“中崎不在”に、広島・佐々岡投手コーチは「今のメンバーでやるしかない」と救援陣に総力戦で乗り切ることを期待した。抑えだった中崎は今季2勝3敗、防御率4・08と不調で20日に登録外。無期限の再調整中で、いまだ2軍で実戦登板がないことを考えれば、球宴後の昇格が現実味を帯びてきた。

 守護神の代役を務めるフランスアが20日ロッテ戦、21日オリックス戦と2試合連続でセーブ機会に失敗する誤算もあった。「交流戦の間に中継ぎ、抑えが変わってうまく回らなかった。ザキ(中崎)の不調でフランスアを上げたけど、方程式で勝ち切れない試合もあった。ザキがいつ帰ってこられるかどうか。今の布陣で戦う」。7回から中村恭、レグナルトとつなぐ「新・勝利の方程式」を軸に守護神の復活を待つ。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000069-spnannex-base
名無しさん : 2019/06/27 06:42:41
投手陣は、去年より先発が試合を作ってるし、中継ぎ陣も好投してると思う。中村恭平とレグナルトの存在は大きい。

疲労蓄積かな?最近の一岡の状態が気になるけどね…。フランスアも去年の様な感じじゃない時もある。


これから暑い中投げる投手陣の負担を、少しでも軽くするためにも、野手陣の得点力が上がらなきゃ。

野手陣、奮起して欲しい!
名無しさん : 2019/06/27 07:02:10
投打のバランスの問題です。
とにかく試合終了時に、相手より1点以上の差で勝っていることができればいい。
打てなければ投手が押さえる。投手が打たれれば、それ以上に打線が点を取る。
これができるチームが勝つ。

中崎不在も、『総力戦で乗り切る』とある。投手陣のがんばりと、打線のがんばりを表していると理解しています。

そもそも、どのチームにしても1年間、すべての選手がずっと好調ということはありません。全勝したチームも、全敗したチームもありません。優勝チームは、投打のバランス意識(総力戦意識)を保ったチームです。投打が互いに相手を悪くいいだしたチームが下位に沈みます。
名無しさん : 2019/06/27 06:02:29
フランスアは打たれたときもあったけど
ほとんどは會澤によるストレート頼りの配球の悪さが原因。

いかに150キロ超えでも、あれだけストレートを見せられれば
スタメンクラスの打者ならタイミングを合わせるのは
それほど難しいことではない。
本格派投手の揃ってるパリーグチームなら尚更。
名無しさん : 2019/06/27 07:57:18
ゲーム序盤でも、もう1点をいやらしくても取りに行ってほしいね。緒方はスクイズがあまり好きやないみたいやけど、失敗してもいい、見せかけでもええから、カープの野球はいやらしい、と思わせてほしい。
力勝負だけでは限界がある
名無しさん : 2019/06/27 06:46:08
連投が続いたりするとその時は乗り切れてもあとで疲れや痛みが蓄積されていたりするからね
良いリリーフがどんどん育っているんだから守りに走りすぎず新たな新戦力に時折厳しい場面も分担すればいいよ
名無しさん : 2019/06/27 09:31:40
交流戦最後の試合で九里が変化球主体のピッチングをしたが、その結果、見事に相手チームの各バッターを手玉に取ることが出来た。なにげに、この試合で鯉の各ピッチャー、キャッチャーが、「何か」をつかんだ気がするな。明日のベイさんとの試合が、ホンマ楽しみになってきたよ。(^^)
名無しさん : 2019/06/27 05:58:35
体を痛めてなければいいけど。心配。かけがいのない選手だから十分調整して一軍復帰してください。
名無しさん : 2019/06/27 05:59:07
今の中崎じゃ当分無理でしょうから妥当な判断でしょう。
中継ぎもだが、打線ももっとしっかりすべきだな、点取れるとこでもっと取るとか。1点差のリードじゃあってもほぼないみたいなもんかもしれないし。
名無しさん : 2019/06/27 07:09:17
鍵は打線に尽きる。
投手陣は良くやっている。
田中、松山 特に君たちだ。