広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     「広島1-0ヤクルト」(20日、マツダスタジアム)

     価値ある一打で、白星を呼び込んだ。広島・田中広輔内野手が先制V打を含む3安打で4月19日以来今季4度目の猛打賞。チームをけん引する不動のリードオフマンは、5月の本拠地無敗に大きく貢献した。

     スコアボードに貴重な「1」が刻まれたのは二回だ。2死二、三塁の先制機。「チャンスだったので何とか先制点という気持ちで入りました。三振だけはしないように」とカウント1-2からの5球目、小川の高め直球をきれいに左前にはじき返した。きっちり仕事を果たすと、スタンドから割れんばかりの大歓声が送られた。

     初回先頭では小川に8球を投げさせて四球を選び、五回の右前打と七回の右越え二塁打はいずれも3球以内に仕留めるなど内容も光った。「ファウルでいやらしく粘れるし、早いカウントからを前提にいくことで長打も打てる。広輔のいいところ」と迎打撃コーチ。さまざまな打撃ができるのは強みだ。

     この日の猛打賞に浮かれることなく「続けられるように頑張ります!」と冷静に意気込んだ田中。22日からは宇都宮(栃木)とひたちなか(茨城)で2位・巨人と2連戦。昨季は地方球場で10打数6安打4打点、今季も呉で4打数2安打3打点と好成績をマークしている。マツダスタジアムから舞台を変え、得意の地方でも輝きを放ち続ける。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000044-dal-base&pos=1


     広島のリードオフマン・田中広輔は、四球数がリーグ2位の27、出塁率もリーグ5位の.430を記録している。

     5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は「選球眼もイイですし、野球を良く知っていますよね」と絶賛。「いやらしい野球をしていますよね。出塁率も高いですしね」と続けた。

     同日に行われたヤクルト戦、2回の第2打席で四球を選んだ打席に山本昌氏は「あれだけの真っ直ぐがきて、いきなりチェンジアップがくると、そう簡単に対応ができないですけど、ファウルを打ってしっかり四球を勝ち取りますから」と評価。

     「野球を知っている選手がいるチームは強いなという感じがします。良いトップバッターになりましたよね」。4月12日の阪神戦から20試合連続出塁を記録するなど、1番・田中がカープの攻撃を牽引している。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00152488-baseballk-base

     「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     広島が2年連続リーグ10勝1番乗りを果たし、首位に浮上した。自慢の打線が11安打7得点。粘り強い攻撃で乱打戦を制した。

     試合後、緒方監督は「今日は打線に尽きる。初回から気迫あふれる攻撃を全員見せてくれた」とたたえた。

     ただ六回、右手首に死球を受けた田中の状態を心配し「最後は力が入っていなかった。明日の状態を見てみないと分からない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000158-dal-base

     「阪神4-3広島」(10日、甲子園球場)

     広島・田中が2点リードして迎えた六回1死満塁で、俊介のボテボテの遊ゴロに懸命に突っ込んだが、グラブにボールが触れることなく後逸。2者がかえって同点とされた。



     田中は「あの打球は攻めないといけない。待ってオールセーフにすると後悔する。しいていえば前にはじいておけば」と振り返り、緒方監督も「思い切ってプレーしてくれた。責める気は全然ない」とかばっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000137-dal-base

     【宮入徹の記録の風景】3連覇を目指す広島が順調なスタートを切った。開幕から9試合を消化しヤクルトと首位で並んでいる。ここまでの得点はリーグ2位の48。1試合平均5・3と打線の破壊力は相変わらずだ。中でも田中、菊池、丸は不動の1~3番を形成。機動力、小技も加え相手チームにとって脅威の存在になっている。普通なら、打線のスポットライトは3、4番あるいはクリーンアップトリオに当たるところ。1~3番がこれほど、クローズアップされることは珍しい。ただ、2連覇中の3人の活躍ぶりを見れば十分納得がいく。

     過去2年間の広島の先発打順別の安打数は1番田中が16年154、17年164、2番菊池が16年180、17年152、3番丸が16年162、17年171。2年間、3人全てが150安打以上とレベルが高い。このトリオ以前に同一シーズンに1~3番がそろって150安打以上をマークしたのは49年中日(坪内道典171、原田徳光151、西沢158)、99年横浜(石井琢朗157、波留敏夫168、鈴木尚典178)、03年阪神(今岡誠163、赤星憲広170、金本知憲151)、06年ヤクルト(青木宣親191、リグス153、岩村明憲161)とわずか4例に過ぎない。同じ1~3番で2度も記録したのは広島だけだ。

     傑出した数字を残す3人だが、田中と丸は2連覇中、全試合に出場。菊池も2シーズン合計の欠場は7試合と怪我に強い。3人がそろって先発したのは16年141試合、17年136試合と計277試合ある。それらの試合の3人の出塁数(相手の失策による出塁も含む)を調べてみた。すると、3人がそろって無出塁に終わった試合は16年4月20日のDeNA戦だけ。昨年は1試合もなく、現在237試合連続で3人のうち必ず誰かが出塁している。3人がそろって出塁した試合は16年は99試合あって73勝25敗1分け(勝率・745)、17年は94試合で67勝25敗2分け、(勝率・728)。2年とも勝率7割超と勝利に直結するケースが目立った。

     このトリオ以外にも鈴木は16、17年と2年連続3割、20本塁打をクリア。今季は故障で出遅れているが、復帰すれば打線のパワーアップが見込める。さらに昨年はエルドレッドが78打点、松山が77打点と規定打席未満の打者が勝負強さを発揮した。過去、規定打席不足で77打点以上は8人と少なく、同一チーム同一シーズンで2人は昨年の広島が初めて。こうした打撃陣の層の厚さが群を抜く得点力を生み出している。

     広島はここ2年間、5月末を単独首位で通過。そして、16年は最終で2位巨人に17・5ゲーム、17年は同じく阪神に10ゲームの大差をつけ独走優勝を果たしている。もし、3年連続で5月末の首位チームが優勝すると、セでは66~68年の巨人以来50年ぶりになる。今季は田中、菊池、丸がそろって出塁した試合に広島は5勝1敗。だが、1人でも出塁0がいると1勝2敗だ。過去2年間を見ても同じ試合で3人のうち誰かが出塁0だと結果は34勝47敗3分け(勝率・420)と負け越し。「タナキクマル」をどう寸断するのか。他球団が背負う重要な課題といえそうだ。(敬称略、専門委員)

     ◆宮入 徹(みやいり・とおる)1958年、東京都生まれ。同志社大卒。スポニチ入社以来、プロ野球記録担当一筋。94年から15年まで記録課長。本社制定の最優秀バッテリー賞の選考委員会には、第1回から27回連続で資料説明役として出席。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000076-spnannex-base&pos=4

    <ヤクルト-広島>◇3日◇神宮

     開幕3連戦を終え打率4割1分7厘と好調を維持する広島の田中広輔内野手(28)は、昨シーズン、神宮球場で51打数19安打で打率3割7分3厘をマーク。



     同一リーグ内の敵地球場では最も高い打率を残した。得意球場で好打を放ち、チームの4連勝に貢献できるか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00168478-nksports-base

     広島・田中広輔内野手(28)がオーストラリア代表と対戦する「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」(3月3日・ナゴヤドーム、同4日・京セラドーム)に出場する日本代表に選出されることが17日、濃厚になった。昨年のWBC以来の代表入りで、20年東京五輪に向けて絶好のアピール機会。今月中に正式発表される。


     田中は17年WBCで8打数2安打2盗塁と存在感を発揮。昨季は不動の1番として2年連続フルイニング出場を果たし、打率・290、8本塁打、60打点をマーク。盗塁王と最高出塁のタイトルを獲得し、自身初のベストナインに輝いた。

     3日には侍ジャパンの稲葉監督が日南キャンプを視察。田中について「非常に外国人選手への対応力がありましたし、気になる選手の一人。コンパクトに振る対応力がある」と高く評価していた。

     同僚の菊池は代表入りが発表されており、稲葉ジャパンでも「タナキク」コンビで二遊間を組む可能性がありそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000036-dal-base

     広島・田中広輔内野手が29日、リーダーの自覚を示した。

     昨季は最高出塁率と盗塁王のタイトルを獲得した不動の1番。春季キャンプのテーマを聞かれると、「新しいことをやるとか、そういうのはない」とサラリ。「自分のことより、チームのことを優先していきたい」と続けた。

     選手の立場をわきまえながら、後輩への助言も惜しまない考えだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000103-dal-base

     2月1日からはじまる春季キャンプまであと2週間。選手たちは各地で自主トレを行い、来たるべき日に備えている。そんななか、沖縄県恩納村で東海大の先輩でもある大松尚逸(ヤクルト)らと自主トレを行っている田中広輔(広島)が「ゴーデングラブ賞を取りたい」とコメントした。

     田中は2017年シーズンに盗塁王・最高出塁率のタイトルを獲得したものの、守備の栄誉であるゴールデングラブ賞はここまで受賞したことはない。広島では二遊間でコンビを組む、菊池涼介、中堅の丸佳浩がともに5年連続で受賞中と同賞の常連でもある。同じ1989年生まれで、『タナ・キク・マル』とトリオで扱われることも多い田中も同賞受賞をし、守備面でも2人に並べるか。

     田中の2017年シーズンにおける失策数は16個(143試合)。セ・リーグの同じ遊撃手を見ると、倉本寿彦(DeNA/143試合)、京田陽太(中日/141試合)が14個、ゴールデングラブ賞を受賞した坂本勇人(巨人/142試合)にいたっては9個だった。もちろん、失策数だけで守備力を判断されるわけではないが、その数が少ないに越したことはない。タイトルを獲得するためにも、まずは一桁台を目指したいところだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00142283-baseballk-base

     広島の田中広輔内野手が13日、沖縄県の恩納村で行っている自主トレを公開した。楽天・今江やヤクルト・大松などとの合同自主トレで、今年で4年連続4度目。午前中はランニングやノックを行い、午後からはロングティーなど打撃練習した。


     23日までの日程で「暖かい場所。野球選手は走れなくなったらダメなので、まずはしっかりと走って土台を作りたい」と力を込めた。

     昨季は不動の1番打者として盗塁王と最高出塁のタイトルを獲得。チームのリーグ2連覇に大きく貢献した。今季は球団史上初の3連覇と日本一が目標だ。「個人的にはすべての成績でキャリアハイを目指したい。去年の数字では優勝できない。それをベースに考えて、いい成績を残したい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000061-dal-base

    このページのトップヘ