<オープン戦:広島0-0オリックス>◇17日◇マツダスタジアム

広島は1軍の対外試合で初めて1番田中広輔内野手、2番菊池涼介内野手の「タナキク」の打順が変更された。


1番に入った西川龍馬内野手は1四球2犠打で、田中広は3番に回り3打数無安打だった。緒方監督は「最初から(打順変更を試すことは)決めていた」と、計画通りの選択肢であると説明。高ヘッドコーチは「今年は打順を固定するのは難しいかもしれない」と話した。昨年丸が務めた3番は、オープン戦では他に坂倉、西川が入っている。



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170900-nksports-base
名無しさん : 2019/03/17 20:57:31
新しい守備位置に打撃ではポスト丸を期待。
プロ野球選手ならばそこをクリアしていかなければいけないのだろうが、西川、坂倉のプレッシャーは相当なものだろう。
坂倉は捕手として期待していたので今の状況は複雑な気持ちで見ている。

他の選手も含めて、競争、競争と意識させるあまり全員が中途半端で終わってしまうことのないようにしっかりと見極めて欲しい。
名無しさん : 2019/03/17 20:43:02
去年までの打順の枠組みは概ね維持した上で、左右のジグザグにこだわれば、必然的に三番打者の候補は限られてくる。

ジグザグに組めるメリットの大きさもわかるけど、あんまり固執しすぎると、好調な選手を起用できずに、腐らせてしまうことにもなりかねない。

難しい注文になるけども、既成概念にとらわれない柔軟な考えを多少でも取り入れられないものか、とも思う。
名無しさん : 2019/03/17 20:36:22
4番誠也以外は白紙。できれば3番打者は固定したいところだが。誠也の打撃を活かすためにも、左右のどちらの投手でも苦にせずに、出塁率が高く、走力もあり、できればフル出場できる「守備固めの必要がない」となると、丸の存在は大きかったな。
名無しさん : 2019/03/17 21:02:01
個人的にはあまり心配していない
今日は丸も4タコ2三振1併殺と散々だったし

3番は打率より出塁率の高い選手のほうが繋がるかもね
西川は打率は3割近く残すと思うけど、ボール球を振る癖を直さないと出塁率が上がらないと思うわ
名無しさん : 2019/03/17 20:28:37
一番はやっぱり広輔かな。野間に期待してたんだけど、なんだかんだ言っても、広輔が一番安定してる
名無しさん : 2019/03/17 20:30:21
無理にタナキクに拘る必要もないけど、理想は、タナキクに西川や誠也の上位にしてほしい。5番は松山あるいはバティスタも良いと思う。
名無しさん : 2019/03/17 20:52:27
丸の驚異的な出塁率があったから、5点打線を確立することができた。
四球を選んで、甘い球を捉える!
ただそれだけだが、これが大変なんだろ~ね。
名無しさん : 2019/03/17 20:30:52
鈴木誠也の前に出塁率の高い選手を置かないと、4番に置いてる意味がない。
田中、菊池が凡フライあげててもなんとか成り立ってたのは丸がいてくれたから。
ここを間違うとシーズン棒に振るぞ。
名無しさん : 2019/03/17 20:30:27
やっぱり丸の穴なんてすぐに埋まる訳はない
今シーズン一年通して、新3番候補を探すくらいの感じたろうね。
名無しさん : 2019/03/17 20:34:51
田中は3番より1番が安定
坂倉のレフトは不安定で心配。