2017年WBCにおいても攻守に活躍し、決勝トーナメント進出に大きく貢献した一人に挙げられた小林誠司。2019年は炭谷銀仁朗らと切磋琢磨する小林はいったいどのような高校球児だったのだろうか。10代の成長過程を知る恩師・中井 哲之監督に話をうかがうべく、小林選手の母校、広島・広陵高校に向かった。



「あの子がプロ野球選手に?」と言いたくなる選手だった


「いやぁ、最初の印象と言われても特にないんですよねぇ…」
広陵高校に到着し、監督室を訪ねると、中井 哲之監督が出迎えてくれた。早速「教え子の入学時の印象」というテーマを投げかけてみると、冒頭のコメントが苦笑いとともに返ってきた。
「ぜんぜん目立たない子でした。入ってきた頃のことは正直、ほとんど覚えてないです。まさに『あの子がプロ野球選手になるとは…』と言いたくなる選手なので…」

 大阪・堺市出身の小林 誠司。中学時代は大阪泉北ボーイズに所属し、ポジションは遊撃手兼投手だった。中学卒業後は親元を離れ、広島・広陵高校での寮生活を選択。同学年には現広島カープの野村 祐輔投手がいた。以前、取材を通じ、小林と高校入学時の話になったことがある。中3当時のスピードは125キロ。「中学でピッチャーの楽しさに目覚め、高校でもピッチャー志望。野村を完全にライバル視していました」と語った。

 ところが高校1年の秋、小林は敗戦後のチームバスの中で突然、捕手コンバートを中井監督より言い渡される。理由は伝えられなかった。野球を始めて以来、捕手は一度も経験したことがないポジションだったが「はい」という他なかった。

 以前、野村 祐輔がこの日のバスの中での出来事を話してくれたことがあった。
「一年生大会で負けた帰り道のことでした。重苦しい空気の中、突然中井監督が叫んだんですよ。『おい、小林~!おまえ今日からキャッチャーやれ!』って。そりゃあびっくりしましたよ。そんな発想、監督以外は誰にもなかったと思いますから。あのシーンとしたバスの空気はいまだに忘れられません」


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010004-hbnippon-base
名無しさん : 2019/09/02 12:16:46
人生には何が起こるか分からない。
当時の学年でしっかりとしたキャッチャーがいたら今の小林は無かったかもしれない。

それが今に繋がり今の菅野の活躍ももしかしたら無かったかもしれない。
監督として当時出来る限りの最善の策が現在においてジャイアンツのキャッチャー、代表のキャッチャーを生み出した。
ショートで続けてたらバッティング技術も身について坂本とポジション争いをしていたかもしれない。
八村塁を引っ張ってきたコーチ然り、本当に何が起こるか分からない。
名無しさん : 2019/09/02 15:02:31
キャッチャーで普通の人が思ってる以上に労力使ってるからね
里崎がyoutube始めてて興味深いこと喋ってるが
もしバッティングにもっと集中して取り組んでいたならというifは可能性低いにしてもあり得るのでは?
名無しさん : 2019/09/02 12:25:18
本人の意思を尊重とか言われやすい時代ですが、上の人はちゃんとその子の将来も見越して考えてくれてるんだよね。
小林は努力し続けて良かったね
名無しさん : 2019/09/02 14:47:26
思いめぐらせていることを口にしてあげた方がいいんじゃないだろうか。
思っていているだけでは相手には伝わらないよ。
名無しさん : 2019/09/02 12:40:29
これとは別のインタビューで、小林は投手を理解しようとする気持ちが非常に強かったと話していた
野村ともずっと一緒にいたらしい
名無しさん : 2019/09/02 13:39:09
高校通算1本塁打で投手の野村の後で9番を打っていたような選手がエースで4番みたいな選手の中に混ざってプロになるとは監督も思わなかったでしょう。
いろいろ言われてますが、かなりの努力の人だと思うんですけどね…
名無しさん : 2019/09/02 15:57:18
その一本も県大会決勝で同点の最終回に決勝ホームランで甲子園出場、甲子園準優勝に繋がったからね!
名無しさん : 2019/09/02 12:18:18
そういえば小林って、今も文句もいわないし、偉そうにもしない、優しいんだろうねー!
特に背が大きいわけでも、特別器用ってわけでもないし、
そらーもちろん凄い努力はしてるだろうけど、
みんな、才能、センスプラス努力の世界だから...
小林は一体なんの才能があったんでしょうねーー
プロで活躍されてほんと凄いですよね
名無しさん : 2019/09/02 18:03:57
チームメイト(特に投手)に愛される才能は割とマジで凄いと思う。
名無しさん : 2019/09/02 12:15:19
中井先生の人を見抜く力はすごいですね。
小林選手も並々ならぬ努力をしたのだと思いますが、その結果、甲子園選抜準優勝、そして、プロの目にとまり、プロ野球選手として1軍で活躍しているんですから。
名無しさん : 2019/09/02 15:21:38
中井先生の授業を受けたことがありますが、とにかく生徒の心を掴むのがとても上手な先生でした。

ただ単に気さくな人柄と言うより、それだけ子供達をよく見ているという印象でした。教師であれば当たり前にしなきゃいけないんだけど、簡単にはできないことです。

私は野球部ではありませんでしたが、先生が長年にわたって監督をされていることは我々卒業生にとっても誇らしいことです。
名無しさん : 2019/09/02 15:32:05
担当教科は何ですか?
名無しさん : 2019/09/02 15:36:44
確か現代社会だったと思いますが、もう10年以上前のことなので今も教壇に立っておられるかは分かりません。
名無しさん : 2019/09/02 20:04:52
小林選手はスポーツ推薦じゃなく、一般入試で広島の広陵に来て野球部に入り寮生活をしていました。(写真集の記事より)
私はそれを読んだ時、小林選手のここまでの努力もですが小林選手のご両親の器の大きさに感嘆しました。
当時の時点で将来がとても有望とかではなかった息子を、好きな野球のために県外の高校に寮生活を許してくれる親なんか滅多にいませんよ。
スポーツ畑のご両親だからかもしれませんが、子供のやる気や可能性を伸ばしてあげられる素晴らしい親御さんなのだと思いました。
小林選手もご両親への感謝もよく口にしますし、素敵なご家族ですね。
名無しさん : 2019/09/02 12:32:32
中井さんが若者の人生を歩む手引きをされたのですね。
素晴らしいことです。ありがとうございます。
誠司のファンとして嬉しく思います。
このように環境を整え社会へ送り出して下さった方がたくさんいらっしゃる。

ネットでコメントを書く時に、忘れずに思いを馳せてあげたい。誰をも傷つけない、激励の言葉を読んで頂けるように。
名無しさん : 2019/09/02 12:33:26
この代のチームは色々物語があるね。広陵面白い。
名無しさん : 2019/09/02 13:14:10
広陵時代、甲子園でボール判定の時にグラブをたたき付けるようにして
悔しがる小林の姿が忘れられない。
いつかまた野村とのバッテリーが見たい。
名無しさん : 2019/09/02 15:24:53
あれは審判まじでひどかった
野村かわいそうだなと見てた
案の定そのあと満塁ホームラン
そりゃど真ん中にしか投げるところないんだから
名無しさん : 2019/09/02 15:25:10
こういうことがきっかけで今は盗塁阻止率No.1捕手ですからね。
人生は何が幸いするかわからない。ただ良くしようと思いつづけなければ
こういうきっかけもモノにはできないので小林選手の当時から今に至る
努力の積み重ねが今の小林選手の礎になったんですね。
名無しさん : 2019/09/02 13:12:28
先輩の白浜も中学まで内野手で、広陵に入ってからキャッチャーだったね。
中村奨成も加えて2000年代だけで、捕手のドラ1が3人も出たのは広陵だけ。
中井監督かコーチの捕手育成力がすごいんだろうね。
名無しさん : 2019/09/02 15:36:30
最後の夏は選手も辛かったでしょう
間違っても選手の口からは言えない批判を、処分覚悟で監督が口にしたことは、選手たちは少しは気が晴れて次のステップに進むことができたのではないでしょうか?
名無しさん : 2019/09/02 12:55:09
小林は、多分、性格が優しいんでしょう。でも、キャッチャーは、ずる賢くないと厳しいです。プロになれるくらいだから、守備の素質はあるのだろうけど。
名無しさん : 2019/09/02 14:18:03
スリムな体型だし、こばちゃんのあの驚異的な肩の強さは何故?
この記事だと中学時代に投手をしていたといっても
125キロってごくごく普通だし。

高校時代に投手やってて普通に150キロ以上を
投げてたSBの いまみぃ~ みたいのなら肩強いのは
十分わかるんだけど。
名無しさん : 2019/09/02 13:05:46
逆をいえば、大した才能がないのにめちゃくちゃ努力して今の地位なのかなとも思える。
名無しさん : 2019/09/02 14:05:32
全ての能力の面で中村奨成は小林の上だが、努力という点においては小林にかなわないというようなことを言っていたね。プロで成功するには小林以上に努力できるかどうかにかかっているみたいな。
名無しさん : 2019/09/02 18:14:33
出逢うべくしてというか、やっぱいい選手はいい指導者に出逢っているんだね。
これからも期待してるぜコバヤシィ!
今年は優勝だ!
名無しさん : 2019/09/02 20:24:58
優秀な指導者は第一印象なりひらめきでコンバートする傾向があるのは実体験してます。私の場合は成功とは言えないですが小林選手は大化けしたんで中井監督はいまだにたまらんでしょうね。
名無しさん : 2019/09/02 12:30:51
西村白濱の代が終わってから捕手に苦しんで苦肉の策で上本兄にやらせてたことがあったから速めに手を打ったんだろうね
小林の上の代は上村っていう1年からずっと正捕手の選手がいたからすぐに正捕手やれって訳でもなかったし