広島からドラフト3位指名された智弁和歌山・林晃汰内野手(18)が15日、和歌山市内のホテルで契約金4500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結び、プロでの目標を「本塁打王」と掲げた。

 幼少時から実家の農作業を手伝い、地道な鍛錬で鍛え上げてきた肉体は既にプロ級。恵まれた体と伸びしろの大きい技術に磨きをかけ、目標を現実へと近づける決意だ。

 既に視線は未来へと向けられていた。目標を問われた林は「本塁打王」と即答した。「ホームランが自分の理想の形。自分の長所で一番になりたい」。高校通算49本塁打。天性の長距離打者はフルスイングと強い芯を武器にプロの世界へと歩み出した。

 1メートル82、88キロ。自己申告によれば、胸囲は約1メートルで太腿回りは60センチを超える。立派な肉体は農作業によって作り上げられた。実家は和歌山県岩出市で花農家を営み、幼少時から父・光彦さん(52)の運搬・包装作業を補助。40アールの広大な土地で重い花束を運び、屈伸運動も繰り返してきた。「高校に入るまでは、ほとんど筋トレをしたことがありません」。まさに天然ものの体。技術はもとより、伸びしろ十分だ。

 実家はキンギョソウの栽培、卸をメーンとするが、花以外にも野菜も作っている。「買っているところを見たことがない」と言うだけに、野菜に関しては完全に自給自足。本人が意識しないところで「食育」の環境も整っていた。母親の作る八宝菜が大好物で、自らも料理レシピサイト「クックパッド」を見ながら、料理にも挑戦する。光彦さんは「彼が一番、作業を手伝ってくれたし、米の炊き方は家族で一番うまい」と言う。飽くなき探究心、そして器用さもプロの世界で活躍するための資質と言える。

 理想とする選手は広島・丸。今季39本塁打の長打力に加え「率も残しておられるので」と万能性に憧れた。「これまではホームランの打ち損ねがヒットという感覚でした。そのスタイルは崩したくないと思います」。キンギョソウの花言葉は「おしゃべり」など。林自身は普段から口数の多い方ではないが、野球に関しては違う。素質豊かな金の卵。フルスイングで雄弁に語ればいい。(桜井 克也)

 ◆林 晃汰(はやし・こうた)2000年(平12)11月16日生まれ、和歌山県出身の18歳。小1から岩出ヤンキースで野球を始め捕手。中学時代は紀州ボーイズに所属。智弁和歌山では1年春から三塁手でレギュラー。2年夏、3年春夏に甲子園出場し、3年春は準優勝。高校通算49本塁打。1メートル82、88キロ。右投げ左打ち。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000035-spnannex-base
名無しさん : 2018/11/16 06:17:15
育てるのが難しいタイプの選手と言われてるが
その分可能性を多く秘めている選手。
それを生かすも殺すも彼自身の努力とカープの環境しだい。
やっと智辯和歌山らしい選手がプロ入りしたなという感じがする。
本塁打王期待してるでー
名無しさん : 2018/11/16 06:12:08
楽しみな選手。後はプロで必要な基礎体力・基本動作をしっかり身に付け将来は三塁を任せられるような選手になって欲しい。期待しています!
名無しさん : 2018/11/16 06:40:25
素晴らしい球団に入れたと思います。大いに成長してください。
名無しさん : 2018/11/16 06:56:47
変にまとまらず、スケールの大きい選手になってほしい。そういう選手も必要です!
名無しさん : 2018/11/16 11:03:14
タイプで言えば松山かな、
もっと言えば筒香のように育ってほしい。
名無しさん : 2018/11/16 07:51:51
良い環境で育って、良い球団に入ったのだから一本ずつホームラン打って行って下さい、、。
名無しさん : 2018/11/16 11:53:42
衣笠祥雄みたいになって欲しいくらいの面白い存在だと思います
名無しさん : 2018/11/16 08:36:46
応援してます!
がんばって〜︎
名無しさん : 2018/11/16 12:45:07
ナイス記事!
名無しさん : 2018/11/17 05:12:32
頼もしいね
名無しさん : 2018/11/16 14:54:31
5年後は、3番小園、4番誠也、5番林のクリーンナップとか妄想してしまいます。