広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

     広島ドラフト6位の正随優弥(22=亜大)は、“大阪桐蔭魂”でプロの世界に挑む。目標と公言するのは、日本ハムの中田翔。「スラッガーという意味でとても活躍されているし、自分もそういう選手になりたい」。中学時代に所属した広島鯉城シニア、そして大阪桐蔭での7学年上の先輩でもある。右の長距離砲という特徴も重なり、「中学からの先輩でもあるのでよくしていただいてる。これから少しずつ近づきたい」と、偉大な先輩の背中を追いかける。

     広島出身で、高校進学の第1希望は地元の広陵だった。しかし、中学3年のときに藤浪(阪神)、森(西武)擁する大阪桐蔭が、広陵を圧倒した試合を現地観戦。そこから「ここでやりたい」と大阪桐蔭への進学を希望した。高校3年の夏の甲子園では、4番として全国制覇。学生時代から厳しい競争を勝ち抜いて、自分の居場所を確保してきた。「大学に行ったことで、今永さん(DeNA)とかいい投手と対戦できた経験はプラスになった」。大阪桐蔭、亜大と常勝を義務付けられた環境で育った経験を礎に、下克上が始まる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000066-spnannex-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18=報徳学園)は2日、プロ野球選手としての未来予想図を本紙に明かした。

     兵庫県神戸市の生田神社。マジックを手に悩んでいた。「すみません。どうしようかな……」。新年の誓いを求められてから約10分。色紙に「挑戦」と書き込んだ。

     「プロという世界に入って、何もかも新しいことばかり。どんなことにも挑むという覚悟で“挑戦”を選びました」

     挑戦から切り開くドラフト1位ルーキーの未来予想図は壮大で頼もしい。

     1年目の目標を問われると「開幕1軍です」と即答。緒方監督は春季キャンプの1軍スタートに関しては否定していない。確実に訪れるであろう首脳陣へのアピール次第で、プロ入り最初の目標を達成できるか決まる。

     「新人王という目標も持っているのでシーズンが終わったときにその権利を獲得できる位置にいないと。そのためには開幕から1軍にいないといけないのかな」

     球団の高卒野手で1年目に遊撃を守ったのは99年の東出が最後。さらに、ハードルを上げ、開幕1軍にすると、1989年からの平成では一人もいない。それだけの高い目標を課して、プロの世界に飛び込む。

     30歳を迎える11年後の30年シーズン。現在の広島でいえば「タナ・キク」世代にあたり、チームを背負う立場になる。ただ、小園は、チームの立ち位置よりも広い視野で想像を膨らませていた。

     「侍(ジャパン)に入って、日本のショートなら小園と言ってもらえるような存在になっていたいなと思います」

     目標として公言し続けている「日本一のショート」を、30歳までには達成しようと思い描いていたのだ。さらに、トリプルスリー、ベストナイン……と堂々と宣言できるのも小園のスケールならうなずける。

     心躍る未来予想図も、一歩目が肝心。「体がなまってしまうと最初からついていけなくなるので、他の選手よりも力を出せるようにしておきたいです」と来たる新人合同自主トレ、春季キャンプに向けても油断はない。2019年の干支は「亥」。猪突猛進で突っ走る。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000011-spnannex-base

     今秋のドラフト会議で、広島は4球団競合の末にドラフト1位で小園海斗内野手(18)=報徳学園=の交渉権を獲得した。今回は、生い立ちや横顔を連載で紹介する。プロへと羽ばたくために心技体を身につけた中学、高校時代を振り返る。



      ◇   ◇

     宝塚リトルを経て、光ガ丘中1年の夏から、小園は枚方ボーイズで汗を流した。現在も「ライバル」の藤原恭大(大阪桐蔭)らがひしめきあった強豪チーム。体験入団の際には当時の鍛治舎巧監督(現県岐阜商監督)から「うちに入れば人生が変わるぞ」との言葉を受けた。「チャレンジしたい」。入団して間もない9月から、遊撃のレギュラーとなった。

     藤原とは当時から競い合う仲だった。階段ダッシュなどのメニューでは「新記録、新記録」とその日の目標を2人で早くクリアし、お互い自主練習。刺激し合い、2度の全国優勝も経験した。田中直樹監督は「練習もやらされるより、やっていた」と評価する一方、「ここぞで弱い時があった。高校でそこが一番成長したのでは」と語る。

     報徳学園では1年春から定位置を奪取。技術面も精神面も成長したが、2年のセンバツ後に大角健二監督からハッパをかける意味で「このままだったら、ショートをクビにするぞ」とゲキを飛ばされた。「横の動きはうまかったけど、正面のゴロを確実にさばくことに上体だけで済ませるところがあった」と指揮官。隙のない守備力を身につけるため、下半身を使う基本動作を徹底的に植え付けた。

     精神面は3年春に大きく成長した。打てない時は態度に表れ、守備や走塁にも影響が出ていた。大角監督からは「プロが見ているのはそういうところ。打つ以外がいかにできるか」と諭された。練習試合では枚方ボーイズからの仲間だった神藤勇介主将が「副主将の責任感が欠けていた」と監督に頼み、途中交代となったこともあった。

     そこから考え方、顔つきが変わる。特に変化を示したのは、夏の東兵庫大会四回戦の滝川二高戦。1-1の七回に決勝2ラン。中学時代の勝負弱さも払しょくし、甲子園出場にもつなげた。

     高校2年から2年連続でU-18日本代表、ドラフトでは大阪桐蔭・根尾とともに4球団競合で1位指名を受けた。報徳学園時代を「人間性が成長できたかなと思う」と振り返り、「努力が大事。一日一日を大切にしていきたい」と力を込めた。固い決意を胸に、プロでのサクセスストーリーを築いていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000018-dal-base

     12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。



     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技である。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は6年前、2012年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    【巨人】
    1 菅野智之投手 28試合15勝8敗0H0S 2.14
    2 大累進内野手(→日本ハム、2018戦力外)
    3 辻東倫内野手(2018戦力外) 8試合10打数1安0本0点 .100
    4 公文克彦投手(→日本ハム) 57試合2勝0敗11H0S 2.17
    5 坂口真規内野手(2017戦力外)
    育1 田原啓吾投手(2016戦力外)
    育2 松富倫内野手(2013戦力外→ソフトバンク育成、2014戦力外)

    【中日】
    1 福谷浩司投手 29試合0勝1敗0S4H 5.00
    2 濱田達郎投手(2016戦力外→育成)1軍出場なし
    3 古本武尊外野手(2017戦力外)
    4 杉山翔大捕手 1軍出場なし
    5 溝脇隼人内野手 1軍出場なし
    6 井上公志投手(2014戦力外)
    7 若松駿太投手(2018戦力外)

    【ヤクルト】
    × 藤浪晋太郎投手
    1 石山泰稚投手 71試合3勝2敗35S7H 2.08
    2 小川泰弘投手 18試合8勝5敗0S0H 2.75
    3 田川賢吾投手 1試合0勝0敗0S0H 0.00
    4 江村将也投手(2015戦力外)
    5 星野雄大捕手(2017戦力外)
    6 谷内亮太内野手 36試合45打数10安0本7点 .222(→日本ハム) 
    7 大場達也投手(2015戦力外)

    【広島】
    × 森雄大投手
    × 増田達至投手
    1 高橋大樹外野手 6試合15打数5安0本0点 .333
    2 鈴木誠也内野手 124試合422打数135安30本94点 .320
    3 上本崇司内野手 59試合11打数1安0本0点 .091
    4 下水流昂外野手 67試合80打数21安4本12点 .263
    5 美間優槻内野手(→ソフトバンク)30試合36打数5安0本1点 .139
    育1 辻空投手(2018戦力外)1軍出場なし
    育2 森下宗外野手(2015戦力外)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00266862-fullcount-base

     12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。


     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技である。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は5年前、2013年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    ◯セ・リーグ
    【巨人】
    × 石川歩投手
    1 小林誠司捕手 119試265打数58安2本26点 .219
    2 和田恋内野手 5試8打数1安0本0点 .125
    3 田口麗斗投手 16試2勝8敗0S0H 4.80
    4 奥村展征内野手(→ヤクルト)32試41打数9安1本0点 .220
    5 平良拳太郎投手(→DeNA)13試5勝3敗0S0H 3.49
    育1 青山誠外野手(2018戦力外) 1軍出場なし
    育2 長江翔太投手(2016戦力外)

    【阪神】
    × 大瀬良大地投手
    × 柿田裕太投手
    1 岩貞祐太投手 23試7勝10敗0S0H 3.48
    2 横田慎太郎外野手(→育成) 1軍出場なし
    3 陽川尚将内野手 75試274打数69安6本48点 .252
    4 梅野隆太郎捕手 132試386打数100安8本47点 .259
    5 山本翔也投手(2018戦力外)1試0勝0敗0S0H 15.00
    6 岩崎優投手 61試1勝3敗0S10H 4.94

    【広島】
    1 大瀬良大地投手 27試15勝7敗0S0H 2.62
    2 九里亜蓮投手 24試8勝4敗0S0H 4.26
    3 田中広輔内野手 143試572打数150安10本60点 .262
    4 西原圭大投手(2016戦力外)
    5 中村祐太投手 9試3勝4敗0S0H 6.04


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00266334-fullcount-base

     プロ野球ドラフト会議から約2週間。投打の「二刀流」で注目され、4球団競合の末に中日入りした根尾昂(あきら、大阪桐蔭高)は、プロでは遊撃手で勝負することを明かした。そのショートで根尾に負けない評価を得たのが、広島が1位指名で交渉権を得た小園海斗(兵庫・報徳学園高)だ。高評価の理由は何だったのか。

     ドラフト当日。照明がともった報徳学園のグラウンドで、小園は仲間から祝福された。遠巻きで目を細める大角健二監督がつぶやいた。「まさか、ここまで評価されるとは思っていませんでした」

     9日に広島と仮契約した小園は、4球団から1位指名された。報徳学園では1年からレギュラーをとり、2年で高校日本代表の正遊撃手を任された。俊足強打の左打者として、3年夏の甲子園では8強入りの原動力になった。ただ、周囲は今年のドラフトの目玉だった根尾と同等まで評価が上がるとは思っていなかった。

     ところが、スカウトたちの目は違った。ソフトバンクは、ドラフト前に王貞治会長が小園の1位指名を公言した。永井智浩編成・育成部長兼スカウト室長は、「守備で肩も、捕る能力もある。3割30盗塁はいける選手だと評価している」と語った。オリックスの長村裕之球団本部長も、「ショートでしっかりレギュラーをとれる走攻守がある」と、全ての面で評価していた。

     DeNAの高田繁・前GMは根尾との違いについて語った。「足がスペシャルだからね、彼の場合は。バッティングも守備も根尾に負けないところがある」。50メートル走は根尾の6秒1に対し、小園は5秒8。機動力を武器に相手の隙を突く報徳学園で磨かれた脚力で高評価を得た。

     そんな逸材を引き当てたのは広島だった。担当した鞘師(さやし)智也スカウトは報徳OB。小園が1年の頃から追いかけてきた。「脚力もあり、打撃にも柔らかさがある。三拍子そろった選手で、カープの野球にぴったり」と指名理由を語った。「今年の1月までは単独指名でいけると思っていたけど、彼の頑張りもあって、最後は神頼みでした」と、4球団が競合したことについて苦笑いで振り返った。

     遊撃手としては、どうか。根尾は高校時代、投手との「二刀流」に挑んでいたこともあり、ショートとしては伸びしろがあるとみられている。一方の小園はショート一筋。現段階では、経験値で上回っており、今夏の日本代表でも小園が遊撃を任され、根尾は外野と投手で先発した。

     広島と中日。同じセ・リーグに飛び込む根尾を、小園自身はどう見ているのか。「ずっとショートとしてライバルと思っているのが根尾。全てにおいて負けたくない」。今夏の全国選手権を沸かせた「100回世代」を代表する2人は、次はプロでもしのぎを削ることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000079-asahi-spo

     広島からドラフト3位指名された智弁和歌山・林晃汰内野手(18)が15日、和歌山市内のホテルで契約金4500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結び、プロでの目標を「本塁打王」と掲げた。

     幼少時から実家の農作業を手伝い、地道な鍛錬で鍛え上げてきた肉体は既にプロ級。恵まれた体と伸びしろの大きい技術に磨きをかけ、目標を現実へと近づける決意だ。

     既に視線は未来へと向けられていた。目標を問われた林は「本塁打王」と即答した。「ホームランが自分の理想の形。自分の長所で一番になりたい」。高校通算49本塁打。天性の長距離打者はフルスイングと強い芯を武器にプロの世界へと歩み出した。

     1メートル82、88キロ。自己申告によれば、胸囲は約1メートルで太腿回りは60センチを超える。立派な肉体は農作業によって作り上げられた。実家は和歌山県岩出市で花農家を営み、幼少時から父・光彦さん(52)の運搬・包装作業を補助。40アールの広大な土地で重い花束を運び、屈伸運動も繰り返してきた。「高校に入るまでは、ほとんど筋トレをしたことがありません」。まさに天然ものの体。技術はもとより、伸びしろ十分だ。

     実家はキンギョソウの栽培、卸をメーンとするが、花以外にも野菜も作っている。「買っているところを見たことがない」と言うだけに、野菜に関しては完全に自給自足。本人が意識しないところで「食育」の環境も整っていた。母親の作る八宝菜が大好物で、自らも料理レシピサイト「クックパッド」を見ながら、料理にも挑戦する。光彦さんは「彼が一番、作業を手伝ってくれたし、米の炊き方は家族で一番うまい」と言う。飽くなき探究心、そして器用さもプロの世界で活躍するための資質と言える。

     理想とする選手は広島・丸。今季39本塁打の長打力に加え「率も残しておられるので」と万能性に憧れた。「これまではホームランの打ち損ねがヒットという感覚でした。そのスタイルは崩したくないと思います」。キンギョソウの花言葉は「おしゃべり」など。林自身は普段から口数の多い方ではないが、野球に関しては違う。素質豊かな金の卵。フルスイングで雄弁に語ればいい。(桜井 克也)

     ◆林 晃汰(はやし・こうた)2000年(平12)11月16日生まれ、和歌山県出身の18歳。小1から岩出ヤンキースで野球を始め捕手。中学時代は紀州ボーイズに所属。智弁和歌山では1年春から三塁手でレギュラー。2年夏、3年春夏に甲子園出場し、3年春は準優勝。高校通算49本塁打。1メートル82、88キロ。右投げ左打ち。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000035-spnannex-base

    広島からドラフト5位指名を受けた菰野・田中法彦(のりひこ、18)が13日、三重・菰野町内の同校で松本担当スカウトらから指名あいさつを受けた。



    「指名を受けたときはあまり(プロになる)実感がなかったんですが、指名のあいさつを受けて徐々に湧いています。厳しさに耐えられるように強い気持ちを持って入りたいと思います」。カープの真っ赤な帽子をかぶり、プロでの決意を新たにした。

    広島は昨年のドラフトでは育成も含めて指名した全7投手が180センチ超の高身長だったが、田中は173センチと上背はない。松本スカウトは「背が気にならないほど、伸びのあるいい真っすぐを投げる」と高い能力を認める。球速は高校3年間で10キロ増し、最速152キロを計測。平均球速も148キロ前後と安定している。

    田中も直球へのこだわりは強い。「身長がないと角度もつかずにバットに当てられやすいと思うので、しっかり伸びていく直球を投げることでファウルを取れたり、空振りが取れると思う。いずれは160キロを目指したい」。プロの世界でも、自慢の真っすぐで真っ向勝負を挑んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00391150-nksports-base

     中日は根尾昂(大阪桐蔭)を4球団競合の末に引き当てた。これだけでも大成功と言えるが、2位以下の指名選手にも好素材が揃った。

     中でも2位右腕の梅津晃大(東洋大)は、187センチと長身ながらフォームにぎこちなさがなく、ボディーバランスがいい。本格デビューは4年秋と遅かったが、3~5年先には、「東洋大三羽ガラス」のDeNA1位・上茶谷大河、ソフトバンク1位の甲斐野央を追い抜いて、先頭を走っているかもしれない。入団5年でエースになった広島・大瀬良大地のようなイメージを持っている。

     3位右腕の勝野昌慶(三菱重工名古屋)は私自身、ボールを受けたことがある。145キロ前後の速球は、打者の手元付近でナチュラルに右へ左へキュッと動く。初対面だったこともあり、ミットの芯で受けづらかった。マウンドでの雰囲気、シルエットは巨人・菅野智之にソックリだ。

     4位捕手の石橋康太(関東一高)は将来は長打を打てる捕手になるかもしれない。身体の強さもさることながら、シートノック時から球場に響き渡るくらいの大きな掛け声にバイタリティーを感じる。捕手にとって大事な要素だ。5位左腕の垣越建伸(山梨学院)は右打者へのクロスファイアとスライダーがいい。根尾と飛騨高山ボーイズの同期生で、その話が独り歩きしているが、今夏の甲子園を万全な状態で迎え、結果を残していたら、上位で指名されてもおかしくない投手である。

     一方、戦略に疑問が残ったのはソフトバンクだ。

     今のチーム状況は、レギュラーと控え選手の実力差が大きい。ファームには有望選手が控えているとはいえ、成長速度は思ったほどではないように映る。

     今年のドラフトではその“空洞”を埋めることが重要だと思っていた。

     1位で小園海斗(報徳学園)、外れ1位で辰己涼介(立命大)、そして外れ外れ1位で甲斐野を指名したのはまだしも、2位以下では杉山一樹(三菱重工広島)ら、将来性を見込んだ指名が多かった。ファームの充実にはなっただろうが、16年ドラフトで西武が3位で源田壮亮(トヨタ自動車)を指名し、新人年から遊撃レギュラーに定着しているように、今年は一軍の戦力を底上げし、今のレギュラー陣をおびやかすような選手を獲得するべきではなかったか。

     もっとも、その中でも6位右腕の泉圭輔(金沢星稜大)は期待大。187センチの長身で、真上からボールを投げ下ろす。角度があり、低めに制球できる才能を持っている。武田翔太に近いタイプか。1年間、しっかり鍛えれば、早ければ2年目から先発ローテ入りするかもしれない。
    (談)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000027-nkgendai-base

     赤ヘル軍団のボスが右腕を天に突き上げた。

     広島はソフトバンク、DeNA、オリックスとの“四つ巴”を制し、高校生ナンバーワン遊撃手と名高い小園海斗(報徳学園)の交渉権を獲得。緒方監督は「次の世代の中心として期待している。能力は非常に高い。中軸を打てる選手になってほしい」と話し、「基礎体力がどれくらいあるかを把握して、良ければ(来春の)一軍キャンプに帯同させてもいいかな」と、早くも来季の戦力になり得る可能性も示唆した。

     今季、広島は球団初のV3を達成。オフは外野手の丸(29)の国内FA流出が懸念されているが、順調なら来年は二塁の菊池(28)、再来年は遊撃の田中(29)もFA権を取得する。下手をすれば、3年間で主力3人を立て続けに失いかねない。

     だがしかし、能力の高い若手がゴロゴロいる。

     昨年は中村奨成(19)を1位で獲得。夏の甲子園で大会記録となる6本塁打を打った打撃もさることながら、捕手としても評価が高い。中村と並ぶ正捕手候補の坂倉(20)も順調に成長。2014年ドラ1の野間(25)は今季126試合で打率・286を打ち、15年ドラ5の西川(23)も同107試合で・309と活躍した。主力が抜けても、ドラフトで獲得した生え抜き野手たちが着々と力をつけているのだ。

     小園の指名で、広島の黄金時代はいよいよ盤石になる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000019-nkgendai-base

    このページのトップヘ