10月17日に行われた2019年プロ野球ドラフト会議では、総勢107名(支配下74名、育成33名)の選手たちが指名を受け、プロ野球への第一歩を踏み出した。中でも注目が集まったのはやはり、佐々木 朗希(大船渡)、奥川 恭伸(星稜)ら、「ドラフト1位」の選手たちだ。

 今回は、過去10年間の12球団ドラフト1位の選手たちを振り返り、その「生存率」を見ていきたい。

近年強さを誇るソフトバンク、広島が生存率トップ


 まず、この10年間でドラフト1位指名を受けた選手は120名(東海大・菅野 智之が2年連続で1位指名を受けているが、数字の上では2名分として扱う)いるが、このコラムでは、現在も指名を受けた球団に所属する選手、MLBを含む他球団に移籍した選手、育成契約、引退の4つに分けて考えていく。

 2019年シーズンが終わり、今もなお現役のプロ野球選手として活躍しているのは109名。約1割の11名が引退しているのだ。さらに、現在も指名を受けた球団で活躍している選手は92名。約1/4が10年以内に所属を離れている計算だ。内訳としては移籍が15名、育成契約が2名に、上記の引退が11名となっている。

 この数字をさらに球団ごとに観ていくと、興味深いことが分かった。ソフトバンク、広島、日本ハムが指名した10名は全員、プロ野球界で戦い続けているのだ。指名後すぐに一軍の戦力になっている選手、時間をかけてから戦力になる選手と様々だが、近年特に強さを示しているソフトバンク、広島は、それぞれのドラフト1位戦略がある程度当たっていると言えるだろう。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00010003-hbnippon-base
名無しさん : 2019/11/02 07:15:49
高卒、大卒、社会人(含独立リーグ)とあり、難しいのは分かりますが、ブレイクまでの年数にも興味があります。

最近でいうと、高卒でも、高橋周平や高橋純平らは数年かかっているけど村上らは早いうちから出ている。

大卒、社会人で、即戦力を期待されながらなかなか活躍できない田中正義のような選手もいる。

各チーム事情もあるだろし、数値化は厳しいでしょうが、なんとか頑張ってやってもらいたいですね。
名無しさん : 2019/11/02 06:57:41
たしかにドライチの鳴かず飛ばずが数年続くとチームが一気に弱体化する感じはする

特に野手は毎年一人レギュラー級が出てきて10年でやっとワンチームだし

全滅ドラフトなんかやらかしたら、数年後にツケを払わされるのは自然の理か
名無しさん : 2019/11/02 08:41:08
野手の場合はプロに入ってからの対応力が求められる部分が大きいので、ドラフト上位じゃなくても意外と活躍している選手は多いと思います。スカウト力や育成力の差が顕著に出ますね。
名無しさん : 2019/11/02 11:30:34
投手もローテ、中継ぎ抑えと考えると10人は必要
そう考えると、毎年2人は当たりを引かないと(育てないと)いけないんだよな
名無しさん : 2019/11/02 07:50:27
生存率77%凄くないですかぁ?
個人的には、驚いています。
契約金も高く好きな野球10年(色々な苦労も多いと思いますが)。
当然ですがヤッパり、順位が下がる程に確率が悪くなるんですねぇ。
名無しさん : 2019/11/04 13:49:50
10年間生存してる率じゃなくて、去年や一昨年入団した選手も含まれてるからね。
名無しさん : 2019/11/04 19:22:56
日ハムは2003年以降、分離ドラフトのときはどちらかが残ればOKとすれば全員現役なんだよね。


糸井、ダルビッシュ、陽、吉川光夫、中田、大野と移籍先含めて現役で、中村勝が引退すると穴が空く。
2012年はダルビッシュ以外の5人が主力でそれが優勝の原動力だった。
ドラフト一位の活躍は大事だよね。
ダルビッシュ、吉川、大谷はMVPだし、中田は打点王、陽は盗塁王、糸井は出塁率一位をとった。

中村勝、斎藤佑樹があまり活躍できず、菅野が入団しなかったのは痛かった。
名無しさん : 2019/11/05 13:31:46
俺は何気に来季は左腕の堀(高卒4年目)に期待している
名無しさん : 2019/11/02 06:41:03
高卒2年でクビを宣告するようなチームには育成は出来ないと思う
名無しさん : 2019/11/02 09:22:33
生存率より、現在までに一軍戦力にどの位なったかなどの方が気になる。大して大成せずクビ寸前の選手抱えていたり、FA移籍・ポスティングでのメジャー移籍とかもあるから、現在抱えているドラ1の数だけでは何も見えてこないような気がする。単純に不良債権を処分できずにいるだけかもしれないからね
名無しさん : 2019/11/02 07:02:13
選手の能力はもちろんだが、本人の性格や指名した球団の育成方法など、目には見えないものもかなり影響してくるだろうな。
名無しさん : 2019/11/02 09:28:37
特に、即戦力として期待したドラ1投手が働かないと、2~3年後ダメージが大きくなる。
名無しさん : 2019/11/02 07:24:49
横浜は10年で見ると、その結果だろうが、昨年迄の直近5年だと、ヤスアキ、今永、濱口、東、上茶谷。
多分、最も成功しているチームといってもいい。
名無しさん : 2019/11/02 11:10:54
松本
名無しさん : 2019/11/02 14:40:03
ヤスアキと今永くらいでそれ以外はルーキーの年だけのイメージ。上茶谷がそうならないように願うわ。
名無しさん : 2019/11/05 13:33:20
細見(希望枠)とか秦とかの頃は悲しかったな
名無しさん : 2019/11/02 09:21:02
ドラ一が生存しているからチームの強さに直結するわけではないとは思う。
相手があっての「強さ」という指標の中では「下克上率」も考えないと、ドラが二位以下の選手で活躍している率が高い球団もある。
あくまで理想のドラフト一位選択が出来た球団としての評価でいいと思う。
名無しさん : 2019/11/02 11:27:36
阪神の暗黒時代は伸び代の無い即戦力ばかり獲ってたから、
ドラ1すら出て来なかったからなー。
ノムさんが素材型を獲る様に言ってから、
やっと出て来る様になった。
今年はほとんどの球団がノムさん的に理想のドラフトだし、数年後が楽しみ。
名無しさん : 2019/11/02 06:46:52
残っているのと活躍するのは違うだろう。
名無しさん : 2019/11/02 14:40:40
ドラ1は切っちゃうとスカウトがかなり苦労するらしい。
名無しさん : 2019/11/02 10:31:54
カープは、2011〜2013年でドラフトで成功したら今があるんだと思う。少しずつで始めてるけど16年の素材型、17〜18年の高卒中心ドラフト入団の育成をミスるとかなりヤバイ
名無しさん : 2019/11/02 12:41:17
入ってしまえば順位は関係ないといいながらも、やはりドラ1は凄いと思った。
名無しさん : 2019/11/02 06:43:29
ソフトバンクは即戦力より数年先の活躍を見越した獲得がドラフト戦略にあった事が大きい。田中正義みたいに全く1軍の戦力になっていない例外もあるけど…。
名無しさん : 2019/11/02 07:53:45
田中も怪我持ちだったから即戦力ではなかった。
まぁそろそろ一軍にこれなきゃまずいけど。
名無しさん : 2019/11/02 14:41:35
山下斐紹とか
名無しさん : 2019/11/02 07:21:23
どうせなら各球団の内容知りたかった
名無しさん : 2019/11/02 11:02:43
TBS晩年の北方から3年連続でドラ1を主力にできなかったのは痛いが、
DeNAになってから、それ以前のドラ1(筒香、田中、須田ら)が主力に成長したり、それ以降のドラ1が毎年1年目から活躍しているから有難いね。
名無しさん : 2019/11/02 11:49:04
斎藤佑樹は特別扱いで残っているだけで、本来なら数年前に解雇されている選手だと思います。
名無しさん : 2019/11/02 07:58:49
ドラフト1位が活躍しなくても2位以下が活躍すればそれでいいと思う。
柳田、誠也、秋山、丸、大島、則本、ライアン、青木、山本由伸、ちょっと思い浮かべただけでもポンポン出てくる。
名無しさん : 2019/11/02 07:11:45
過去10年で最低のドラ1は賭博でクビになった松本竜か当て逃げの柿田
名無しさん : 2019/11/02 14:46:38
ダントツで松竜だよ
名無しさん : 2019/11/02 08:23:16
直近のドラ1が切られてたら逆に問題でしょう(苦笑)
名無しさん : 2019/11/02 10:28:17
まあさいてょさんも生きてるしなぁ。