ロッテは球団OBの金田留広氏が、10月2日に死去していたと発表した。71歳だった。死因は公表されていない。


 金田正一元監督(85)の実弟で、社会人野球の日本通運から1968年にドラフト4位で東映に入団。右腕だったが、兄と同じ、背番号34をつけた。4年目の72年には20勝で最多勝。74年には兄が監督を務めるロッテへトレード移籍し、同年に16勝で2度目のタイトルをつかみ、リーグMVP。チームのリーグ制覇、日本一に貢献した。

 79年に広島へ移籍後、82年で現役引退。87年から2年間、ロッテで2軍投手コーチも務めた。

 通算成績は434試合128勝109敗2セーブ、防御率3・25。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000099-spnannex-base
名無しさん : 2018/10/11 14:40:17
カネやんと比べるのは可哀想だけど、それでも通算成績は大したものだと思います
兄のカネやんはあの人は長生きしそう
名無しさん : 2018/10/11 14:29:13
お兄ちゃんより弟が先に逝くとは。
お悔やみ申し上げます。
名無しさん : 2018/10/11 15:46:44
子供の頃、‘77年のパ・リーグプレーオフで当時全盛を誇った阪急ブレーブスを相手に、村田兆治や三井雅晴、八木沢荘六や水谷則博らと共に投手陣総力戦で立ち向かっていたことを今でも覚えている。
東映フライヤーズが出自ですが自分にとっては永遠に仙台宮城球場や川崎球場をフランチャイズにしていた頃のロッテのユニフォームのイメージが本当に強い人。
謹んでお悔やみを申しあげます。
名無しさん : 2018/10/11 14:51:58
ご冥福をお祈りします。
金田さん兄よりは劣るかもしれませんが成績は普通に凄い
名無しさん : 2018/10/11 15:17:32
年代的に、カープ時代しか分からないけど、
たまに谷間に先発して、好投していた印象がある。

カープ在籍3年で11勝。
パ・リーグで15勝以上を5回、最多勝2回という実績を残した投手で、
カープでもローテに入ればもっと勝てたと思うが、
カープの投手が充実していた時期において、
自分の役割を理解し、2年連続日本一になったチームを下支えしたと思う。
名無しさん : 2018/10/11 17:24:12
そして、その広島移籍は金石を入団させる為でもあった。
名無しさん : 2018/10/11 15:38:14
兄の400勝が凄すぎるから現役当時はわからなかったけど
留広投手も十分すぎる位の実績を残されましたね。
今の時代71歳は何ともまだ若すぎる。


謹んでお悔やみ申し上げます。合掌
名無しさん : 2018/10/11 16:17:21
兄弟で525勝は、米大リーグのニークロ兄弟の539勝 (兄:318勝 + 弟:221勝)に次いで、世界2位の記録。
ニークロ兄弟は金田兄弟ほど歳が離れてはいないが、奇しくも弟が先に亡くなっている点は共通している。
名無しさん : 2018/10/11 19:16:00
>兄弟で525勝は、

528勝です。
正一:400勝、留広:128勝
ちなみに、甥の金石は72勝しているので3人でちょうど600勝。
名無しさん : 2018/10/11 22:15:38
1人で400勝、、時代とはいえ今後2度と現れないね。
名無しさん : 2018/10/11 18:02:46
広島時代には自分で決勝点になるソロホームランを放って投げては自分で完封したケースが一度ではなかった事を覚えています。
常に兄と比べられて大変だったと思いますが、選手として一定の成績を残したと言えるでしょう。
謹んでご冥福をお祈りします。
名無しさん : 2018/10/11 15:09:53
昭和49年の年末暮れに日本一になったロッテオリオンズの選手2人を招待して千葉県市川市でサイン会が有りました。その時に来場した2人は金田留広投手と村上捕手でした。村上捕手は黙って黙々とサインをし続けていましたが、金田投手はサインをしながら笑って子供達へ気さくに声を掛けてくれる優しいお兄さんのイメージでした。ご冥福をお祈り申し上げます。
名無しさん : 2018/10/11 15:24:53
1970年代 私が小学生の時 福岡に太平洋クラブライオンズとの試合時は市内の山の上ホテルがロッテの宿舎でした。校区内でしたので学校終わったらチャリでいつも行ってほぼ全員のサイン頂きました(木樽 成田 有藤 弘田 八木沢選手など)金田監督と外人選手だけは見たことなかったので他のホテルに泊まって居たと思います ホテル下にザリガニなど獲っていた池のところでエンジのジャージ着て 何故か投手なのにバットを振っていた留広さんに よく遊んでいただいた事を思い出します 当時チビッコがサインもらう時に偉そうにしてる選手が多い中 留広さんは神対応してくれました 小さい頃は野球選手のサインをかなり貰いましたが 1番優しかった印象があります!勿論今でも私の宝箱にサイン帳は大切にしてます。
御冥福をお祈りします。有難うございました。
名無しさん : 2018/10/11 15:37:14
遺恨試合やね たまたま見に行った試合で(昭和50年8月
31日かな)金田留広が完封して加藤初が大炎上していました
懐かしい
名無しさん : 2018/10/11 16:49:54
日焼~けた顔に〜よーくーにあ〜う キーミーの着ていた
ユーニーホーーム あーせーがにじんだー

もちろん当時レコード持ってました
今でも知らぬ間に口ずさんでいる時あります
名無しさん : 2018/10/11 16:59:52
いやーいい唄だと思う 闘将江藤慎一も亡くなったんだよね
名無しさん : 2018/10/11 15:09:08
当時は村田兆次が5番手だったのだから、今と違ってそうとう強いチームだった。球団経営を上手にやればパ・リーグ1の強豪チームになれる可能性があったのだが…。残念なことだ。
名無しさん : 2018/10/11 20:39:07
人違い入団のロペスとか
名無しさん : 2018/10/11 20:49:49
村田兆治さんの本名は村田長次さんです。
因みに読み方は同じく『むらたちょうじ』です。
名無しさん : 2018/10/11 21:07:24
村田兆司が引退を表明した翌日のスポーツ紙には「昭和生まれの明治男 平成に散る」と出てましたね
名無しさん : 2018/10/11 14:59:04
偉大な投手であることは間違いない。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
名無しさん : 2018/10/11 15:00:22
短期間だけど輝けてよかった野球人生だと思います。
昔はダサいと思ったけど、今見るとロッテのユニフォームは意外といいなと思います。
名無しさん : 2018/10/11 15:49:56
確か当時のオリオンズはホーム、ビジターで色が違うだけでデザインが統一されて同じだったよね。
名無しさん : 2018/10/11 15:52:29
どっちも胸はLOTTE
企業名を優先したデザインでした。
名無しさん : 2018/10/11 16:19:44
金田正一さんが監督になった1973年にデザインを一新したんだよね。
監督就任会見の際は、その前のユニフォームを着て臨んでいます。
名無しさん : 2018/10/11 17:08:22
金田さんには少年時代に指導してもらいました。
まだ、現役を退いて数年だったので、憧れのプロ野球選手に教えて貰う事に興奮し、一から丁寧にボールの握りから教えて頂きました。
金田さんは、私とキャッチボールをする時はいつも素手でしてましたね。スピンの効いたボールを投げるから手が痛いと褒められた事を思い出します。金田さんとのキャッチボールをした事は一生の宝物です。
私も今年から低学年の少年野球コーチをしています。金田さんのように子供達が楽しく野球が出来るように良き指導者を目指します。
本当にありがとうございました。
合掌
名無しさん : 2018/10/11 15:09:05
兄貴が偉大すぎるんだけど、この人もプロ入り後の6年間で100勝してるんだよね。その後は怪我もあり低迷したけど、入団後の6年間は相当コンスタントに勝っていた。
名無しさん : 2018/10/11 15:30:38
兄弟が多く、最後にしてくれと「留広とめひろ」という名にしたと聞いた事があります。
木樽、成田、村田とのカルテットは、圧巻でしたね。

ご冥福をお祈りいたします。
合掌。
名無しさん : 2018/10/11 14:36:48
輪島さんといい、最近は上より先に亡くなる人多い気がする・・・
名無しさん : 2018/10/11 15:01:15
調べてみると年間20勝、トータルで2000投球回数を達成している。この当時ではすごい数字とは言えないとしても、それで120勝というのはどうなのかと見てみると、どうやら若いうちに投げすぎてパンクしてしまったタイプなのだと思った。
名無しさん : 2018/10/11 15:18:14
兄貴が凄すぎるだけで、普通に見れば立派な成績です。
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん : 2018/10/11 17:11:18
そう、カネやんは別格中の別格。
名無しさん : 2018/10/11 15:54:39
お兄さんの金やんも凄いけど、弟さんも立派な成績を残され、チームに貢献されたと思う。留広さんは亡くなっても、お兄さんの正一さんはこれからも元気で、弟さんが愛したプロ野球を見守って下さい。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
名無しさん : 2018/10/11 15:51:12
兄の金田正一氏の実弟として、よくぞここまで頑張って来られたと
思います。享年71歳とは、余りにも早かったですね~・・・
謹んでご冥福をお祈りします。
長い間ご苦労様でした。
名無しさん : 2018/10/11 15:44:20
まだ正一さんは御健在なのに。

今年は団塊世代のスポーツ選手の訃報が多い。

特に野球選手は多いですね。

星野仙一さん、衣笠祥雄さん、片平晋作さん、そして金田さん。

昨日は横綱輪島さんがお亡くなりになったし。

ご冥福をお祈りします。
名無しさん : 2018/10/11 15:58:00
金田一家は兄弟が多く、カネやんが長男で、子どもはこれで止める〜で末っ子が留広と名付けれたはずです。決め球はカーブに近い、切れの良いスライダーで打者を三振に仕留めていました。現在は楽天本拠地の宮城球場でも大活躍でした。御冥福をお祈りします。
名無しさん : 2018/10/11 19:05:54
お兄さんが凄すぎたから霞んだ印象が否めないけど、100勝以上あげて最多勝2回獲得してるなら十分名選手に値すると思う。

長い間お疲れさまでした...合掌
名無しさん : 2018/10/11 16:47:02
お兄さんが偉大すぎるからしたかないが、兄弟でこれだけの成績を残したのは立派だと思う。
偉大なお兄さんを追いかけるのは大変だったでしょう。
ゆっくり休んでください。
名無しさん : 2018/10/11 15:38:33
広島時代の背番号44。今で言うローテの谷間の先発を務めながら、先発した試合を自分の打ったホームランで決めたり、対中日戦では滅法強かったり。ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん : 2018/10/11 16:46:28
トメやんが広島に移籍した年の夏の中日-広島の首位攻防戦で、トメやんに抑えられただけでなく、トメやんにホームランを打たれて、中日が完敗したことを覚えています。
その試合を境にして、広島は優勝街道をばく進し、一方の中日は優勝戦線から後退しました。そんなこともあって、その後もドラゴンズはトメやんを打てず、ドラゴンズファンからは敵役のトメやんでした。
名無しさん : 2018/10/11 16:01:46
カープ時代は池谷や北別府、山根、金城などがいたのでなかなか活躍の機会はありませんでしたが、留広氏が在籍していたおかげで甥の金石がカープに入団しました
ご冥福をお祈りします
名無しさん : 2018/10/11 19:14:16
福士や高橋里志もいたね。当時中継ぎの渡辺秀武さんと金田さんには江夏さんも一目置いていましたね。
名無しさん : 2018/10/11 17:47:01
ロッテのコーチ時代、とても楽しい方でした。
女性ファンが少ない時代だったのでとてもよくしてくれました。試合を見に行くたびに声をかけてくれました。憎まれ口でしたけど。お前暇だなとかロッテの何処が楽しい?などなど。
プロ野球が楽しい時代でした。今でもいい思い出です。
ご冥福をお祈り致します。
名無しさん : 2018/10/11 15:42:06
1974年の中日対ロッテの日本シリーズ。兄の正一氏が監督、弟の留広氏が主力投手の一人でしたね。
あのとき、私はその頃からのパリーグファンだけど、口数が多くて歯に衣着せぬ発言の多かった正一氏が憎らしくて、中日を応援したんだけど、ロッテ強かったですね。先発投手陣にすごい投手が揃っていた。打者たちもここ一番の好機で勝負強かったなあ。
名無しさん : 2018/10/11 16:11:26
金やんが凄すぎるのであって、トメも十分に一流投手だったよ。合掌。
名無しさん : 2018/10/11 15:56:11
兄と比較されると辛いだろうが、チーム主軸の投手でした。
カネやんも14歳も年下の弟に先立たれ、さぞかしがっかりしていると思います。ご冥福をお祈り致します。