<ヨネちゃんのおシャレ野球学(19)>

今年、定位置をつかむだろうか。2年目の広島小園海斗内野手(19)への期待が高い。昨年は58試合に出場し、2割1分3厘、4本塁打、16打点の成績を残した。目立つ数字こそなかったものの、ここ一番の集中力はルーキーらしからぬものがあった。「ここぞの、こぞの(小園)」?



例えば本塁打&猛打賞がそれ。1号、2号、3号を放った試合では、それぞれ4安打、3安打、3安打した。「4・3・3」って、サッカー部か? 高卒新人の猛打賞3度は88年の立浪(中日)以来。本塁打を含む猛打賞3度は86年の清原(西武=5度)以来になった。報徳学園がPL学園に挑みかかった?

9月に飛びだした3、4号は2試合連続だった。高卒新人の連続アーチは、清宮(日本ハム)が18年8月に記録して以来で、広島では初めて。これだけ見ても「ただ者」ではない。つまり、その、お金が取れる? 選手ということだ。

4本塁打の内訳はヤクルト2、中日、阪神が各1。ヤクルトは3割5分9厘とかもにした。「飲んでかかった?」結果だろう。対照的に巨人戦は、わずか7分3厘だった。巨人を相手にする際は「読んでから?」臨みたい。【米谷輝昭】


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170033-nksports-base
名無しさん : 2020/01/17 10:12:02
広輔が昨年のような状態ならダメだけど、
小園を育てる意味で
広輔をサードへコンバート、小園をショートに。
広輔の選手寿命を伸ばすためにも。
何年経っても固定できないサードはカープのウイークポイント。
名無しさん : 2020/01/17 19:44:46
田中広輔が昨年の状態ならサードは安部のままで
いいと思うが
打てない田中を無理してでもレギュラーにしないと
いけない理由は?
名無しさん : 2020/01/17 10:05:58
だじゃれはともかく
かつてのここぞの小窪を超えて広輔と激しいポジション争いをして欲しい。
名無しさん : 2020/01/17 10:32:00
田中広輔選手が離脱して
意外とマイナスになったのは
ピンチの投手に対する声かけ。
菊池、安部、松山選手からは
アドバイス的な良い声かけは
出来なかったそうであります。
小園選手には
こ【こぞの】 声かけで
投手の【かいと】うを
引き出せる選手になって欲しいですね。
頑張って下さい。
名無しさん : 2020/01/18 03:28:19
君は何処の情報や?自分の主観でここにコメントしたらアカンよ。ちゃんと菊がその役割を果たしてたんやで。
名無しさん : 2020/01/17 19:45:06
将来を見据えたら小園でいくべきだね
名無しさん : 2020/01/17 10:47:52
ヨネさん全然おもんないやん