広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

     広島は13日、広島市内のホテルで新人9選手の入団発表会見を行った。ドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=は“生涯カープ”を宣言。将来的なメジャー挑戦にも興味を示さない。一度も地元を離れたことがないドラ1捕手は「カープ一筋で引退を迎えたい」と誓った。

     晴れ舞台で一層の輝きと存在感を見せた。招待された441人のファンクラブ会員が熱視線を送る中、無数の拍手とフラッシュを浴び、背番号「22」のユニホームに袖を通した中村。チームの一員として第一歩を踏み出し、さらなる高みにも視線を向けた。

     「新人王を獲ってトリプルスリーなど、誰も成し遂げたことがないことをしたい。将来的にはカープの看板選手になる。高い目標がある方がモチベーションも上がるので」

     公言することでプレッシャーになることは十分承知。あえて口にすることで自らを奮い立たせた。

     理想とするのは、13年11月3日の日本シリーズ第7戦。当時、楽天のエースだった田中(現ヤンキース)だ。「日本一を決める試合で最終回に出てきて、信頼されていると思いましたし、(看板選手は)ああいうところを任される選手」。前日160球で完投しながら、試合を決める九回のマウンドへ上がった姿に感銘を受けた。

     尊敬する右腕はその後、世界を舞台に活躍している。最近では日本ハム・大谷がエンゼルス入り。同期の清宮はメジャーへの夢を語ったが、中村は冷静に目の前を見つめた。「看板選手になってから先を考えます」と話し、生まれてから一度も広島を出たことがない中村は「カープ一筋で引退を迎えたい」と“生涯カープ”を宣言した。

     「3年以内には1軍に上がって、フル出場は難しいが1軍でマスクを被って勝利に貢献したい。10年以内には正捕手になって、長い期間、野球選手を続けたい。最低でも40歳まではやりたい」

     サクセスストーリーは明確にできている。捕手のポジションは磯村や船越、1学年上の坂倉らライバルも多い激戦区。持ち味の肩と打撃センスを生かしてサバイバルレースを制し、正捕手の座をつかみとるつもりだ。

     周囲からの期待を背負いながら迎える1年目のシーズン。中村は伝説を作り上げていくために、階段を一歩ずつ上がっていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000026-dal-base

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=ら新入団選手が12日、広島市内のホテルに入った。翌日の新入団発表を前に中村は「緊張?全くない。(ユニホームに)早く袖を通して、カープの一員になりたいです」と笑顔で語った。

     小5まで広島で暮らしていた同2位の山口翔投手(18)=熊本工=は久々に広島駅に降り立ち、「あまり変わっていなかったけど、この前よりカープグッズがいっぱいあった」と目を輝かせた。

     同3位のケムナ・ブラッド誠投手(22)=日本文理大=は「広島は初めてです。思ったより都会で、駅で迷いました」と苦笑い。明るい性格で「喋(しゃべ)る方なのでグイグイいって(同期入団の選手に)ひかれないかな。仲良くなれたらいいですね」と白い歯を見せていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000067-dal-base

     今夏の甲子園で1大会6本塁打を放ち、PL学園・清原和博の記録を32年ぶりに更新した「怪物」こと中村奨成(18・広陵)は、広島県西部の瀬戸内海に面した港町、世界文化遺産の厳島神社がある廿日市市に育った。母、妹、祖父、祖母の5人家族。自宅は広島カープの大野寮から徒歩5分という近所にある。

     中村が3歳の時に両親が離婚。看護師として女手一つで育てた母の啓子さん(45)は、熱狂的な広島ファン。今でいう「カープ女子」だ。

    「子どもに野球以外させたくなかった」と言う啓子さんに連れられた中村は、小学1年で軟式少年野球チーム「大野友星」に入団。野本賢治監督(50)は当時をこう振り返る。 

    「性格はやんちゃというか、誰かにちょっかいを出して逆に泣かされたり、元気で明るい子でしたよ。お母さんにはベッタリで、甘えん坊なところもあった。お母さんが『カープの試合(ナイター)を見に行くので(午後)3時にあがります』と言って練習中に奨成を連れて帰っちゃうこともありました。母子家庭といっても、『カッコいいから』とハイネックのアンダーシャツを買ってもらったり、キャッチャーミットにしても、チームの物があるんですが、奨成はお母さんに買ってもらった自分のミットを持っていました。内情は分かりませんが、表向きは苦労しているようには見えませんでしたね」

    ■ゴロよりフライ

     5年生になると急激に体が大きくなり、頭角を現し始めた。そこに「怪物」の原点となった野本監督の指導方針がミックスされた。

    「バットを思い切って振ってゴロではなく、フライを打つ。できるだけ遠くへ飛ばそうと。フライの凡打はOK。ホームランと紙一重と言いました。奨成は足があるので、左打ちにして内野安打で稼ごうという指導者がいても不思議ではありませんが、ウチはゴロを転がして相手のエラーを誘い、足で点を取るという方針ではありません。足があるなら、打球を飛ばしてランニングホームランで1周してこいと。1対1の勝負に勝つことが野球の原点。奨成には右でドカンと大きいのを打てる子になって欲しかった。甲子園でホームランを打った時のスイングの軌道は、当時とほとんど変わっていないんです」(野本監督)

     中学時代に所属した軟式野球チーム「大野シニア」の田中一志代表(55)が話を引き取る。

    「小6で入団した当時から肩が強かった。試合でイニング間の投球練習の最後に捕手が二塁へ送球するでしょう。あれを見れば相手チームは盗塁を仕掛けてきません。中2の時に投手をやりたいと言うのでやらせたら134、135キロ。速いけどストライクが入らない」

     打ってはこれから本拠地になるマツダスタジアムで、特大の打球を放った。田中代表が続ける。

    「中3の試合でレフトの頭を越してウオーニングゾーンまで飛ばし、ワンバウンドでスタンドに入れた。硬球に比べ、軟球は飛ばないので覚えています。お母さんは熱心な方で、息子はいなくても今でも試合の応援に来てくれるんですよ。母子家庭の悲愴感みたいなものは感じませんでしたが、物は大事にしていましたね。チームが買ったキャッチャーミットがあって、奨成は『ぶち(すごく)いいじゃないですか』と言いながら、試合では入団当時の自分のミットを大事に使っていました。勉強は苦手で、中学の先生に『勉強にも興味を持つよう言ってください』と頼まれたこともあります(笑い)」

     これからは野球1本で母親孝行する。

    ▽中村奨成(なかむら・しょうせい)1999年6月6日生まれ、広島県出身。大野東小1年から野球を始め、3年から捕手になる。中学は「大野シニア」に所属。広陵では1年春の県大会からレギュラーを任された。50メートル6秒0、遠投120メートル。今夏の甲子園でチームを準優勝に導いた。高校通算45本塁打。181センチ、76キロ。右投げ右打ち。22日に契約金1億円プラス出来高、年俸800万円(金額は推定)で仮契約。背番号は「22」。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000012-nkgendai-base

     広島は6日、ドラフト2位指名した山口翔投手(18=熊本工)と熊本市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸600万円で合意。12球団の支配下登録選手の仮契約で一番乗りとなった。

     田村恵スカウトから「先発完投ができるタイプ。沢村賞を目指してやってほしい」と激励。山口は球団を通じ、「地道にコツコツ練習して、まずは身体を大きくして、怪我をしない身体をつくりたいです。カープはファンの方に愛されているチームだと思います。若い選手が活躍しているので、自信のある真っ直ぐをアピールして、一日でも早く真っ赤に染まったマツダスタジアムのマウンドで投げられるよう頑張ります。応援よろしくお願いします!」とコメントしている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000146-spnannex-base

     先月26日のドラフト会議で広島から育成3位で指名された小笠高・佐々木健投手(18)が2日、菊川市内の同校で松本スカウトらの指名あいさつを受けた。

     球団側は2年時から佐々木の身体能力の高さに注目しており、今夏の県大会1回戦(対浜松城北工)で15三振を奪ったときに獲得の意思を固めたという。松本スカウトは「佐々木選手のようなサイズ(身長189センチ)で50メートルを5秒台で走れるような投手はいない。これで体ができればすごい」と絶賛。今季15勝を挙げるなど広島のエースとして活躍した188センチ、82キロの大型右腕の「薮田(和樹)のようになれる」と褒めた。

     佐々木も「広島は選手を育てるのがうまい球団と聞いています。投手陣も充実していて、お手本になる選手が多い」と声を弾ませた。現在のMAXは143キロだが、さらに速い球を投げられるようにと、毎日ブルペンで投げ込みフォームを研究しているほど意欲的だ。

     将来の目標は150キロ。「育成だからといって遠慮しなくていい。先輩にどんどん質問して吸収して」とハッパをかけられ、佐々木は「薮田さんにどんな練習をしているのか聞いてみたい」と向上心を燃やしていた。(里見 祐司)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000183-sph-base

     広島と「赤い糸」で結ばれていたのはドラフト1位中村奨成捕手(18)=広陵=だけではない。同2位山口翔投手(18)=熊本工=、同3位ケムナ・ブラッド誠投手(22)=日本文理大=も幼少時代から、カープファン。2軍大野練習場がある廿日市出身の“怪物”に負けず劣らずカープと縁のある2選手だ。


     山口は熊本生まれ、2歳から小5まで広島で過ごした。小4から広島の「高陽スカイバンズ」で野球を始め、遠足で市民球場へ出掛けたり、マツダスタジアムのマウンドに立ったこともあるという。

     あこがれは元広島のエース前田健太。中学まで「マエケン体操」を続け、持ち味のしなやかな腕の振りを生み出した。山口は「前田健太投手を目指してやってきたので、近づけるように大投手になりたい。(カープは)小さい頃から応援していた球団。広島を盛り上げたいです」と満面の笑みで喜びを語った。

     ハワイ生まれのケムナは米国人の父、日本人の母を持つ。3歳の頃に来日し、東京、和歌山と移り住み、5歳から宮崎の日南で過ごしている。観光で宮崎を訪れた父が「ハワイに似ている」と気に入ったという。日南と言えばカープのキャンプ地。天福球場にはよく訪れたそうで、「弟はボールボーイ、母はアルバイトをしていました」。こちらも生粋のカープファンだ。

     ドラフト指名あいさつを受けた際には、思わず本音を漏らした。「大人の事情でなるべく隠していたんですが…、カープが好きです!すごくうれしかったです」。趣味のサーフィンは高1まで。黒田博樹氏の「クオリティピッチング」を読破するなど、カープの影響も受けて、野球にのめり込んだという。

     あこがれの球団から指名されること自体が珍しいのに、ドラフト1位から3位までの選手が相思相愛なんて、奇跡に近い。山口とケムナを担当した田村スカウトは「縁があって良かった。スケールの大きい投手になってほしい」と胸をなで下ろし期待を込めていた。

     CSはまさかの敗退に終わったが、ドラフトはハッピーエンド。近未来のチームを支える“元カープ男子”の活躍に期待大だ。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000058-dal-base

     広島からドラフト5位指名された遠藤淳志投手(18)=霞ケ浦=が2日、茨城県稲敷郡阿見町の同校で高山スカウト、尾形スカウトから指名あいさつを受けた。カープの赤い帽子をかぶせてもらい、「今日やっと実感がわいてきました。少しドキドキしています」と初々しい表情で話した。

     身長184センチから投げ下ろす最速142キロの直球と縦に大きく割れるカーブが武器だ。遠藤は「1年目は体作りをして、3、4年後に黒田博樹投手のようなピッチャーになりたい」と目を輝かせた。

     担当の尾形スカウトは「まだ体の線は細いが肩、肘が柔らかく、バランスのいい投手。球持ちもよく、将来が楽しみなピッチャー」と評価していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000066-dal-base

     【三重郡】26日のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、広島東洋カープから育成ドラフトで1位指名を受けた三重県立菰野高校3年の岡林飛翔(おかばやし・つばさ)投手(18)が31日、菰野町福村の同校で、同球団の松本有史スカウト、比嘉寿光編成部編成課長から指名あいさつを受けた。

     最速151キロの本格派右腕。中京学院大(岐阜)出身の菊池涼介内野手らも担当した広島の松本スカウト(40)は、岡林投手の魅力について「“どすん”と来る重い球質のストレートは高校生では珍しい。身体を鍛えれば150キロを軽く超えるピッチャーになる。縦のカーブも魅力的で、支配下指名されてもおかしくない力を持っている」と評価した。

     今後仮契約を済ませた後、12月中旬に広島県で実施する新入団選手発表会に臨む予定。緒方孝市監督のサイン入りのドラフト会場入場証などの記念品を受け取った岡林投手は「(プロ入りの)実感はまだ湧かないが期待して下さることはとてもありがたい。少しでも早く支配下登録選手になって、一軍で投げられるようになりたい」と抱負を話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00001415-isenp-l24

     広島からドラフト4位指名された永井敦士外野手(17)=二松学舎大付=が1日、都内の同校で高山スカウト、尾形スカウトから指名あいさつを受けた。

     ドラフト直後、同校の先輩・鈴木に連絡し、「おめでとう」と祝福された。続けて「サイコーです!」と叫ぶよう言われ、誠也お決まりのセリフを電話越しに叫んだという。永井は「誠也さんのように愛される選手になりたい。追いついて、追い越せるように練習したい」と力を込めた。

     担当の尾形スカウトは「まだ荒削りな部分はあるが、体の力強さ、脚力、能力が高い。右方向に力強い打球を打てるのは誠也に似ている」と今後の成長に期待していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000076-dal-base

    このページのトップヘ