リーグ4連覇を狙う広島の勢いが止まらない。広島は2019年5月19日、甲子園で阪神と対戦し5-1で勝利した。

 阪神との3連戦で全勝した広島は連勝を「7」に伸ばし、貯金を「6」とした。首位・巨人とゲーム差なしの2位につけ、5月21日にも首位に立つ可能性が。開幕から5カード連続での負け越しを経験しながらも、その後立て直してきた広島の強さはどこにあるのか。J-CASTニュース編集部は広島OBの木村昇吾氏(39)に聞いた。

 今シーズン、広島は最悪のスタートを切った。球団史上初めてとなる開幕からの5カード連続での負け越し。日本プロ野球史上、開幕から4カード連続で負け越したチームが優勝したことがないため、過去のケースと照らし合わせ、開幕してからわずか3週間でスポーツ紙の見出しには、「広島の優勝確率ゼロ」が躍った。だが、リーグ3連覇中の王者の反撃はここから始まった。

 4月17日からの8連勝を契機とし、5月に入ってからの同一カード負け越しは、4月30日から5月2日までの月をまたいだ阪神戦での1勝2敗のみ。7連勝のうち、広島が先制したのは実に6試合。投打がかみ合い、勝ちパターンが見え始め、王者本来の姿を取り戻した感がある。

■「私は全く不安視していませんでした」

 シーズンの開幕当初の不調に関して木村氏は「私は全く不安視していませんでした」とした上で、次のように続けた。

  「丸選手や新井さんが抜けたことは確かに影響があると思います。しかし、今年は今年のチーム。長野選手も入ってきましたし、丸選手や新井さんが抜けたからといってチーム力が落ちるということはないと思います。レギュラーの多くがリーグ優勝を経験していますし、試合の勝ち方を知っています。そこが大きな強みであると思います」

 広島をけん引するのが若き主砲・鈴木誠也外野手(24)だ。5月20日現在、打率、本塁打、打点部門でリーグトップを走っている。開幕当初は鈴木が孤軍奮闘していた感はあったが、4月下旬以降は全体的に打線が上向き、中でも3番サビエル・バティスタ内野手(27)の好調ぶりが打線により厚みを与え、チームの上昇につながっているだろう。

  「バティスタ選手は状況に応じたシュアなバッティングが出来ます。自身が置かれた3番という打順をきちんと理解しているように見えますし、振り回すことなく鈴木選手に繋げるバッティングを心掛けているように感じます。繋げるバッティングはバティスタ選手に限ったことではなく、チーム全体で徹底されているのでしょう。次の打者に回せば何かが起きる。このような気持ちを持つことで打線が『点』ではなく『線』となり、連打が生まれてくるのだと思います」(木村氏)


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000001-jct-spo
名無しさん : 2019/05/21 11:47:59
広島東洋カープの選手や監督、コーチだけでなくて、関係者すべてのモチベーションと目標がしっかりと確立できているからこそ、強いのだと思います。
この勢いは暫く続くでしょうし、例え調子が落ちても、必ず盛り返すことは間違いないと思います。
黒田さん、新井さん、石井コーチ、河田コーチをはじめ、たくさんの方々に鍛え上げられた若き赤ヘル選手たちですから、V4も夢ではないかもしれません。
これからも、ひたすら応援します!
名無しさん : 2019/05/21 12:38:23
木村さんが言うように、次の打者に回せば何かが起きるという気持ちを持つことで打線が『点』ではなく『線』となり、連打が生まれてくるし、それに加えて、選手全員の「最後の最後まで諦めない」強い気持ちが大きいよね。

各々選手が自分の役割・自分がすべき事を全う出来ず、エラーが多く、バラバラに感じた時期があったけど、今は、選手全員が同じ方向を向いて、力強いカープが復活した。


打線が点から線になってるのと同じで、監督・コーチ、スタツフ、選手が、ひとつの線になってる。繋がってる。
名無しさん : 2019/05/21 11:49:48
緒方監督は選手時代からファンですが、寡黙なイメージもあってか、ここまで選手を饒舌に誉められる監督になるとは思わなかった。活躍した選手の名前を公平に出して誉め、失敗の責任は自身が背負う。その姿は理想の上司像だなって思う。自身かくそうありたい(笑)
名無しさん : 2019/05/21 17:40:14
一年目は決してそうではなかった。
緒方自身、自分に厳しい選手だったし、若い頃からやって当たり前のプロ根性塊のような男だった。
でも、褒める時にはしっかり褒めないと、選手には伝わらないと家族から指摘され改めた。

緒方本人も聞く耳を持っていた。
そして、怖い緒方の部屋に手紙を投げ込んだりしていたかなこ夫人を始めとする家族にも感謝しかない。笑
名無しさん : 2019/05/21 11:52:01
緒方さんは情のあるいい上司だと思う。報道陣に選手の悪口を言わないのもとてもいい。
ただ、真面目で優しい性格から「博打」「非情」采配ができないという弱点がある。大舞台が苦手なのは本人が一番分かっているのでは?
でも、部下からみれば気持ち良く働ける上司。
名無しさん : 2019/05/21 14:31:21
逆に少々のことでは動じないというプラス面も大きい。
3連覇できたのもこれがあったからとも言える。
名無しさん : 2019/05/21 14:58:27
名監督というよりも名リーダー、という所だろうかね。
名無しさん : 2019/05/21 13:08:41
底力があるのはわかってたしドン底の時も「何とか立て直して最終的に3位になれれば」と密かに期待していたのに、あの試合からカタパルトでも付いたかのように一瞬の超加速には空いた口が塞がらない。

取り敢えずこれからは豊富な投手陣を駆使して安定飛行といこうじゃないか。派手な連勝しなくていいからじっくり確実に前進してほしい。

空いたままの口をそろそろ閉じたいのでw
名無しさん : 2019/05/21 14:59:22
開いたままの口でこれからも勝利を祝おう!
名無しさん : 2019/05/21 13:47:19
う〜ん、他の監督だって良いプレーした選手にはナイスプレー!とかって褒めるんじゃないのかね?
それ普通じゃない?

緒方監督が普通じゃないのは、例えば田中をスタメンから決して外さないこと、とか、クローザーは調子悪くてもほぼ中崎にすること、とかじゃないかな。
ここは賛否両論あるけど、緒方監督はブレない。
ある意味、肝がすわっており、責任を持つという強い意思を感じるよね。
私なんか、わーわー騒いで、田中を引っ込めろーなんて言ってるけど。
だから、長期に渡る采配はやはり凄いのかも。
短期は弱いような気がするけど。。
あとは、やっぱりセリーグ3連覇という実績。
だから、チームが勝てなかった時も選手は緒方監督のやり方について行ったんだと思う。

でもまだ先は長いから。
どうなるかわかない。
1試合1試合集中して1つでも多く勝っていけば、V率0%予想をくつがえす事が出来るよ。
名無しさん : 2019/05/21 12:07:44
緒方監督は研究熱心で真面目。ほんとはもっと評価されていい監督さんなんだがな。今の主力は野村が育てたとか言う人もいるが野村政権下の参謀だからね。なんなら今の主力に1番寄り添ってきたと言っていい人だからね。
名無しさん : 2019/05/21 14:14:23
緒方監督は大した補強もない中、3連覇もしているのに毎度批判されて気の毒に思う。
カープファンの傾向なのかな。
でも批判をされ続けても、ぶれないのがスゴいと思います。陰で努力も相当しているようですし、余計なお世話ながら体調が心配です。
名無しさん : 2019/05/21 15:42:23
中日の落合監督も在任時、あれだけの成績を残しながら叩かれていたよ。
どこのファンでもそうゆう人が一定割合でいるって事。
叩く人は勝率10割でも叩くし、結果論になるだけだから、言わせておけば良いのです。
名無しさん : 2019/05/21 15:57:20
頑固爺。それがプラスに出るか?マイナスに出るか???
名無しさん : 2019/05/21 16:36:20
なにげに嫁さんの存在も大きいと思う。

負けてさんざん叩かれて凹みまくってる時でも、家に帰ればカナちゃんが笑顔で迎えてくれるんだよ。

そりゃ、嫌なこと全部忘れて明日から心機一転頑張れるわな(笑)
名無しさん : 2019/05/21 12:22:31
負けていた時もベンチの雰囲気は悪くなかったと選手も話していたし、首脳陣もあまり動揺を表に出してはなかったと思う。
まだシーズンは3分の1くらいだから今後どうなるかわからないけど、今年もカープは面白くしてくれそうです。
名無しさん : 2019/05/21 16:05:11
緒方は2016年から180度と言っていいくらい変わったものね。今どきの若者との接し方を考えているようだし,阪神の矢野のようにいちいち一喜一憂しない。ある程度距離を置いて、選手たちを遊ばせているようにも見える。あんな明るいベンチ、なかなかないよ。それでいて頑固一徹。あるときは激情。自分自身をもうまく監督しているのかもね。
名無しさん : 2019/05/21 12:00:16
「俺の責任」って言葉の信憑性はともかく
緒方監督は知将とか勝負師とか
肩書きは付かないまでも
現代風の良い上司ではあるのかな。

未だ前監督の遺産で優勝しただけ
って人もいるけど、
それって緒方監督が結果出したから
こそ言えることだよね。
名無しさん : 2019/05/21 13:09:29
遺産が有っても食い潰したり、現状維持だったり、大きく出来るかは使う人によりますから。
名無しさん : 2019/05/21 12:53:28
ひとつひとつ基礎をみっちりやっているのも大きいよね。
狩野氏が2軍をよく見ているようで、投手の牽制動作にしても、カープはみなできる、教えている、と。
こういう話をしてくれる解説を聴きたいね
名無しさん : 2019/05/21 13:22:03
こういう緒方監督を評価する話の記事は少ないから嬉しく思いますね。
しかも現場でプレーしてた選手の話だから説得力がある。
3連覇もした指揮官なんだからもっと褒められていいんでしょうけど、他の監督やってる口の上手い人の方がファン受けするからね。
木村昇吾クリケット日本代表選手も早くカープOBとしてクリケットの話題が広まればいいですね。
名無しさん : 2019/05/21 12:19:54
昇吾も素晴らしい選手だったし、間違いなくカープの核の一人だった。いつか、カープに戻ってきてほしいな。まず、クリケット頑張って。
名無しさん : 2019/05/21 12:30:32
緒方監督の現役時代はとにかく凄い顔ぶれが並んでいた。野村謙二郎、東出、前田智徳、金本、江藤、、、その中でも1番時には3番を打ち守っては不動のセンター。名選手ですよね。
そしてカープを3連覇に導く等、監督業においても素晴らしい経歴がある。ああいつからカープはこんなに強くなったものか。今のカープの礎を築いたノムケンにも賛辞を届けたいね。
名無しさん : 2019/05/21 11:48:19
やはり勝ちグセが一番の薬。繋ぐ野球で、チームは一体感を強め、監督も試合の功労者を誉めている。チームとして明らかに良い方向に向かっている。4月の不調がウソのよう。
名無しさん : 2019/05/21 11:43:41
キムショーさん懐かしいなー。今はクリケットで頑張っておられるとか。いつまでも元気でいてほしい。
名無しさん : 2019/05/21 12:18:35
バティスタは初球の外角低めは空振りするけど、その後の対応が去年と違ってる気がする。
名無しさん : 2019/05/21 13:05:51
あれ不思議だよね。
最初は超ノー感じで空振りするのに。
ファン的には「それ振って自らカウント悪くせんでも…」と思ってしまうけど、あれはフェイクも入ってるのかな?
名無しさん : 2019/05/21 13:45:08
確かにベンチ内に陰気さがない。ミスやエラーで唇噛むことはあっても、次の回全力疾走で守備位置についていた。切り替えてやり返すチャンスを狙っている感じが良い。
名無しさん : 2019/05/21 14:29:41
緒方ずっと監督続けてくれ!
来年以降からもし2、3年優勝逃したとしてもまだ緒方にいてもらいたい!
選手時代にも金を積まれたFAでも出ていかなかった熱い九州男児!
名無しさん : 2019/05/21 15:42:50
そうだよね。
自分は、カープで優勝したいという思いを曲げなかった選手。
名無しさん : 2019/05/21 12:04:47
今シーズン初めのどん底の時に高木豊が緒方は選手と一切話をしないって記事があったはずなんだけど大嘘ってことだよね。アンチカープの高木に緒方がそんな事言うわけないって思ってたけどその通りだった。
名無しさん : 2019/05/21 16:01:12
えっ?高木豊って嘘つきなのね!!!
 怖ーい。
名無しさん : 2019/05/21 16:34:48
キムショーも、新しい舞台で活躍してる話を聞くとホッとします、頑張って!
名無しさん : 2019/05/21 13:27:38
バティスタが右方向を意識している打席がたびたび見られる。
感心しています。
名無しさん : 2019/05/21 13:49:24
あとは田中、松山と長野が上がっていけば手ごわい
名無しさん : 2019/05/21 11:56:55
木村ショーゴ氏の守備に就く時全力疾走は素晴らしかった!