リーグMVPを受賞した広島の丸佳浩が20日に行われた『NPB AWARDS 2017』、好不調の波が少なくなった理由について話した。

 丸は最多安打のタイトルを獲得するなど、今季は143試合に出場して、打率.308、23本塁打、93打点、13盗塁の活躍を見せ、リーグ連覇に大きく貢献。

 丸は「シーズン中、調子の波が激しいタイプだったんですけど、今季は波が比較的に少ないシーズンだったと思います」と分析する。具体的には「球場に入ってから練習に行くまで、練習に入ってから試合に行くまで、毎試合一緒のルーティンで入っていけたことが安定した数字が残せることができたのではないかと思います」と説明した。

 来季もリーグ3連覇を目指す広島に欠かせない存在の丸。「個人的なタイトルを狙うとか正直ないですけど、今季同様全試合出続けることを、変わらず持ち続けたいと思っています」と5年連続の全試合出場に意欲を見せた。

▼ 丸佳浩
今季成績:143試 率.308 本23 点93 盗13

(ニッポン放送ショウアップナイター)

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00138837-baseballk-base
名無しさん : 2017/11/21 10:16:29
丸選手おめでとう。
来年も頼みます。
個人的には今年のコースケは素晴らしかったと思う。
一番打者で最高出塁率と盗塁王って理想的だよね。
もし、3割打ってたらMVPだったかも・・・。
今年セイヤほケガで欠場、キクは体調面がイマイチだったみたいだし、来年タナキクマルセイヤがケガせず一年活躍できれば、3連覇イケそーな気がする。
名無しさん : 2017/11/21 10:56:24
丸は自分で調整するからスゴイ
今ではチームリーダー的な
存在だと思うんだけど
名無しさん : 2017/11/21 10:45:39
丸は年間通して安定した数字を残してMVPを獲得したけど、1位票は丸の次が菅野だったんだよねぇ。

丸が1位票196、薮田が1位票19、菅野が1位票40。

もし菅野が2008年の岩隈みたいに20勝超えして、投手タイトルを総なめにしていたら、菅野がMVPの可能性もあったって事なのかな?

2008年のパリーグも西武の主力野手は軒並み打撃タイトルを獲得したけど、結局岩隈が獲ったし。

今まで優勝チーム以外からMVPが選出される時って、優勝チームの選手より圧倒する数字を残した選手が選ばれる事が多くて、2013年のバレンティンみたいに60本打ったとかなら分からないでもないけど。
名無しさん : 2017/11/21 15:36:45
好打者と評価されるようになってからも現状に満足することなく、打撃フォームを変えたり、高いレベルをずっと追究し続けているからこその、2017年の頼れる丸でした。
まだまだ波は小さくなるでしょうね。

今年は、打撃の精度を磨きつつも、飛距離を延ばせたのが凄いと思います。
交流戦の頃の、タイミングが特に完璧にハマっている時期は本当に素晴らしかったです。

今シーズンは、
初回にタナキクが仕事をすれば、当然ランナーを還す打撃をするし。
初回にタナキクが凡退した2アウトから、ホームランを打ったり。
相変わらずの走塁力もあるし。四球を奪いにいくような打席はたくさんあるし。
4番誠也がもがいていても、そこも含めてきっちり打線をカバーしていたイメージです。

丸は良い数字を残しているけど、数字以上にチームに貢献する野手に進化し続けています。
秋も鍛えまくっているというし、来季がまた楽しみです。
名無しさん : 2017/11/21 12:31:45
誠也が抜けた後は守備の負担が大きかったかなという印象

来シーズンはもっといける
名無しさん : 2017/11/21 12:47:00
毎年、打撃フォームを変えていて、現状に満足しない向上心の塊のような選手。
失敗するリスクもあるが、チャレンジする姿勢がすばらしい。
名無しさん : 2017/11/21 10:59:10
タナキクマルセイヤが1年間ケガせず、松山、アベちゃん、アツときたら…恐ろしいなカープ打線は。さらに新井さん、エルド、バティ、西川だもんな
最大の敵はレギュラー陣のケガかな。
名無しさん : 2017/11/21 10:48:07
カープの強力センターラインは素晴らしい。 
来シーズンも期待しています!(^^)!
名無しさん : 2017/11/21 15:39:38
今のカープは本当にストイックな選手が多いね