広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=が9日、神戸市内で入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い、年俸800万円で仮契約した。ドラフト会議指名後から言い続けている「日本一のショート」になるためには、守備で存在感を示さなければならない。広い守備範囲を生かして、ゴールデングラブ賞の獲得に意欲を示した。(金額は推定)

     金びょうぶの前に座り、小園は「最高の評価をしてもらった」と表情を崩す。それでも直後に表情を引き締め、これから飛び込む厳しい世界への決意表明をした。日本一のショートになるために-。

     「これからの人生は、自分で切り開いていかないといけない。ゴールデングラブは、小学6年から(取りたいと)ずっと思っている。選んでもらえるような選手になりたい」

     走攻守の中で守備への意識が最も高い。その思いをさらに強くしたのは、高校1年の冬だ。「ミスが多くショートは守れないと言われた。悔しい気持ちがあった」。1年春からレギュラー。慢心があった訳ではないが、気を引き締め直し、ひたむきに泥にまみれた。動画サイトでは憧れるソフトバンク・今宮のプレーを見て足の運び方などを勉強した。

     今夏の甲子園を沸かせたのは、その守備位置だった。内野の黒土と外野の芝生との境目辺りを守り、ヒットゾーンを狭くした。フットワークと肩に自信がなければできないポジショニングだ。

     「高校のレベルだからできていた。プロは打者のレベルが高いので、その守備位置で守るのは無理だと思う」。カープの本拠地は、打球の勢いが消される天然芝が敷かれているマツダスタジアムでもある。自らの現在地とプレーする環境面などを冷静に分析した。

     ドラフト会議直後、緒方監督は来年1月の自主トレで基礎体力などを見極めた上で、1軍春季キャンプスタートを示唆した。現在は体力強化とともにハンドリングやゴロ捕球の基礎練習に時間を割いている。準備に怠りはない。

     二遊間には最高のお手本がいる。前日8日にセ・パ両リーグのゴールデングラブ受賞者が発表され、広島からは田中、菊池、丸が選出された。18歳は「いろんなことを教わりながらレベルアップしたい」と目を輝かせた。次世代の主力選手として期待されるが「(2人に)割っていけるくらい伸びてくれたらうれしい」と鞘師スカウト。その成長がチームをさらに強くしていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000024-dal-base

     プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」が、8日発表された。

     セ・リーグの二塁手部門では守備の職人、広島・菊池涼介内野手が6年連続6回目。有効投票276票のうち、両リーグ最多の256票を集め、文句なしの受賞となった。

     パ・リーグでは遊撃手部門で、西武・源田壮亮内野手が有効投票248票のうち、リーグ最多の219票を獲得。うれしい初受賞となった。

     両リーグの受賞者は以下の通り。

     【セ・リーグ】

     投手 巨人・菅野智之(3年連続3回目)

     捕手 阪神・梅野隆太郎(初受賞)

     一塁手 DeNA・ロペス(3年連続4回目)

     二塁手 広島・菊池涼介(6年連続6回目)

     三塁手 DeNA・宮崎敏郎(初受賞)

     遊撃手 広島・田中広輔(初受賞)

     外野手 広島・丸佳浩(6年連続6回目)

     外野手 中日・平田良介(初受賞)

     外野手 中日・大島洋平(2年ぶり6回目)

     【パ・リーグ】

     投手 楽天・岸孝之(初受賞)

     捕手 ソフトバンク・甲斐拓也(2年連続2回目)

     一塁手 日本ハム・中田翔(2年ぶり3回目)

     二塁手 ロッテ・中村奨吾(初受賞)

     三塁手 ソフトバンク・松田宣浩(6年連続7回目)

     遊撃手 西武・源田壮亮(初受賞)

     外野手 日本ハム・西川遥輝(2年連続2回目)

     外野手 秋山翔吾(4年連続5回目)

     外野手 柳田悠岐(2年連続4回目)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000082-dal-base

     「広島3-4DeNA」(7日、マツダスタジアム)

     広島・田中広輔内野手が3年連続全試合フルイニング出場を果たした。

     球団では3人目で、4年連続の衣笠祥雄に次ぐ2位タイ。金本知憲(現阪神監督)と並ぶ形となった。この日は5打数1安打1盗塁で3年連続シーズン150安打に到達。今季32盗塁はヤクルト・山田哲に並びリーグトップタイとなったが、「そこ(フルイニング出場)が一番ですし、サポートしてくれた裏方さん、トレーナー、家族に感謝します」と語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000144-dal-base

     「DeNA7-9広島」(19日、横浜スタジアム)

     広島・西川龍馬内野手がプロ初の「1番」で先発し、5打数2安打1打点1四球。一方、2試合連続で“指定席”の「1番」ではなく「7番」で先発した田中広輔内野手も4打数2安打3打点と躍動した。

     西川は一回、先頭で「緊張した。初球を打つことは練習の時から決めていた」と今永の初球をいきなり右中間二塁打し、その後の丸の先制2ランにつなげた。四回1死走者なしでは四球で出塁し、7-2の七回2死一、二塁でも中前適時打と、いずれも得点に絡んだ。

     田中は2-0の一回2死一、二塁で中堅フェンス直撃の2点適時二塁打を放つと、七回は中前打、八回1死満塁では中犠飛をマーク。「結果が出たので、続けていきたい」と試合後、振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000146-dal-base

     「DeNA1-4広島」(18日、横浜スタジアム)

     不動のトップバッターだった広島・田中がこの日は7番に降格した。東出打撃コーチがその意図を明かした。

     2015年10月7日・中日戦(マツダ)以来となった田中の7番起用について、「打てないから。状態が悪すぎる。1番はチームに勇気を与えないと。泥臭く、塁に出ないといけない」と言い切った。

     今後も結果を求める考えだ。レギュラーの条件を「結果を出してチームの勝利に貢献できる選手。丸も菊池も誠也も同じ」と説明。この日の田中は4打数ノーヒット、2三振と結果を残せなかったが、「去年は最多安打のタイトルを取って打破してきた」と復調に期待を寄せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000137-dal-base

    <DeNA1-4広島>◇18日◇横浜

     広島がDeNAに逆転勝ちした。2位ヤクルトが阪神に敗れたため、1日で優勝マジック「30」が再点灯した。

     1点を追う4回に鈴木が同点二塁打、松山の適時打で勝ち越し。8回に2点を追加しリードを広げた。先発の大瀬良は8回途中1失点の力投で13勝目。2番手フランスアがピンチを無失点で切り抜け、9回は抑えの中崎が締めた。

     緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     -大瀬良が好投

     緒方監督 大地が非常にいい投球をしてくれた。今年は投手の柱として、こういう勝負どころでもしっかり投げてくれる。昨日(3者連続被弾で逆転負け)からの流れもある中で、チームに勇気を与えるナイスピッチだった。後を受けた中継ぎもしっかり投げてくれた。今日は投手の頑張り。

     -フランスアも好救援

     緒方監督 登板が続いて疲れてると思うけどね。踏ん張りどころ。

     -打線は中盤に逆転

     緒方監督 浜口の立ち上がりがすごく良かった。なかなか点が取れそうになかったけど、2番からつないで2点を入れた。8回もいい追加点を取ってくれた。

     -野間を1番、田中を7番で起用した

     緒方監督 1つの形にはこだわってない。いろんな形を模索しながら、戦っていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00303682-nksports-base

     2年連続3度目の球宴出場となった広島・田中広輔内野手(29)が、デイリースポーツに手記を寄せた。巨人に入団した弟・俊太の存在やフルイニング出場、3連覇を目指すチームについて語った。

      ◇  ◇

     今年から弟(俊太)もプロ(巨人)に入りました。もう慣れましたけど、シーズンの最初は不思議な感じはありました。試合中も兄弟なので気になります。ジャイアンツで1年目から出ていて、僕だったらどうなっているか分からない。その中でしがみついているというか、自分の仕事はしていると思います。

     僕は今年で5年目。前半戦の数字的なところは、特に打撃面に関しては全然良くないかなと思います。それでも僕は1番なので打つだけではない。打率(・258)の割には出塁率(・380)は高く、1番の仕事は出塁率と得点だと思っているので、そういう面では納得しています。

     501試合フルイニング出場を続けていますが、こだわりはないです。4月17日のヤクルト戦では当たったところが当たったところ(右手に投球が直撃)だったので、もちろんまずいと思いました。でも右手が動いたので大丈夫でした。チームに迷惑を掛けると思ったらスパッと出ないことも考えます。モチベーションではありますよね。準備は怠らないようにしています。

     今のルーティン(試合練習でチューブを腰に巻いてスタッフに後ろから引っ張られて走るなど)はいろんな人に聞いてみたりしました。(石井)琢朗さんもいましたし、オールスターで言ったら鳥谷さんとか、試合に出続けていた方たちにアドバイスをもらいました。

     みんな「走れなくなったら終わり」って言います。なので疲れた時でも走る。特に内野手なので、走れなくなったら足も使えなくなる。だからその意識はしています。

     チームとしては2連覇した自信もありますし、何をしたら勝てるかというのもみんな分かってやっていると思います。僕自身もチームに勢いを与えることは常々思いながらやっていますし、センターラインは大事。同級生(菊池、丸)と会沢さんが何とかどっしりぶれずに野球をすることが大事だなと思っています。

     3連覇へ向けて、去年も後半戦はいい形で入っていたので、そういった意味でも一発目が大事かなと思います。(広島東洋カープ内野手)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000035-dal-base

     2年連続3度目の球宴出場となった広島・田中広輔内野手(29)が、デイリースポーツに手記を寄せた。今や赤ヘル打線不動の1番打者となった田中。ショートへのこだわり、野球人生の分岐点となった社会人時代などを振り返った。

      ◇  ◇

     デイリースポーツ読者のみなさん、こんにちは。田中広輔です。3度目のオールスター出場。やっぱり楽しいですね。練習前にグラウンドで話した高校、大学の同期・菅野とは野球のことは話さず、世間話をしていました。初めて出た15年はマツダスタジアムで開催され、特別賞をもらったのは思い出です。

     オールスターは小さい時もスター選手が出ていたのですごいなあと思って見てました。憧れていた選手は松井稼頭央選手、石井琢朗さん。ショートが格好いいなと思っていたので。父(正行さん。東海大相模時代に遊撃手でプレーし、原辰徳氏の2学年後輩)も内野手で、外野手の選択肢はなかったです。

     高校も父の母校で、昔からあの縦じまが格好いいと思っていて入りました。子供の頃は、この時期になると見に行くのも相模の試合でしたしね。門馬監督は恩師ですし、やっぱり高校野球が僕のベースです。野球を辞めたくなったこともなかったです。野球しかやってこなかったですし、やりたいと思ってやってきたことなので。

     プロ入りへの分岐点はいろんな縁があって大学、社会人に行ったことですね。僕は早めにプロに行きたいと思っていましたが、それが一番良かったのかなと思います。世界も広がりましたね。

     社会人はプロへのいい準備になったと思います。JR東日本では年間100試合以上あって、遠征も多かった。なので体のケアなども社会人で全部やらなきゃなと思ったのが一番です。昔は打てなかったらすごい悩みましたけど、そういったところも社会人で大人になりました。お金をもらいながらやるところもプロと一緒で、プレッシャーの中でやってきました。社名のために頑張らないと、という思いでもやっていました。

     社会人入り後の2年でドラフト解禁でしたが、その2年で指名がなかったら社会人で終わってもいいかなとも思ってました。JRもすごいいい会社なので。ただ、野球をやっている以上プロは夢だった。社会人もレベルが高く、その中で2年間結果も出て、プロでもある程度できるという自信にもなりました。(広島東洋カープ内野手)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000037-dal-base

    このページのトップヘ