コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ4位の広島東洋カープ。




12球団唯一全ての開幕投手が勝ち越し

  2015~2019年の5年間、広島の開幕戦先発マウンドに上がったのは前田 健太(現・ツインズ)、ジョンソン、野村 祐輔、大瀬良 大地の4人。

 2016~2018年の間、セ・リーグを3連覇するなどここ数年は強さを見せつけてきた広島だが、その順位と開幕投手の成績は必ずしも一致していないようだ。2015年には前田健太が、2019年には大瀬良大地が二桁勝利を挙げているが、どちらの年も4位に終わっている。前田に至っては1年間ローテーションを守り、200投球回をクリアし、さらに最多勝も獲得したにも関わらずである。2016年はジョンソンが15勝を挙げエースとしてチームを優勝に導いているが、2017年のジョンソン、2018年の野村祐輔は二桁勝利に届かなくてもチームは優勝することができた。

 勝ち星に目を移すと、5年間で54勝を挙げており、これは巨人の59勝に次いで12球団2位の数字だ。さらに、5人全員が勝ち越しており、これは12球団唯一のこと。広島の開幕投手(=エース)は多く勝つだけでなく、「負けない投手」であるとも言える。黒星が少ないだけなら単純に登板数が少ない可能性も出てくるが、平均すると約23試合に登板しており、これはちょうど12球団の平均と一致する。また、投球回については平均約151回と、12球団平均の145回を先発1試合分ほど上回る。それだけ広島の開幕投手たちは、年間を通して「ローテーションを守って、長い回を投げ、負けない」投手だということだ。



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010008-hbnippon-base
名無しさん : 2020/03/28 18:39:51
大瀬良は15勝は絶対ノルマですよ、エースピッチャーと呼ばれるならば。

公式戦開幕が不透明な上に、レギュラーシーズンの試合数が減る可能性は有りますが、昨年以上の実績を期待してます
名無しさん : 2020/03/28 18:43:14
今年はどうだろうか?大瀬良とK.ジョンソンの2桁は期待できそうだが
野村、九里は厳しそう。森下が今のところ期待値はあるかな
それよか開幕予定日に開幕できるかどうかの方が心配だな
名無しさん : 2020/03/28 20:36:15
今年は分母が少なくなるかもしれないから、一概に比べられないかもね。早く落ち着いて、プロ野球が観れることを祈るばかり。
名無しさん : 2020/03/28 20:31:11
2013年二桁カルテットなんて呼ばれてた時もあったけど5番手6番手と中継ぎが絶望的だったな。
名無しさん : 2020/03/28 19:35:18
多少打たれもいい。

勝負して勝った負けた。
その結果ならファンも納得する。

ビビってカウント悪くして、歩かせて打たれて負ける。
これが最悪。