2年連続でセ・リーグを制覇した広島東洋カープ。強さを支えるのは抜群の育成力がまず挙げられるが、故障者と離脱者の少なさというものも大きな理由の1つだろう。

 実際に、緒方孝市監督は昨シーズン中、「うちはトレーナーがしっかりやってくれているから」と証言していた。大きな故障者は8月23日のDeNA戦(横浜)でフェンス際のジャンピングキャッチで着地時に右足首を骨折するアクシデントに見舞われた鈴木誠也くらい。肉離れなどの筋肉系のトラブルはほとんどなかった。

 なぜ、広島は怪我人が少ないのか。赤ヘル軍団のコンディションを緻密に管理する石井雅也ヘッドトレーナーに説明してもらった。

「私がこの仕事をやってきて、一番うまくいったことはトレーナーの組織作りだと思います。ストラクチャーを作ることです。結局、僕らトレーナーは一人で仕事をしても、できることは限られていると思います。それよりも色々優秀な人たちを集めて、システムに当てはめる。その仕組みに適合する人に続けてもらう。その組織作りが上手くいったことで、コンディショニング部門がうまく回り始めたと思います。まずは人材を取ってくるところから。そしてハード面は何億円もかけて施設を作ってもらった。やり始めたらここ何年かグッと選手のケガが少なくなってきました」

 日本プロ野球トレーナー協会会長も務めている石井氏はこう語る。2000年から主力選手に故障者が続出した広島。治療のみならず、故障を防止するための抜本的な改革を求めた同氏は競技の垣根を越えて現場を視察し、トレーナー組織の拡充に動いた。MLBなどアメリカスポーツ界の最前線でトレーナーとして活動していたスタッフも招聘。本拠地マツダスタジアムは最新式のトレーニング施設がフル稼動し、大野練習場のリハビリ施設も改装した。

 昨年もMLBテキサス・レンジャーズやアメリカの最先端医療施設を視察。トミー・ジョン手術の現場にも立ち会うなど、治療家としての研鑽を今でも重ね続けている石井氏は広島のトレーナー陣のシステム作りの成功が故障者の少ない理由として挙げている。



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00110626-fullcount-base
名無しさん : 2018/03/06 21:45:12
緒方の怪我に対する意識も働いてると思うわ。
この記事の中での、以前は多かったと言われる故障者の内のまさにその1人だったわけで。怪我とその後の苦しみをよく理解している監督。だからトレーナーの判断は今カープでもかなり大事にされているみたい。
以前は怪我したら見放すような監督や病み上がりの投手をいきなり勝ちパターンやローテに入れるようなコーチもいた。大怪我からのリハビリ真っ最中なのに「尻を叩いてでも復帰させる」と言って、案の定怪我が再発して更に長期化した例もあった。
暗黒期の要因はそういうところにもあったんだろうなぁ。ホント、トレーナー様々です。
名無しさん : 2018/03/06 23:07:52
石井や河田も去年までカープにいたけど、ここまで怪我人が多いとは驚いただろうね
名無しさん : 2018/03/07 19:18:43
暗黒期の

カープの支柱だった前田さんの実例が

遠回りして怪我を回避する事に貢献してたのかもね
名無しさん : 2018/03/06 21:26:05
この話をヤクルトの球団幹部が聞いたら、どう思うだろうね。
名無しさん : 2018/03/06 22:16:50
20年くらい前のカープもヤ戦病院状態だったしな
その経験あったればこそだね
名無しさん : 2018/03/07 00:10:42
多分言うは易く行うは難しなんでしょうね。タクローさんとか理屈が分かってる人が入っても、球団あげて意思統一できるかというとまた別の問題のような気がします。
名無しさん : 2018/03/07 02:20:25
タフマン飲めば治る
名無しさん : 2018/03/06 21:27:52
ヤクルトって怪我ばかりだけど、本業に影響してないのかな…。
名無しさん : 2018/03/06 21:52:00
ヤクルトって、健康に貢献するのが企業理念だが、選手自らが不健康。
名無しさん : 2018/03/07 00:04:50
腸内は健康だから…
名無しさん : 2018/03/06 21:27:41
ブラウン監督の功績も多いよ
あの人はベース投げで1番有名だったけど何かと内外で慕われてた。
面倒見も良いから選手達とお互いにイタズラとかいじり合いしてたエピソードもある。前なんか特別待遇とかでなく1人のファンとしてカープの試合をプライベートでチケット買って友人の人と一緒に観に来てたし
ブラウン監督が今のカープの基盤を作ってくれたと言っても過言じゃないね間違いなく
名無しさん : 2018/03/07 01:54:34
その前の監督とその前の前の監督はダメなのか?
名無しさん : 2018/03/07 07:19:59
達川はコーチとしては優秀。山本は…。
名無しさん : 2018/03/07 17:02:08
山本さんは選手としては広島最優秀・・・
冗談はともかく選手からの慕われ方を見ると、優秀なコーチ陣がいて彼らに任せられていたら名監督もありえたかも。まあその前提が難しいですね。
名無しさん : 2018/03/06 23:02:11
ここ最近のカープ躍進は、スカウトやコーチの影響が大きいと思われがちですが、一番は、ケガ人が本当に少なくなった事です
選手層が厚くなったのもありますが、前は、ちょっと痛くても無理して出て、結局、戦線離脱した選手が多かったです

数年前から、フロントとトレーナーが一体になって、ケガのケアをしてきた結果だと思います

今後ともいい事は続けて、新しい事も取り入れてほしいです

もっと、こういう方にスポットが当たってもらいたいです
名無しさん : 2018/03/06 21:53:31
チームの優勝は選手達の活躍以外に、色々な人達のサポートがあってこそ。今年もチーム一丸で3連覇達成させよう。
名無しさん : 2018/03/06 21:32:28
昔からトレーナーはしっかりしてたよね。
福永トレーナーとか。
名無しさん : 2018/03/06 21:46:23
行きつくところは、このチームはサラリーマンオーナーではない、
ところですね。
それと、スタッフの評価システムにヘンなところが無い。
目標が一本化されている。ガバナンスの勝利とも言える。
良くも悪くも、トップが責任を取れるってことでしょ。本質的にね。
名無しさん : 2018/03/06 21:46:22
こちらの石井氏はヤクルト行かなくて
良かった笑
名無しさん : 2018/03/06 22:23:23
何事にも前のめりな誠也が「あせらず少しずつやっていきます」と繰り返しコメントしているのを見て、トレーナーさんたちに相当きつく言い聞かされてるんだろうと思っていた。本人はもちろん、全員で意識を共有してるんだね。グラウンドの外でも、チームワークが発揮されてるね。
名無しさん : 2018/03/06 21:35:30
ヤクルトは広島のコーチ2人引き抜いたけれど、来年あたりに浸透して山田も爆発すれば優勝するかもしれんが怪我人自体は減らないと思う
名無しさん : 2018/03/07 12:43:43
高ヘッドが居ればこその各コーチの指導だと思うよ

タクローさんも河田さんも勝手が違って苦労しているだろう
名無しさん : 2018/03/07 14:28:16
高さんはそんなに優秀なのか・・・。
知らなかった!!

そういえば今年の優勝旅行の時、高さんと緒方監督がすでにヤクルトに移籍している河田コーチと一緒に仲良くゴルフ場に入って行ってたね。良い関係のまま、ヤクルトに行かれたんだね。
名無しさん : 2018/03/07 14:52:30
小川はともかく宮本も初コーチだからな。山田次第だけど一昨年の死球からずっと状態悪いし青木も戻ってきていきなりアジャストできるかはまだ未知数、けが人もまだ帰ってきてないし期待するならやっぱ来年かな
名無しさん : 2018/03/06 21:27:04
カープにはちょっとしたことで痛いの痒いの言うなという伝統が良くも悪くも蔓延ってたからなぁ。
今は昔ほど選手層も薄くないんだし、悪くならないうちに休ませられるようになったよな。
名無しさん : 2018/03/06 23:43:25
一昨年の8月か9月頃だと思うけど、登板予定だった福井が急遽、先発を回避して、薮田が先発した事があった。

で、その時にベンチが映っていたけど、緒方監督が凄くブチ切れていて、近くに居たスタッフで元選手の篠田さんとかが、青くなっていた。

おそらく状態が悪いっていう報告を監督に言ってなかったんだろうなと思った。

解説の安仁屋さんも、どうしたんだ?って言ってたし。
名無しさん : 2018/03/07 01:24:23
その時期の福井は菅野に勝ったり調子が上がり始めたりでレギュラー外れたく無かったんでしょうね。気持ちは分かるが不調を隠して結局投げられなくて、急遽ラミレス監督に謝罪して予告先発を変更した緒方監督から信頼感を失ってしまったと思う。
選手が隠すことを見抜かなければいけないトレーナーも大変ですね。
名無しさん : 2018/03/06 21:49:35
ケガ無しが一番!
今年の三連覇を阻む最大の敵は他球団云々ではなく選手のケガ。今ケガしてる選手たちが開幕に間に合わせてくれることを期待してます。
名無しさん : 2018/03/06 23:56:13
これだけのシステムを成功させようと思うとお金も当然かかるけど、生きたお金の使い方してるなと思う。
名無しさん : 2018/03/06 21:22:15
トレーナーの改革とブラウン監督就任の頃から
「違和感が出たらちゃんと言え。症状が悪化してからでは遅い」と
選手がトレーナーに言える環境になっていたのも大きいと思います
今年もちょっと肩や腰といった不安を抱える選手が多いですが悪化する事を防いでスタメンを出来るだけ維持した状態で完走して欲しいですね
名無しさん : 2018/03/07 12:03:52
マツダオーナーは、ズムスタを作る時、まっさらな図面を石井トレーナーに渡して、「好きなように図面を書いてくれ」と言ったそうです。

客席や売店といった売上に関わる施設よりもなによりも、真っ先にトレーニング施設、リハビリ施設を優先してスタジアム設計を進めて行ったことがこのエピソードからもわかります。
こんなことされたら、そりゃあトレーナーもぞっこんになりますよね。

オーナーとしても、大事な選手の人生を預かる球団の使命として、怪我を最大の問題として考えていたのでしょう。
球団、現場が一つの想いで動いていることがわかるエピソードです。
名無しさん : 2018/03/06 22:15:28
こういう考えは、球団の枠を超えて欲しいよね!

けが人が出ることで、チャンスを掴む選手もいるし、失速するチームを横目に、躍進するチームも有るので、難しいかもしれないけど。

そのノウハウは、プロだけでなく、アマチュア含めて、共有できると良いね!
名無しさん : 2018/03/06 21:33:54
サッカーでもハムストリング初め、筋肉トラブルを何度も起こす人いるけど、体質じゃなくて減らせるのかなぁ?

広島から球界や、日本のスポーツの発展の為にも広まって欲しいなぁ。
名無しさん : 2018/03/06 21:38:46
山内、澤崎、小林、天野、廣瀬、尾形、末永・・・。

挙げればキリがないね。今は改善されたようで何より。
名無しさん : 2018/03/06 23:45:56
この記事読んで末永選手が真っ先に頭に浮かびました。