広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     広島の田中広輔内野手(30)が9日、リハビリを行う廿日市市の大野練習場で取材に応じ、菊池涼にエールを送りながら、来季の巻き返しを誓った。球団は前日、メジャー挑戦を希望していた菊池涼の、ポスティングシステムを利用しての移籍を容認。今季も二遊間を組んできた、盟友の新たな船出。来季は「タナキク」コンビが自身1人になる可能性があるが、柱としてチームをけん引していく構えだ。


     秋空の下で、田中広が菊池涼の背中を押した。同学年であり、長きにわたって二遊間を組んできた間柄だ。盟友が抱いてきたメジャー挑戦という夢の扉をノックしてから一日。素直な気持ちを言葉に変えた。

     「メジャーのステージに立ってほしい。楽しみだし応援したい」

     入団年こそ違うが、共に1989年世代。昨季までのリーグ3連覇はもちろん、これまで何度もあうんの呼吸でチームの勝利に貢献してきた。

     昨季は自身初となるゴールデングラブ賞を受賞。7年連続7度目の同賞に輝いた名手と初めて同時受賞した。名実共に球界を代表する二遊間になった。「成長できたのはキクのおかげ。同級生だし、色んなことを言ってくれた」。感謝の思いは尽きることがない。

     移籍となれば「タナキク」は解体される。来季は自身が先頭に立ち、チームをけん引する覚悟だ。今季は97試合で打率・193、27打点、8盗塁。連続フルイニング出場は635試合で止まり8月末には「右膝半月板部分切除手術」を受けた。

     術後2カ月以上が経過し、練習項目は着実に増えている。この日は、大野練習場に隣接するグラウンドで、「100%の力」で30メートルダッシュ。室内ではノックを受けた。その後はトス打撃とカーブマシンを相手に約40分、バットを振った。

     打撃練習では特に下半身を意識する。「もう一度、下(半身)を使って。痛みはない」。ノックで左右へ振られる動きは問題なく、「走ることもスムーズ」と軽快な足取りで患部が順調に回復していることをうかがわせた。

     2月1日から春季キャンプが始まる。佐々岡新監督は「競争」を合言葉に臨む構えだ。今季、同じ遊撃では小園の台頭があった。田中広は、万全の状態で臨める見通しが立っている。

     膝回りや体幹強化など地道なトレーニングにより、肉体はさらに強くなった。「ケガをする前より、良い動きができるイメージはできている」。たくましさを増した背番号「2」の力強い言葉は、頼もしかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000023-dal-base

    「春のキャンプ(2月1日~)に間に合うのでは?」。
    カープファンに朗報が届いた。シーズン中の8月28日に右ヒザ半月版部分切除手術を受け、戦線離脱した田中広輔選手。その後の状態が気になるところだが、小林幹英3軍コーチや、一緒にリハビリに取組んでいる苫米地鉄人トレーナーから「リハビリは順調。このまま進めば、春のキャンプで1軍合流できるはず」と心強いコメントがあった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010001-hometvv-l34

    <みやざきフェニックスリーグ:広島-西武>◇20日◇日南

    広島小園海斗内野手がみやざきフェニックス・リーグ西武戦(日南)で1発を含む3安打を放ち、遊撃取りをアピールした。


    3番二塁で先発し、3回に渡辺の内角高め直球を右越えに3ラン。5回には報徳学園の6学年先輩にあたる田村から右前打を放った。来季は右膝手術から復帰する田中広と、定位置を争う見込み。「まだまだ(田中)広輔さんに追いつけない。少ないチャンスをものにしてレギュラーを取れるように」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10200744-nksports-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が30日、自身のブログを更新。28日に右膝半月板部分切除手術を受けた広島・田中広輔内野手(30)へ送った「まってるから。」のメッセージにカープファンから感謝と感動の言葉が相次いだ。


     切り込み隊長として球団初のリーグ3連覇に大きく貢献した田中広だが、今季は打撃不振が続き、今月22日に新人時代の2014年9月以来5年ぶりに出場選手登録抹消。その1週間後となった29日に手術を受けたことが発表された。

     球界随一の人脈を誇るつば九郎は他球団の監督、選手らと親交があり、広島の主力選手も菊池涼を「きくりん」、鈴木を「せいやくん」と呼んでブログでも度々メッセージを送っていたが、この日のブログではあえて田中の名前は出さず。自身が出演したイベントの報告をした後、最後の1行に「C#2。すぐのらいんへんしんありがとう。まってるから。」と短くつづった。名前は出さずとも「C」はカープの頭文字、「2」は田中広の背番号。田中広へのメッセージであることは明らかだった。

     これを受け、ツイッター上にはカープファンからつば九郎に向けたメッセージが殺到。「つば九郎ありがとう」「仕事中だけど泣きそう」「いつもカープの選手に優しいね」「つば九郎の『カープ愛』は相変わらず」「つば九郎泣かせないで…」「こーすけへのメッセージありがとう」「つば九郎好きすぎてヤクルトファンになりそう」「いつもカープのおとももちの事を気にしてくれてありがとう」と球団の垣根を超えたマスコットの“男気”に感謝と感動のメッセージがあふれた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000173-spnannex-base&pos=2

     広島は29日、田中広輔内野手(30)が広島市内の病院で右膝半月板部分切除手術を受けたと発表した。今季中の復帰は絶望となり、高ヘッドコーチは「今(手術を)やったら、来季(開幕)に十分間に合う。本人の希望もあった」と説明した。



     昨季までの不動の1番打者から一転、今季は極度の不振に陥り、6月20日に連続フルイニング出場が635試合でストップ。後半戦からは遊撃の定位置をドラフト1位の小園に奪われていた。今季は97試合で打率1割9分3厘、3本塁打、27打点。22日に出場選手登録を外れた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000058-sph-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園=が14日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた全体練習に参加した。後半戦初戦の15日・DeNA戦から出場選手登録される予定で、即1番での起用の可能性もある。チームが1分けを挟んで11連敗と泥沼にはまる中、再進撃へドラ1が流れを変える。

     猛反撃へ、小園がいよいよ再昇格する。後半戦開幕は、現在の11連敗(1分け含む)が始まった横浜スタジアムでのDeNA戦。前日に1軍合流し、この日本拠地で汗を流したルーキーは「チャンスをもらったので、また生かしていけるように頑張りたい」と目をギラつかせた。

     チームは前半戦を借金5、4年ぶりのBクラスターンとなる4位で終え、首位・巨人には11ゲーム差をつけられた。小園は今月1日に出場選手登録を抹消されたが、その後ウエスタンで毎試合安打を記録するなど、6試合で25打数9安打、打率・360をマーク。チームの流れを変える存在として、期待が懸かる。

     昇格即1番で先発する可能性もある。1番はここまで9人が座った打順で、固定できていないのが現状だ。前半戦ラスト4戦は野間が「1番・中堅」を務めていたが、15日は松山が左翼で先発することが有力なことから、左翼だった西川が中堅に入る可能性がある。本職の遊撃だけでなく、2軍では三塁守備も経験してきた小園は、1軍で先発した3試合全て「1番」で出場している。野間が控えにまわれば田中広もいるが、当然小園も“1番候補”の一人に浮上する。

     自身にとっても、「1番」は慣れ親しんだ場所だ。報徳学園、U-18日本代表時代の定位置。「先頭で出られたら自分の気持ちも乗っていけるし、本当にチームの流れを変えたい気持ちもあるので」と意欲を見せる。

     積極的に攻めるイメージも膨らませる。「初球とかしっかり振っていきたい。先頭なので思い切っていくとチームの勢いも変わっていくと思う。どんどん積極的に振っていきたいと思う」と、みなぎる闘志を言葉に表した。

     11日に行われたフレッシュ球宴(楽天生命パーク)では先頭打者本塁打をマークするなどスター性を感じさせる活躍を見せ、MVPも受賞したノッてるルーキー。「常に気を抜けない」。高卒1年目として目の前の1球、1プレーに対してがむしゃらに臨むことが、チームにも良い風をもたらすはずだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000030-dal-base

     広島・田中広輔内野手が20日の交流戦・ロッテ戦(マツダスタジアム)で先発メンバーから外れ、連続フルイニング出場が635試合でストップした。衣笠祥雄氏の持つ球団記録の678試合にあと43試合のところだった。


     今季は開幕から打撃不振で67試合を終え、打率・188、3本塁打、22打点。19日のロッテ戦(マツダスタジアム)でも40試合ぶりに1番に起用されたが、4打数無安打に終わり、16打席連続無安打となっていた。

     チームは交流戦に入って5カード連続で初戦黒星。19日のロッテ戦の敗戦で3勝9敗1分けとなり、交流戦での負け越しも決まった。緒方監督は開幕から守護神を務め、交流戦中に中継ぎに配置転換した中崎の2軍落ち、不振の田中広のスタメン落ちも決断した。全てはチームのためだ。

     3連覇を達成し、名将の仲間入りをしている緒方監督にとって、実績のある中崎、田中広の処遇は苦渋の決断だったに違いない。ただ、名監督は時として非情な決断も必要だ。

     カープの監督として4度のリーグ優勝、3度の日本一に輝いた古葉竹識氏も苦しい決断をしたことがあった。2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれ、昨年4月23日に亡くなった衣笠祥雄氏の連続フルイニング出場を止めた。1979年5月28日、当時の日本記録である三宅秀史(阪神)の700試合にあと22試合と迫っていたときだった。衣笠氏も79年、打率・198と田中広のように開幕から不振を続けていた。

     スタメンを外すことを決めた古葉氏は昨年、衣笠氏の訃報に接した際に一番の思い出としてこの連続フルイニング出場を止めたことをあげた。「本人は出たかっただろうし、気持ちも乱れたようだが、応援してくれるファンのためにも負けないように選手を使わないといけなかった」と振り返っている。

     連続フルイニング出場の記録は途絶えたものの、もう一つの「記録」である連続試合出場の継続を約束していた。それが同年8月1日の巨人戦(広島)で西本から死球を受け左の肩甲骨を骨折する重傷を負った。連続試合出場も1122試合で途切れるかと思われたが、翌日に代打で出場。フルスイングで空振りの三振で記録を継続させた。

     古葉氏は「死球で肩甲骨を亀裂骨折して、とても試合には出られないだろうとわれわれは思ったが、何としても出ますと言ってベンチに入った。このとき、代打で使ったのが、連続試合出場の世界記録につながった」と話している。

     衣笠氏はこの年、最終打率・278まで上げた。チームは4年ぶり2度目のリーグ優勝を果たし、球団創設初の日本一にも輝いた。田中広に代わって20日のロッテ戦に先発出場したドラ1の小園はプロ初打席初安打を記録。チームも苦しみながら勝利した。しかし、3連覇に貢献した田中広の実力や経験は、小園以上の力と考える。連続フルイニング出場が止まった悔しさを今後の活躍にいかに結びつけるか注目したい。そしてジェットコースターのような戦いが続く広島の最終結果はどうなるだろう。(デイリースポーツ・岩本 隆)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000070-dal-base

     広島が5日の西武戦(メットライフ)で、終盤に猛攻を仕掛け9―1で大勝。交流戦初白星を挙げた。大瀬良が6回を1失点で切り抜けると、開幕からスランプにあえいでいた田中広輔内野手(29)が決勝の勝ち越し打にダメ押し満塁弾を含む、3安打5打点の大暴れ。背番号2のお目覚めにより、再び赤ヘル名物の“超競争主義”が燃え上がる気配だ。

     中盤6回まで1―1のしびれる展開を破ったのは不振の8番打者だった。7回一死満塁で2番手・小川から右前に勝ち越し適時打。さらに8回には右越えに勝負を決定づけるグランドスラムを叩き込み、復調をアピールした。

     派手な活躍にも「少しずつ状態は上がっているのかな」と控えめにコメントした田中広だったが、試合後にニンマリと不敵な笑みを浮かべたのが東出打撃コーチだ。田中広の復調に手応えを口にしつつ、矛先を向けたのは、この日5タコのリードオフマン。「広輔が出塁率を上げてくれれば、野間と入れ替えることもできる。ウチは打てなければ外野手は下位では試合に出られない」と、あおった。

     チームはがっちり首位をキープでも、広島の野手陣に安らぎの場所はない。つい先日まで「1番として機能しているのが大きい」と評価された野間でさえ、数試合の結果と内容でこれだ。4人制を敷く捕手陣の競争も激化している。

     そんなチームで今、最も追い込まれているのは打率1割台に沈む松山だ。西武先発の十亀に対して通算12打数6安打の相性の良さを買われ、指名打者で2戦連続で先発出場したが、結果は2打数無安打。首脳陣は粘り強く復調を期待してきたが、いよいよ一軍のイスが危うい。

     日々変わる対戦相手より、身内との争いに危機感いっぱいの赤ヘルナイン。これも王者の強さの源泉か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000040-tospoweb-base

     屈辱の1割台を脱出した。

     開幕から打撃低迷にあえいでいる広島の田中広輔(29)。4月には27打席無安打と不振を極めた時期もあった。球場のスターティングメンバーの中で表示される1割台の打率がその深刻さを物語っていた。

     しかし、5日の西武戦では4打数3安打5打点の猛打賞。八回にはゲームを決定づける満塁弾を右翼スタンドに叩き込み、この日の試合前に.192だった打率は.203に上がった。

    「(調子は)少しずつ良くなってきているので、もっともっとチームに貢献できるように頑張りたい。甘い球は積極的にいこうというのは(きょうの)ミーティングでも話をしていた。でも、まだ安心する数字じゃないですし、打つだけが野球じゃないので」

     試合後、そう話した田中は、ここまで4試合連続安打中。チームに貢献できない日々が続いた先月は、変化を恐れることなく試行錯誤を繰り返してきた。試合前練習では連日のように迎打撃コーチがマンツーマンでバットの出し方を指導。打撃フォームの修正に取り組んできたという。

    「結果を出せず、いろいろな方が心配してくださった。そのときに言われたことをどんどん取り入れて、指摘された部分は積極的に直しました。何とかしないと、という思いしかなかったので、とにかくいろいろ試しましたね。打撃フォームだったり体重移動だったり、基本的なことが中心。もちろん、変えていったのは開幕してからです。今は『これだ』というものが掴めた部分もあるので、もう変えることはしていません」

     コーチの言うことを聞き入れすぎて混乱する選手も少なくないが、田中はすがるような思いで耳を傾けた。

     4月12日には定位置となっていた1番を“剥奪”され、7番や8番に降格。それでも、スタメンから外されることはなかった。田中は連続フルイニング出場記録を継続中で、阪神・鳥谷の持つ歴代4位の667試合まであと43試合。この記録への「忖度」ではないかという声も聞こえてくるが、そんな雑音をかき消す復調のきっかけになるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000031-nkgendai-base

     ◇セ・リーグ 広島5―7阪神(2019年6月2日 マツダ)

     広島は2日の阪神戦で5―7と惜敗して、連勝が5で止まった。それでも、7点劣勢の6回に、田中広輔内野手(29)の適時打が口火となり、サビエル・バティスタ外野手(27)のこの日3安打目となる適時打などで1イニング5点の猛追。一発が出れば大逆転というほどの見せ場をつくった。2位・阪神との直接対決を勝ち越して4ゲーム差。勢いを持続したまま、交流戦に突入する。

     試合後のナインに悲壮感はない。2回に7点差をつけられても、勝利への望みが消えないところに、好調なチーム状況が表れている。6回に1イニング5点の猛追。緒方監督は「こういう展開になっても、野手が集中していい攻撃をしてくれた」と、交流戦への手応えをつかむ一戦となった。

     7点劣勢の6回1死無走者、西川の出場25試合連続安打となる左前打が口火となった。磯村の右前打、小窪の四球で満塁。続く田中広は初球の直球を狙った。左前への2点適時打として、チーム初得点が生まれた。

     死二、三塁からの野間の遊撃へのゴロは、快足を飛ばして内野安打。適時失策もからみ、二塁走者・田中広も生還した。さらに2死一、三塁で、バティスタが左前適時打を放ち、今季4度目の1イニング5点以上とした。

     結果もさることながら、猛攻の中身が濃かった。田中広が「チャンスだったので積極的にいった」という一打は、今季2度目となる2試合連続の複数安打。打率・192と2割復帰も目前で、不振脱出への光としたい。

      5点目を挙げたバティスタは、1打席目に「しんどかった」と笑う自身初の三塁打。計3安打で打率は・307となり、ついに大台に乗せた。5月に10本塁打を量産した大砲の勢いは増すばかりで、「調子もいいし、交流戦も一生懸命頑張ります」と誓った。

     持ち前の粘り強さを確かめて、交流戦へと突入する。2位・阪神との直接対決に勝ち越して4ゲーム差。指揮官は「もうひと押しというところまで苦しめられた。負けはしたけど、切り替えて交流戦に入っていきたい」とうなずく。昨季の交流戦は借金4と苦しんだ。パ・リーグの投手陣を攻略するためのカギは、この日の粘りにある。 (河合 洋介) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000065-spnannex-base

    このページのトップヘ