元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そして元同僚の広島・鈴木誠也外野手についても語っている。


 ヘーゲンズは2016年に広島に加入。50試合に登板(6先発)して7勝5敗、防御率2.92の好成績を残し、25年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。だが、2017年は11試合の登板にとどまり、防御率6.60と苦戦。チームはリーグ連覇を達成したものの、貢献することはできず、シーズン後に自由契約となった。

 今季はダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、米球界に復帰。3Aリノ・エーシズで12試合に登板(7先発)し、2勝3敗、防御率6.75とまだ波に乗れていないが、日本球界での経験を生かして4年ぶりのメジャー復帰を目指している。

 ヘーゲンズが来日した2016年、広島とともに日本球界の話題の中心となっていたのが、日本ハム(当時)の大谷だった。投手として21試合登板(20先発)で10勝4敗1ホールド、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点という衝撃的な成績を残し、パ・リーグのMVPを獲得。ヘーゲンズが所属していた広島は日本シリーズで日本ハムに敗れ、日本一を逃した。

 二刀流右腕の印象について、ヘーゲンズは記事の中で「日本に着いた時に、彼のことを聞いたよ。彼は日本のスターだから、気をつけないといけない、と言われた。彼のスイングはいつも良かった。彼にも弱点はあったが、他の良い打者と同じように、こちらがミスをすると打つ。投球が意図したように変化せず、スポットをミスすると、打つ選手なんだ」と語っている。失投は許されない好打者と見ていたようだ。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00138457-fullcount-base
名無しさん : 2018/06/17 09:12:24
鈴木誠也の肩は今のNPBではナンバーワンかな。
ゴツくは見えないが体格も凄いし、メジャーでもそれなりに活躍出来ると思うけど、怪我前と比べると未だ本調子じゃないのかな…
名無しさん : 2018/06/17 07:43:31
以外に気が短いところも好き。
確かに体はメジャー級だね。
名無しさん : 2018/06/17 10:53:33
打つ方と肩だけならヘーゲンズの言う通りかもしれない。
ただ、彼が帰国して怪我して、走塁意識と守備力はかなり変わってしまった。
ヘーゲンズはそれを知らない。
今のままではメジャーなど行けない。
名無しさん : 2018/06/17 08:27:52
挑戦してみtら?通用するかどうかはともかく、やってみtら面白いことになりそう。
名無しさん : 2018/06/17 10:55:53
その気になるからやめてくれ。お世辞もうまくなった。
名無しさん : 2018/06/17 07:21:00
ここ2、3年で体重が10キロほど増量
身長ー体重が90切った。それでそこそこ走れる。
体つきがメジャー仕様
名無しさん : 2018/06/17 08:33:32
わりと本気で彼に戻ってきてほしい。
名無しさん : 2018/06/17 08:19:10
他に目に付いた選手も聞きたいね。
名無しさん : 2018/06/17 07:18:36
この間交流戦を観に行ったけど、鈴木誠也1人だけ日本人で体がメジャー並で棍棒を振り回してるように見え威圧感が半端なかった(笑)
名無しさん : 2018/06/17 07:50:47
右の外野手でメジャーで活躍した選手はいない。田口ぐらいか。
というか、右打者でスラッガーとして活躍した人はいない。
ライトフィルダーで肩の強い右のスラッガーは腐るほどいるからね。
名無しさん : 2018/06/17 07:17:34
今ならカープでリリーフ陣の救世主になれるよ。
復帰して欲しい。
名無しさん : 2018/06/17 16:55:33
俺ヘーゲンズ大好きだった
打たせて取る大人のピッチングだった
2年目が残念っだったけど
カープらしい助っ人だったよ
名無しさん : 2018/06/17 08:42:58
とりあえず、ヘーゲンズには帰ってきてもらおう。あ、向こうでもいまいちの成績なんだ・・・。
名無しさん : 2018/06/17 07:14:01
脚を怪我してからは、
精彩を欠いているけどね。