<3連覇思想>

指揮官として広島を3連覇に導き、日刊スポーツ評論家に就任した緒方孝市氏(51)の「3連覇思想」、最終回は「転機」の重要性について語ります。



  ◇    ◇    ◇

選手にとっての「転機」ということを考えてみたい。誰にでも気持ち、プレーが変わるきっかけのようなものがあると思っている。選手、コーチ、そして監督として、ここまでやってこれた自分を振り返れば、母親がこの世を去ったとき、そこが生まれ変わる転機だったと考える。

入団9年目の95年6月6日、自分が26歳のときに母が亡くなった。52歳だった。2年間ぐらい闘病していて回復の兆しもあったのだが無念の結果になった。今年、自分がその52歳になるのだが、当時はそんな年齢でこの世を去ってしまうのか…と衝撃を受けた。

2人の妹、親類もみな、すごく悲しんだ。そんな中でもっとも驚かされたのは父親の姿だった。実家は佐賀・鳥栖の海産物卸売り業。両親共働きだったが特に父親は昔かたぎの厳しい仕事人だった。子どものときに一緒に遊んでもらった記憶はまったくないし、楽しく思い出すのは小学生のとき、野球のグラブを買ってもらったことぐらいだ。

そんな父親が母のことで見ていられないぐらいに落ち込んでしまった。その父も昨年(19年)に亡くなったので、もう話してもいいと思うのだが、こんなことがあった。

「緒方の父親が母の墓前で倒れている」。そう言って救急車が呼ばれたことがあった。事実は早朝からの仕事を終え、墓参に行った父が母の墓に触れながら話しかけているうちに寝込んでしまったのだ。しかし、その様子を見た知り合いが「倒れている。大変だ」と思って救急車を呼んでくれたということだった。

それほど元気をなくしていた父親だったが唯一と言っていいぐらい喜んでくれたのが自分の野球での活躍だった。母親も生前、鳥栖から広島までこっそり見に来てくれていたということは後で聞いた。両親ともに応援してくれていたことをあらためて思い知った。

父を元気づけるために何ができるのか。そう考えたとき、広島で活躍し、メディアに取り上げてもらうことしかなかった。正直、それまでは1軍半のような選手だったがそこから必死になった。そのシーズンに盗塁王を取ったこともあり、次第にレギュラーと言われるようになった。

転機と言ったが何かのきっかけで「これでいいのか」と感じることが大事なのでは、と思う。実力がありながら伸び悩んでいるような選手はそんなことも少し考えてほしい。(日刊スポーツ評論家)



引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202006040000476.html
名無しさん : 2020/06/05 07:40:06
亡き三村監督が残した緒方の母は緒方を二度産んだの名言は、自分がこの世で最も泣けるエピソード。こんな両親の元に生まれる事の出来た緒方は本当に幸せな人間だ。親から受けたその愛を野球を通して、これからも世の子どもたちに広げて行って下さい。
名無しさん : 2020/06/05 07:33:39
緒方さんも高卒でプロに入り、花開いたのが26歳の時だから、1軍半時代が長かったね。
実際、今思うと、20代前半の頃は他の若手より優先的に1軍に呼ばれ、首脳陣に期待されている感じは伝わってきたけど、1軍ではあまり結果を残せていなかった。
2歳下の江藤さん、3歳下の前田さんのほうが先に1軍で活躍して、緒方さんほうが後から出てきた感じもあったね。
そう考えると、やっぱり、この記事に出てくる話が転機になったんだろうね。
名無しさん : 2020/06/05 07:38:24
当時の三村監督が言った
「緒方の母は緒方を二度産んだ。」
まさしく転機となり、ただ脚が速い選手から
三拍子揃った素晴らしい選手になられた。
天国のお母さんも応援されていたはずです。
親の思いは子供が出来るともっとわかる。
ずっとユニホームを着ていたので
少し外から野球を見てまたユニホーム姿を
見たいので待ってますね!
名無しさん : 2020/06/05 10:48:18
当時の緒方選手は足は速いけど「ガラスの足」って揶揄されていたもんね。

代走や守備固めには使われるけどシーズンのどこかしらで足をケガしていつの間にかベンチから消えてそのまま1年終了っていうシーズンもあったしね。

1年は使いきれない選手のイメージだったね。

ポテンシャルはあるけどそのケガが邪魔してアピールしきれずそのまま終戦。

今でいう千葉ロッテマリーンズの荻野貴司が近い。

そんな緒方選手には三村さんが監督になられたのは大きかったと思う。

就任早々「緒方を使いたい」と仰っていたしね。

今思うとそんな三村さんを自分に、そんな当時の自分を野間にダブらせたのかもしれない。

ルーキーイヤーの野間を「隙有らば野間」って揶揄されながら使っていたのもそれかもね。

野間と緒方選手の大きな違いは頭を使うかどうかだね。

野間はポテンシャルはあるが活かし方がまだ解ってない印象なんだよね。
名無しさん : 2020/06/05 10:07:50
この話を聞いて奮起しなきゃいけないカープの選手は何人かいると思うぞ。
今年来年と活躍している姿を見せることが、緒方への最大の恩返し。
大先輩に良い報告が出来るようにがんばらんと。

もちろん、そんな姿をファンは応援するだけです。
名無しさん : 2020/06/05 11:24:20
その筆頭が堂林。
名無しさん : 2020/06/05 08:52:09
緒方さんも名選手と呼ばれるまでにはきっかけとなる人生の場面があったのですね。
人ってやっぱり気持ちで動くものなのだなとつくづく思います。
それに気付けるかどうかで変わるのかな。
名無しさん : 2020/06/05 09:08:46
緒方は若い頃は盗塁ができる1,2番タイプだったが、年をいってあまり盗塁ができなくなってからは、コンスタントにHR25本前後(最高36本)打つ中軸選手にかわっていっためずらしいタイプの選手。
NPBで17人しかいない200本塁打、200盗塁達成選手。
名無しさん : 2020/06/05 10:38:31
カープ低迷期前の優勝の年(1991)辺りには、もう試合に出ていた記憶があるんだけどな
当時はそんなに打つほうではなかったから

山崎の引退で俊足外野手の枠が空いてチャンスをもらったんだったかなぁ
名無しさん : 2020/06/05 14:43:42
大きな怪我もたくさんありましたが本当に三拍子揃った最高の選手でした!!巨人からの誘いを蹴り広島残留したし監督になりリーグ3連覇は見事でした! 昨年4位になりファンに罵声浴びせられ
たり シーズン終了後に辞任表明した時は
個人的に悲しかった。
名無しさん : 2020/06/05 14:46:03
自分の活躍する姿が親孝行だったと思います。色々思うことはあると思います、これからも身体には気をつけて下さいね。
名無しさん : 2020/06/05 07:52:54
親と子のストーリー、泣けますやん。
生きてる間に親孝行しときたいな。
名無しさん : 2020/06/05 11:12:45
これでいいのか

と感じる事が大事か。
めっちゃくちゃ深くていい言葉だな。
胸に刻もう。
名無しさん : 2020/06/05 07:32:31
親孝行したいときには親がいないって言うしね。
名無しさん : 2020/06/05 09:50:21
何のためとか、誰のためとか、目的意識も大事なのかなと思います。
名無しさん : 2020/06/05 11:56:02
めずらしいな緒方がここまで身内の事を話すのは。