2014年ドラフト1位で広島に入団した野間峻祥が、4年目の今季大ブレイクした。

 9月23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志氏は「バッティングというのは、コツを1つ掴むだけでグッと変わるんですよ」と話す。

 さらに田尾氏は「今までの野間はバッティングで結果を残せないことが多かったのですが、粘れるというよりも色んなボールに対応しているということ。コンパクトに強く振れていますよね」と昨季までとの違いについて分析した。

 昨季までは代走・守備固めがメインだったが、今季は丸佳浩が故障で離脱した間に打撃でアピール。丸が故障から復帰後も、左翼のレギュラーとして出場し、ここまで123試合に出場して、打率.292、5本塁打、46打点、17盗塁の成績を残す。5年目で自身初となる規定打席到達も目前だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00167835-baseballk-base
名無しさん : 2018/10/03 10:12:39
本人が言ってたね。
丸か誠也のケガで出させてもらってた頃、最初はやっぱり打てなかった。
いつかの阪神戦で打席で粘ってたら、どうすればいいのか急にわかったとか。
見ている方は、なんか最近当たりだしたような気がすると思ってたが、本人はいいものをつかんだようだ。
後に東出コーチが、やっと野間とバッティングの話がまともにできるようになったと言ってたな。

仕事でもわからんけど続けていれば、ちょっとした切っ掛けで急にすべてが繋がったようにわかることがあるが、プロスポーツでも同じなんだな。
名無しさん : 2018/10/03 10:40:41
ドラフトで有原を外しその後1位指名。正直初め誰?と言う感じだったがカープの練習について来て練習を積み重ねた結果だと思う。スカウト陣は本当に凄い。研究をされる来年が勝負だて思う。頑張って欲しい。期待しています!
名無しさん : 2018/10/03 10:38:02
野間は大卒4年目フィジカル的にもピークを迎えつつあるから、ちょっとした

切っ掛けがあれば、一気に開花の可能性があった。脚の速さや肩の強さなどは

天賦の才として持ってはいたが、打撃が花咲くまで4年間必要だったと言うこと

来季は警戒される中、今季と同じような活躍が出来れば本物と言えるだろう
名無しさん : 2018/10/03 13:47:26
かつては「隙あらば野間」などとカープファンからも緒方監督のエコひいきだと揶揄されていたが、昨年は守備力と走力で他球団の脅威になり、今年はついに打力も開花してレギュラーの座を狙う所まで成長した。石井琢朗もカープを去る時に野間の成長が心残りだったらしいし、東出や迎の地道な指導とそれに応えた野間の努力の賜物だろうね。緒方自身、レギュラーになるまで何年もかかった遅咲きだったし、カープには若手を根気よく育てていく伝統があるんだよな。

かつて野村監督に見出された堂林は、誠也や安部、龍馬の台頭もあってその後伸び悩んでしまった。最近では代走やバント代打、一塁守備固めなどが増えていて、カープのクリーンナップを担うかと期待された事を考えると本人も悔しいに違いないが、黙々と与えられた役割を懸命にこなしている。でも、必ずやその努力が報われると思う。だって、あのエラー王・堂林が今や一塁守備固めなんだから。
名無しさん : 2018/10/03 10:15:03
本人が腐らず努力した尊さはもちろんだけど
琢朗の心残りである野間育成を、引き継いで
見事に開花させた東出・迎はすごい仕事を
したと思う。
名無しさん : 2018/10/03 11:17:46
監督が我慢されましたね。何度もドームで観ましたが、最初の頃は出てくれば安全って感じでした。足が速いと聞いてましたが足を生かしたバッティングをするでもない、本人も出場にオドオドしているように見えました。
何で監督は、この選手ばかり使うんだろう、個人的に好きなんだろうなぁ、くらいにして見ていませんでした。
ところが、躰も大きくなり、足に頼らず振り抜き打ち切る姿勢、本来のスピードも生きて、一気に怖い打者となってしまいました。
分厚いカープに次から次に出てくる戦力、羨ましいわ。
名無しさん : 2018/10/03 12:31:59
いや、ここ2年は完全に代走・守備固めの「野間は何処だ!」
な起用がほとんどで、打者としてある程度打席機会を貰えたのは
1年目だけだよ

我慢して使っていたらいつの間にか伸びたのではなく、
前コーチのタクローさんや東出・迎両コーチが技術を叩き込んで
ようやく本人がそれを活かせるようになった、という感じ

活躍し始めた後は緒方監督も上手く使った感じだね
名無しさん : 2018/10/03 15:30:56
コーチの指導もそうですが、自身の練習量も相当だと思います。
もしセンスに胡座をかいて努力を怠る選手だったら、緒方監督が早々と見切るでしょ。
名無しさん : 2018/10/03 10:20:27
緒方監督初年度、ルーキー野間を多用し「隙あらば野間」と揶揄されてプロの壁にぶち当たったプレッシャーは相当だったろう。そこから人一倍の努力があったにちがいない。徐々に速球に打ち負けなくなり、走攻守揃ったカープ鉄壁の外野陣のラストピースになった三連覇の立役者。鈴木誠也やアライサンにイジられるキャラクターも良い。来季からは充分マークされるだろう。
名無しさん : 2018/10/03 10:48:57
足が速いから、ついつい安易にセーフティバントとか、ちょこんと当てて内野安打とか期待しがちだが、石井琢コーチをはじめ首脳陣は一貫してそれをやらせなかったね。
野間の成長と、阪神の打てない俊足遊撃手を見てると、指導と育成の大事さがわかる。

結果が出せず、戦力外通告を受けるのは選手自身だからね。
名無しさん : 2018/10/03 12:17:18
誠也が野間が全然打てなかったころから、金魚の糞のように野間にくっついていたのは野間の才能を見抜いていたからだと思う
同じような一流の匂いを感じたんだと思うね
野間は下半身が誠也みたいにガッシリしているから更にコツを掴めばHRももっと打つだろうと思うね

タナキクマル の次の世代の 誠也、野間、西川
その下の世代で期待される 坂倉、中村将成と・・

若鯉すくすく育ってます!!
カープ野球超楽しい!!
名無しさん : 2018/10/03 10:29:43
天谷が引退を決意したのって、野間が代走・守備固め要員じゃなくて普通に先発メンバーとして起用できるようになったのもあると思う。

丸がケガ、誠也も足に不安を抱えていたから、外野の先発メンバーがファイヤーフォーメーションになるので、外野の守備固め要員として昇格していたかな?とは思う。
名無しさん : 2018/10/03 10:45:46
中途半端に埋もれてしまうのかと
思っていましたが、地道に
頑張っていたということなんでしょうね。
まだ若いし、来季以降も
期待してます。
名無しさん : 2018/10/03 10:16:30
隙あらば野間、って緒方監督とセットでディスられてたけど、良かったですね。
ただ、来年も続けないと意味無いので頑張って欲しいです。
名無しさん : 2018/10/03 10:27:12
野間は足を活かそうと流す意識があるから、強く引っ張ろうする安部よりも率は安定すると思う。できれば、初球の甘いストレート簡単に見逃さず、積極的に振っていってもらいたいなぁ。
名無しさん : 2018/10/03 11:43:02
トリプルスリーできるだけのポテンシャルはあると思う。ホームランも丸みたいに増えてくると思う
名無しさん : 2018/10/03 11:11:58
あんだけバット短く持ってナゴヤドームのレフトスタンドにいれるパワーもある。

1年目は大きくドロンとしたスイングだったが、今は小さく早いスイングに変わった。
類まれな瞬発力を持ってるけど、ようやくその素質に合わせたフォームになってきた。
名無しさん : 2018/10/03 11:24:43
恐らく走塁に関してはセリーグNo. 1だろう。特に2塁を蹴って3塁に向かうベーランの速さは球界1かもしれない。
野間、丸、誠也が外野では相手は単打で回さないことも多いし、打撃のしつこさが出れば当分レギュラーだろう。東出の指導の賜物だね!
名無しさん : 2018/10/03 10:20:38
野間・丸・誠也の外野陣って、カープ歴代でもかなり高いレベルなんじゃないか??守備力、打撃力ともに。野間がさらに覚醒し、丸が残留すれば来季さらにトータルでレベルアップしそう。
名無しさん : 2018/10/03 11:15:52
本当に大ブレーク、あの満塁本塁打は圧巻だった。来季はもっとブレークしてくれ。
名無しさん : 2018/10/03 11:06:11
来年 真価が問われる