「やっと出ました。ちょっと遅すぎましたけど」と話すのは、アンパンマンのニックネームで親しまれる松山竜平選手。前半の不振を乗り越えて、8月22日ヤクルト戦で小川泰弘投手からレフトに放ったホームランを「今年一番の打撃」と言い、復調のきっかけとなる一打の感想を素直にそう答えた。

広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では、7月に月間打率.328をマークするなど、ラストスパートをかけるカープの中で存在感を示す松山選手にスポットをあてた。

今シーズンは開幕からスタメンの座を射止めたものの、7試合連続ノーヒット。さらに4月20日のDeNA戦で頭部にデッドボールを受けるアクシデントにも見舞われた。命の危険さえ伴うこの出来事に、その後も「頭はもう大丈夫だと思ってピッチャーに向かって打席に入っているつもりでも、どうしても身体がそれを避けて、一塁側に体重がのってしまう」と、メンタル面での影響に苦しんだ。
結果が出ないくやしさを感じる中で、「踏み込んでいくことを意識しながら、とにかく一球一球ステップの位置を確認する」という地道な努力を重ねた結果、徐々に本来のバッティングを取り戻していった。

「8月22日のホームランは、一塁側に体重が乗らず、そのまま逆方向へ引っ張れた。普通だったらスライスするところが、そのまま飛んでいった」という会心のあたり。打った瞬間「これは行ったな」という手ごたえを感じ、これが不振から脱却する一発となった。




引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00010004-hometvv-l34
名無しさん : 2019/09/17 16:04:30
逆方面に強い打球が飛ぶようになったし、今まさに絶好調だね。
誠也の後はチャンスで回ってくる場面が多いから、今までの鬱憤を晴らすようにCS含めて打ちまくって欲しいね。
名無しさん : 2019/09/17 16:58:04
現場で初めて見た時に「アンパンマ~~ン」の呼び声が聞こえて
子どもたちが「アンパンマン出てくるの?」と喜んでました
顔面デッドボールは見ていても辛い出来事でしたが
戻ってきてくれてうれしい
先日の試合は終盤の代走がなくアレレと思いましたが
それだけ打撃に期待されてるということでしょう
最後までアンパンチをたくさん見せてくださいね!
名無しさん : 2019/09/17 16:42:15
松山選手は、ここしばらく、チャンスには殆ど全て応えている。カープでは誠也同様、頼りになる打者となった。CS もあるので、このままの調子で活躍して下さいな。
名無しさん : 2019/09/17 16:04:55
松山が今一番頼りになる。
名無しさん : 2019/09/17 20:43:19
もっと早く復調してくれてたらなぁ
名無しさん : 2019/09/17 16:49:22
”普通のアンパンマン”という表現に笑った。
まっちゃんがこんなに調子いいのに、監督にはそれが見えないのか、
平気で左投手の時にはずしたりする。
CSこそがんばってよ!
名無しさん : 2019/09/17 19:21:41
まっちゃん、調子良い!嬉しい!
でも負けた。残念だ。
名無しさん : 2019/09/17 21:59:51
松山選手・小園くん
好きだなぁ
名無しさん : 2019/09/17 17:20:11
努力家で苦労人。
カープ愛一筋・・

地味だけど勝負強い。三連覇に貢献した一人
こんな松山が大好きだ!!

頼むぞ・・あ~んパンチ!!
名無しさん : 2019/09/17 20:49:02
松ちゃん、当初は不調でヤジが自分の事のように痛かったけど、ようやく本調子!最後まで声援送るよ!!!!!