広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦のDeNA戦に3-0で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を2勝0敗とした。開始前から雨の降り続く天候の中での試合となったが、広島が3点を先制した5回終了直後に中断となり、そのまま5回降雨コールドゲームとなった。



     30分以上の中断の後、コールドゲームが宣告された瞬間、広島ベンチからは歓喜の声が聞かれた。緒方監督は「相手も打ち勝って勢いに乗っているところで初戦を取れたのは大きい」と、ひとまず安堵した様子だった。

     試合は広島・薮田、DeNA・石田の両先発による投手戦となった。緒方監督が「プレーボールがかかった頃は、それほど支障はなかった」と振り返ったように、守備での失策もなく、両先発ともに快調なスタートだった。 

    「ボール先行というわけではなかったし、いいイメージでいけた。結果としていいものが出た」という薮田は、3回に1死から石田、倉本の下位打線の連打でピンチを迎えたが、1番の桑原を併殺打に打ち取り、4、5回は3者凡退と完璧な投球を見せた。「今年の勝ち頭だし、苦しいところで支えてくれた」と初戦の先発にプロ3年目の薮田を起用した緒方監督は「オープニングゲームというプレッシャーがかかるところで、しっかりと自分の投球をしてくれた。ナイスピッチングです」と、ポストシーズン初先発の右腕を褒めた。

     攻撃陣は初回に四球からの2死三塁のチャンスを逃すと、4回までノーヒットに終わった。しかし、試合成立のイニングとなる5回にバティスタの四球と新井の安打に送りバントで1死二、三塁のチャンスを作ると、薮田三振で2死後に田中がセンター前に2点タイムリーを放って値千金の先制点を挙げた。緒方監督は「短期決戦で去年同様にキーマンになりそう。明日からも打線を引っ張っていってほしい」と、昨季のCSでも12打数10安打と驚異的な活躍を見せた田中に期待を寄せた。

     先発が試合を作り、攻撃陣に効果的なタイムリーが出た理想的な展開に、指揮官は「しっかり攻撃の形を作れたし、追加点も取れたし、ウチらしい野球ができた」と、2年連続の日本シリーズ進出へ手応えを感じている様子だった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00010030-fullcount-base

     セントラル・リーグは10日の阪神-中日戦で、レギュラーシーズンの全日程を終了。これによってタイトルホルダーも確定した。広島・田中広輔は盗塁王に加え、最高出塁率のタイトルを初受賞。目立たないが、リーグ連覇を果たした広島にあって田中の貢献度は極めて大きい。



     数ある打撃タイトルの中で、「最高出塁率」は注目度が少ない。NPBで表彰される正規のタイトルだが、ほとんど報道されることはない。それはこのタイトルを取る選手が、首位打者や本塁打王など、他のタイトルも併せて取ることが多いからだ。

     出塁率は「打率+四死球での出塁率」だから、打率が高い打者は出塁率が高くなる。また、本塁打者は勝負を避けられることが多く四死球が増える。このために、首位打者、本塁打王が最高出塁率のタイトルを取ることが多いのだ。

     しかし田中は今季、打率は.290(11位)、本塁打は8本(29位)。それでいて出塁率は1位の.398、これは田中がいかにボールを見極めて四球を選んだかを意味している。

     今季、セ・リーグ打者の総出塁数(安打+四死球)5傑を見れば、田中のすごさが見えてくる。

    田中広輔(広)268(164安打89四球15死球)出塁率.3982
    丸佳浩(広)258(171安打83四球4死球)出塁率.3975
    筒香嘉智(De)238(143安打93四球2死球)出塁率.396
    坂本勇人(巨)228(157安打68四球3死球)出塁率.372
    山田哲人(ヤ)227(130安打91四球6死球)出塁率.364
    引用元 http://www.excite.co.jp/News/baseball/20171011/Full_count_87389.html

     セ・リーグのレギュラーシーズンが10日、全日程を終了し、広島・丸佳浩外野手(28)が最多安打、田中広輔内野手(28)は盗塁王と最高出塁率のタイトルを獲得した。この日はマツダスタジアムでの全体練習で快音を響かせた2人。鯉が誇るタイトルホルダーがCS突破へ、チームを引っ張っていく。

     真夏のような日差しが照りつける中、2人のバットが快音を奏でた。石井打撃コーチが投手役を務めた無死二塁でのケース打撃。田中がライナーで右翼フェンスに直撃させると、丸はパワフルな打球で中堅フェンスにぶち当てた。柵越えはならず、丸は「クソー!」と悔しがったが、2人とも初球を捉えた。CSファイナルSへ向けて仕上がりは順調だ。

     11日からマツダスタジアムで社会人チームとの練習試合を3試合行う。レギュラーシーズン最終戦の10月1日・DeNA戦(横浜)以来、10日ぶりとなる実戦。2人のテーマは明確だ。

     丸「普通に今まで通りやってきたことをやるだけです。試合に入るまでのルーティンがあると思う。久しぶりだからどう、とかはない。しっかり試合に入っていきたい」

     田中「久々の実戦なので、生きたボールを打ったり捕ったり、体の反応を確認したい。1試合目なので、無理はしないでいろんなことを確認したい」

     昨年のCSファイナルSでは田中が打率・833でMVPに輝いた一方、丸はまさかの打率・154。「広輔がよく打ったなあと。あまり覚えていないということは特に何もしていないのかな」。苦笑いで振り返ったが、その後の日本シリーズでは打率・333とさすがの安定感を取り戻した。短期決戦の経験も豊富で攻略法も熟知している。

     「戦い方は違わないけど、短い間に勝負が決まってしまうので先手がより大事になる。難しいことは考えず、シンプルに自分たちの野球を貫きたい」

     この日セ・リーグのレギュラーシーズン全日程が終了。丸が最多安打、田中はイチロー(当時オリックス)、山田(ヤクルト)以来となる盗塁王と最高出塁率のWタイトルを獲得した。田中は「去年1年間試合に出てタイトルに興味を持ち始めた。チームもいい方向に行くんじゃないかと。それを意識したシーズンで実を結んだ。そういう意味では良かったです」と手応えを語った。

     1番・田中が塁に出て盗塁を決め、3番・丸が安打でかえす-。鯉が誇るタイトルホルダー2人が、CS突破のキーマン。初回から速攻で主導権を奪う。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000029-dal-base

     侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」が2日、台湾で開幕した。日本は予選ラウンド初戦で香港と対戦。30-0の大差をつけて、5回コールド勝ちの白星発進をした。この試合に、今秋のドラフト候補に挙がる田中俊太内野手(日立製作所)は「1番・二塁」で先発。リードオフマンとして先制のホームを踏み、2安打4打点とチームを勢いづけた。

    「初回に先制点を取れたのは大きかったと思う。それで一気に緊張が取れて、こういうゲームに繋がったと思います。点差が開いても、しっかり集中力を持って、攻撃にしろ、守備にしろ、できたと思うので良かったです」

     先発・谷川昌希(九州三菱自動車)が3者連続三振でゲームの流れを作り、迎えた最初の攻撃だった。1番・田中はフルカウントからボールを見極め、四球で歩いた。2番・福田周平(NTT東日本)も四球を選ぶと、3番・藤岡裕大(トヨタ自動車)の一二塁間を破るヒット。日本は満塁の絶好機を迎えた。

     ここで打席に立ったのは、4番・笹川晃平(東京ガス)。カウント1-1から打球を打ち上げたが、三走・田中は香港の二塁手の下がり方が悪かったため、「ちょっとやりそうだなと思った」という。その予想通り、二塁手は落球。田中は先制のホームを駆け抜けた。その後も日本の攻撃は終わらず。無死満塁で再び回ってきた第2打席は二ゴロだったが、二塁封殺の間に7点目が入った。

     2回には無死二、三塁で打席へ。「点差が開いていたが、積極的にいこうと思っていた」と、1ボールからの2球目を捉え、左中間を割る2点適時三塁打とした。その後もヒットに四球が絡み、1死一、二塁で入った4打席目には「逆方向を狙った中で、内(角)に入ってきたボールを、しっかり我慢して払えた」と、ライトオーバーの2点適時二塁打を放った。

    「(3打席目に)逆方向に当たりが出たので良かったなと思います。調子がいい時は、自然と逆方向に打球が行くことが多い。緩いボールのピッチャーを引っ張りにいくと凡打になるので、逆方向をイメージして打ち返せるといいかなと思います。限られた練習時間でも、もっと良くなるように工夫してやっていきたいなと思っています」
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010005-fullcount-base

     広島は28日、広島市内の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向けて、大学・社会人の指名候補を23人に絞り込んだ。リストアップした投手16人、野手7人を映像で確認。上位候補にJR東日本・田嶋大樹投手(21)、日立製作所・鈴木康平投手(23)、ヤマハ・鈴木博志投手(20)、立命大・東克樹投手(21)らの名前が挙がった。

     この日の会議では、広陵・中村奨成捕手(18)、早実・清宮幸太郎内野手(18)の話題はほぼ挙がらなかったというが、依然として評価は高い。球団幹部は「来年のことを考えたら先発ピッチャーがほしいが、地元で才能のある中村というキャッチャーがいる。じっくり考えたい」と語った。

     また田中の弟、日立製作所・田中俊太内野手(24)もリストアップ。球団幹部は「おもしろい」と評価した。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/29/0010596799.shtml

     広島・田中広輔内野手(28)が25日、遊撃手として球団史上初の2年連続フルイニング出場へ意欲を示した。レギュラーシーズンは残り3試合と偉業達成は目前に迫る。最後まで不動の「1番・遊撃」としてチームを引っ張り、CSファイナルS突破、33年ぶりの日本一へと導く。



     チームとしての目標を一つ成し遂げたが、緊張感が漂う戦いはまだ終わらない。開幕から全140試合に「1番・遊撃」としてフルイニング出場を続ける田中。残り3試合、シーズン前に掲げた2年連続フルイニング出場の目標達成は目前に迫っている。

     「一日一日の積み重ねでここまできた。(試合に出続ける)難しさはあるけれど、レギュラーとして出ている以上、試合に出るのは当たり前ですし、どこかが痛いとか言っていられない」

     昨季初めて、遊撃手では高橋慶彦(86年)、野村謙二郎(94年)に次ぐ球団3人目のフルイニング出場を果たした。内野の要とも言えるポジションだけに体への負担は大きく、広島では過去に2年連続フルイニング出場を達成した遊撃手はいない。田中が球団初の快挙を成し遂げようとしている。

     15年4月1日・DeNA戦(横浜)から422試合連続フルイニング出場を継続中。積み重ねてきた数字は努力のたまものだ。「準備がほとんどの結果につながっていると思います。毎回、いい結果が出ることはないですが、まずはケガをしないためにも準備だけはしっかりしておきたい」。試合前は全体練習の時間よりも早くグラウンドに現れ、入念に調整を行う。

     これまでの経験も糧となっている。プロ4年目。「今年はゲームの中での気持ちの落ち着きというのがある。それが一番大きい」と試合に出続け、つかんだ手応えを口にする。

     守備だけでなく打線の中でも重責を担う。打率・287ながら、チームトップの四球86、死球15は中日・ゲレーロに並ぶリーグ最多だ。打席では塁に出ることを最優先に考え、体を張ったプレーもいとわない。結果、出塁率・395と1番打者としての役割を全うし、リーグ連覇にも貢献した。

     レギュラーシーズン終了後には勝負の短期決戦を控える。「(フルイニング出場の記録は)もちろんありますけど、CSもあるので、しっかりと準備をしないといけない」と先を見据える。日本一奪還へ、鯉の切り込み隊長がフル回転する。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/26/0010588234.shtml

     リーグ屈指の攻撃力を支えたのは打撃だけではない。「一つ二つ先の塁を狙う」と意思統一された走塁も広島の武器だ。706得点はリーグ断トツ。三塁ベースコーチを務める河田外野守備走塁コーチは「去年からやっていることを今年も持続できている。長打1本できっちりホームまでかえる。一つ二つ先という意識でやれば点は入る」と手応えを明かす。

     昨季チーム盗塁数118に対して今季は108個。「失敗数は同じぐらいかな。数より確率。やみくもに走るより、相手にプレッシャーをかけられたらいい」とうなずく。

     1番・田中は昨季の経験を生かし、ここまで32盗塁。自身初のタイトル獲得へまっしぐらだ。「5番・安部」という新オプションも打線の切れ目をなくし、つながりを生んだ。

     試合終盤の勝負どころでは「代走・野間」がコールされる。胃がんからの復活を目指す赤松に代わり、今季は野間が代走の切り札。ここまで10盗塁。河田コーチは「一生懸命よくやっている。器用ではないけど、フィジカルは素晴らしい。いいところで決めてくれている。野間だから回せたのが4つぐらいある」と高く評価する。

     象徴的なシーンは、8月3日・阪神戦(マツダスタジアム)だ。2-5の九回、新井の全力疾走でもぎ取った内野安打から1点を返し、なおも1死一、三塁。打席は西川。フルカウントからの7球目をはじき返した打球は中堅右で弾んだ。スタートを切っていた一走・野間は一気にホームイン。中継プレーはスムーズだったが、走力が勝って延長12回ドローに持ち込んだ。

     河田コーチは「右中間寄りの打球でホームまでかえられるのはなかなかない。あそこで回せたのはコーチをしていても初めてだよ」と目を丸くする。野間は「スタートも切っていたし、二塁を回る前ぐらいで落ちると分かった。(三塁で)止めるかなと思ったけど、中継プレーは何が起こるか分からない。全力で走って、後は河田さんに任せています」と控えめに振り返った。

     野間の足は今やチームに欠かせない。相手に重圧を与えるリーグ連覇の要因となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000040-dal-base

     今年も田中、菊池、丸の「タナキクマル」トリオは健在だった。広島不動の1、2、3番は走攻守で相手の脅威となった。リーグトップの163安打、103得点を誇る丸はMVPの最有力候補だ。1番でフルイニング出場し、打線を引っ張った田中が、スポーツ報知に独占手記を寄せた。

     2年連続で自分のところに最後、ボールが飛んできて良かったです(笑い)。今年は自分のところに飛んでこいと思っていました。本当にうれしい。

     「1番打者」にこだわりはあります。昨年より1番らしい仕事ができたかなと思います。四球の数も出塁率もしっかり残せた。タイトルも目標に、盗塁は昨年よりも絶対に多く決めたいと思っていました。打率もある程度満足できる部分です。本塁打は減りましたが、この1年間、そこは我慢してやってきました。昨年は本塁打も意識して打率を落としてしまったので。

     本当の理想像はもう少し長打が打てる1番なんですけどね。長打も打ちたいし、率も残したい。そこが来季へ向けての課題ですね。一気に色々なことは出来ないと思う。でも打者ならやっぱり、誰でも本塁打を打ちたいという気持ちがあるんですよね。

     「タナキクマル」【※1】とまとめられますが、正直なところ特別そこに入りたいと思ったことはないんです。ただ、そう言われるからには、僕もやらなきゃ、3人で引っ張らなきゃという責任感が芽生えた。それは3人とも感じながらやっていると思う。お互いにいい刺激になっています。キクはあの守備で流れを変えられる。本当に頼もしい。丸は練習も一生懸命しますし、陰で投手の研究もしている。今年は本当に勝負強い。どんな感じで打っているのか聞いて参考にすることもあります。

     フルイニング出場【※2】は、大きな目標というより結果的に出ていたという感じです。レギュラーなので、ちょっとしたことで休みたくない。阪神の鳥谷さんのようにショートで出続けることを目指さないといけない。体は正直きつい。疲労回復のため(冷水と温水の)交代浴はずっと続けてやっています。昨年は夏場は本当に苦しくて、成績も落としてしまった。今年もしんどいですけど、成績を落とさずにやれているのは気持ちの面が大きいかなと思います。昨年は初めてだったので、どうしても精神的に疲れる部分があった。今年はうまく切り替えながらできてますね。

     東海大相模から東海大と同級生だった菅野とは、互いに意識しながら刺激をもらいながらやれています。食事にいけば近況報告だったり、「あそこでよく打ってくれたよな」とか昔話も盛り上がりますし、野球の技術的な話もします。敵ですが、いい投手と対戦するのは楽しいです。菅野が大学ジャパンに参加しているときに、僕は球拾いをしていたこともあったけど、複雑な気持ちとかそういうのは全くなかった。高いレベルでやりたいというモチベーションはずっと捨てずにやっていました。

     WBCにも出場して一人一人意識の高さだったり、取り組み方に触れ、経験できてよかった。自分も全く届かない選手じゃないと感じたところもあったし、そこを目指したいと改めて思いました。坂本さんにも色々と聞けたりして、刺激になりました。内容は大事なことなので秘密ですが…。今回はサブとしての招集だったので、東京五輪もありますし、いつか主力として出たいという思いは強くなりました。

     昨年はCS【※3】であれだけ打てたんですが、打ちすぎて日本シリーズ打てなくなってしまったので、ほどほどに…。僕は短期決戦のほうが好き。後のこと考えなくていいですからね。(広島カープ内野手)

     【※1】売り出し当初は「キクマル」コンビで有名だったが、昨年から田中が1番に固定され同級生の「タナキクマル」が定着。

     【※2】2015年4月1日のDeNA戦(横浜)から連続フルイニング出場を継続中。

     【※3】DeNAとのCS最終ステージ4試合で12打数10安打(打率8割3分3厘)と打ちまくり、最優秀選手賞を獲得。

     ◆田中 広輔(たなか・こうすけ)1989年7月3日、神奈川県生まれ。28歳。巨人・菅野と同級生だった東海大相模高―東海大から、JR東日本を経て2013年ドラフト3位で広島入り。16年から1番に定着し25年ぶりの優勝に貢献。CS最終ステージではMVPに輝いた。3月の第4回WBC日本代表。171センチ、81キロ。右投左打。年俸7800万円。既婚。
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170918-OHT1T50300.html

    「最近仕事をしていなかった。自分の仕事をやろうと思った。(左翼への本塁打は)うまく風に乗って入ってくれました」

     13日のDeNA戦、広島の田中広輔(28)が先頭打者本塁打を含む3安打3打点の活躍で勝利に貢献。2位・阪神が巨人に敗れたため、広島の優勝マジックは「2」となり、早ければ14日にもリーグ連覇が決まる。

     不動の1番としてここまでチームで唯一、全133試合にフルイニング出場。シーズン終了まで継続すれば2年連続の達成となる。遊撃手はただでさえ負担が大きいだけに価値がある。

     今季は目下、リーグトップの31盗塁。自身初のタイトル獲得が濃厚だ。盗塁以外にも、154安打(2位)、出塁率.396(3位)で上位につけている。

     タイトルを争うのは同い年のチームメート・丸佳浩(160安打=1位、出塁率.400=2位)。大いに刺激になっていることだろう。軍配やいかに。
    引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/213499

    このページのトップヘ