今季、プロの舞台へと進んだ高卒1年目の選手たち。2000年生まれ世代の彼らは、「ミレニアム世代」と呼ばれ、高校3年の夏の全国高等学校野球選手権が第100回大会だったということもあり、大いに野球界をにぎわせてきた。



 根尾 昂(大阪桐蔭⇒中日)のように中学時代からその名を知られた者もいれば、吉田 輝星(金足農⇒日本ハム)のように高校3年時に一躍全国区となった者もいるミレニアム世代。そんな彼らの1年目の活躍を、球団ごとに振り返り、現在地を探っていく。今回は広島東洋カープを見ていこう。



2018年プロ野球ドラフト会議で広島から指名を受けた高卒選手と、彼らのファーム成績は下記の通り。

1位 小園 海斗 内野手 報徳学園
58試合 40安打 4本塁打 16打点 1盗塁 42三振 打率.213(一軍)
53試合 44安打 6本塁打 22打点 8盗塁 42三振 打率.210

3位 林 晃汰 内野手 智辯和歌山
102試合 71安打 7本塁打 35打点 2盗塁 67三振 打率.225

4位 中神 拓都 投手 市立岐阜商
87試合 33安打 1本塁打 10打点 1盗塁 56三振 打率.219

5位 田中法彦 投手 菰野
4試合 0勝0敗 4回 2奪三振 防御率2.25

7位 羽月 隆太郎 内野手 神村学園
89試合 65安打 0本塁打 9打点 23盗塁 27三振 打率.300


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010000-hbnippon-base
名無しさん : 2019/12/12 08:09:32
まだハッキリしないが、菊池がメジャー移籍となればいよいよ内野は捕手以外は?という状態になる。

復活を期す広輔、安部、今季は外野を守った龍馬等も居るが、内野はみんなにチャンスがあると言っていいだろう。

本人もそろそろ後が無いと自覚しているでだろう堂林、小窪もまだまだ老け込む歳でもあるまい。

そんな中で小園を始めとした若い選手が何処までやれるか?楽しみではある。
名無しさん : 2019/12/12 15:56:19
誠也ばかりじゃなくて、第二の丸、第二の菊池が必要
名無しさん : 2019/12/12 11:04:55
誠也以外は未知数
名無しさん : 2019/12/12 12:38:19
うーん、會澤と西川と誠也以外じゃない?
名無しさん : 2019/12/12 06:55:08
練習して練習して競争に勝ち抜いてチャンスをつかめ