◇全日本大学野球選手権大会1回戦 広島大3―8東北福祉大(2018年6月12日 東京ドーム)

 35年ぶり3度目出場の広島大(広島六大学)は大会初勝利が遠かった。東北福祉大(仙台六大学)に3―8で敗戦したが、確かな爪跡は残した。5点を追う4回無死一塁から5番・捕手で先発した国政隆吾主将(4年=松山東)が中堅左へ2ランを放った。

 今春17季ぶり12度目のリーグ優勝を飾った原動力が最速148キロ右腕の中田朋輝投手(4年=宇部)だ。今春は6勝2敗、防御率0・89の好成績を残し、チームを全国舞台へ導いた。「チームとしてこの大会で1勝もできていないので、勝利につながる投球がしたい」。2回に3本の単打を浴びて先制を許すと、3回には4本の長短打を浴びて4失点。序盤の大量失点が響き、6回を被安打13の8失点で降板した。

 昨年は春秋ともに最優秀防御率賞とベストナインを獲得。今春はMVPを加えた3冠に輝くなど、リーグを代表する絶対的エースだ。プロからも注目を浴びる背番号11は通算23勝(13敗)を誇る。「神宮で150キロを出したい」。国立大の星は敗戦を糧に雪辱の秋をにらむ。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000086-spnannex-base
名無しさん : 2018/06/12 12:01:31
20年以上前の卒業生で、いま仕事でアメリカに赴任中です。
異国の地で、このニュースに出会えて感動しました。タイトルも広大目線でありがとうございます。
これからも応援します!
名無しさん : 2018/06/12 11:54:14
グランドに立てば全員がイーブンなので勝負の結果は残念ですが、国立大のチームが、学業との両立を成しながら、よく全国大会に出場し堂々と戦ってくれました。普通の人間の私に夢と希望をありがとう。
名無しさん : 2018/06/12 12:03:30
全国出場そのものが素晴らしい栄誉です!
出身校からも,高校時代から文武両道で励まれていたことがわかります!
広島県人として,大学OBとして,本当に心から感動と今後のますますのご健闘をお祈りします!
胸をはって広島に帰り,また,文武両道に励んでください!
名無しさん : 2018/06/12 12:28:24
善戦したと思う。
また秋に!と雪辱を誓うところがいい。
近年、「強豪校」に入り、全国を目指すことだけが野球少年たちの指標になっている中、こうして学生の本分である学業を忘れないチームや選手が、全国で手本を見せてくれるのは大変に喜ばしい。
学生スポーツはやはりこうであるべきだ。
過剰な、あるいは、抜け道可能な特待制度をもう一度見直す必要があると思う。
名無しさん : 2018/06/12 13:23:20
広大、ノンプロ相手に頑張った!
名無しさん : 2018/06/12 11:57:25
秋は勝てるように頑張って下さい
名無しさん : 2018/06/12 12:21:29
正直、もっと得点差がつくと思った。
大健闘でしょ!
名無しさん : 2018/06/12 12:33:19
俺も(笑)中田君がいくら良くても東北福祉相手に9回持つとは考え辛かったので、2番手以降は火だるまかと思いきや中田君も攻略されたね。でも、その後は結構頑張ったみたいで、点差は有れどちゃんと試合になってよかった。
嫌みでなくて、よくやったと思うよ。
名無しさん : 2018/06/12 12:32:41
彼らの背中を見て、「俺も広大で野球をやろう!」と志す球児が増えるでしょうね。素晴らしい戦いぶりでした。
名無しさん : 2018/06/12 12:15:33
秋にもう一回チャンスがある!
頑張れ!!!
名無しさん : 2018/06/12 11:56:41
文武両道。
これが大学生の部活動の基本である。
日大アメフト部はじめ、全国の有名私大で横行している
脳ミソ筋肉系のスポーツバカを特待生で入学させて、
宣伝に利用するのは完全な誤りである。
そのような推薦入学制度は、即時、廃止すべきである。
大学は学問を行う場であり、部活動はあくまでも課外活動である。
主客転倒も甚だしい。