銭、人的補償がない場合は旧年俸の80%にあたる金銭が前球団に補償される。Bランクの選手が初めてFA移籍した場合は、人的補償1人+旧年俸の40%の金銭、もしくは旧年俸の60%の金銭が補償される。

     1993年のオフにスタートしたFA制度。同年に落合博満を中日から獲得して以降、巨人がFA権を行使した選手と契約したのは野上で24人目となる。過去23度のFA選手獲得で、前所属球団が人的補償を選択したケースは10度あるのだが、その中には人的補償で他球団へ移籍した選手が大きな成功を収めた例もある。

     最も目覚ましい働きを見せたのは、2013年オフに大竹寛の人的補償として広島に移籍した一岡竜司だろう。巨人では、同年9試合に登板しただけだったが、広島に移籍した2014年には31試合に投げて2勝0敗2セーブ16ホールド、防御率0.58の成績をマーク。今季も勝利の方程式の一角として59試合に投げ、6勝2敗1セーブ19ホールド、防御率1.85の好成績を記録している。

     2005年に野口茂樹の人的補償として中日へ移籍した小田幸平は、2番手捕手として活躍。黄金期にあった落合博満監督率いる中日を下支えする重要な役割を担った。2006年に門倉健の人的補償として横浜に移籍した工藤公康(現ソフトバンク監督)は7勝を挙げ、移籍後1年目は1勝だった門倉の成績を大きく上回った。2011年に村田修一の人的補償でDeNAに移籍した藤井秀悟も7勝を挙げ、チームに貢献した。

     以下は過去に巨人が獲得したFA選手と、その人的補償として移籍した選手の移籍前後の成績だ。

    【1993年】
    落合博満(中日、金銭)
    1993(中)119試合396打数113安打17本塁打65打点 .285
    1994(巨)129試合447打数125安打15本塁打68打点 .280

    【1994年】
    川口和久(広島、金銭)
    1994(広)27試合(22先発)7勝10敗0S 防御率4.72
    1995(巨)17試合(17先発)4勝6敗0S 防御率4.42

    広沢克己(ヤクルト、金銭)
    1994(ヤ)130試合501打数136安打26本塁打73打点 .271
    1995(巨)131試合446打数107安打20本塁打72打点 .240


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00098788-fullcount-base&pos=3

     巨人阿部慎之助内野手(38)が1日、神奈川・箱根町の湯本富士屋ホテルでトークショーに出演した。

     冒頭で2000安打までの道のりをストーリーにした映像が流されると会場は拍手に包まれた。今季は主に4番として129試合に出場。打率2割6分2厘、15本塁打をマークした。

     厳しい内角攻めを受けるシーンも目立ち「そういうところを攻められているうちは、まだできるかなと思う」と現役続行のひとつの指標になると説明した。

     試合中の秘話も惜しみなく披露。捕手としてキャリアを積み上げてきただけに「試合中は全球、配球を見てますよ」とも明かした。さらに、プライベートでの悩みとして「長男がカープの応援歌を歌うんです。今年、しまむらでカープの靴下を買ってきた。父親としてはやっぱりジャイアンツを選んでほしいよね」と会場を笑わせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00066851-nksports-base

     巨人史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が、7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。2か月間の日本滞在でプロ野球も視察したクロマティ氏は、セ・リーグを2年連続で制覇した広島カープについて、日本野球に欠如しているという「本能」「ハッスル」の体現者だと称賛している。

     1984年から90年までジャイアンツで活躍したクロマティ氏にとって、現在最も共感を覚える球団は栄光の伝統を誇る古巣ではなかった。

    「私は今のNPBで一番好きなのは広島カープです。彼らのプレーが気に入っています。私は常々、選手からは自己表現をもっと見たい、感じたいと切望しています。広島の野球からはそういう部分を感じることができます。スタイル、テンポ、ハッスルというところです。私の指導方法にも近い部分を感じています。日本の現在の野球からは驚きという要素、そして、本能と呼ぶべきものが足りません。あまりに組織立っている。私は見た中での広島の野球のハッスル、そして、本能という部分は印象的でした」

     日本野球の「レベルダウン」を危惧していたクロマティ氏だが、広島には好印象を持っている。機動力を生かしたアグレッシブさ、躍動感を全面的に押し出した広島の野球に感じるものは「本能」「ハッスル」。地元米フロリダ州でスクールを展開しているというクロマティ氏の指導哲学にも合致し、琴線に触れるものがあるという。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010004-fullcount-base

     広島は22日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に5-0で勝利した。投打がかみ合っての快勝も、緒方監督の目はポストシーズンに向けて当落線上にある選手に向いていた。

     7回を無失点に抑えた先発の中村祐については「プレッシャーの少ない展開だったとはいえ、インサイドを使えたし、フォークが良かった。結果的に7回ゼロで抑えたからね」と評価したが、「イニングの入りのところは修正ポイント」と課題も示し、クライマックスシリーズでの先発入りに確定ランプは出さなかった。その中村祐をリードした磯村については「ゼロに抑えたということは、シーズン中に勉強してきたことを出せたということ。その点は評価したい」と合格点を与えた。

     攻撃陣では「勝負強い打撃。素晴らしい攻撃ができた」と、2安打2打点のバティスタを褒めた。2本ともライト方向への技ありの打撃だったことについて、指揮官は「守備でもそうだけど、そういったことをやろうとする気持ちはある」と取り組む姿勢を認め、「今日も走塁面でミスはあったけど、彼らはミスを繰り返して成長していく段階。1試合1試合で経験を積んでいくだけ」と、日々の成長に期待した。

     スタメンで野間を起用し、4番に入った松山を5回で交代させるなど、この日もチームの先を見据えた采配を見せた緒方監督。残り5試合も当落線上の選手の見極めが続くが、ポストシーズンのいわゆる「シリーズ男」は、この中から生まれるのかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00010030-fullcount-base

     「広島-巨人」(11日、マツダスタジアム)

     巨人の試合用ユニホームなどを運ぶ荷物車の到着が遅れ、30分の試合開始遅延が決まった。本来ならば午後6時試合開始予定だったが、場内アナウンスでも開始予定時刻の約5分前に同6時30分の試合開始が説明された。

     スタンドからはどよめきが起こった。この日から3連休。お盆の帰省ラッシュと重なり、渋滞などに巻き込まれたものとみられる。

     場内アナウンスが「本日の試合開始時間を6時から6時30分に変更させていただいております。お客さまにはご迷惑をおかけしておりますが、今しばらくお待ちください」とが流れる中、2桁勝利に王手をかけている先発の田口はキャッチボールを繰り返した。荷物車が到着し、三塁側ベンチには巨人ナインも試合用ユニホームを着て円陣を組み試合開始に備えた。

     巨人は10日、東京ドームで阪神とナイターで戦い、この日は広島へ移動しての試合だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000087-dal-base

    このページのトップヘ