広島は30試合を消化し、11勝16敗3分けの5位でスタートを切った。昨年まで監督を務めた日刊スポーツ評論家の緒方孝市氏(51)が、ここまでの戦いぶりと今後のポイントを語った。合格点を与えた攻撃陣は機動力や小技の重要性を説き、課題とした中継ぎ陣は若手と経験者の融合を浮上の鍵とした。

30試合を終え、結果だけを見れば苦しいかもしれないが、明るい材料もある。攻撃陣はリーグトップのチーム打率2割8分9厘。堂林とピレラが昨年までの打線から新たな戦力としてしっかり数字を残し、中軸の得点圏打率も高い。攻撃の形はしっかりしている。 「好機であと1本が出ない」という声も耳にする。ただ、毎回得点できるほど簡単なことではない。反対に多くのチャンスをつくれているとプラスにとらえることだってできる。負ければどうしても、そういったところに目を向けられるものだ。ただ、長いシーズン、このまま高い数字を残し続けることは難しい。数字が落ちてきたときに、機動力や小技などを絡めた攻撃が必要になってくる。

20200618-00804957-fullcount-000-6-view


引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cc9963ca8680bd82e2e53e2475c882b615736166
名無しさん : 2020/07/28 08:59:55
緒方さんから先発陣で唯一名前があがらなかった九里リン。
佐々岡監督になって機動力野球が全くというほど見られないよね。

ブラウン監督の時も機動力は無かったし、盗塁王経験者である野村謙二郎さんや緒方さんとは感覚が違うのだろうなあ。
昔からカープといったら機動力!
もっと積極的に走って欲しい。
名無しさん : 2020/07/28 12:31:44
そうだ、ブラウンの野球や。。
ただ、投手陣を整備してくれたのもあるので何も言えない。。
名無しさん : 2020/07/28 14:32:49
監督本人と打撃コーチがケンカ状態の2015年は置いといて、2016年見れば、投手陣には黒田がいて、打撃陣には石井琢朗コーチと新井さん。走塁には河田コーチがいたものね。みんないなくなっちゃったんだから、大変ですよ。おまけに3連覇メンバーはピークを過ぎているしね。
名無しさん : 2020/07/28 07:19:21
佐々岡さんのチームコンセプトは確か守り勝つ野球だったと思うけど現状チーム打率1位でチーム防御率5位と完全に打高投低のチーム状況だからね
監督のやりたい野球とチームの状態に大きな差があるからそりゃうまく噛み合わないわ
名無しさん : 2020/07/28 13:25:00
今の状況だったら、1番田中、2番西川、3番堂林、4番誠也でいってほしい
西川は結局四球を選ばないので出塁率は田中とほぼ変わらずだし
田中であれば走塁マシになるはず
名無しさん : 2020/07/28 08:14:49
結局、基本に忠実にってとこでしょう。

次の塁を狙う。
右打ち、バント、盗塁を含めて。
投手は目の前の打者に攻めていく。
ひとつひとつアウトをとっていく。

エラーしたり、四球出したり、緩慢な走塁だったり、そんな積み重ねがあると勝てない。

でも、何かが変だよね。
なんだろう?
名無しさん : 2020/07/28 10:52:35
あれだけ打率が高いって言うのに防御率が悪い訳だから、むやみやたらのバントはタブーってことだよ
名無しさん : 2020/07/28 09:22:48
どこかにデータがあるのかもしれないが、今季のカープの「無死2塁」と「一死3塁」からの得点率は、3連覇中のチームとの比較でかなり低いんではないだろうか。無死2塁(一死3塁)が走者が動かず2死2塁(2死3塁)となるケースを何度も見ているような気がするのだが…。
名無しさん : 2020/07/28 10:43:30
サードコーチャーが悪いのでは?
名無しさん : 2020/07/28 13:40:51
それが少ないのは方針もあるかもしれないが、序盤に複数点取られてるから。

打撃陣も追い付いて、投手を楽にさせてあげたいと思ってヒットを繋ごうとする。
名無しさん : 2020/07/28 08:14:33
勝ちパターンで投げれない、外国人投手って必要ですかね?負けゲームにしか投げれない外国人を使うぐらいなら、どんどん若手使えばいい!
打撃陣は、チーム打率は正直素晴らしいです、しかし打球判断や走塁のまずさで得点力が今一つだと思います。ヒットヒットヒットの各駅停車にならないようにすれば、得点はまだ上がると思います。
緒方氏の言う通り、毎回毎回、打てる訳ないんですから!
名無しさん : 2020/07/28 11:58:46
日本人のエリートがメジャー行っても開幕してすぐ順応して活躍する人なんてほぼ居ないのと一緒でアメリカ人だってボールとか気候とかに慣れるのに時間かかるでしょ。
DJなんか球自体は良いし、慣れたら活躍するかもと私は思いますよ。
佐々岡さんもそう思ってるから使ってると思うし。
せっかく来て頑張ってくれてる人にそんなにワーワー言いなさんな。
名無しさん : 2020/07/28 08:23:39
西川や會澤にも本塁打が出始めると得点力が大幅に上がるはず。そうなると投手は余裕がもてるため、1点を防ぐために警戒して四球連発による大量失点が防げるようになる。3連覇したときは、打線が凄かったので投手も5回3失点くらいなら勝利投手になれたので、投手が野手に引っ張られるように好結果になったのだと思う。
名無しさん : 2020/07/28 11:47:05
丸、バディが抜けてホームラン数が減ったのは得点力に直結する。外国人ホームランバッター、高橋大、林、奨成、正随など長打力のある選手の育生は必須。
名無しさん : 2020/07/28 08:00:00
投手力が浮上の鍵…
確かにそうなんだけど…
すぐに育てられるわけではないし…
トレードも模索しているかは判らないが、すぐにできることじゃない。
すぐにできることは、意味のないアウトを減らす、次の塁を積極的に狙うではなかろうか?
今は点の取り合いで負けないようにしないと…
名無しさん : 2020/07/28 09:57:22
三連覇の時も基本的には打ち勝つ野球だったからね
中継ぎ抑えが今より遥かにしっかりしてたのは確かだけど、中盤終盤に追加点取って楽な展開に持ち込めたので投手陣への精神的な負担も少なかった
チーム打率セリーグトップなんだから佐々岡が目指す野球とは違ってもひたすら打ち勝つしかない
名無しさん : 2020/07/28 07:45:50
浮上のカギ
確かにご指摘の通りだと思う
ただリリーフ陣の整備に関しては
長いスパンでの取り組みになりそう

今シーズンは野手も投手も
いろんな若手にチャンス与えて
経験積ませるのもいいかも
名無しさん : 2020/07/28 12:02:49
今できるのは外国人投手の補強、新戦力の発掘しかない。一昨日の一岡をみてもとてもクローザーは無理。勤続疲労からか球の勢い、キレが感じられないし、制球も出来ていない。岡田を試して見るぐらいしかないかも。2軍の田中法、平岡等にもチャンスを与えてはどうか?
名無しさん : 2020/07/28 09:59:10
人間って、「こうしてはいけない」と言われると、そのつもりはなくてもやってしまうものらしい。四球を出してはいけない、本塁打を打たれてはいけない、逆転されてはいけない、という呪縛が悪い方に出る。どうも、佐々岡監督は「〇〇してはいけない」的なことを言っているんではないか?と思う。かつての暗黒時代、出てくる投手がみんな四死球でボロボロになっていたのを思い出す。当時クローザーだった佐々岡すらも。その時首脳陣がやたら「四球はいけない」といっていた記憶があるが、何ら改善されないどころか、むしろ状況は悪くなっていった。特に、開幕直後からリリーフ陣が炎上することが続いたので、どうしても悪いイメージでみんな登板しているのでは?鍵は、いかに良いイメージで登板出来るか?だと思う。
名無しさん : 2020/07/28 11:46:25
想像ですね
あくまでも

首脳陣がそう言ってたのを聞いたのならわかるけど
名無しさん : 2020/07/28 12:46:30
よし、四球出さないなんて駄目!と思えばええんや
名無しさん : 2020/07/28 11:16:06
こんな大事な内容で、菊池保則を挙げてもらえて本当に嬉しい。これまで広島ファンの皆さんに温かく応援されている様子を見て、良いトレードだったと心から喜んでいます。もうとっくに広島の子ですので、古巣ファンは偉そうなこと申しませんが、引き続き陰から応援させていただきます。
名無しさん : 2020/07/28 09:45:14
投手は編成そのものに問題があるんじゃないかと思う
野手と比べて投手は育成が難しいから、層の厚さがもっと必要なんだよ


だって、ヤクルトの長谷川とか150キロ投げる左腕がソフトバンクの育成なんだから
厳しいようだけど、1軍で投げられないノーコンに支配下の枠を使うのは勿体ない
名無しさん : 2020/07/28 12:08:01
勤続疲労から復活できそうにない投手も同様。だからこそ登板過多だけは避ける事がそれだけ大事。
名無しさん : 2020/07/28 12:29:45
見切るのに反対してるわけじゃくて、育成がいないと見切れないと思うんだよね
野手だと大盛と赤松を考えてくれたら分かると思う
名無しさん : 2020/07/28 09:07:29
勝ちパで使える新しい外国人投手を今からでも獲るべきだろう。
カープに在籍していた、ヒース、ヘーゲンズ、ヘルウエグ、レグナルドあたりと再契約できないかな。
日本野球を知っているし、ある程度計算できると思うのだが。

とにかくシーズンの1/4を消化してしまったので、早急な整備を!
名無しさん : 2020/07/28 10:40:59
それも選択肢の一つですが冷静に見ると今年は球団に資金力があるかどうかですね。
マイナーは試合してないわけですからチャンスが有ればマイナーの選手も契約してほしいはずと思います。
名無しさん : 2020/07/28 07:47:57
ほぼレギュラーだった安部や野間がなかなか試合に出れないし、磯村、坂倉、長野も他チームならレギュラーであってもおかしくない。一方で投手陣はぼろぼろなので、出場機会の少ない野手と投手のトレードなども含めて、何か変化がほしい。
名無しさん : 2020/07/28 10:58:41
コメントニあるように機動力が行かせていない。
それだけでなく、3塁コーチに打球への判断が悪いので、2塁走者が3塁で止まっている。
これは相手チームには有り難い。
反対に相手チームはヒットでホームへ飛び込む。
これがまだ30試合終えた段階でも何回もあった。
もう、ホーム駆け込ませ1点取っていれば勝てた試合があった。
外野への打球判断が悪い3塁コーチを代えるべきだ。
 2軍にいて、外野を守っていた赤松コーチは適材では。
名無しさん : 2020/07/28 10:53:54
逆転勝ちのカープを支えたのはリリーフ陣。一発で逆転される試合が多すぎる。緒方監督は低めに投げることを意識させた。優れたバッターとして低めの球は打っても飛ばないことを知っているからだろう。
名無しさん : 2020/07/28 11:54:11
九里にも触れてやって欲しいのだが・・・。
それはさておき、リリーフの整備は重要ではあるが、野手に目を向ければタナキクの二人の打撃が心許ない。
石原を除いた捕手は打撃がいい分、打順の組み替えがうまくいっていないところが、得点効率の悪さにつながっていると思うけど、ここはシーズン中に落ち着いてくると思われる。
タナキクが3分ほど打率、出塁率共に上がり、三振が減れば、より厄介な打線になってくる。
名無しさん : 2020/07/28 10:11:47
みんな敗戦処理の投球はいいけど勝負かかってると狙いすぎの四球連発でストライク入らずで甘い球投げてポカーンと一発みたいなケースが多い。
名無しさん : 2020/07/28 10:03:14
昔から投手力言われてるけど、緒方時代の躍進はタナキクマルや逆転のカープが一番印象的だけど。
名無しさん : 2020/07/28 13:24:54
投手陣の整備を!と言われてもそう簡単なモンじゃないよね。新しく補強をするならまだしも、今いる中でなんとかしようと思っても今いるピッチャーのレベルが低いんだから。
名無しさん : 2020/07/28 10:35:57
リリーフ陣に限らず、投手陣の整備、補強が必要なのは何年も前から分かってた事。連覇してた時も大量点のお陰で勝ってただけ。もっとお金もかけて本気で取り組んで欲しい。
名無しさん : 2020/07/28 12:35:48
三連覇によるブルペンの経年劣化が問題
外国人投手も期待出来ない
塹江投手ら若いパワーピッチが出来る投手が勝ちパターン出てきたら今年苦手の巨人阪神と戦える
名無しさん : 2020/07/28 10:56:35
新井さんにコーチして欲しい