広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

    <オープン戦:広島0-0オリックス>◇17日◇マツダスタジアム

    広島は1軍の対外試合で初めて1番田中広輔内野手、2番菊池涼介内野手の「タナキク」の打順が変更された。


    1番に入った西川龍馬内野手は1四球2犠打で、田中広は3番に回り3打数無安打だった。緒方監督は「最初から(打順変更を試すことは)決めていた」と、計画通りの選択肢であると説明。高ヘッドコーチは「今年は打順を固定するのは難しいかもしれない」と話した。昨年丸が務めた3番は、オープン戦では他に坂倉、西川が入っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170900-nksports-base

     ◇オープン戦 広島0―0オリックス(2019年3月17日 マツダ)

     広島は17日のオリックス戦(マツダ)に決め手を欠いて0―0の引き分けに終わった。今春のオープン戦で初めて1番・西川、3番・田中広の新オーダーを組んだものの不発。中でも、移籍した不動の3番・丸の後任を誰が務めるか…は、依然不透明なままだ。開幕の足音が近づく中、リーグ4連覇打線構築への試行錯誤は続く。



     6回の好機が見せ場だった。1死一、二塁で打席には今春初めて3番に起用された田中広。1、2球目の146キロ直球を空振り、ファウルし、カウント2―2となってからの5球目だ。甘く入った145キロの直球。だが、球威に押されてあえなく遊飛に終わった。

     「(先発したオリックス・榊原は)いい投手。ちゃんと振りにいけていたので、そこはよかったと思う」

     この回は、先頭の安部がチーム初安打となる左前打。1番・西川が犠打を決め、菊池涼が四球を選んで迎えた場面だった。リードオフマンが主の29歳にとっては調整途上。実績があるだけに、結果ではなく打席でのアプローチを重視するのは当然だ。淡々と続けた。

     「(3番は)春季キャンプの時に言われていた。3番目に打つ打者としてやってくれ…と。僕が決められることじゃないけど、今の段階で打順を意識することはないですね」

     不動の3番・丸の後任を誰が務めるのか。今春ここまでのオープン戦9試合では、坂倉が3試合、西川が6試合。田中広の起用は緒方監督の提案で、候補に挙がる安部や松山はまだ1試合も3番に入っていない。懸案は解決されないままだ。

     迎打撃コーチは、連動する1番・西川に言及し「今日に関しては入りは悪くなかった」と、四球で出塁した初回などを評価。一方では「安部と松山の状態が上がらないので、試そうにも試せない。上がってくれば、もっと試せることがある」と悩ましげに話した。

     今季の開幕まで10日余り。現状では西川が一歩リードするが、不透明さは拭えない。東出打撃コーチは、こうした状況を想定してか「出塁率の高い選手に入ってほしいけど、1番も含め、シーズンに入っても決まらないと思う」と語った。

     近未来を見据えれば坂倉を育て、野間を一本立ちさせたい。あるいは実績のある中堅選手がつかむのか。光はまだ見えない。 (江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000114-spnannex-base

    <練習試合:広島8-0韓国KIA>◇18日◇沖縄・コザしんきんスタジアム

    「タナキクチョー」が始動した。巨人から加入した広島長野久義外野手(34)が、チーム今季初の対外試合でいきなり初安打を放った。



    韓国・KIA戦で、看板コンビ田中広、菊池涼に続く「3番指名打者」で先発。1回1死から菊池涼が中前打で出塁後、初球の直球に反応し、きれいにセンターへはじき返した。ファーストスイングで快音を響かせ、4番鈴木の先制3ランをお膳立てした。

    19年版広島打線の新たな可能性を見いだした。東出打撃コーチは「打順は2人が帰って来てから」とインフルエンザで離脱中の安部やバティスタの復帰を待って打順を構築する考えを示したが、長野を3番に置く「タナキクチョー」も候補の1つであることは間違いない。鈴木は「丸さんの時は初球からどんどん振っていく打者ではなかった。試合をやっていけば大丈夫だと思う」とうなずいた。

    2打席で交代した長野は試合中は室内練習場で特打に取り組み、試合後はメイン球場で特守を受け、ノーコメントのまま球場を後にした。実績ある長野の加入で、広島打線の可能性は広がった。【前原淳】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-80000953-nksports-base

     「広島紅白戦、紅組4-1白組」(16日、コザしんきんスタジアム)

     広島・田中広輔内野手(29)が16日、紅白戦に紅組の「1番・遊撃」で出場し、2打数1安打1四球をマークした。昨年の日米野球で西武・秋山に打撃理論を聞き、左肩が突っ込み過ぎないスイングをキャンプでも実行中。紅白戦前のシート打撃では逆方向へ鋭い打球を放つなど、自身初の3割へ着々と準備を進めていく。

     未踏の領域を目指す田中広の両手には、確かな手応えが残っていた。沖縄2次キャンプ初の紅白戦。先頭で迎えた第1打席、新外国人・ローレンスがカウント1-1から投じた119キロのスライダーを、きれいに左前へはじき返した。

     「(状態が)いい悪いという段階ではないけど、いい形でいい打球が飛んでいる。続けていきたい」

     昨年の日米野球で西武・秋山の打撃理論を聞き入った。メインは左肩を早く出さないことへの意識。今キャンプでも「意識しながらやっている」とし、「今は実戦の中でどういう対応ができるかを確認しながらやっている」と説明する。

     自身初の3割へ、課題を克服することで必ず道は開けてくる。紅白戦の前に臨んだシート打撃でも、センターから左方向へ安打性の打球を飛ばした。左肩が突っ込めば逆方向へ強い打球は打てないだけに「いい方向に出てるんじゃないかなと思う」とうなずく。

     全体練習後には室内練習場でティー打撃を繰り返し、フォームを固めた。「結果よりかは今の段階でどういうコンタクトができるか、そういうことを大事にしながらいきたい」。飽くなき向上心を持ち続け、シーズンへと向かっていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000039-dal-base

     広島・田中広輔内野手が5日、ドラフト1位の小園海斗内野手(報徳学園)の“強心臓ぶり”に目を細めた。宮崎・日南での春季キャンプ第2クール初日で、昨秋ドラフト4球団が競合した高卒ルーキーと共に早朝から特守を受けた。「とにかく元気。高卒で、たくさんの人が注目されている中であれだけやれたら大したもの」と印象を語った。



     小園は将来の遊撃レギュラーと期待されている。田中は16年から3年連続フルイニング出場中。絶対的なレギュラーだが、共闘を誓う。「緊張していると思うけど、聞いてくれたら何でも答えるつもりです」。小園と特守を受けたことについては「キャンプで(特守は)毎クール一度はありますので、今日お願いして受けました」と明かした。

     自身のテーマは下半身強化。だが、特別なことをする予定はない。「今までと同じようにウエイトトレーニングをやりながら、下半身を強くすることを意識していきたい」。焦らずじっくりと6年目のシーズンへ。今季もフルイニングで戦うために準備を進める。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00293154-fullcount-base

     ダウンタウンの浜田雅功がMCを務めるフジテレビ系『ジャンクSPORTS プロ野球一斉調査SP』が、来年1月6日に放送される(後7:00~9:00)。2019年最初の『ジャンクSPORTS』は、プロ野球界を代表する選手たちを招き、すごいプレーの裏側から今まで聞いた事がない本音や、知られざる真実までを探る。



     スタジオには、阪神タイガース・福留孝介選手、東京ヤクルトスワローズ・青木宣親選手、福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手、甲斐拓也選手、千賀滉大選手、広島東洋カープ・田中広輔選手、鈴木誠也選手、横浜DeNAベイスターズ・山﨑康晃選手、北海道日本ハムファイターズ・西川遥輝選手、近藤健介選手といった2018年に大活躍した選手陣。なんと、年俸総額20億円超えのスター選手が勢ぞろい。

     番組では、ゲストである選手自身が選んだ自画自賛のプレー集「見てくれ! 俺のベストプレー」や、「ヒーローインタビュー名場面」などをVTRで紹介。「すごすぎるぞ! 福留孝介」では、2007年に推定49億円(4年総額)でシカゴ・カブスと契約したことをはじめ年俸総額が74億円にも及ぶ一方で、釣りをするためにバスボートを買ったものの、船舶免許を持っていないため運転してもらっているという意外なエピソードが明らかになる。

     また、青木選手からは、広島東洋カープ・田中選手と鈴木選手から「今度ご飯行きましょう!」と言われるが、いざ誘うとなぜか断られてしまうというプライベートな秘話が語られ、浜田が、田中選手と鈴木選手に断った訳を聞くが、その答え方に「ウソついている?」との疑惑が。「2018年の活躍には満足している」「プロ野球選手は正直おいしい」「生まれ変わるなら大谷翔平・ZOZO前澤社長・浜田雅功のうち誰?」「この中で一番モテるのは誰?」などの一問一答も行われる。

     さらに、昨シーズンプロ野球ファンを熱狂させた、12球団トップの盗塁阻止率を誇り“甲斐キャノン”の異名をとる甲斐選手と、通算盗塁成功率歴代1位・西川選手との熱き戦いを特集。そんな甲斐選手は、幼い頃に親が離婚し、女手一つで育ててくれた母の苦労を母の肉声とともに再現VTRで紹介されると、楽しいスタジオの雰囲気が一転して感動ムードになり、浜田が思わず「カットー!」と叫ぶ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000324-oric-ent

     広島県呉市内でのトークショーに参加した広島・田中広は、西武の“秋山理論”で自身初の「打率3割、180安打」を目指す。

     1歳年上の秋山とは、11月に行われた日米野球でともに侍ジャパン入りして打撃論を交わした。ともにリードオフマンで、現在、継続中の連続フルイニング出場数は、1位が秋山(596試合)、2位が田中広(568試合)と共通項も多い。「意識してきたこととは真逆の感覚と言ってもいい。打席でのアプローチとか、左肩が早く出ないためにはどうしたらいいのかを聞きました。自主トレで試したい」。秋山からはバットをもらい、オフ期間中に試す予定だ。

     今季の打率・262は自己最低。それでも、打撃スタイルはブレずに貫く。「打率だけを見始めたら終わりだと思っている。(進塁打などを)他の人もできているからカープは強い。180安打を打てれば、自然と3割には乗ってくると思う」と、打撃進化のヒントを探すオフとする。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000025-spnannex-base

     【球界ここだけの話】広島に「タナ」と「キク」が新たに加わって球団内はざわっとした。広島・鈴木清明球団本部長(64)がその理由を明かした。

     「菊池もそうだし、最近中村とか、同じ名字が増えた。“本家”を超えるようになると、いろいろと考えないといけないな」

     広島で「タナキク」と言えば田中広輔と菊池涼介両内野手だが、今オフに楽天とのトレードで菊池保則投手が、ドラフト5位で田中法彦投手=菰野高=が入団した。来季、田中と菊池の登録名はどのように変更するか、注目が集まった。

     どの球団でも姓と名前の一文字目を合わせるのが一般的で「中村」の場合は祐太、恭平、奨成から、中村祐、中村恭、中村奨になる。「高橋」の場合も樹也、昂也は高橋樹、高橋昂と表記されていたが、チームの顔である「タナキク」は別格。同本部長は来季田中広輔と菊池涼介は「田中」、「菊池」のまま。新入団の菊池保則は「菊池保」、田中法彦は「田中法」にすると明かした。

     近年広島は支配下選手に加えて、育成で入団する選手もいて選手数は増加の傾向にある。今後も同姓の選手が増える可能性もあるため、同本部長は再来年以降、イニシャルと漢字を組み合わせた登録名も認める可能性を示唆した。

     他球団では個性的な登録名の選手が存在している。今季引退した元DeNA・後藤武敏氏は「後藤武敏G.」、「後藤G武敏」、「G.後藤武敏」「G後藤武敏」と4年連続で改名。ほかにもDeNA・大和、ヤクルト・雄平・楽天・銀次の名前のみのパターンやオリックス・T-岡田のような「Takahiro」の頭文字と名字を組み合わせたものもある。

     オフにオリックスから日本ハムへ移籍した金子千尋はもともとフルネーム表記であるのに加えて、今回の移籍を機に金子弌大と大胆な改名をして世間を驚かせた。

     来季広島はリーグ3連覇の立役者「タナキクマル」の一角、丸が巨人へ移籍して「タナキク」となる。田中と菊池への期待は当然だが、新加入の菊池保と田中法の両投手にも注目したい。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000539-sanspo-base

     広島・田中広輔内野手と堂林翔太内野手が16日、広島県呉市内で行われたトークイベントに参加した。

     質問コーナーでは「カープ選手の中で、付き合うなら誰?」と聞かれ、田中は「堂林」と回答。「顔もいいし、性格もいい」と続けた。堂林は「一岡さんです。優しいし、ほっこりします」と話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000057-dal-base

    田中も護摩行!? 広島田中広輔内野手(29)が16日、広島呉市内のトークイベントで共演した堂林翔太内野手(27)からの護摩行の誘いを受けた。

    トークショーでは護摩行の話になると堂林は「キャンプの前にメインイベントがある。カウントダウンが始まっている。初めて行ったときに炎とともに天に上がっていくのかと思いました。痛みを通り越して、意識が飛びそうでした」と熱弁。隣で聞いていた田中に「新井さんが辞められて、1枠空いているので、どうですか?」と振ると、田中は「丁重にお断りします」と即答。その後、再び司会のアナウンサーから振られても「大丈夫です」と笑顔で交わした。

    田中は来季の目標に「4年連続フルイニング出場は大前提。すべての数字でキャリアハイを残したい。チームとしては4連覇、日本一になれるように、貢献したい」と熱く語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00420424-nksports-base

    このページのトップヘ