広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)が球宴明けから1軍に戻ってきた。後半戦の2試合目となった16日のDeNA戦(横浜)に「8番・遊撃」で先発し、いきなり2安打をマーク。ただ、最も目についたのは果敢な遊撃守備だった。


 2回1死で宮崎のゴロに猛チャージし、素早く一塁に送球。4回1死でもロペスの強いゴロを軽快なフットワークで処理した。「この間は攻めたプレーができなかったけど、今日は前に出てさばくことができて良かった」。本人のコメントからも手応えが伝わってきた。

 6月22日のオリックス戦(マツダ)では何でもない大城の遊ゴロを悪送球。翌23日の同カードでも2失策を犯し、その後は出場機会を与えられなくなった。山田和利内野守備走塁コーチ(54)は言う。

 「今、小園に対して最も大事にしていこうと言っているのは一歩目。どんな打球にも、まずは勇気を持って踏み出そうと。それさえできれば、捕球も送球も良くなってくるから」

 山田コーチは中日に在籍していた1988年に、黄金ルーキー・立浪の控えとして、53試合で遊撃守備に就いている。まさに18歳のお手本だったわけだが、当時から立浪の勝負度胸には光るものを感じていた。

 「やっぱりタツはここ(左胸を指して)が強かったね。ミスをしても、その次の機会があれば必ず攻めていく。打球に対して多少、衝突する癖はあったけど、必ずしっかり一歩目を切っていた」

 記録をひもとくと、立浪はルーキーイヤーに10失策を犯している。ただ、並み居る一流打者の打球にひるまず、攻めていった。高卒新人初のゴールデングラブ賞は華麗なグラブさばきだけでなく、折れない心でつかんだ勲章と言えるだろう。

 小園のここまでの4失策はすべてマツダスタジアムで記録されている。天然芝の球場は、人工芝に比べると、格段に難易度が増すことは間違いない。

 19日からは巨人、ヤクルトと本拠地で6試合が続く。ミスを恐れず積極的に攻める姿勢が見られるのか注目だ。(記者コラム・表 洋介)



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000129-sph-base
名無しさん : 2019/07/19 17:36:20
再昇格してから1番心配だったのは守備の面。前回は勝敗に直結するエラーを2つしてそれが原因で落とされたので。今のところミスなくこなしているようなので安心。打撃に関しては光るものはあるが、安定して打つにはまだまだというところか。ただ、どうせ田中も打てないのだから、守備でミス連発しない限りはしばらく小園の方を使ってほしいです。
名無しさん : 2019/07/20 00:30:03
小園のハツラツとしたプレー、チームやファンに希望を持たせてる!立浪の1年目は当然忘れてしまったがその時近くにいた選手が近くでコーチしてるのもまた運命。日本一のショート目指してただ前だけを向いて成長して欲しい!
名無しさん : 2019/07/19 17:36:51
確かにマツダはキクちゃんが難しいと言っている 今日は小園スタメンじゃ 頑張れよ~!
名無しさん : 2019/07/19 19:41:41
最終的に2割そこそこでも、将来の投資と思って
小園を使って欲しい。
間違いなく3年後には、中心選手になっている。
名無しさん : 2019/07/19 17:24:43
明らかに前半戦とは違って、子踊るようなステップで躍動してる感じな守備。
名無しさん : 2019/07/19 18:18:56
今は、小園のプレーしか楽しみがない・・・。
がんばれ!小園!
名無しさん : 2019/07/19 17:42:26
どんどんエラーしてもいいよ。
そうしないと上手くならん。
頑張ってね!
名無しさん : 2019/07/19 17:31:48
海斗くん
期待してます