広島の丸佳浩外野手(27)が9日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で自主トレを公開した。リーグ連覇と33年ぶり日本一へ向けて、“フォア・ザ・チーム”の精神を強調。昨季の新井にならい、得点を奪うためなら自己犠牲を払う覚悟を示した。リーダーとしての自覚をさらに強く持ち、今季もチームを勝利へと導いていく。

 新たな頂を目指した戦いが始まる。全員で思いを共有して歩む道のり。山あり谷ありのシーズンを乗り越えるため、丸が強調したのは“フォア・ザ・チーム”だ。安打が出なくても、勝利をもぎ取るための1点を奪いにいく。

 「得点圏打率とか、意識はしていない。例えば1アウト一、三塁ならゴロでも良い。自分の成績は上がらないけど、点が入るならOK。ノーアウト満塁でも(同じ)。ゲッツーでも点が入ればいい。つないでいく意識です」

 昨季の得点圏打率は・277。好機での適時打は、チームに上昇ムードをもたらす。だが、たとえアウトになったとしても得点は可能だ。昨季はチーム打撃に徹したり、進塁打を放つなどしたりして、積み上げた得点が勝利を呼び込み、25年ぶりリーグ制覇につながった。大きくなくても、着実な一歩。その重要性を再確認した1年でもある。

 その象徴が新井だ。昨季のMVPは状況に応じて臨機応変な打撃に徹した。「追い込まれたときは、グシャッという打撃をしてでも進塁させていた。良い手本を見せてもらったし、僕らも感じるものがあった。そういうふうにやっていければ」。勝利のためなら自己犠牲をいとわない背中を見続けてきた2年間。刺激を受けないはずはなかった。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000020-dal-base

 もちろん、個人成績が向上すればチームの勝利に直結する。あえて言葉にはしないが、4年連続の全試合出場を最低限の目標に、昨季の打率・291、自己最高となった20本塁打、90打点を超えるなど、打撃全項目でのキャリアハイを見据える。通算100号まで残り15本だ。この日は、約1時間のマシン打撃で汗を流した。昨季から微調整する打撃フォームは、春季キャンプで実戦を重ねて完成させる予定だ。

 「リーグ連覇と去年最後に達成できなかった日本一を何とか取りたい。ただ、優勝したけどチャレンジャーの気持ちでやっていきたい」。今季もカープの中心には丸がいる。節目のプロ10年目。先頭に立ち、悲願への道筋をつける。
名無しさん : 2017/01/10 08:18:11
今年も頼んだ。
名無しさん : 2017/01/10 07:40:05
今年も3番を打つなら、ケースバッティングをして、相手に嫌なバッターになってほしい。
名無しさん : 2017/01/10 07:46:46
丸、今年も応援しているぞ!
名無しさん : 2017/01/10 07:11:17
もはや、チームの中心選手。
丸が打てばチームに勢いをもたらすので今年は去年以上に打ちまくって欲しい。
名無しさん : 2017/01/10 11:05:24
菊池や鈴木ほど目立たないんだけど広島の中心は全試合で3番を務めた丸だと思う。その丸に慢心がないことはチームとして凄く引き締まる。
名無しさん : 2017/01/10 08:40:47
なんだろう、本当にかっこいいです。
名無しさん : 2017/01/10 09:02:09
ヒットを打った後の爽やかなドヤ顔が好きです。新井さんほど派手なパフォーマンスではないけれど(笑)今年も楽しみにしています!
名無しさん : 2017/01/10 08:07:17
連覇を達成する上でのキーマンのひとり。若い選手が多い中で引っ張って欲しい
名無しさん : 2017/01/10 07:02:37
オリックス戦で誠也がサヨナラホームラン打った1試合目、2点負けてた9裏ツーアウトから、追い込まれても粘って逆らわず打った、ルナの同点打につないだヒット。
去年は途中から強引さが目立ったので、決めにいくのもいいけども、丸にはああいうヒットを数多く見せてもらいたい
名無しさん : 2017/01/10 11:07:28
そうなんだよね。鈴木や新井が目立つんだけどその前に必ずと言っていいほど丸の貢献がある。