広島が球団初のリーグ3連覇を成し遂げた。1979、80年の前回連覇時は、今年4月に亡くなった衣笠祥雄さんと山本浩二氏(71)らが主軸を張った第1次黄金期。78年から3年間在籍し、日本シリーズ連覇にも貢献した江夏豊氏(70)が祝福の言葉を寄せた。


 カープのリーグ3連覇をOBのひとりとして祝福したい。生え抜きで固めたチームは、ファンの心をつかんでいる。緒方監督の手腕も素晴らしい。

 私が広島に在籍したのは短い期間(78~80年)だが、嫌な思い出はひとつもない。79年は初めて優勝というものを味わえて、日本シリーズでは「江夏の21球」という野球人生でまたとない経験をした。80年も連続日本一を勝ち取れた。

 だからこそ、3年間お世話になって、出て行くとき(日本ハムにトレード)には寂しかった。そのとき、今の松田元オーナー(当時は東洋工業に在籍)、失礼ながら当時と同じ呼び方で呼ばせてもらうとハジメ君にかけてもらった言葉を、38年たっても覚えている。「江夏さん、ゴメンね。オヤジ(当時オーナーの故・松田耕平氏)に力がないからね」と。そう言いながら、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」をプレゼントしてくれた。

 2週間ほど前、球場で話をする機会があったが、やはりチームへのまなざしが温かい。これは広島の伝統と言える。私が在籍していたときは月に1回、オーナー食事会というのがあった。いつも焼き肉で、一番はしゃいでるのがオーナー。横で奥さんがケラケラ笑っている。あの家族的な雰囲気は他球団ではまずない。主力であろうが控えであろうが、自分の孫のように接していた。

 豊富な練習量で培った強さも、我々の時代と変わらない共通点だ。決してスマートでもなければ、うまくもない。だが、納得するまで練習する。私がいた頃は高橋慶彦が一番練習していた。キャンプでは毎日、上から下までユニホームが真っ黒。今で言えば、新井も妥協のない練習ではい上がった一人だ。その姿を見てきた後輩たちも練習に打ち込む。プロ野球選手はみんな野球が好きだけど、カープは特に野球の好きな人間が集まっている。そういうチームカラーが脈々と続いている。

 ぜひ34年ぶりの日本一を勝ち取ってほしい。頂点に立てば、さらにチームは強くなる。サチ(故・衣笠さん)にも、神様がもうちょっと時間をくれれば、後輩たちの雄姿を見られたのに…。だが、それは言うまい。よく頑張った。病気が分かったときは余命1か月だったのが、3年半も頑張ったのだから。まさに鉄人だ。日本シリーズを制し、生涯、カープを愛した親友への最高の供養としてほしい。(談)

 ◆坂の上の雲 伊予松山出身の青年3人を中心に、明治維新から日露戦争まで近代日本の誕生にかけた人々の姿を描く長編小説。司馬遼太郎の代表作の一つで、テレビでドラマ化もされた。

 ◆江夏 豊(えなつ・ゆたか)1948年5月15日、兵庫県尼崎市出身。70歳。大阪学院高から66年ドラフト1位で阪神入団。68年にプロ野球記録のシーズン401奪三振。71年の球宴で9者連続奪三振。76年に南海に移籍し、その後、広島、日本ハム、西武を渡り歩いた。85年に米大リーグ・ブルワーズの春季キャンプに参加したが、契約に至らず現役引退。通算829試合、206勝158敗193セーブ、防御率2.49。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000042-sph-base
名無しさん : 2018/09/27 06:53:47
衣笠にもう少しだけ生きていて欲しかったね。衣笠も西城秀樹も災害で亡くなられた方も昨日の胴上げを天国から見てくれた事でしょう。でも、まだ終わりじゃないよ。今年は必ずもう一つのでっかい旗を獲るから、しっかり見てて下さい。
名無しさん : 2018/09/27 06:41:59
>日本シリーズでは「江夏の21球」という野球人生でまたとない経験をした。

その試合では、9回裏の守備のときに、江夏さんにはベンチがリリーフ投手を準備していたのが見えてカッカときていたそうだ。
そのとき、ファーストの守備位置から衣笠さんがやってきて、一声かけて江夏さんの心を鎮めた。
それがあの「江夏の21球」につながった。
バッテリーを組んだ水沼さんのスクイズの見破りも見事だった。
名無しさん : 2018/09/27 11:43:51
私もライブで見ました。
当時は中学生でした。関西在住ですし、西本監督は後の母校(和歌山中学→県立桐蔭高校)の先輩になる環境でしたから、近鉄目線で見てましたが、そういうのを飛び越えて、「野球って面白いな」って感動したのを覚えています。

野茂選手が近鉄消滅の時に「野球の歴史の積み重ねていく価値が軽んじられてる」趣旨のコメントを出されていましたが、この場面はまさしく歴史の貴重な1ページだと思います。
名無しさん : 2018/09/27 14:01:03
その時、
衣笠選手が江夏投手にかけた言葉は
「お前の気持ちは分かる。ベンチもブルペンも見るな。辞める時は俺も一緒に辞めてやる!」
だったそうです。

で、江夏さんは
(何でこいつが辞めなあかんのや)
と逆に冷静になれたそうです。しかも、意気に感じながら。

これ以上ないアドバイスだったんでしょうね。
名無しさん : 2018/09/27 07:00:22
今でもたまにナンバーが出した江夏の21球のビデオを見ると興奮する。
近鉄ファンでも広島ファンでもないが野球ファンとしてはたまらない試合だった。
広島もあの時が初の日本一。

球場が江夏にとっては地元みたいな大阪球場で雨の中で自然に沸き起こる江夏コール。アナウンサーの「最後踏ん張りました江夏!」は文字にするとありきたりだが、あの歓喜の映像と合わせると鳥肌がたつ。
名無しさん : 2018/09/27 08:46:07
プロ野球は巨人だけじゃない時代の幕開けだったね!
名無しさん : 2018/09/27 08:53:35
鯉党40年余の五十路の自分がなぜずっとカープを応援してきたか

強くなるために嘘偽り無い猛練習をする伝統が続いているから

たとえ結果が伴わない厳しい時代があっても12球団一の練習量を誇るチームであり続けたから

衣笠さん!あと少しで日本一になります!天国で見守ってて下さい!!
名無しさん : 2018/09/27 08:23:41
江夏の21球は散髪屋でラジオで聞いていたが
本当に終わったと思ったけど聞きながら随分興奮した。野球はまだ熱かった。

そのあとこれを文章にした山際さんももう故人だ。
時間が過ぎるのはあまりにも速い。
名無しさん : 2018/09/27 07:27:39
江夏さんのカープ愛がひしひしと伝わりました。ありがとう。
おめでとう。
これからもカープをサポートして下さい。
名無しさん : 2018/09/27 06:38:18
34年ぶり、日本一へ

チーム一丸となり、頑張ってほしい
名無しさん : 2018/09/27 08:40:33
衣笠さんに3連覇、日本一を見せてあげたかったな、衣笠さん天国から応援して下さい選手も
衣笠さんの墓前に必ず日本一の優勝旗を持って来るはず
名無しさん : 2018/09/27 07:56:44
カープの栄誉を称えるとともに、衣笠さんに感謝もいいたい
名無しさん : 2018/09/27 09:07:48
本来はこの瞬間に立ち会って欲しかったが、仕方ない
今年はこのまま優勝だろっていう雰囲気になるのもかなり早かったから、せめてそれまでは持ちこたえてもらいたかった
名無しさん : 2018/09/27 06:39:30
衣笠さんも喜んでるでしょう。
日本一、勝って欲しいな。
名無しさん : 2018/09/27 08:41:49
こんなに素晴らしいお友達を持った衣笠さんがうらやましいです。
名無しさん : 2018/09/27 08:51:40
当時のカープは山本浩二が中心。そこに親分肌の江夏が入っても難しかったらしいね…。もしもよく年も江夏がいたら三連覇は固かったね!
名無しさん : 2018/09/27 11:54:33
広島県人が羨ましい。野球にサッカーに、スポーツ観るのが、楽しいだろうな。
名無しさん : 2018/09/27 07:50:44
いまのカープと江夏がいた79.80年の連続日本一当時のメンバーがいま戦ったら、果たしてどちらが強いか(ー ー;)
名無しさん : 2018/09/27 10:31:36
江夏さんも、「野球人生で、一番楽しかったのは、広島時代」と言ってたね...
名無しさん : 2018/09/27 06:40:51
衣笠も喜んでるよね。
あの時は2連覇。今回は3連覇。

是非日本一に!!
名無しさん : 2018/09/27 08:53:26
今でも、衣笠さんの話を聞くと泣けてくる。
名無しさん : 2018/09/27 08:27:38
鼻の奥がツーンとなったよ。