広島・会沢翼捕手(31)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)が26日、リーグ戦再開へ向けて特別対談した。開幕ダッシュに失敗した今季は、5月に快進撃を見せて首位に浮上。しかし、交流戦で5年ぶりの最下位に沈み、首位から陥落した。リーグ4連覇に向けて“新井魂”を継承する選手会長へ、新井氏が熱いエールを送った。以下は対談その1。


  ◇  ◇

 -ここまでの戦いを振り返って。

 会沢「最初ちょっとつまずいたんですけど、その時のチーム状況もそこまで悪くなかったですし。5月に一気にカープらしい野球ができて、6月は低迷というか、かみ合わない部分が多いですけど、チームの雰囲気としては不安はないです」

 新井「みんな雰囲気は良さげだもんね。落ち着いてる。実際、中にいないと分からないけど、全然大丈夫」

 会沢「そうですね、逆に4月の連敗がいい教訓になってるのかなと思います」

 新井「長いもんね、シーズンは。絶対いい時と悪い時の波があるんだけど、今年はちょっと激しいよな(笑)」

 会沢「激しいです(苦笑)。ちょっと今までにはない波の大きさはありますけど、一人一人が3連覇しているという変な自信じゃないですけど、そこはあるのかなとは思います」

 新井「やっぱり経験って大きいよな。特に3連覇しているから。選手がそういう経験をしてるってのは大きいよね」

 -新井氏は低迷していた4月も必ず浮上すると言っていた。

 新井「そりゃあ上がってくる。元々力のある選手が多いし。戦力的には間違いなく優勝候補なんだし、それプラス3連覇の経験値があるんだから。4月につまずいた時も、いつ上がってくるかなとは思ったね。ただ、自分の感覚では交流戦ぐらいまでに何とか(勝率)5割ぐらいまで持ち直してくれたらと思っていた。5月はすごかったね。予想外だった。つまずいたのも予想外だし。立て直すことができたのは、それだけ力のある選手が多いから。ただ反動というか、またちょっと苦しい時期になってきてるよな」

 会沢「はい」

 新井「でも、普通にやればじゃないけど、全然大丈夫と見てる」

 会沢「僕も不安がないと言ったらウソになりますけど、やるべきことをしっかりやっておけばと思ってます」

 新井「そうだよな」

 -間もなくリーグ戦が再開する。

 会沢「まだまだヤマ場っていうのは先にあると思ってます。これからもっと暑くなりますし、ピッチャーもしんどくなってくると思う。そこで何とか打線が援護してあげられたら。僕はバッテリーなので、ピッチャーも何とか1点でも少なくと思ってます」

 新井「アツ(会沢)が言ったように、勝負の夏場がもうすぐやって来るから、とにかくケガをしないでほしいよね。今から夏場にかけてが大事な時期になってくる。ケガが一番怖いから。普段通りやっていけばいい勝負、いい戦いができると思う。ケガだけは気をつけてほしい」

 -新井氏と丸がいなくなって、今年はまた違うチームになった。

 会沢「あまり僕は感じないんですけど、柱の2人が抜けて、キャンプの時はちょっと『あーっ』ていうのはありました。だけど、シーズンが始まってしまったら正直な話、そんなことは言ってられないので。そういうのも変な話、慣れちゃったのはありますし。そこで僕とか石原さんとか、そういう人たちがいい意味で新井さんのことを見てきたんで。雰囲気作りとか、そういうところは見習ったというか、今は新井さん、丸がいなくなった不安とかは全くないです」

 新井「自分は始まる前からアツ(会沢)がキーマンだって言っていたよね。キャンプの時からずっと。年代的にキク(菊池涼)、広輔(田中)、安部とかより1つ上でしょ。その下が野間、誠也(鈴木)とかになってくるから。年代的にも、性格的にも兄貴肌というか、みんなを見られる子だから、アツがキーマンになるなと思ってたんだけど。ここまですごく頑張ってると思うね」

 (続けて)

 「今のチームは波があるけど、それでも今の位置にいるのはアツの力が大きいんじゃないかなと思うよね。グラウンド内だけじゃなしに、グラウンド外でも、いろんなところで言うべきことは言ってると思うし。そういう意味でポジションもキャッチャーで、扇の要で中心だし、アツの役割というのはすごく大きいと思うね。もちろん、バッティングでもいい場面で打っているし。グラウンドの外でも頑張ってるんだろうなあと思うよね」




引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000034-dal-base
名無しさん : 2019/06/27 09:31:22
確かに5月の“神ってる”連勝はすごかったことは事実。しかし、6月のまったく歯車が狂ったのも事実。なんとなく、「三連覇した地力があるから自分たちは強い」とおもいこんでいたら、それは間違い。圧倒的に勝っても、ギリギリでせり勝っても、一勝に変わりはない。残るのは数字だけ。6月の“数字”だけを分析し、勝利に結びつく「強さ」を追求してもらいたい。
名無しさん : 2019/06/27 09:36:14
まぁ苦手な交流戦も終わったし、大丈夫だとは思います。
ただ、本気で日本一を目指すならリーグ戦と平行してパリーグ球団のスカウティングをしっかりして欲しいし、DHに立たせる打者を作るために一塁、レフトの選手をうまくローテーション、また必ず代打に立たせるなどして、控えのDH筆頭選手は試合感覚が鈍らないようにして欲しい。
名無しさん : 2019/06/27 10:43:49
昨日の九里の気迫、みんなに伝わったと思うし、4月の落ち込みと同じだけ、交流戦で負けたから、また上昇気流が来ると思う。カープはチームが長い時間かけて上に持ってくるチームだからどうしても短期決戦は弱い。会澤の「チーム状態は悪くない」なら必ず上がってくれる。信じて応援するのみ!
名無しさん : 2019/06/27 09:13:24
オリックス戦3連敗は、明らかに采配や研究力の差を感じた。
選手だけではなくて、スコアラーや采配も頑張らなくては浮上はない
名無しさん : 2019/06/27 09:40:32
打線、特に不調の選手へのコーチングには大いに不安がある。東出と迎に優勝経験が無いからと言うわけではない。「ちょっとしたことで打者は変わる」と語っていた、かつてカープの打撃コーチだった内田氏の教えを元カープの栗原がコーチとして受け継ぎ、楽天で実践し、一軍全体の打率向上の実績を上げている。東出と迎は打順イジリや精神論ぶちまけるだけ。二人の上に実績のある3人目の打撃コーチが必要だ。
名無しさん : 2019/06/27 11:55:07
新井にコーチになってほしい
名無しさん : 2019/06/27 09:17:30
夏場の日程を見ても今年は移動距離もいつもよりハードでは無い気がする
毎年夏場に底力を発揮してるチーム
楽しみはこれから
名無しさん : 2019/06/27 12:55:40
アツが精神的な柱だと思う。打撃もチャンスに強く、スランプもあまりないので打順は5番がいいと思う。
名無しさん : 2019/06/27 11:28:00
アツの力は大きい。
というより無くてはならない選手だと思う。
名無しさん : 2019/06/27 11:09:13
残暑厳しい9月末には、みんなでおいしいビールが飲めるよ。
もちろんオレも呑む。ホント、ケガだけは気を付けて。
セーヤも元気になって欲しいね。
こないだ同期の高橋がプロ入り初打点した時、ホント喜んでたね。
高橋も必死でやってるし、みんながんばって!
名無しさん : 2019/06/27 11:35:05
會澤はこれからも長くカープで選手会長として引っ張って行って欲しい選手。今年も絶対優勝してオフはしっかり引き留めて将来の監督候補にして欲しいね
名無しさん : 2019/06/27 09:05:00
少しは不安になってもらわないと困るんだが
名無しさん : 2019/06/27 09:05:38
やりたい野球ばっかりじゃなく、パリーグのこともっと研究しなきゃまた日シリで負けるぞ。交流戦の大敗を反省しようぜ。
名無しさん : 2019/06/27 09:37:32
翼の「まだ選手は一試合もあきらめていませんから」
あの気持ちがある限り、大丈夫じゃろ。
交流戦がボロボロでも首位と1ゲーム差。5月はほんまに凄かったんじゃね。
名無しさん : 2019/06/27 09:33:06
アツの存在感は大きい。ここぞの場面の信頼感はハンパない。まさか出ませんよね(笑)
名無しさん : 2019/06/27 12:01:45
調子の波が大きい原因は何か?そこに対処ができなければ繰り返しことになる。