広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト


    「すごいね。あの当たりは」  ネット裏で試合を見ていたあるNPB球団スカウトも驚嘆する一打は5回裏・高松商の背番号「19」から生まれた。右打席から右中間の真ん中をあっという間に突破し、ワンバウンドでフェンスを越える3番らしい一打を放ったのはなんと1年生の浅野 翔吾(右翼手・右投右打・170センチ84キロ)。

     高松市立屋島中では3年夏に全日本軟式野球大会に出場し通算55本塁打。侍ジャパンU―15代表として第15回BFAアジア選手権連覇に貢献。さらに軟式野球引退後には硬式野球クラブ・高松アークバリアで5本塁打を積み上げた中学球界屈指の長距離砲である。  


    「はじめは県外校への進学も考えたが、父親から『地元で愛される選手になれ』とアドバイスを受けて選択した」昨年も春夏連続甲子園出場を果たした名門・高松商での初公式戦。1打席目は詰まった右前安打。2打席目は長距離砲らしい高い弧を描いての一塁フライで迎えた第三打席で「(長尾 健司)監督から『右手で押し込むイメージで打とう』と言ってもらった」アドバイスをすぐに結果に結びつける辺りは流石「侍戦士」と言えるだろう。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cc1da508dd34aac3548fecf475006272db9a038b

     プロ注目の二松学舎大付の200センチ右腕、秋広優人投手(3年)が29日、夏季東東京高校野球大会2回戦・東京成徳大高戦に「4番・投手」で出場。投げては4イニングを2安打無失点、打撃でも二塁打2本と二刀流の本領を発揮した。阪神、楽天など6球団のスカウトが視察。10―0で6回コールド勝ちした。  初戦だった25日の文京戦は5イニング1失点。「この前は硬さもあり、ばらつきがあった。きょうはテンポよく投げられた。打つのも、とらえ切れていなかったのを修正した」。自己最速タイの143キロで4三振も奪った。成長痛もあって本格的に投手を始めたのは昨秋という未完の二刀流。阪神の平塚スカウトは「投打ともに注目」と評価した。

    20200618-00804957-fullcount-000-6-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/13b2ab20819b88469f4fc3bb85a95c12732835d5

     ◇熊本市内地区大会準々決勝 九州学院3-4文徳(2020年7月28日 リブワーク藤崎台)  九州学院のプロ注目外野手、牛島希(3年)の夏が終わった。文徳に1点差の惜敗。初戦の熊本戦は5打数無安打だったが、この日は「1番・中堅」でフル出場し、3回に大会初安打となる二塁打を放つなど2安打3四球と、5打席全てで出塁し意地を見せた。  「3年間の集大成で、笑顔でできた。楽しかった。初戦は迷惑ばかりかけた。3年間指導してくれた坂井(宏安)監督と、みんなの力で打てた結果だと思います」。言葉とは裏腹に、目を真っ赤に晴らし何度も声を詰まらせた。

    20200618-00804957-fullcount-000-6-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e9bc09aaaa244410520935d8995730abfc2d3f8f

    堂林 翔太(広島)が開幕から好調だ。6月を終えて打率.413(29打数12安打)、2本塁打、4打点とおおあたり。恐怖の7番打者としてチームを支えている。

    昨シーズンの堂林は2012年の一軍デビュー後ではワーストとなる28試合の出場に留まり、打率.206(34-7)、0本塁打と結果を残せずにいただけに、みごとな復活劇といっていいだろう。  そんな堂林は、2009年のドラフト会議で2位指名を受け、中京大中京高校から広島に入団している。  同ドラフトで指名された同学年の選手を見ると、この世代における投打のトップランナーである筒香 嘉智(横浜高→横浜1位/現・レイズ)と菊池 雄星(花巻東高→西武1位/現・マリナーズ)は、すでにMLBへと羽ばたいた。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/602aca4e0e1e31b828b0dc2e9e0a2495e0bd9095

    日本高野連は10日、今春中止となった第92回センバツ高校野球大会の救済措置として、出場予定だった32校を8月に甲子園球場に招待し、各校1試合限りの交流試合を実施すると発表した。注目選手も多い。


    投手で最も脚光を浴びそうなのが、明石商・中森だ。最速151キロを誇る右腕は、昨年の春夏甲子園で4強を経験。今秋ドラフトでも1位候補に挙がる。昨秋の明治神宮大会を制した中京大中京の高橋宏も、ダイナミックなフォームから最速150キロの直球を投げ込む。最速145キロの履正社・岩崎は昨夏の甲子園で好投し、優勝に貢献。ソフトバンク・川瀬晃内野手の弟である大分商・川瀬も147キロのストレートに威力がある。

    20200610-00000048-asahi-000-7-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c3e17c56bbbc2953597db1ba5f489f72cafa74da

    【正田耕三「野球の構造」(20)】野球においてドラマが起こるのは、何もグラウンド内に限ったことではありません。社会人野球の新日鉄広畑(現日本製鉄広畑)時代のことです。

     都市対抗の予選や地方大会では、選手たちはスタンドで弁当を食べたりします。そのため熱心に観戦しに来てくれるファンの顔を覚えたりもするのですが、その中の一人に、どこの球場でも見かける物静かなおっちゃんがいました。

    「よく来ていますよね」「ええ」「野球、お好きなんですね」「ええ。どうですか調子は?」「ぼちぼちですね」

     謎のおっちゃんとは、顔を合わせると、そんな会話をしていました。こちらから立ち入った話はしないし、おっちゃんも踏み込んだことは聞いてこない。その60歳手前ぐらいの謎のおっちゃんと再会するのは、ロサンゼルス五輪が行われた1984年の11月。そう、その人こそ「スカウトの神様」とまで言われた、広島の木庭教スカウトだったのです。

     ここでプロ入りの経緯についても触れておきましょう。ロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した僕ら全日本メンバーは20人中16人がプロに進みました。84年のドラフトだけでもヤクルトに入団した明大の広沢克己、法大の秦真司をはじめ、社会人から巨人に宮本和知、阪神には嶋田宗彦と計9選手がプロ入りしたのですが、広島から2位指名を受けた僕はお断りするつもりでいました。

     広島以外にも巨人など複数球団が興味を持ってくれていたようです。それでも会社からは「残ってほしい」と言われていたし、もともと僕はプロ野球選手になりたかったわけではありません。社会人時代の個人的な目標は、ベストナインに選ばれること。当時の二塁はアクロバティックな守備をする東芝の宮崎剛さんが常連で、何とか自分が…との思いだけでした。

     ドラフト当日の11月20日もそう。自分には関係のないことだと思っていたので何も考えずに外出していました。スマートフォンもない時代で、広島に2位指名されたことを知ったのは会社に帰ってから。「さっさとスーツを着て会議室に来い」と言われ、慌てて記者会見に臨んだほどです。

     プロ入りは会社だけでなく、僕をそば店の後継ぎにしたがっていた父の弘も「プロなんて聞いてないぞ」と猛反対。それでも広島への入団に傾いたのは担当の木庭スカウトに、こう聞かされたからです。

    「アイルランドをクビにしたから二塁は空いている」

     アイルランドとは83年から広島に2シーズン在籍した二塁手。84年には4年ぶりのリーグ制覇にも貢献した助っ人がいないなら「俺にもチャンスはあるかな」。そう思ったのと、念願だったベストナインに選ばれたこともありプロ入りを決断しました。というわけで、次回からはプロ野球編です。


     しょうだ・こうぞう 1962年1月2日生まれ。和歌山県和歌山市出身。市立和歌山商業(現市立和歌山)から社会人の新日鉄広畑(現日本製鉄広畑)に進み、84年ロサンゼルス五輪で金メダル獲得。同年のドラフト2位で広島入団。85年秋から両打ちに転向する。86年に二塁のレギュラーに定着し、リーグVに貢献。87、88年に2年連続で首位打者、89年は盗塁王に輝く。87年から5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞。98年に引退後は広島、近鉄、阪神、オリックスほか韓国プロ野球でもコーチを務めた。現役時代の通算成績は1565試合で1546安打、146盗塁、打率2割8分7厘。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0a54260be6c454386174241e0511207928be0408

     8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スポーツ報知既報通り中止が決定的になった。20日の運営委員会で正式決定し発表される。夏の甲子園の中止は米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目で、戦争での中断を除けば春夏の連続中止は初めて。

     今夏の全国高校野球選手権が中止される方針を受け、広島・白武佳久スカウト部長(60)は15日、今後の活動の困難ぶりを吐露した。「残念ですし、視野が狭くなる。担当以外の選手を見られなくなるので、見比べることができない。ビデオだけでは見極めが難しくなるが、そこで決めないといけなくなってしまう」と複数のスカウトの目でクロスチェックができなくなる難点を挙げた。

     甲子園で注視する点として同部長は「お客さんの前で投げられる度胸や、グラウンドでの態度」と明かした。松山聖陵(愛媛)のエースとして16年夏に熱投を演じたアドゥワや、17年夏に広陵(広島)の正捕手として1大会6本塁打の新記録をマークした中村奨ら、大舞台で急成長する球児も多いだけに「練習だけでは分からないところを全国大会で見るので(判断が)難しくなる」と顔をしかめた。

     一方で広島はこれまで、甲子園未経験ながら球界を代表する選手に成長した鈴木誠ら隠れた逸材を発掘、育成してきた。「地方大会を勝ち抜いたチームが全国大会に来るので、各担当スカウトが選手を地方大会でしっかり見ていれば問題はないかと思う」と一定の自信も示した。(坂口 愛澄)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-05150316-sph-base

     野球の世界には「松坂世代」を始め、有力選手が集まった世代を「〇〇世代」と形容する流れがある。毎年12名のドラフト1位が生まれるので、平均すれば各世代に12名のドラ1がいることになるのだが、多い世代、少ない世代というのが出てくる。そこで世代別にドラフト1位を集計し、その現在地を見ていきたい。今回は高卒12年目、30歳を迎える90年世代だ。

    元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00010000-hbnippon-base

     ドラフト候補の勢力図が変化しそうな気配だ。

     コロナ禍により、野球界が活動休止や自粛を迫られる中、アマ球界では大都市圏と地方圏で活動内容に差異が表れ始めている。7日に緊急事態宣言が発令されたことで、対象となった東京、大阪などの高校、大学などは一斉に休校となり、これと並行して部活動は休止。選手寮も一時閉鎖が相次いでいる。

     現在はスカウト活動を自粛しているというパ球団の関東地区担当スカウトが解説する。

    「関東地方では、宣言の対象である東京、神奈川などに限らず、群馬、茨城など北関東の学校も活動を休止するケースがある。数班に分けて自主練習を行う一部の学校はあるものの、関東圏の大半の野球部は学校で練習さえできない状況です」

     東京では、政府が3月2日から臨時休校を要請したこともあり、早実、国士舘など強豪校はかねて活動を休止。練習を継続していた高校、大学も、ここにきて練習をストップせざるを得なくなった。国士舘の渡辺野球部長は、「今年は対外試合を行っておらず、寮生は3月中旬に自宅へ戻っている。東京は人口が多く、早めに動かないと逆に動けなくなる可能性を考慮しました」と言う。

     春夏8回の優勝を誇る大阪桐蔭も、緊急事態宣言を機に、全ての寮生が自宅へ帰省した。同校の平井教頭が言う。

    「本校の野球部の施設は、山の上にありますので、他の方々と接触する機会は少ない。帰省するより寮にいる方が安全ではないかという意見もあり、非常に難しい判断になりました。公共交通機関を避けるため、長い時間をかけて車で迎えに来られた親御さんもいます。少なくとも5月6日まで学校が休校になり、全運動部が活動休止。教員も現在は自宅待機中であることや、緊急事態宣言の期間がどうなるかの見通しが立たないことも考慮し、判断しました」

    ■地方のドラ1候補は148キロマーク

     大都市圏が“フリーズ”する一方で、地方圏では練習を継続している学校が少なくない。たとえば沖縄は全国で唯一、高校野球の春季大会を準々決勝まで行った。

     今秋ドラフト1位候補で最速155キロ右腕・伊藤大海を擁する苫小牧駒大は、現在休校中でリーグ戦の開幕も延期しているものの、部員の外出に制限をかけたり、部の関係者以外は施設内への立ち入りを禁止するなど対策を講じた上で、練習を継続中だ。同校の大滝監督は伊藤について「1日あたり2時間程度の練習ですが、3月末のシート打撃では、148キロをマークするなど、故障なく順調に調整を進めています」と言う。

     同じくドラフト候補である八戸学院大の右腕・大道温貴はつい先日、自身のSNSで、練習で150キロマークしたことを報告した。八戸学院大も苫小牧駒大と同様、学校は休校中ながら練習は継続。コロナ感染者が比較的少ない東北地方の高校・大学では、練習時間を短縮したり、練習内容を簡素化したりしつつも、練習を行っているところが少なくない。セ球団のスカウトが言う。

    「公式戦の試合数が減れば球団の収入は減る。補強費は例年より縮小され、ドラフト指名人数も減る可能性がある。もともと、今年は逸材が少ない年である上に、成長の過程をチェックできないため、評価は無難な形に落ち着くはず。その中でも練習できる学校の選手は、多少なりともアドバンテージになるし、その結果、良い状態で試合に臨めれば、評価は上がりやすいでしょう」

     今は微差でも、時間が経てば大差になることもある。今年のドラフトは、地方出身選手が多く名を連ねるかもしれない。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8c1cd0673b41653fc8a79b5f60b2f3d14fb598b0

     【伊藤幸男の一期一会】球音が途絶えて久しい。今年プロ入りを目指すドラフト候補選手にとって、もどかしい時間が過ぎている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校・大学・社会人の公式戦は中止か延期に。人材を発掘したいプロ、アマ球界関係者も落胆を隠せなかった。それどころか、ある球団スカウト幹部は「今年はドラフト1、2位を絞るのが難しい。球団の収入が減るだろうし、それに見合う選手が出てくるだろうか」と明かしたからだ。

     確かに一理ある。いまだ開幕の見通しが立たないプロ野球。たとえ開幕しても例年の143試合制は厳しく、交流戦18試合を断念した125試合制が現実的となる。ただファンへの感染防止を考慮すれば、当面は1人ずつ数メートルずつ空けての観戦制限を敷くことになりそう。つまり1試合1億円と言われる入場料収入、シーズンシートの見直し、ジェット風船販売自粛など収入ダウンは確実だ。

     スカウト幹部が続けた。「例年、上位選手は1億円近い金額で契約してきたけど、今年はどうなるんだろう。視察する機会は少なくなるから、判断材料も少なくなる」。

     将来性豊かな高校生がその例に当てはまる。全国の春季大会はすべて中止。甲子園につながる夏季大会だけがスカウト陣の判断材料だが、予選序盤で敗退した候補生の評価が難しい。1位クラスの選手なら普段の練習からマークはするが、緊張が増す公式戦での投球や打席が重要な決め手となってきた。今夏は甲子園と全日本大学選手権が重なるため、地方大学の有力選手を全スカウトでダブルチェックすることも難しくなった。

     現時点で今年のドラフトは11月5日が予定されている。まさか1位指名を返上する球団はないと思われるが、評価基準が少なくなったのは確かだ。一刻も早くコロナ禍が収束することを祈りたいが、来季のチーム像を模索する球団フロントにとって、頭を悩ますシーズンが続く。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8d03fe8cb91e38db005af6d46e2f5255db8e6f28

    このページのトップヘ