広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

     9月2日、第29回U-18ベースボールワールドカップ(韓国・機張)で、グループBの日本代表が第4戦で台湾と対戦した。試合は降雨の影響で5回を終えた時点でコールドゲームとなり、日本が1対3で敗戦。試合が雨によって長時間中断する中、AbemaTVの中継で解説を務めたスポーツライターの西尾典文氏、同じくスポーツライターの松倉雄太氏が、2019年のドラフトについての展望を語った。



     清宮幸太郎(日本ハム)や安田尚憲(ロッテ)、そして村上宗隆(ヤクルト)といった長距離砲が目玉となった2017年、また根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、小園海斗(広島)といった将来有望な高校生野手の3人に指名が集中した2018年とは異なり、「今年はピッチャーに1位だろうという選手が多い」と展望を述べた西尾氏。大学生や社会人を含めても、とりわけ高校生の投手のレベルが高いそうで、西尾氏はまずU-18日本代表にも選ばれている佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、西純矢(創志学園)の3人の名前をあげた。

     最速163キロの“令和の怪物”佐々木と、夏の甲子園で圧巻の投球を披露した奥川の2人について、「間違いなく1位。1位というよりは、『何球団くるかな?』というレベル」と図抜けた存在だと指摘した西尾氏。またU-18ワールドカップで堂々たるピッチングを披露し、バッティングでも2本塁打と大器ぶりを示している西についても、「抽選を嫌がる球団が一本釣り狙いで、という可能性もある。素晴らしいボールを投げていますよね」と高評価を下した。

     また松倉氏は、ある球団のスカウトが「12球団全部が佐々木を指名して、外れ1位からが今年のドラフトですよ。それくらい夢がある選手なんです」と語っていたことを明かし、奥川や大学生ナンバーワン投手と目される森下暢仁(明治大)といった1位指名の有力候補がいることを念頭に置きながらも「12球団すべて、というのは見てみたい気がします」と願望を告白。西尾氏も同調し、野茂英雄氏や小池秀郎氏の8球団、清宮幸太郎の7球団といった1位指名の競合記録を引き合いに出しつつ、「8球団を超えてほしいと個人的には思います」と佐々木への期待を語っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010005-abema-base

    <U18W杯壮行試合:高校日本代表5-5大学日本代表>◇26日◇神宮

    U18W杯(30日開幕、韓国・機張)に出場する高校日本代表が26日、大学日本代表との壮行試合を行い、大船渡・佐々木朗希投手(3年)が先発。 1回を12球、2奪三振で無安打無失点に抑え、最速156キロをマーク。大学日本代表のドラ1候補・森下暢仁投手(4年=明大)は2回を投げ、2奪三振も1安打1失点だった。


       ◇   ◇   ◇

    ▽巨人柏田スカウト いつも通り素晴らしい。佐々木くんの、あれだけバンバンとストレートで押していくところも良いですね。フォークがナックルみたいに揺れて落ちている。キャッチャーにとっては見たことのないような球。捕れなくても仕方がない。

    ▽DeNA吉田球団代表補佐兼スカウト部長 佐々木くんはあの大きな体でもクイックも上手だし、軸もぶれない。指先から足の先まで神経が通っている。森下くんも球には力がある。もうちょっと制球は良いはずだけれど、今日は佐々木くんの投球も見て力んじゃったのかな。でも今は、それくらいのほうが良いんですよ。

    ▽広島苑田スカウト統括部長 佐々木くんの球の速さはもちろんだけれど、走り方、投げ方、バスから降りる姿まで、すべてにバランスが良くて格好が良い。森下くんも1つの球種が悪ければ違った球種を中心に変えるなど対応力が素晴らしい。

    ▽阪神谷本修球団副社長兼球団本部長(佐々木を初視察。スカウトら9人態勢で視察し、スピードガンで最速158キロを計測)「バックネット裏で見てましたけど、ホップしてくる感じでしたね。スカウトはまだ本気を出していないと。恐ろしいですね」

    ▽中日松永編成部長 佐々木君は言うことなし。分かりきっていること。目いっぱい投げていない中で、あれくらいの球を投げられる。投球のバランスもいい。森下君は、大学生の中では、(完成度が)一番できている投手。ローテーションに入る素材だと思う。

    ヤクルト伊東編成部長 今日の佐々木君は腕を振って投げていて、いい球を投げていた。1位候補に変わりはありません。森下君は、今日は力みがあったんじゃないかな。変化球が高めに浮いたりしていた。でもこれからどんどん調子を上げてくるでしょう。1位候補の1人ですよ。

    ▽ソフトバンク永井部長 佐々木君は、伸びしろという部分では一番いい。これからどう伸びていくんだという楽しみが大きい。(1位候補は)当然です。森下君は、完成度が高い。直球主体で投げて、直球で空振りが取れるのが評価できる。まちがいなく上位候補。

    ▽西武渡辺GM 佐々木君は、あれだけのボールを投げて軸がぶれない。(岩手大会で)最後、投げなかったので(状態が)どうかと思ったけど、評価は変わらない。素晴らしい投手。森下君は経験がある。打者を見ながら投げられる。当然、即戦力。

    ▽楽天立花球団社長 佐々木君は球速はあるし、変化球も良い。これだけの大歓声でプレッシャーを力にして大したもの。森下君も素晴らしい。奥川君も見たけど、この3人はすごいですね。(1位指名は)これから議論していきます。

    ▽ロッテ松本球団本部長 佐々木君の印象は岩手大会と一緒。球速、制球、変化球の精度の3つが非常に高いレベル。加えて伸びしろがあることが、すごい。森下君は試合をつくる力がある。即戦力。

    日本ハム山田スカウト顧問 佐々木君は体が大きい割にはバランスがいい。ボールの1つ1つ全部がいい。いろんなボールを投げられて器用ですね。評価は変わりません。森下君は実戦的で安定していますよね。走者を出しても余裕を持って投げている。勝てる投手と言えますね。

    ▽オリックス古屋編成副部長 佐々木君は、期待されている中、結果で応えるのはメンタル強いと思う。とてつもない力を持っている。あれだけ足上げて、安定した投球が出来るのは素材はまちがいない。森下君は大学、社会人ではナンバーワンでしょう。すぐ使える投手です。

    ◆佐々木朗希(ささき・ろうき)2001年(平13)11月3日生まれ、岩手県陸前高田市出身。高田小3年から野球を始め、11年の東日本大震災で被災。地元の大船渡へ進学。2年の6月に高校日本代表候補入り。今年4月、U18高校日本代表候補合宿の紅白戦で最速163キロをマークした。7月25日、花巻東との岩手大会決勝の登板を回避し甲子園出場なし。190センチ、86キロ。右投げ右打ち。

    ◆森下暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分県大分市出身。大分商では1年夏に背番号11で甲子園ベンチ入り(登板なし)。3年夏はU18W杯で10回を投げ無失点。明大ではリーグ通算13勝9敗。6月の全日本大学選手権では、明大の38年ぶり優勝に貢献してMVP。7月に優勝した日米大学野球では2勝を挙げMVP。180センチ、75キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-08260826-nksports-base

     夏の全国高等学校野球選手権大会は決勝で履正社が星稜を下し、春夏通じて初の優勝を飾った。この甲子園で自己最速の154キロをマークし、ファンの注目を集めたのが、準優勝だった星稜の奥川恭伸投手だった。決勝で敗れはしたものの、準決勝まで自責点ゼロ。圧巻の投球でプロのスカウトからの評価もまた一段、上昇したに違いない。



     その奥川をも上回る、今秋ドラフトの最大の目玉が大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手だ。岩手県大会では圧巻の投球を見せながら、故障防止を最優先に考えて県大会決勝戦には登板せず。チームも花巻東に敗れて甲子園出場を逃したが、そのポテンシャルは誰もが認めるところだ。

     その佐々木と奥川は揃って「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」に臨む野球日本代表「侍ジャパン」U-18高校代表のメンバーに選出。26日には、こちらもドラフト1位候補の明大・森下暢仁投手らが選ばれている大学日本代表との壮行試合を戦った。

     今後、セパ各球団はそれぞれのチーム編成やチーム作りの方針により、ドラフト1位で指名する選手を絞り込んでいく。佐々木、奥川、そして森下は特に競合の可能性が高くなるだろう。将来性重視なのか、はたまた即戦力を欲するのか。佐々木、奥川をどこの球団が指名するのか、ファンも大いに注目しているだろう。

     では、これまで各球団でドラフト1位選手を1軍の戦力と育て上げているのは、どの球団だろうか。過去10年間のドラフト1位選手を振り返り、きっちりと育成できている球団を探ってみよう。

    (中略)

    DeNAのここ5年は出色、山崎、今永、浜口、東、上茶谷と5年連続で1軍戦力に

    【セ・リーグ】
    ○巨人
    長野久義(現広島)、澤村拓一、松本竜也、菅野智之、小林誠司、岡本和真、桜井俊貴、吉川尚輝、鍬原拓也、高橋優貴

    ○DeNA
    筒香嘉智、須田幸太、北方悠誠、白崎浩之(現オリックス)、柿田裕太、山崎康晃、今永昇太、浜口遥大、東克樹、上茶谷大河

    ○広島
    今村猛、福井優也(現楽天)、野村祐輔、高橋大樹、大瀬良大地、野間峻祥、岡田明丈、矢崎拓也、中村奨成、小園海斗

    ○阪神
    二神一人、榎田大樹(現西武)、伊藤隼太、藤浪晋太郎、岩貞祐太、横山雄哉、高山俊、大山悠輔、馬場皐輔、近本光司

    ○中日
    岡田俊哉、大野雄大、高橋周平、福谷浩司、鈴木翔太、野村亮介、小笠原慎之介、柳裕也、鈴木博志、根尾昂

    ○ヤクルト
    中澤雅人、山田哲人、川上竜平、石山泰稚、杉浦稔大(現日本ハム)、竹下真吾、原樹理、寺島成輝、村上宗隆、清水昇

     セ・リーグに目を移してみよう。巨人は菅野がエースとして君臨し、岡本が主砲に成長。今季は桜井が成長してきており、まずまずのドラフト1位か。近年で際立つのはDeNA。山崎、今永、浜口、東、上茶谷と5年連続で1軍の戦力として活躍している。

     広島は大瀬良がエースに成長したが、その他の面々はチームの中心とまでは言い難いか。高卒ドラ1の小園は、田中広輔の不振に伴って現在1軍で遊撃のポジションを守る。非凡なところは発揮しており、今後の活躍に大いに期待できる。

     中日は岡田、大野雄、そして高橋と2009年、2010年、2011年のドラ1がチームの中心に。特に高橋は、今季怪我で離脱するまで首位打者に立つなど開花したところを見せていた。柳も今季、初の2桁勝利に王手をかけている。昨年は根尾が加入しており、成長に期待だ。

     苦戦していると言わざるを得ないのが阪神とヤクルトか。阪神は今季、近本がレギュラーとして活躍しているものの、大山や高山らが一皮剥けきれない。藤浪も苦しんでいる。ヤクルトは村上が覚醒したものの、10年を振り返ると既にチームを離れている選手もおり、厳しい現状がうかがえる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00515213-fullcount-base

    <高校野球熊本大会:有明7-0ルーテル学院>◇15日◇2回戦◇リブワーク藤崎台

    熊本大会で、春夏通じ初の甲子園出場を狙う有明が、7-0の8回コールドでルーテル学院を下し初戦を突破した。



    二刀流のエンゼルス大谷に憧れる「肥後の大谷」こと、最速148キロ右腕、浅田将汰(そうた)投手(3年)が、8回3安打無得点、7奪三振で完投。4番を務める打撃では2打数無安打ながら、敬遠気味に2四球と高校通算28本塁打の貫禄を見せた。

       ◇   ◇   ◇

    国内全12球団が注目する九州NO・1右腕の浅田が、自慢の剛球でルーテル学院をねじ伏せた。「球速以上に伸びる真っすぐを意識している。初回から真っすぐでいくと決めていた」。1回の先頭打者からこの日最速となる146キロなど直球主体にエンジン全開だ。

    新球フォークボールは封印したまま。「タイミングが合って来たのでスライダーも投げた」と4回途中からチェンジアップなども交え翻弄(ほんろう)した。「抑えればなんとかしてくれると信じて投げた」と粘投し、終盤の8回コールド勝ちを呼び込んだ。

    密着マークする日本ハムをはじめヤクルト、中日、DeNA、広島、オリックスなどのスカウトが見守った。中日三瀬スカウトは「持ち味の直球を前面に、出し惜しみせず投げていた。いいものがある。まだ荒削りですが体の強さがあるので楽しみです。九州、沖縄では、浅田投手と興南の宮城投手が抜けている」とさらに評価を高めた。

    浅田は春の熊本大会後、初めてU18日本代表第1次合宿に参加した。ドラフト上位候補の大船渡(岩手)・佐々木朗希投手や星稜(石川)・奥川恭伸投手らからフォームや練習方法の助言を得て視野を広げた。夏の連投を意識して省エネ化できるスリークオーターに変更した時期もある。だが今夏の大会前に「オーバーが回転がかかるので」と、自信を持つ上手投げに立ち戻った。試行錯誤しながら成長する18歳。剛腕を武器に春夏通じて初の甲子園に導く。【菊川光一】

    ◆浅田将汰(あさだ・そうた)2001年(平13)4月23日、福岡・飯塚市生まれ。小2で野球を始め、中学は飯塚ボーイズで投手。常総学院(茨城)や飯塚(福岡)の誘いを断り、打倒、秀岳館(熊本)での甲子園を目指し有明に進学。1年春からベンチ入りし秋からエース。変化球はカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ。50メートル走6秒4。家族は両親と兄、姉。181センチ、85キロ。右投げ右打ち。血液型A。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-07150946-nksports-base

     ◆高校野球熊本大会1回戦:九州学院8―0大津【7回コールド】(9日・県営八代野球場)


     その一撃で鬼門を粉砕した。初回2死一、二塁。九州学院の友田が、大津の右腕エース生田惇一郎(3年)の真っすぐを捉えた打球は県営八代野球場の左中間席(両翼97・6メートル、中堅122メートル)に消えた。高校通算11号の先制3ランだ。

     「コンパクトに打てたね。相手はいいピッチャーだった。打てないか、と思っていた」と坂井宏安監督も主砲の一発を勝因に挙げた。生田はこの試合で最速142キロをマークし、プロのスカウトも注目。友田はその得意球を狙い打ちした。

     本人は「先制点が欲しい場面。ワンヒットでいいと思っていました。芯に当たったし、左中間を破るかな、と」とアーチにちょっと驚く。打撃に磨きがかかったのはここ1カ月。坂井監督から下半身の体重移動をより意識した打撃をアドバイスされ、結果が出なくても黙々と練習した成果が大事な夏に開花しつつある。今では「打つのは自信があります」ときっぱり言えるまでに体得。打席に立つのが楽しくて仕方ない様子だ。

     九州学院出身と言えば、今売り出し中の村上宗隆(ヤクルト)。友田が1年の時、3年だった村上の姿を見てきた。「すごい選手。宗隆さんに追い付き、追い越したい」。同じ捕手の先輩を目標に高みを目指す。

     九州学院は昨夏、昨秋とも初戦敗退したが、2試合とも会場は県営八代野球場。「うちはここが鬼門。いい思い出がない。コールド勝ちは初めて」と坂井監督が声を上ずらせた。2回戦は舞台をリブワーク藤崎台球場に移し、21世紀枠で選抜大会に出場したシード校の熊本西と対戦。「相手は春の九州4強。先制点を取りたい」。友田はノーシードからの雪辱を描く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010006-nishispo-base

     オフにも球界の話題の中心にいた広島カープ。念願の日本一に向け、大きな可能性を感じさせるシーズンである。同時に、数年で大幅な血の入れ替えが起こりそうなチーム状況も同居している。だからこそ高卒野手に大きな期待がかかっている。今はドラ1小園海斗の話題に隠れてはいるが、将来性豊かな2人、林晃汰、羽月隆太郎に注目してみた。



     2018年にリーグ3連覇を達成したカープであるが、最後のところで日本一まで手が届かなかった。あれから早いもので3か月近くが経過。キャンプイン前、1月下旬の広島では大野練習場とマツダスタジアムで多くの選手が自主トレを行っていた。 

     今オフ、球界を大きく騒がせたFAでの丸佳浩の巨人移籍、それにともなう長野久義の広島加入。今自主トレでは長野の姿を見ることはできなかったが、もともと実績のある選手である。終結した首脳陣たちも「シーズンが始まれば相応の結果は残してくれるはず」という確信に近いものがあるはずだ。むしろ長野以上に注目していたのは新人選手たちの現状ではないだろうか。 

     長年、広島のウィークポイントは左腕投手と言われる。確かに18年、先発ではクリス・ジョンソン、ブルペンではヘロニモ・フランスアしかコンスタントな活躍をした左腕はいない。しかし床田和樹、高橋昂也、高橋樹也、戸田隆矢など1軍経験も能力もある若い投手はいる。結果には結びついていないといえ、決して悲観することはない。 

     逆に広島は野手、それも二遊間に関して将来に多少の不安を抱えている感がある。現在、二塁・菊池涼介、遊撃・田中広輔という球界を代表する2人を有する。しかし菊地は昨オフの契約更改時、「ポスティング制度でのメジャー挑戦」を直訴。田中も順調なら20年中に国内FA権を取得する。センターラインがいなくなる可能性も否定できない。 

     また二遊間のみならず、三塁、一塁を含めても、長い期間、実は高卒選手が何年間も試合に出続けるような内野の不動のレギュラーに定着していない。移籍した丸や4番の鈴木誠也も高卒ながら外野手。そういった意味でも守れるだけでなく、打てる高卒内野手の登場に期待もかかる。18年ドラフトで指名した7人のうち3人が高校生内野手。これらを見ても現状が見て取れる。 




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00290337-fullcount-base

     広島は11日、広島市内のマツダスタジアムで今年最初のスカウト会議を開いた。高校、大学、社会人の全ての年代を確認し、224人をリストアップした。

     最速157キロ右腕で、“大谷2世”との呼び声が高い大船渡・佐々木朗希投手(2年)や昨秋の明治神宮大会で準優勝に導いた星稜・奥川恭伸投手(2年)、横浜・及川雅貴投手(2年)、創志学園・西純矢投手(2年)、日大三・井上広輝投手(2年)、木更津総合・根本太一投手(2年)に加え、大学生では明大・森下暢仁投手(3年)の映像をチェックした。

     会議を終えた苑田スカウト統括部長は「今年は高校生に良い投手が多い」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000050-dal-base

     広島ドラフト6位の正随優弥(22=亜大)は、“大阪桐蔭魂”でプロの世界に挑む。目標と公言するのは、日本ハムの中田翔。「スラッガーという意味でとても活躍されているし、自分もそういう選手になりたい」。中学時代に所属した広島鯉城シニア、そして大阪桐蔭での7学年上の先輩でもある。右の長距離砲という特徴も重なり、「中学からの先輩でもあるのでよくしていただいてる。これから少しずつ近づきたい」と、偉大な先輩の背中を追いかける。

     広島出身で、高校進学の第1希望は地元の広陵だった。しかし、中学3年のときに藤浪(阪神)、森(西武)擁する大阪桐蔭が、広陵を圧倒した試合を現地観戦。そこから「ここでやりたい」と大阪桐蔭への進学を希望した。高校3年の夏の甲子園では、4番として全国制覇。学生時代から厳しい競争を勝ち抜いて、自分の居場所を確保してきた。「大学に行ったことで、今永さん(DeNA)とかいい投手と対戦できた経験はプラスになった」。大阪桐蔭、亜大と常勝を義務付けられた環境で育った経験を礎に、下克上が始まる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000066-spnannex-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18=報徳学園)は2日、プロ野球選手としての未来予想図を本紙に明かした。

     兵庫県神戸市の生田神社。マジックを手に悩んでいた。「すみません。どうしようかな……」。新年の誓いを求められてから約10分。色紙に「挑戦」と書き込んだ。

     「プロという世界に入って、何もかも新しいことばかり。どんなことにも挑むという覚悟で“挑戦”を選びました」

     挑戦から切り開くドラフト1位ルーキーの未来予想図は壮大で頼もしい。

     1年目の目標を問われると「開幕1軍です」と即答。緒方監督は春季キャンプの1軍スタートに関しては否定していない。確実に訪れるであろう首脳陣へのアピール次第で、プロ入り最初の目標を達成できるか決まる。

     「新人王という目標も持っているのでシーズンが終わったときにその権利を獲得できる位置にいないと。そのためには開幕から1軍にいないといけないのかな」

     球団の高卒野手で1年目に遊撃を守ったのは99年の東出が最後。さらに、ハードルを上げ、開幕1軍にすると、1989年からの平成では一人もいない。それだけの高い目標を課して、プロの世界に飛び込む。

     30歳を迎える11年後の30年シーズン。現在の広島でいえば「タナ・キク」世代にあたり、チームを背負う立場になる。ただ、小園は、チームの立ち位置よりも広い視野で想像を膨らませていた。

     「侍(ジャパン)に入って、日本のショートなら小園と言ってもらえるような存在になっていたいなと思います」

     目標として公言し続けている「日本一のショート」を、30歳までには達成しようと思い描いていたのだ。さらに、トリプルスリー、ベストナイン……と堂々と宣言できるのも小園のスケールならうなずける。

     心躍る未来予想図も、一歩目が肝心。「体がなまってしまうと最初からついていけなくなるので、他の選手よりも力を出せるようにしておきたいです」と来たる新人合同自主トレ、春季キャンプに向けても油断はない。2019年の干支は「亥」。猪突猛進で突っ走る。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000011-spnannex-base

    このページのトップヘ