男の引き際は、どうあるべきなのでしょうか-。

 日本シリーズ開幕を目前に控えた10月18日、広島黒田博樹投手(41)が、今季限りでの現役引退を発表しました。大勝負を控えた状況でもあり、黒田自身は「すべて終わってから、みんなに伝えよう」と考えていたものの、親交の深い同僚の新井から「最後の勇姿をファンに見てもらった方がいいんじゃないですか」との助言を受けて決断。決戦前の引退発表となったわけです。「すべてが終わってから」という黒田の思いの裏には、メジャーで実感した「引き際」の在り方への疑問があったのではないでしょうか。



 メジャーでは10月10日、レッドソックスの主砲デービッド・オルティス内野手(41)が、現役最後の試合を終えました。ア・リーグ地区シリーズで敗れ、現役生活にピリオドを打ちました。昨年11月、今季限りでの引退を発表したものの、公式戦では打率3割1分5厘、38本塁打、127打点とMVP級の活躍を見せ、レ軍は地区優勝。結果的にポストシーズンは勝ち抜けなかったものの、年間を通した全米中の「惜別行脚」は、ファンのためのみならず、興行的にも大成功を収めました。

 引退の「事前告知」の先駆けとなったのは、2632試合連続出場の大記録を打ち立て、01年限りで引退した鉄人カル・リプケン(オリオールズ)でしょう。リプケンは成績低下をよそに、ペナント争いとは無縁の消化試合でも各地で「引退興行」に駆り出されました。その裏に、破格の集客力を残したビジネス的な観点があることは言うまでもありません。

 13年3月の春季キャンプ中には、ヤンキースのクローザー、マリアーノ・リベラ投手がシーズン後の現役引退を発表しました。予定された引退を1年延長した背景があったとはいえ、長く、厳しい闘いを前にしたチーム内に、「今季限り宣言」に対して、ある種の違和感が残ったのも事実でした。翌14年2月には、ヤ軍の主将デレク・ジーター遊撃手が、シーズン終了後の引退を発表。当時、ヤ軍に在籍した黒田は、他の同僚と一緒に2人の会見を静かに見守っていました。

 現役最終年が全米中に告知されたリベラ、ジーターは、ともにオールスターに選出されたほか、遠征先の各地では、オリジナル記念品が贈呈されるなど、惜別セレモニーが行われました。全国区の人気を持つスーパースターの最後の勇姿をひと目見ようと、多くのファンが「引退興行」に足を運んだわけです。

 確かに、引き際は難しく、おそらく「正解」はないでしょう。ただ、日本の場合、シーズン前の「事前告知」が素直に受け入れられるでしょうか。

 常に「次が最後の登板」と言い続けてきた黒田の潔い幕の引き方が、日本全国のファンの心に深く刻まれたことだけは間違いありません。

【四竈衛】(ニッカンスポーツ・コム/MLBコラム「メジャー徒然日記」)


引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-01752359-nksports-base
名無しさん : 2016/12/15 22:11:05
来年も再来年も
10日に1試合でも,1か月に1試合でもいいから登板を見たかったが,
黒田投手の意思をただただ感謝の気持ちを込めて,受け入れいます。
名無しさん : 2016/12/15 22:18:39
私も同じ気持ちです
名無しさん : 2016/12/15 22:52:48
引退って難しいよなぁ。
名無しさん : 2016/12/15 22:21:11
そう考えるとA.ロッドの最後は寂しいものでしたね…。
名無しさん : 2016/12/16 01:50:53
あれだけ打ったのは、薬の影響もあるだろうけど、それと共に高度な打撃技術を併せ持っていたということですね。
名無しさん : 2016/12/16 04:11:43
ホームランてパワーだけで打てるもんでもないですしね。
名無しさん : 2016/12/16 17:57:56
ただ、いかにボンズであっても、薬物なしではホームラン数が幾分減少していたでしょう。しかし、何本分低下するのかは正確にはわからない。そうなると、すごい選手なのに、その実力を正確に評価することが永遠にできなくなってしまう。
まあ、例えるならウサインボルトがドーピングしてしまったようなものなでしょうが、なんとも寂しいですね。
名無しさん : 2016/12/15 23:17:10
引退興行でも、本人とファンが納得できるのであれば、マスコミがゴタゴタ言う理由は全くない。
名無しさん : 2016/12/16 00:43:31
仰る通り何か引っ掛かる記事だな。具体的に、何が言いたいんだよこの記者は
何も問題ないけどファンとしては。
名無しさん : 2016/12/15 22:10:09
黒田も今年限りって暗黙でわかってたでしょ、みんな
名無しさん : 2016/12/16 04:17:30
老いてもなお日本トップレベルの先発だったからなぁ…
成績がまだ引退する選手のそれじゃないから、もしかしたらまだ続けるかもって思う人は居るよ
名無しさん : 2016/12/15 22:27:55
日本シリーズでは7戦目に投げることになってたから、6戦目で負けた後、30分くらい椅子から立てなかったって記事が出てたけど、やっぱり投げる姿を見たかったな。
名無しさん : 2016/12/15 22:35:16
興行的にも、黒田効果と優勝で広島は凄すぎたから、来年どうなるか…
名無しさん : 2016/12/15 22:47:53
黒田さんほど素晴らしい引き際はない。
本当に最後までカッコよかった。
名無しさん : 2016/12/15 22:43:41
黒田は二桁勝利に乗らないようなら進退に関わると昨年から言われたりで
今年もまた二桁勝利に乗せたからきっと来年も投げてくれるだろうと
思ってた人も相当いましたからね

重大な怪我で1年休養等もせずに20年間投げ続けて
本当に最後の方まで体の限界というのを見せないように立ち続けたのは本人の意地だったと思います。さすがに引きとめられません
名無しさん : 2016/12/15 23:26:25
生き方がかっこいいなっていう印象です。
名無しさん : 2016/12/15 22:21:32
ふつーに見たら、ただのオッサン
でも、オーラすごいね
名無しさん : 2016/12/15 23:35:30
オルティスみたいに凄い成績残して引退するのがかっこいいと個人的に思いますけどね
何をもって引退するかは選手次第ですが
名無しさん : 2016/12/16 16:21:02
凄い成績残してやめるのはかっこいいけど、同時にそんなにできるならやめないでって思うよ。
名無しさん : 2016/12/15 22:13:15
引退に限らず、生き方は様々でいいのでしょう。 黒田の場合は、あれで良かった。
名無しさん : 2016/12/16 06:43:01
アメリカのやり方が悪いとは思わない、文化の違い。
引退事前発表できる選手なんて本当に限られた人だし。
名無しさん : 2016/12/16 01:40:50
別にボロボロになるまでやる選手がいてもいいだろう。
名無しさん : 2016/12/15 22:23:15
由伸の現役引退が未だに腑に落ちない。
名無しさん : 2016/12/16 11:05:20
あれだけ実績残した選手が、監督になるために引退試合もなかったのは残念。
井端もそうだけど。
名無しさん : 2016/12/15 22:22:56
対照的と言えば…

松坂は、往生際が悪いよな…(^_^;)
名無しさん : 2016/12/15 22:08:23
引き際もまさに男気を感じたね~
名無しさん : 2016/12/15 22:20:55
カープファンは心のどこかに来期中の復帰を願ってたりする。

メジャーでは復帰がざらにあるそうですから(笑)
名無しさん : 2016/12/15 23:01:59
黒田はサムライやな。
名無しさん : 2016/12/16 03:56:49
新庄がかなり早めに告知しましたね
名無しさん : 2016/12/15 23:58:49
日本ではわりとボロボロになるまでやるけど余力を残して辞めるのもどっちかつーとメジャー流だったな