広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     「広島春季キャンプ」(6日、日南)

     広島の田中広輔内野手(30)とデイリースポーツ評論家で広島OBの新井貴浩氏(43)が、春季キャンプ特別対談に臨んだ。田中広は今季から選手会長を務める。ナインはチームを「家族」と表現してきた。V奪回を目指す戦い。“新長男”は自己犠牲をいとわない打撃を心掛けると力を込める。今季へかける思いや役割について、かつての長男と共に、熱く語り合った。担当記者が対談を終え感じたことは…。

      ◇  ◇

     「1打席の中で自分を犠牲にできるか」

     最も印象に残ったフレーズだ。1番打者がプレーボール直後に安打を打てばチームの士気は高まる。一方で、球数を投げさせる事でボディーブローのようにダメージを与えられる。得られる相手投手のデータもその後の攻撃につながる。

     「僕は我慢をして粘った結果、三振をしてもOKだと思っている」。石井琢朗氏が打撃コーチだった時、リードオフマンとして粘る事の重要性をとことん説かれた。今でもその野球観は変わっていないという。

     今年から選手会長。時には厳しさを打ち出す事があるかもしれない。逆に失敗をしたとしても、献身的な働きには笑顔で出迎えるつもりだ。チームに一体感をもたらして、前へ進んでいく決意だ。(デイリースポーツ・市尻達拡)  


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000035-dal-base

     広島の菊池涼介内野手(29)とデイリースポーツ評論家で広島OBの新井貴浩氏(43)が、春季キャンプ特別対談に臨んだ。菊池涼は今キャンプを2軍からスタートさせ、若手の手本にもなってきた。チームリーダーとしての自覚をさらに強くして臨むシーズンについて語り合った。また、日の丸を背負って金メダルを目指す東京五輪についての思いも聞いた。=対談その2



      ◇  ◇

     新井貴浩氏(以下、新井)「広輔(田中)が、もう一度、二遊間をタナキクでやりたいと言っている。まだまだ小園に負けない気持ちは強いよね」

     菊池涼「強いと思います。そういう気持ちでやってほしい。僕は両膝のケガをしたことがある。不安も絶対にあると思うけど、ケガをしてから考え方が変わっていると思う。僕もそうだったし、誠也もそうだった。ケガをした経験が力になると思います」

     新井「長くプレーをしていると、声を掛けなくても互いにわかることがある」

     菊池涼「あります。広輔とはコンビを組んで長いし、あうんの呼吸というのがあります。センターが丸だった時は、僕と広輔、丸の三角形で『任せたよ』と言わなくても意思疎通ができて成り立っていましたから」

     新井「小園と二遊間を組んだことでプレーの幅が広がったのでは」

     菊池涼「小園が守るようになった時は、僕が合わせないといけない。ここは行っちゃいけないとか、ありました。彼は一生懸命だったし、ノビノビやってほしかった。勢いを持って捕球しに来たら、僕が引かないといけない。去年はそういうのがいっぱいありました。僕が二塁を守り始めた時のショートは梵さん。こういう感じでやっていたのかなって感じました。勉強になったし、新しい発見がありました。センターに関しても去年は同じで、野間や西川になると、まだどこまで行っていいのか、どこまで捕りに来ることができるのか。その距離感ですね」

     新井「話が戻るけど、広輔が選手会長になった。アツ(会沢)、キク、広輔がリーダーとして引っ張っていくことになる」

     菊池涼「オーナーが、誠也にはノビノビやってほしいと言われていた。誠也は自信を持っているし、プレミアでもあれだけ活躍して一皮むけたと思います。だから誠也の前を打つ、僕だったり広輔だったりが、重要なピースになります」

     新井「日本代表のことについても聞きたい。去年のプレミア12を見ていて感じたことがある。侍ジャパンの中では、年齢的に坂本(巨人)が年上にいるけど、キクも引っ張っていると感じた。チームをまとめて、引っ張っていかないといけないという気持ちはあるでしょ」

     菊池涼「最初は、そんな感じではやっていませんでした。でも選ばれる回数が増えてくるたびに、新しく入って来る人がいる。中には人見知りの人も。そこで和ますのが、僕とかマッチさん(ソフトバンク松田宣)とか。まずは、コミュニケーションを取らないとうまくいかないというのは絶対にあるので。ひっくるめてでも、みんなでつっつき合ってやるというのは、心掛けています」

     一つになる

     新井「今の侍のメンバーは、団結しているとすごく感じる」

     菊池涼「稲葉監督が熱い方だし、みんなも同じ方向を向いている。期待に応えるには、仲良しクラブじゃだめだけど、チームとして一つになるには、コミュニケーションが大事。僕の一つの仕事だと思っています」

     新井「すごく良いチームだなと思う。プレミア12で優勝をしたから言っているわけではなくて。戦っている時のベンチを見ていても、そう思った」

     菊池涼「雰囲気はめっちゃ良いです。試合に出ていなくても、ベンチからみんなが応援しますしね。そういうところの経験を持って帰りたいとも思いました」

     新井「横のつながり、気持ちのつながりをすごく感じた。東京五輪がすごく楽しみだよ。自分も北京五輪を経験している。プレミア12やWBCはすごい大会だけど、五輪は歴史がある。独特の雰囲気もある。その重圧は経験して分かっている。もちろん金メダルを取るために頑張るんだけど、プレミア12の時のように、日本を代表する選手が必死になって戦っている姿を見たい」

     菊池涼「コミュニケーションを大事にしていきたいですね」

     新井「去年の5月くらいだったかな。その時に稲葉監督が言っていた。カープの選手にはすごく助かる。元気があるし、明るくもしてくれる、とね。キクはムードを作ってくれると言っていた。ケガさえなければ、間違いなく選ばれる。楽しみ?」

     菊池涼「楽しみですけど、僕もWBC、プレミア12を経験してきて、違うプレッシャーや雰囲気があるのかなと思っています。それに東京での開催というところが。注目度が今まで以上に高まって、勝つのが当たり前と見られているかもしれない。また、新しいプレッシャーとか雰囲気の中で、どういうふうにチームを鼓舞しながらやっていくのかは、まだ想像がつかないんです」

     新井「自国開催。今言ったように、勝って当たり前、金メダルを取って当たり前という感じになると思う。重圧は半端ないくらいに感じるはず」

     菊池涼「プレミアでも緊張感はすごくありました。五輪は、それ以上だと思います。グラウンドに立ってみないと分からないかもしれないけど、そこを、うまく逆手にとってできればいいです」

     新井「きょうはありがとう」

     菊池涼「ありがとうございました」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000035-dal-base

    昨年、3連覇を逃した広島だが、セ・リーグ元王者らしいキャンプを送っている。なんといっても注目は遊撃手のレギュラー争い。昨季は打撃不振に陥り、不本意な成績に終わった田中広と、プロ入り2年目を迎えて順調に成長している小園の争いは、見ていても“熱さ”が伝わってきた。



    シート打撃の内容を振り返ると、田中広が3打数1安打で、小園が2打数1本塁打の2四球。打撃の軍配は小園に上がるが、守備ではファインプレーなど安定感ある技術を披露した田中広に対し、小園は1失策。総合的には互角の内容だった。

    田中広は手術した右膝の状態も良さそう。ただ、気になったのは打撃面。内角球への対応という弱点が改善されていない。内角に詰まりたくないのか、バットのヘッドの返しが早く、こねるようなスイング軌道になる。守備は堅実で、捕球時には常にグラブの近くに右手があり、打球の質や走者の走力によって落ち着いたプレーができていた。

    一方の小園は、体がひと回り大きくなっている。打撃のパワーや身のこなしにも力強さを感じるようになった。守備面でも守備位置が変わった。高校時代や昨年は、かなり後方の深めに守り、勢いよく突っ込んでくる危なっかしいプレーが目立ったが、今年は定位置ぐらいになっていた。失策した打球は比較的強い当たりで、勢いよく出なくてもアウトにできた打球だった。まだ俊足のショートにありがちな“衝突キャッチ”になっていたが、改善していくような気がする。

    個人的な意見だが、総合的な力が五分なら、田中広を起用した方がいい。田中広はまだ30歳で、衰えるような年齢ではない。レギュラーポジションは奪い取るもので、小園をレギュラーにするときは、全ての面で田中広を上回った時。その方が小園にとっても得るものが多く、息の長いスケールの大きな選手になるだろう。1軍メンバーの遊撃手は2人だけ。目の離せない争いだ。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-02050755-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(1日、日南)

     広島の田中広輔内野手(30)が、キャンプ初日からフルメニューをこなした。昨年8月に手術を受けた右膝は順調に回復。患部を気にすることなく、精力的に汗を流した。背番号「2」がグラウンドに帰ってきた。


     「ホッとした。ケガをした後の初めてのキャンプだったので」。充実感いっぱいに、明るい表情でこの日を振り返った。

     動きは軽快そのものだった。ベースランニングで全力疾走。ノックでは左右の打球に素早く足を運び、正面で捕球した。前年に手術を受けた選手などは大事をとって別メニューで調整することがあるが、初日から全体練習に全て参加した。

     プロ7年目の今年から選手会長を務める。グラウンドの内外で先頭に立つことが新たな役割だ。歓迎セレモニーでは佐々岡監督らと並んで日南の特産物を受け取り、練習前の円陣でも輪の中心で声を掛けた。

     「練習はしっかりと体と相談しながらやっていきたい。チームの全体も見ていきたい」。田中広は前を向いて力を込めた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000038-dal-base

     広島は15日、廿日市市内の大野練習場で合同自主トレを開始した。石原、会沢、大瀬良らに加えて、ドラ1・森下ら新人9選手を含む38選手が参加。練習開始前には、自主トレ先の沖縄から帰広した田中広輔内野手(30)が、選手会長としての挨拶を行った。

     田中広は、練習には参加せずに再び沖縄に戻る弾丸日程。「佐々岡監督が言っているように投手と野手の一体感が大事。そういうことを口にしながらやっていきたい」と意気込んだ。

     練習前には会沢らと談笑。「みんなすごくいい顔をしていた。今シーズンが楽しみになった」と気持ちを新たにした。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000144-spnannex-base

     2019年は70勝70敗3分の4位でリーグ4連覇を逃した広島。今オフには、佐々岡新監督が就任し、内外野を守れるユーティリティのピレラが加入したことでレギュラー争いが激戦となりそうだ。さらにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介の残留が決定。そこで、ここでは広島の来季の基本オーダーを予想してみたい。


    1(遊)田中広輔
    2(二)菊池涼介
    3(中)西川龍馬
    4(右)鈴木誠也
    5(一)松山竜平
    6(左)長野久義
    7(三)ピレラ
    8(捕)會澤翼
    9 投手
    開幕投手 大瀬良大地

     1、2番は昨季の開幕と同じ“タナキク”コンビ。新選手会長の田中は昨季、打撃不振とケガなどで93試合で打率.193、8盗塁と自己最低の成績に終わったが、実績から万全ならば遊撃のレギュラーと予想した。一方、高卒1年目ながら田中の離脱中に遊撃を守った小園は、このまま一気に定位置奪取といきたいところだ。

     外野は鈴木、西川、長野の3選手。3番には昨季は打率.297、16本塁打と成長著しい西川、4番には首位打者、最高出塁率の2冠に輝いた鈴木、ピレラの本職は二塁だが、菊池涼の残留が決まったことから三塁とした。しかし三塁はメジャーでは1試合しか経験がないため、外野、一塁を守る可能性も高そうだ。そうなった場合には野間、松山らも含めた争いとなるだろう。

     また、ドーピング検査で陽性反応を示して6か月の出場停止処分を受け、保留者名簿に記載されたままになっているバティスタの去就がまだ決まっていないが、仮に残留となれば一塁、外野はさらに激戦となることが予想される。開幕投手は、昨季11勝の大瀬良が2年連続での開幕投手が最有力になりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00657429-fullcount-base

     広島はポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介内野手の来季残留を発表した。夢のMLB挑戦は実現することはできなかったが、カープにとっては大きな“補強”に成功したといって過言ではない。菊池涼の残留で来季、リーグ制覇奪還を狙う2020年の広島打線を見ていく。


     菊池涼の残留で余程のことがない限り「2番・二塁」は決定だろう。「タナキクマル」と呼ばれた“相方”の田中広は終盤に怪我で離脱しドラフト1位・小園が遊撃のポジションを守った。田中広が順調に回復し万全の状態でキャンプに挑むことができれば「1番・遊撃」の最有力候補であることは間違いない。

     今季ドーピング違反で6か月間の出場停止処分を受けたバティスタ次第になるが、19年からの戦力ダウンはほとんどないと言える。新助っ人ピレラはメジャー通算17本塁打で内外野を守れるユーティリティも武器。中軸として期待したいがキャンプ、オープン戦など実戦での対応力を見てからになりそうだ。

     今季はプロワーストの72試合の出場にとどまった長野は移籍2年目となる来季は正念場を迎える。そこに高い身体能力が武器でパンチ力もある野間がポジションを争う。

    ○2020年広島オーダー予想

    【広島】
    1(遊)田中広輔 小園海斗
    2(二)菊池涼介
    3(中)西川龍馬
    4(右)鈴木誠也
    5(一)松山竜平
    6(三)ピレラ 安部友裕
    7(左)長野久義 野間峻祥
    8(捕)會澤翼
    9(投)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00647070-fullcount-base

    ダウン提示も納得サイン。広島田中広輔内野手(30)が3日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉を行い、3000万円ダウンの1億5000万円(金額はいずれも推定)で更改した。交渉は1時間に及んだが、新選手会長としてチームのことに多くの時間を割いた。


    「今年1年仕事をしていませんし、それは仕方がない。(1時間の交渉は)僕自身のことは1割、2割程度。あとはチームのこと。選手会長としてチームのことを聞いた。苦しいシーズンではありましたけど、今後の野球人生においてはいいと言ったらおかしいですが、いい1年だったかなと思います。じっくりと、いろいろと考えさせられる1年でした。(選手会長として)いい方向に導いて行けるようにしていけたらと思います」。

    今季は右膝痛の影響もあり、開幕から打撃が低調だった。6月21日オリックス戦では15年4月1日DeNA戦からの連続試合出場が636試合で途切れ、8月22日に出場選手登録を抹消。同28日に広島市内の病院で「右膝半月板部分切除手術」を受けた。今季97試合で打率1割9分3厘、3本塁打、27打点、8盗塁に終わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-12030322-nksports-base

     コイのサプライズ人事は吉と出るか。広島の選手会納会が25日に広島市内で開かれ、田中広輔内野手(30)が新選手会長に選出された。複数の候補がいたなか、来季右ヒザ手術からの再起を期す背番号2に白羽の矢が立ったワケとは…。

     偉大な前任者からバトンを受けた。壇上に上がった田中広は「あそこまでリーダーシップを取れるか分からないが…」と前会長の会沢に目をやりつつ「僕らしくやっていきたい。チームワークが大事。助け合いながらやっていけるチームをみんなでつくっていけたら」と所信表明した。

     実はチーム内では「次は大地(大瀬良)が適任では」との声が多勢だった。エース右腕は温厚な人柄と責任感の強さからナインの人望が厚い。それでも、あえて田中広を推したのはカリスマ会長としてチームをまとめてきた会沢だった。

     大瀬良を後任としなかったのは捕手らしい気遣いから。会沢に相談を受けた関係者によれば「投手である大地には、これ以上の負担をかけたくない」との理由だったという。となれば、来季の在籍が確実かつ年齢的に適任な主力は田中広しかいない。チーム内からは様々な意見が出たが、最後は会沢がピシャリ。「広輔が変わらないと、このチームは来年優勝できない。僕も支えるから」と押し切ったという。

     6年目の田中広は今季開幕から不振に陥り、97試合で打率1割9分3厘とプロ入り最低の成績に終わった。小園らの台頭もあり、来季は遊撃レギュラーも保証されない苦しい立場だ。苦境でもがく姿を今は後輩たちが見ている。3連覇の功労者の一人だが、当時はベンチの隅に隠れた存在だった田中広。会沢の指名は「暑苦しくみんなを引っ張る姿を見せてくれ」というメッセージだ。

     現在は右ヒザ手術からのリハビリ中だが「会長に就くと決まってから、目の色を変えてヤル気になってくれている」と周囲の評判は上々。復活に燃える背番号2が、赤ヘル軍団を再び頂点に導けるか注目だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000034-tospoweb-base

     広島の田中広輔内野手(30)が9日、リハビリを行う廿日市市の大野練習場で取材に応じ、菊池涼にエールを送りながら、来季の巻き返しを誓った。球団は前日、メジャー挑戦を希望していた菊池涼の、ポスティングシステムを利用しての移籍を容認。今季も二遊間を組んできた、盟友の新たな船出。来季は「タナキク」コンビが自身1人になる可能性があるが、柱としてチームをけん引していく構えだ。


     秋空の下で、田中広が菊池涼の背中を押した。同学年であり、長きにわたって二遊間を組んできた間柄だ。盟友が抱いてきたメジャー挑戦という夢の扉をノックしてから一日。素直な気持ちを言葉に変えた。

     「メジャーのステージに立ってほしい。楽しみだし応援したい」

     入団年こそ違うが、共に1989年世代。昨季までのリーグ3連覇はもちろん、これまで何度もあうんの呼吸でチームの勝利に貢献してきた。

     昨季は自身初となるゴールデングラブ賞を受賞。7年連続7度目の同賞に輝いた名手と初めて同時受賞した。名実共に球界を代表する二遊間になった。「成長できたのはキクのおかげ。同級生だし、色んなことを言ってくれた」。感謝の思いは尽きることがない。

     移籍となれば「タナキク」は解体される。来季は自身が先頭に立ち、チームをけん引する覚悟だ。今季は97試合で打率・193、27打点、8盗塁。連続フルイニング出場は635試合で止まり8月末には「右膝半月板部分切除手術」を受けた。

     術後2カ月以上が経過し、練習項目は着実に増えている。この日は、大野練習場に隣接するグラウンドで、「100%の力」で30メートルダッシュ。室内ではノックを受けた。その後はトス打撃とカーブマシンを相手に約40分、バットを振った。

     打撃練習では特に下半身を意識する。「もう一度、下(半身)を使って。痛みはない」。ノックで左右へ振られる動きは問題なく、「走ることもスムーズ」と軽快な足取りで患部が順調に回復していることをうかがわせた。

     2月1日から春季キャンプが始まる。佐々岡新監督は「競争」を合言葉に臨む構えだ。今季、同じ遊撃では小園の台頭があった。田中広は、万全の状態で臨める見通しが立っている。

     膝回りや体幹強化など地道なトレーニングにより、肉体はさらに強くなった。「ケガをする前より、良い動きができるイメージはできている」。たくましさを増した背番号「2」の力強い言葉は、頼もしかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000023-dal-base

    このページのトップヘ