<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

「皆さんっ! 台湾の焼き肉屋を覚えていますか!?」

日付が変わり、11月18日午前0時10分過ぎ。皆がシャンパンファイトに酔いしれた最後、締めの言葉を任されたのは会沢翼捕手だった。この絶叫を合図に、侍戦士たちは一斉に円を作り、手をつなぎ、万歳三唱で「プレミア12」制覇を締めくくった。

ちなみに乾杯のあいさつは野手最年長でチームを盛り上げ続けた“熱男”こと松田。ではなぜ、締めの男に会沢が選ばれたのだろうか。同い年にはチームリーダー格の坂本勇がいた。1学年下にも中心選手の菊池涼がいた。ちょっと気になったので後日、本人に質問してみた。

聞けば、当初はやはり坂本勇が締める予定だったらしい。だが、シャンパンファイトの終盤、坂本勇を中心に「アツさん(会沢の愛称)、やってよ!」とけしかけられた末の人選だったという。「最初はヤダって言ったんですけどね。最後は『じゃあ、やらせていただきます』ということで」。会沢は少し照れくさそうに振り返ってくれた。

伏線は決起集会にあった。1次ラウンド開催地の台湾に入った翌日11月3日、侍ジャパンはある焼き肉屋で食事会を催した。不動の1番打者となるはずだった秋山が負傷離脱して間もないタイミング。今まで以上にチームを一丸にさせるべく、会沢はどうやら奮闘したらしい。会の終盤、自ら音頭を取り、仲間全員で手をつないでもらうことで、一体感を作り出そうとしたのだという。この一件があったから、シャンパンファイトの最後にお鉢が回って来たのだろう。

「その時は、僕自身も酔っぱらってしまっていたんでね…。カープでも何回か(手をつなぐ儀式を)やったことがあったので、いいかなと思って」

主要大会では09年WBC以来10年ぶりとなった侍ジャパン世界一。その舞台裏では「手と手のぬくもり」が絆を深めていた。【遊軍=佐井陽介】



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-11270982-nksports-base
名無しさん : 2019/11/28 11:08:23
手を繋ぐことで伝わる信頼感、安心感、一体感。
単純な行為だけど、やるべきことの1つ。
大人になるとなかなか出来ないけど、大切ですね。
會澤、ありがとう!!!!!
これからもカープを侍ジャパンを頼む!!!!!
名無しさん : 2019/11/28 12:25:01
打力、捕手としての能力は勿論だが、やはりこのリーダーシップ力とカリスマ性こそが會澤選手の一番の長所だと思う。
名無しさん : 2019/11/28 14:39:12
選手会長が田中になっても、会沢が居てくれるだけで、カープ の安心感がある。
名無しさん : 2019/11/28 10:09:11
以心伝心ですね。侍らしい。
名無しさん : 2019/11/28 10:53:01
そんな翼がカープの選手だなんて、なんて頼もしい!
名無しさん : 2019/11/28 11:19:48
頼もしくもあり、誇らしくもある存在。
名無しさん : 2019/11/28 14:49:22
会沢の洞察力、統率力は天性の才能だと思う。
目の前の相手や状況にマッチングした配慮を苦も無く出来るのは本当に素晴らしい。
名無しさん : 2019/11/28 12:33:55
侍でもスーパーあっちゃん大活躍ですね。
豪快な感じだけど、細やかな気遣いも出来る人なのでしょうね。
名無しさん : 2019/11/28 14:04:43
現代表はイチローの様なカリスマは居ないが、其の分若い選手が萎縮せずに伸び伸びやれているよね。オリンピックの前に同じ日本でスーパーラウンドと決勝を戦えたのも雰囲気に慣れるという点で良かった。
名無しさん : 2019/11/28 13:34:20
會澤、素晴らしい!

そして、どこぞの誰かわからない選手を見出したカープも素晴らしい!
名無しさん : 2019/11/28 12:15:53
国を背負って戦うものしかわからない重圧もあるはず。
名無しさん : 2019/11/28 11:09:45
オリンピックではこの中にズル休み楽天松井だけは入れてほしくない
名無しさん : 2019/11/28 13:24:46
スーパーあっちゃん発動したんですねw
名無しさん : 2019/11/28 19:35:25
アツは本当に人間としてあったかいなぁ。
名無しさん : 2019/11/28 10:27:53
山口と手を繋いだのかな。
名無しさん : 2019/11/28 12:19:45
他の人より力を込めてそう
名無しさん : 2019/11/28 12:22:11
ペナントレースは自軍。
寄せ集めのこの時こそ生きると思うけどねー。