広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中田廉

     「広島14-1ヤクルト」(30日、マツダスタジアム)

     広島・中田が好救援を見せた。

     大量9点リードの七回無死満塁のピンチでマウンドへ。まず代打・リベロを空振り三振に仕留めると、続く坂口を中飛、最後は2番山崎を遊ゴロに打ち取った。雄たけびを上げ、気合は満点。嫌なムードを断ち切った。

     試合後は「準備はしていました。点差もあったので無駄な四球を出さずに、打たせていこうと思った。アツ(会沢)さんもリードで引っ張ってくれた。結果ゼロで抑えられて良かったです」と振り返っていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000149-dal-base

     セ・リーグで首位を独走する広島で、中田廉投手が存在感を示している。中継ぎとして7月27日まで38試合、36回2/3を投げ2勝1敗、防御率1・96。シーズン途中からは、一岡とともに勝利の方程式メンバーに入り、安定した成績を残している。

     14年に自己最多となる66試合に登板したが、その後は肩の故障などもあり、15年は5試合。昨季もわずか8試合の登板に止まった。3年ぶりに1軍でフル回転できるのは、昨季からの肉体改造が一因だ。オフには食事の脂にこだわり、プロテインも摂取。積極的な筋力トレーニングで体重は10キロ以上、増加した。今では90キロ台だ。ストレッチなどで股関節周りの可動域を広くしたことの効果も出て、球威は140キロ台中盤をコンスタントに記録し、力でねじ伏せる投球が戻ってきた。

     6月後半からは、勝ちパターンで起用されている。満塁など、走者を背負った場面から起用されることもしばしばだ。畝投手コーチは「厳しい場面で行ってもらっている」と言う。それでも右腕は、表情一つ変えず役割を果たしてきた。中田は「オフの筋トレで、苦しくなっても、もう一踏ん張りと、やってきた。最後は気持ちなんです。それがピッチングにつながっています」。最後は気持ち-。どこか古風な香りがするが、右腕は真顔だ。肉体強化の過程で身に付けた、精神的なたくましさが、今季の飛躍につながっている。

     開幕からフル回転しており、暑さが厳しくなるこれからが正念場。電気治療や入念なストレッチで体のメンテナンスは欠かさない。「どこの場面を任されても同じ気持ちです」。平常心でマウンドに上がり続け、結果を出して行く。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/07/28/0010410758.shtml

     「阪神3-14広島」(19日、甲子園球場)

     広島・中田廉投手が、1回無安打無失点で勝利への道を切り開いた。
     2-2の六回だ。先発した中村祐が無死一、二塁と得点圏に走者を進めた状況で出番が来た。福留を右飛に打ち取り、まず1アウト。続く中谷の打席で二走・上本に三盗を決められ1死一、三塁とされたが、中谷を空振り三振。最後は鳥谷を147キロの直球で空振り三振に切った。勝負の行方を左右する岐路で見せた完ぺきな救援に、緒方監督はニンマリ。「廉が止めてくれたのが大きかった」と目尻を下げた。

     イニングの最初ではなく、走者がいる状況での登板は精神的にも負担が大きい。それでも中田は「良い場面で投げさせてもらっている。結果が出て良かった」と汗をぬぐった。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/20/0010386612.shtml

    <ヤクルト4-7広島>◇23日◇神宮

     広島が終盤の逆転勝利で、連敗を4で止めた。1点を追う7回に丸が同点弾。8回には好機をつくって代打西川が決勝の2点適時二塁打をかっ飛ばした。広島緒方孝市監督(48)の試合後の談話は以下の通り

     -西川が大きな仕事

     緒方監督 ファームでゆっくりしとったからね(笑い)。でも上がってきて1発目で大きな仕事をしてくれたね。

     -小窪、堂林、天谷もいるなかでの起用。根拠は

     緒方監督 去年から彼は打席で物おじしない。普通緊張して力が入る場面でも、本当に彼は堂々と自分の打席で自分のスイングだけをしていた。そういう姿が頭にあった。あとは早い段階で打席に立たせたかった。

     -中継ぎ陣も踏ん張った

     緒方監督 今日はやっぱり廉と、後を受けた中継ぎ陣よ。本当だったら、序盤からの流れだったら、うちの形で試合をしていかないといけないんだけど。とったらとられるという展開になって追い越された。連敗の悪い流れになっていた。それを後を受けた中継ぎ陣がしっかり止めてくれた。

     -中田廉が見事だった

     緒方監督 特に廉だね。あそこ1死満塁で出て行って、点を取られれば完全に向こうの流れにいくところを止めてくれた。その後も中継ぎ陣がゼロ。そのなかで野手が奮起して勝てたね。中継ぎ陣が大きかったね。

     -連敗を止めた

     緒方監督 また、広島に帰ってしっかりね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01812452-nksports-base

     「巨人-広島」(11日、東京ドーム)

     広島の中田廉投手が好救援も見せた。

     3点リードの六回、今季初登板のヘーゲンズが坂本勇に左前打を許し、阿部四球、続くマギーに左越え適時二塁打、亀井に右前適時打、そして重信に左前適時打を許し同点とされた。

     無死一、二塁となり1死も奪うことができず降板したヘーゲンズに代わってマウンドに上がった中田は、小林をスリーバント失敗の三振、代打脇谷を空振りの三振、そして五回に本塁打を放っている中井を三直に仕留め、勝ち越しを許さず七回の攻撃につなげた。

     3点リードの七回にもマウンドに上がり、1死から坂本勇、阿部に連打を浴び一、二塁。マギーを見逃しの三振に仕留めたところで薮田にマウンドを譲った。

     薮田は亀井に一塁内野安打を許し2死満塁とピンチを広げたが、重信を空振り三振に仕留めリードを守った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000146-dal-base

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた埼玉西武とのオープン戦に1-6で敗れた。寒風吹く中で、投打ともに精彩を欠く結果となったが、緒方監督は「これからいろいろとバランスを見ながら選手を起用していきたい」と先を見据えた。


     先発の野村は4回2失点。指揮官は「初回は逆球もあったし、思ったところに投げられていなかった。それでもその後はしっかりと修正していい形で投げられていた」と評価した。初回に先頭打者の打球を足に受けたが、「痛がるそぶりを見せなかったので、そのまま投げさせた」と心配する様子はなかった。

     WBC組以外はほぼベストメンバーだった打線については、「(新井は)見たまま。丸は内容も良かったし、今年も打線の中心としてやってもらいたい」と状態に満足そうだった。

     新外国人のペーニャも安打を放ったが、「ゲーム勘は最初から問題なかったようだった。今は日本のピッチャーに慣れていく段階」と、今後に期待した。

     リリーフの一岡が右内転筋痛で離脱したが、最終回に登板した中田が無失点に抑えた。緒方監督は「下からの強い推薦があった。いいボールを投げていたし、またチャンスを与えていく」と合格点を付けた。

     外国人枠争いやリリーフ陣の整備など、この先もまだまだ競争が続きそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010004-fullcount-base

     ドジャースの前田健太が21日、自身のインスタグラムを更新し、「マエケン自主トレ終わりました」と広島時代のチームメイト大瀬良大地、中田廉、戸田隆矢、飯田哲矢と行った合同自主トレを打ち上げたことを報告した。

     前田は「大好きな後輩たちと、とても有意義な時間を過ごせました」と充実した自主トレを行えたようだ。また「後輩たちにとって少しでもプラスになれば嬉しいです。僕自身も今回の自主トレで後輩たちから刺激を受け、力をもらいました。今年1年このメンバーが素晴らしい1年になるように頑張っていきます」と意気込んだ。

     さらに21日に更新したインスタグラムでは、「中田廉仕上がってます。笑」と中田が投球練習する動画をアップした。ドジャースでプレーする前田を始め、広島の大瀬良、中田らの活躍に期待したいところだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00101141-baseballk-base

    このページのトップヘ