広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=が11日、都内で行われた新人研修会に出席し、再会した日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)=早実=を前に決意を新たにした。「負けちゃいけないなと思いました」。ライバルの存在を刺激とし、レギュラーへ突き進んでいく思いを示した。

 金の卵たちがそろう新人研修会。昨夏に甲子園で戦った相手や、18歳以下の日本代表で共闘したライバルたちとの再会は、喜びと同時に中村奨自身を奮い立たせる思いを湧き上がらせた。

 「ライバルになる子たち。負けちゃいけないなと思いました」

 刺激となる同期の中でも、清宮とは休憩時間を利用して談笑した。「深い話はしていないですけど、自主トレの内容とかを」と近況を報告。負けられない思いを抱く中、過度の意識はせずに「自分は自分のペースで、1軍に通用する技術をつけていきたい」と自らと向き合っていく。

 この日の研修会では、岩村明憲氏の講義も受講。「『下積みは大事』という話は何度も出てきた。本当に大事」と再確認した。同期入団組は髪も伸び始めたが、丸刈り姿のドラ1は当面の目標である1軍レギュラーへ向けて「野球漬けですね」とオシャレにも横見はせず、鍛錬を積む。

 午前中にはレジェンドたちの功績が刻まれる野球殿堂博物館を見学した。1大会6本塁打を放った自身の甲子園新記録のパネルにもサインしたが、「あの中に自分の名前もいずれは載せたい」とプロでも大選手となることに思いをはせた。100人を超える同期の星となって、球界を沸かせていく。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000039-dal-base
名無しさん : 2018/01/12 09:26:08
清宮、安田、中村 将来が楽しみ
名無しさん : 2018/01/12 09:44:15
いい表情

夢を感じてさせる3人だなあ
名無しさん : 2018/01/12 10:22:19
しかし本当にどうするんだろうな。坂倉という巨大な壁だよな。そもそも2軍でどれだけ出してもらえるか。坂倉はもし捕手がいないチームなら即レギュラーで使って行くことも不可能ではないくらい雰囲気あるからな。

実際にプレーして学んで欲しいと思う。清宮とかそういう話じゃ無くて、広島の異様にハイレベルな捕手の競争を勝ち抜かないといけないからなあ。すでに會澤、磯村というレギュラークラスがいて、2軍のライバルが逸材中の逸材だから。
名無しさん : 2018/01/12 10:35:21
まずは、チーム内の競争に勝ち残らなければ、坂倉は思ってるよりきっと大きな

壁となるし、磯村、會澤と上には上が待ってるからなぁ

カープが捕手の有力株の坂倉がいるのに敢えて中村を指名したのだから

スカウト陣の期待に応えて欲しい。
名無しさん : 2018/01/12 13:11:48
練習に励んでレギュラー獲得目指そう!

先輩方の壁は高いと思うがコツコツと努力して結果を出すのみ

頑張れ、未来の正捕手
名無しさん : 2018/01/12 09:34:43
焦るな!
先ずはプロとしてシーズン通してやっていけるだけの身体を作れ。
名無しさん : 2018/01/12 10:02:59
大丈夫、奨成は決して清宮には負けていない。
選手としての素質は勿論のこと、野球に取り組む姿勢、周囲への心遣い、チームへの愛情など、人間としての部分で大圧勝なんだ。
自信をもってカープを3年連続日本一に導いてくれ!
名無しさん : 2018/01/12 09:19:34
3名とも末永く現役選手でいてほしい

どこかのドライチみたいに いきなり故障じゃ寂しい
名無しさん : 2018/01/12 09:50:10
注目があっちに行ってる分のびのび頑張ってくれ~