広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     2月1日からはじまる春季キャンプまであと2週間。選手たちは各地で自主トレを行い、来たるべき日に備えている。そんななか、沖縄県恩納村で東海大の先輩でもある大松尚逸(ヤクルト)らと自主トレを行っている田中広輔(広島)が「ゴーデングラブ賞を取りたい」とコメントした。

     田中は2017年シーズンに盗塁王・最高出塁率のタイトルを獲得したものの、守備の栄誉であるゴールデングラブ賞はここまで受賞したことはない。広島では二遊間でコンビを組む、菊池涼介、中堅の丸佳浩がともに5年連続で受賞中と同賞の常連でもある。同じ1989年生まれで、『タナ・キク・マル』とトリオで扱われることも多い田中も同賞受賞をし、守備面でも2人に並べるか。

     田中の2017年シーズンにおける失策数は16個(143試合)。セ・リーグの同じ遊撃手を見ると、倉本寿彦(DeNA/143試合)、京田陽太(中日/141試合)が14個、ゴールデングラブ賞を受賞した坂本勇人(巨人/142試合)にいたっては9個だった。もちろん、失策数だけで守備力を判断されるわけではないが、その数が少ないに越したことはない。タイトルを獲得するためにも、まずは一桁台を目指したいところだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00142283-baseballk-base

     広島の田中広輔内野手が13日、沖縄県の恩納村で行っている自主トレを公開した。楽天・今江やヤクルト・大松などとの合同自主トレで、今年で4年連続4度目。午前中はランニングやノックを行い、午後からはロングティーなど打撃練習した。


     23日までの日程で「暖かい場所。野球選手は走れなくなったらダメなので、まずはしっかりと走って土台を作りたい」と力を込めた。

     昨季は不動の1番打者として盗塁王と最高出塁のタイトルを獲得。チームのリーグ2連覇に大きく貢献した。今季は球団史上初の3連覇と日本一が目標だ。「個人的にはすべての成績でキャリアハイを目指したい。去年の数字では優勝できない。それをベースに考えて、いい成績を残したい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000061-dal-base

     今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)と参加。打率3割、30本塁打、30盗塁の大台について「目標でもあるので、それに向かって頑張りたい」と意欲を口にした。

     95年に同じ遊撃でトリプルスリーを達成した野村氏は「助言は特に必要ない。ホームランはもともと打とうと思えば打てる。近い将来やってくれる」と太鼓判。山本氏も「それを達成すればチームも優勝に大きく近づく」と歓迎した。田中は今季打率.290、8本塁打、35盗塁だが、昨季は13本塁打をマーク。長打力に磨きをかければ不可能ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000034-spnannex-base

     巨人にドラフト5位で指名された田中俊太内野手(24)=東海大相模高―東海大―日立製作所=は、セ・リーグのベストナイン、最高出塁率賞者・最多盗塁者賞の広島・田中広輔内野手(28)=東海大相模高―東海大―JR東日本=の弟だが、2人の間の次男で現会社員の洋平さんも東京・日大三高時代はレギュラー捕手として活躍した。

     3人に幼少時から野球を教えたのは父・正行さん(57)。東海大相模高時代は俊足強打の遊撃手として鳴らし、1年時は2学年先輩の原辰徳・巨人前監督と寮で同室だった。強豪野球部の先輩といえば厳しく近寄りがたいイメージもあるが、正行さんによると「原さんはとても気を使う人で、自分がケガをしたときは布団まで敷いてくれた」という。

     正行さんの強打ぶりは「飛距離は先輩の津末(英明=元日本ハム、巨人)さんにも負けなかったくらい」だったが、「練習のノックでボールに飛び込んだときに左肩を痛め、それから打てなくなりましたね」と悔しそうに振り返る。プロの道は諦め、卒業後は神奈川・座間市役所に就職して、そこでも野球部で大活躍。全国レベルの大会にも出場し「六大学野球の出身者も多かった」という強豪チームと激闘を繰り広げた。

     小学生に野球を教えるようになったのは2001年秋、小学6年の広輔がボーイズリーグ(硬式)の相模原イーグルスに入団したのがきっかけだった。04年に同チームの監督に就任し、俊太が在籍した06年と、翌07年の春には全国大会4強の成績を残した。現在は同チームの中学部コーチで務めている。

     当時の小学生への指導法は、今もチームで語り草だ。「大きな夢を持って入ってきているのに、ちまちました野球を教えても仕方がない」とバントは一切教えず、打撃練習はトスしたボールをフルスイングで遠くへ飛ばす“ロングティー”ばかり。「審判に『ストライク』のコールをさせないくらい、いい球はどんどん打っていけと言いました。三振しても空振りならほめてあげた」

     野球に取り組む姿勢はストイックだが、ゲンも担いだ。「試合の前日はグラブは磨いて枕元に置いて寝ること。そうすれば捕れそうにない球もグラブに入るかもしれない」と選手や保護者にすすめて、遠征先の球場などでは自ら真っ先に「ウンが付くように」とトイレを掃除したという。

     プロに進んだ息子2人の小中学生時代について「どちらも足が速かったが、自分と似てガツガツしたスタイルの広輔は体の使い方がうまくて馬力があった。俊太は柔らかくてスマートな感じ。だけど一生懸命やっているのに、そう見えなくてかわいそうだった」と“親心”も交えて懐かしそうに話した。

     今も座間市役所に勤務する正行さん。来年の夢は、巨人と広島の試合で兄弟対決を観戦することだ。(記者コラム・芝野栄一)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000103-sph-base

    「『他の選手にこのピッチャーどうですか?』と聞かれても、凄いぞと言ったことないですから。このピッチャーは、大したことないぞ、と言うんですよ。1番バッターは、そういう気持ちで打席に立っている」。

     7月1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志は1番打者について、このように話した。

     今季の1番打者を振り返ると、桑原将志(DeNA)が12球団で唯一、1番打者で143試合にフル出場。安打数(161安打)は1番打者として12球団2位、本塁打(13本塁打)と打点(52打点)は12球団3位の成績だった。

     桑原と同様に1番打者として存在感を示したのが、広島のリーグ連覇を支えた田中広輔。田中は1番打者として12球団トップの安打数(164安打)、盗塁数(35盗塁)をマークした。田尾氏は田中の盗塁について8月6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で「クリーンナップを迎えたところで2球目に田中が盗塁する。こういう攻撃は他球団ではなかなか見受けられない。こういう隙があればいつでもいくよという怖さを他球団も感じるんじゃないですかね」と話した。

     今季1番や3番を打つことの多かった秋山翔吾(西武)は、1番打者として12球団トップの20本塁打、65打点を記録。嶋重宣打撃コーチは秋山が今季本塁打を量産した要因について、「インパクトがもともと強いバッター。打球に角度がついている」(ニッポン放送ショウアップナイターのアナウンサーの取材時のコメント)と教えてくれた。さらに「年々体力もついてきている」と体の強さも要因のひとつに挙げた。

     1番打者のトップ3は以下の通り

    【出場数】
    1 143試合 桑原将志(DeNA)
    2 142試合 田中広輔(広島)
    3 122試合 西川遥輝(日本ハム)

    【安打】
    1 164安打 田中広輔(広島)
    2 161安打 桑原将志(DeNA)
    3 142安打 秋山翔吾(西武)

    【本塁打】
    1 20本塁打 秋山翔吾(西武)
    2 16本塁打 茂木栄五郎(楽天)
    3 13本塁打 桑原将志(DeNA)

    【打点】
    1 65打点 秋山翔吾(西武)
    2 60打点 田中広輔(広島)
    3 52打点 桑原将志(DeNA)

    【盗塁】
    1 35盗塁 田中広輔(広島)
    2 32盗塁 西川遥輝(日本ハム)
    3 20盗塁 京田陽太(中日)

    ※1番での成績

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00140942-baseballk-base

     広島の田中広輔内野手(28)が18日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、6200万アップの1億4000万円でサイン(金額は推定)。5年目の来季、年俸が初の大台を突破した。「球団から『1番としてしっかりと仕事をしてくれた』と評価してもらった」と納得の表情を浮かべた。

     今季は、飛躍のシーズンとなった。遊撃で2年連続フル出場を果たし、打率・290、8本塁打、60打点、出塁率・398、自己最多35盗塁を記録。ベストナインにも輝いた。真価の問われる来季。「今年の成績が基準になる、その上を目指したい」と気持ちを高ぶらせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000067-dal-base

     広島・田中広輔内野手(28)が4日(日本時間5日)、来季に向けて、“究極の1番打者”を目標に掲げた。今季お立ち台1度のいぶし銀は、来季もチームの黒子に徹する考え。ヒーローはクリーンアップに任せ、自身はお膳立て役として出塁し、球団史上初の3年連続100得点を虎視眈々(たんたん)と狙う。

     ダイヤモンドヘッドからの絶景をバックに決意を固めた。来季は究極のリードオフマンを目指す。田中は「1番バッターは目立ってはいけないと思う。クリーンアップが目立てばいい。僕は得点を稼げればいい。3年連続100得点することが目標」とクールな顔で1番打者論を語った。

     初めてベストナインに輝くなど今季は飛躍のシーズンとなった。遊撃で2年連続フル出場を果たし、打率・290、8本塁打、60打点、出塁率・398、自己最多35盗塁を記録。1995年イチロー(オリックス)、2015年山田(ヤクルト)以来となる、盗塁王と最高出塁率のタイトルをダブル獲得した。来季2年連続同時受賞すれば、史上初の快挙となる。

     打席での「我慢」が好成績に結びついた。昨季は自己最多13本塁打を放ち、持ち味のパンチ力を発揮したが、今季は長打を封印。中堅から左方向への打球を意識し、打率、出塁率を伸ばした。その結果、昨季の102得点に続く2年連続100得点超えとなる105得点をマーク。さらに「長打を我慢しても(本塁打を)8本打てた」。両手には手応えが残る。17年スタイルを継続し、来季に臨むと決めた。

     盗塁数に関しては「まだまだ失敗があるし、上積みがあると思う」。ただ成功率だけに固執するのではない。「ここぞの場面でスタートを切らないといけない」と盗塁王のプライドもにじませる。僅差の展開やバッテリーに警戒される中、「多少無理だと思っても、思い切ってスタートを切りたい」と目を見開いた。

     派手さは求めていない。今季は意外にもお立ち台は1度だけ。田中は「見てくれている人は見てくれている。そういったところに価値を見いだしたい」と言う。ヒーローは後ろを打つクリーンアップに譲る。自身は今季同様にチームの黒子に徹する考えだ。

     2年連続参加のV旅行ではハワイを満喫。ダイヤモンドヘッドに登り、「思ったよりきつかった。でも日の出も見られたし、登って良かった。いい運動になりました」と笑顔で語った。鯉のトップバッターはどこまでもアグレッシブだ。リーグ3連覇を目指すチームを力強く引っ張る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000013-dal-base

     「広島・秋季キャンプ」(15日、日南)

     田中が秋季キャンプを打ち上げ帰広した。午前中は遊撃の守備練習などで軽快な動きを見せ「しっかり練習が出来ました」と納得顔だった。

     今季は球団史上初の2年連続遊撃でのフルイニング出場を達成。自身初の盗塁王、最高出塁率のタイトルも獲得した。

     17日からは湯布院でリハビリキャンプに参加予定で、「あとはしっかり休みたいと思います」と笑顔で話していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000130-dal-base

     広島のセンターラインを支える菊池、丸は秋季キャンプを張る日南で朗報を受けた。ともに5年連続5度目の受賞を誇る常連。菊池が「ホッとした。何回獲ってもうれしい」と切り出せば、丸も「毎年獲りたい賞なので光栄」と笑顔を見せた。

     菊池は、二塁手部門で両リーグ最多の246票を獲得。「野村前監督に“いくら打てなくても、守りはしっかりやれ”と教わった。それがモットー」。補殺数こそ407個にとどまったものの、驚異的なハンドリングと広い守備範囲は健在だ。

     丸の得票は、セ・リーグ外野手部門で2年連続1位の232票。太陽の位置や風向き、ナイターの場合は何時ごろから夜露で芝が濡れるか…など、状況をつぶさに把握して両翼に指示する。「引き出しは徐々に増えていると思う」と語った。

     2人の望みは、遊撃の田中を交えての受賞だ。「2、3年コンビを組んでいるので一緒に獲りたい」と菊池。丸も「同学年の3人で獲れたら、これほどうれしいことはない。広輔には、ボクから叱咤激励しておきます」とハッパを掛けていた。 (江尾 卓也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000076-spnannex-base

    このページのトップヘ