NPBでは現在、今季からプロとなる新人選手が合同自主トレに励んでいる。ドラフト1位から育成ドラフトまで指名された順位はさまざまだが、一度プロの門を叩けばスタートラインは一緒。その後の評価は、プロとして残した実績がすべてとなる。



 もちろん、球団はドラフト1位指名選手に最も大きな期待をかけるわけだが、実際に活躍する選手は、ほんの一握り。それはメジャーでも同様で、ドラフト1巡目で入団したすべての選手が活躍しているわけではない。米スポーツ専門メディア「ザ・スポーツスター」では、「12人の残念なMLBドラフト全体1位指名と、代わりに指名されるべきだった同期選手」と題した特集記事を掲載。この“不名誉”な特集の筆頭を飾ったのが、2011年から広島などでプレーした右腕ブライアン・バリントンだった。

 バリントンは2002年ドラフトで全米1位指名され、鳴り物入りでパイレーツに入団した。193センチ、95キロの大型右腕は、先発投手として期待されながら2005年9月にメジャーデビュー。だが、先発ローテに定着しないまま、2008年途中にインディアンスに移籍すると、その年のシーズン終了後にブルージェイズへ移籍。ブルージェイズでは中継ぎに転向したが、メジャーでは4試合に投げただけ。翌年はロイヤルズで先発と中継ぎで合わせて13試合に投げたが、1勝4敗、防御率6.12と冴えなかった。

 2011年から入団した広島では、先発ローテの一角として4シーズン投げ、2015年にはオリックスへ移籍。日本では通算5シーズンで124試合に先発し、45勝45敗、防御率3.25の成績を残した。

 寸評では、2002年当時のバリントンは「一流のプロスペクトだった」と高評価。チーム再建を目指したパイレーツは「球団を正しい方向に導く選手」として全米1位指名したが、中には「“安全策をとった”と考えた人もいた」と振り返る。結局、メジャーでは通算5シーズンで1勝9敗、防御率5.62で「指名失敗だった」と一刀両断。この時、全米1位指名されるべきだった選手として、球界屈指の先発投手となったザック・グリンキーの名前を挙げた。

 グリンキーは同じ年にドラフト1巡目、全体6位指名でロイヤルズ入り。2009年に16勝8敗、防御率2.16の好成績でサイ・ヤング賞を受賞すると、昨季まで11年連続で2桁勝利を記録。ブルワーズ、ドジャース、ダイヤモンドバックスと渡り歩く中で、最優秀防御率を2度、ゴールドグラブ賞5度、シルバースラッガー賞1度、球宴選出5度を果たす一流ピッチャーとなった。

 その他、全米1位で選ばれるべきだった選手として、デレク・ジーター(1992年)、ジャスティン・バーランダー(2004年)、クレイトン・カーショー(2006年)らの名前が挙がった。選手の将来性を見極めることは、やはり至難の業のようだ。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00282264-fullcount-base
名無しさん : 2019/01/17 08:07:26
バリントンがいた頃のカープはまさに低迷期、好投しても打線の援護なく勝ちがつかないことが続いたけど、文句の一つも言わず一生懸命投げ続けてくれた。
そしてそんなカープに嫌気がさしてるんじゃないかと勝手に思っていたけど、チームが力をつけ始めていたある時、「このチームはヤンキースより強い」って言ってくれた。もちろんそんなことあるわけないけど本当にうれしかった。
マエケンがメジャーで投げる時に家族で応援に球場にも来てくれていましたね
カープを、広島の街をこよなく愛してくれた。

1位にふさわしくなかった選手だったかもしれないけど、カープファンは皆バリが大好きだったし、感謝している
名無しさん : 2019/01/17 09:47:16
そして、ここ数年はズムスタにも足を運んでくれてるナイスガイ!
名無しさん : 2019/01/17 07:19:58
でも、そのおかげでカープに来てくれて、あの厳しい時代を支えてくれた。もし、バリントンがメジャーで大活躍で、カープに来てくれてなければ、今の強いカープになるまでさらに時間がかかったと思う。だから、バリントンには感謝しかない。
名無しさん : 2019/01/17 08:45:58
肌が合う合わない水が合う合わないってあると思うんだよね。バリントンはNPBの野球が肌に合った。一方で日本の野球は肌に合わなかったけど、一度これを経験してブレイクしたブレイシアもいる。パワーピッチ出来るかが大きな分かれ目だった気もするけど、向き不向きは何の世界でもあるものだからこればかりはね。力がなければ何処に行こうが駄目なのは変わらないわけで、日本でメジャーでそれぞれに頑張って結果を残してるんだから何ら恥じる事はない。
名無しさん : 2019/01/17 08:35:35
いまの強いカープだけでなく
暗黒時代もずっと応援してきたカープファンは
マエケンとともに初CS、2年連続CSへ
大きく貢献してくれたバリントンには感謝しかない。

あれを足がかりに黒田新井の復帰によって
いまのカープは第2次黄金時代を築きつつあることを
ファンは知っている。


バリントンはカープ時代の負け数の42敗のうち、半分以上は
QSを達成してるにも関わらず、
12球団最低レベルの超貧打戦を抱えていたために負けたもの。
なのでカープバリントンの個人的評価は60勝20敗くらいのイメージ。

いまの強い打線で
楽しく投げさせてあげたかったと今でも思う。
名無しさん : 2019/01/17 13:05:04
好投こそしてたが.........

珍しく序盤に3点とか援護貰った時に限って五回もたなかったり、リード全部吐き出したり勿体ない展開を四年間続けた印象もかなりあるわ。

援護と自身の投球内容の噛み合わせが良くなかった感はあるな。

好投のイメージとは裏腹に勝ち星が思ったほどじゃないのは.........

間違いなくあの悲惨なカープを救った助っ人ではあるが。
名無しさん : 2019/01/17 10:27:54
アメリカにとっては残念かもしれないけど、カープファンにとっては「史上最高の全米ドラフト1位選手」だよ。打線が弱かった時期に柱として4年も活躍してくれたし、性格も素晴らしい。バリントンがドラフト1位だったからマエケン、バリントン、野村、大竹、福井の「ドラフト1位ローテ」が組めたのも面白かったし。

ルイスにしてもバリントンにしてもそうだけど、これまで貢献してくれた素敵な助っ人の方々をカープが優勝した2016年のビールかけに呼んでほしいと思ったのは自分だけじゃないはず。本当に感謝しかない。
名無しさん : 2019/01/17 07:40:25
グリンキーは好きな投手だし、今は大スターだけど、精神的な病気になり打者転向を本気で考えていた時期もあったくらいに伸び悩んでいました。
周囲の理解と協力が不可欠だったと思いますので、他のチームに指名されていても同じように活躍していたかと考えると、結果は分からなかったと思いますので、グリンキーの才能や努力を否定する気は全くございませんが、活躍までの経緯を軽視したちょっと短絡的な選出かと思いました。
名無しさん : 2019/01/17 07:59:41
ドラフト下位で入団して活躍した人も別の球団で環境が違えば全く使い物にならなかったかもしれないし、上位で入団して活躍できなかった人も別の球団だったらコーチなどの巡り合わせで大活躍していたかもしれない。

大金をはたいた球団が責めるのはまだ分かるけど、関係の無い記者が、頑張っても芽が出なかった選手を責めるのはどうかと思う。
名無しさん : 2019/01/17 09:09:36
バリントンに感謝してる広島ファンがどれだけ多くいることか。


来日早々活躍してくれたし、3登板に1回は相手も手がつけられないような圧倒的なピッチングを見せてくれた。

アメリカでなんと言われようともバリントンはカープにとって大切な選手の一人だ。


それに圧倒的なQS率の高さで広島の投手陣にQSの大切さを教えてくれた貢献者だと思ってる。
名無しさん : 2019/01/17 07:25:33
ウェーバー制だとしても、全体1位指名権を持つチームが一番評判のいい選手を指名するとは限らない。チームにフィットするかどうかはもちろん、指名だけしても来てもらえなければ無意味どころか痛手になりますし。かつてトップ指名有力と言われたとある投手も、バックに豪腕代理人が付いてる事を懸念されてか10位辺りまで敬遠された事もありました。
名無しさん : 2019/01/17 08:49:26
アメリカでの評価がどうであれ バリントンがカープの貢献は大きかった マエケン 篠田 福井 バリ ドラ一が先発陣を形成した時もあった 弱い時代でしたがワクワクもあった懐かしい思い出ですね
名無しさん : 2019/01/17 08:27:26
その後、インディアンス、ロイヤルズ、カープがリーグ優勝するとは、意外と優勝の種を蒔いていたのかもしれない。
カープ、試合に招待して欲しい。感謝したいファンはたくさんいる。
名無しさん : 2019/01/17 07:21:39
ドラフトはわからないから面白いと思う。
全員が活躍できるプロは無い
名無しさん : 2019/01/17 09:12:49
生涯、貴公子バリントン卿の味方だよ。

感謝しかないし、本当にナイスガイだった。
名無しさん : 2019/01/17 10:52:44
バリントンはエルドレッドと仲良しで一緒にスカイツリーを見に行ったときのツーショット写真は最高に可愛いかった。