高校野球の地方大会が始まり、各地で球児による熱戦が繰り広げられている。第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)は8月5日に開幕。平成最後の夏を前に、広島・丸佳浩外野手(29)が、千葉経大付(千葉)高校時代を振り返った。



 夢のような時間は瞬く間に過ぎていった。丸にとって甲子園は特別な場所だ。2年夏、地方大会を勝ち抜き、憧れのグラウンドに立った。青々と茂った外野の芝生、黒土の香り、アルプスの応援…。中3の夏、父と初めて甲子園を訪れた。あのとき、「近くて遠い」と感じた夢の舞台で、丸は初めて高校野球を楽しんでいた。

 「地方予選は負けたら終わり。恐怖、不安があったけど、甲子園に出ちゃうと、初めて野球を、高校野球をやっていて楽しいなと。甲子園でやっていること自体が夢のようでしたし、一瞬で終わったという感じでした」

 1回戦でいきなりプロ注目の好投手・大嶺(ロッテ)を擁する八重山商工と対戦した。同じ千葉で同学年の成田・唐川(ロッテ)と対戦経験はあったが、1学年上の右腕の速球は「質が違った」と大きな衝撃を受けた。

 「野球をやっていて一番速かった。140キロ中盤まで出ていて、高めの真っすぐは全然当たらなかった。ヒットも打ってますけど、真っすぐを待っていて変化球が来たところにたまたま当たったという感じだったので」

 「3番・右翼」で出場した丸は甲子園初安打を記録したものの、延長戦の末、敗れた。だが勝敗以上に、聖地に立てた喜びに心は満たされていた。それほど「夏の甲子園」への憧れは強かった。

 「高校野球をやっているときはプロとかより、甲子園に出たいと思っていた。プロ野球選手になりたいと言っていたのは小、中学校までです。高校生になったらそんなこと言っている場合じゃない。そんなこといいから、甲子園に出たいと」

 丸は3年春のセンバツ大会にも出場している。エースとしてマウンドに立ち、1回戦を突破。初勝利を手にしたが「センバツは最後の最後ではないので。楽しかったけど、夏とは違う」。そして、もう一度、戻ってくると誓った3年夏はまさかの予選敗退。松本監督と目指した全国制覇の夢はかなわなかった。それでも、涙はない。未練もやり残したことも「ないない、全然ないです」と振り返る。最後の夏は「高校野球の一区切り。野球を続けるか、続けないかが分かれ道なので」。次のステージを目指して再び走り出した。(デイリースポーツ・杉原史恭)

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000051-dal-base
名無しさん : 2018/07/16 11:11:56
〉未練もやり残したことも「ないない、全然ないです」

甲子園に出ようが出まいが、結局こう言い切れるかどうかが重要。
名無しさん : 2018/07/16 11:47:22
後半戦も丸の活躍には

かなり期待しています
名無しさん : 2018/07/16 11:08:23
今は嫌でも甲子園で試合に出れるね。
名無しさん : 2018/07/16 15:20:19
2連覇中のチームの主力中の主力なんで嫌でも甲子園のグランドに立たないといけないよね(笑)
名無しさん : 2018/07/16 13:22:49
八重山商工と千葉経大付属の試合はアツかったな。丸もすげぇバックホーム見せたりしてた。
名無しさん : 2018/07/16 11:49:04
>3年夏はまさかの予選敗退

この年の千葉は成田の唐川もいたし、千葉経大が絶対的な優勝候補ってわけじゃなかったろ。
優勝した市立船橋からもプロ行ったのが2人もいたし
名無しさん : 2018/07/16 11:55:53
市立船橋の一人は、ソフトバンクの岩嵜
名無しさん : 2018/07/16 11:52:30
広島のスカウトは高校時代から投手丸でなく外野手丸に目をつけてたらしい。先見の明があったね。
名無しさん : 2018/07/16 13:36:50
>1位は安部で

当時、カープは安部を3位で指名予定であった。
ドラフト直前に他球団も上位指名の情報が流れて繰り上げて指名したようだ。
名無しさん : 2018/07/16 11:07:41
まさかここまでの選手になるとは

自分でも思ってなかっただろうな
名無しさん : 2018/07/16 12:37:08
丸は高校時は投手であったが、カープ入団後は打者へ転向した。
当時の苑田スカウトは打者として能力を高く評価していたようだ。
この辺りが、カープスカウトの目利きの素晴らしさである。
誠也も投手から打者へ転向しているが、球団は当該選手の能力を総合的に判断している感じだ。
名無しさん : 2018/07/16 11:31:26
唐川も3年春って甲子園に出てなかったっけ?
延長で広島のどっか・・・広陵かな?に敗れた気がする
千葉2校?まるで記憶にない
名無しさん : 2018/07/16 11:37:37
広陵・野村との投げ合い。その大会では成田・唐川は前評判の高い投手だった。
名無しさん : 2018/07/16 11:11:25
悔いが無いから最後の夏は泣かなかったというのも
彼らしい。野球を続けるかどうかの分岐点という
捉え方も「なるほどな」と思うし、物事を俯瞰で見れる
人なんだなあと思う。
名無しさん : 2018/07/16 13:58:03
唐川、岩嵜、そして丸。
この年の千葉予選は今思えば豪華だね。
名無しさん : 2018/07/16 12:38:47
この時代の千葉経済は強かった
松本兄弟に内藤、斎藤、そして丸。
毎年、良い選手がいた。
名無しさん : 2018/07/16 14:05:40
高校時代、仲間と同じ場所をがむしゃらに目指して努力する事が尊いんだよね。
名無しさん : 2018/07/16 11:52:53
松本啓二朗がなぁ…プロでも活躍すると思ったけどなぁ…丸もここまで活躍するとは思ってなかったけど。
名無しさん : 2018/07/16 11:14:18
質が違ったと言われた大嶺は今…
名無しさん : 2018/07/16 12:02:47
いや、兄のほうだから・・・