まだ、あきらめない。広島の大瀬良大地投手(28)が2020年に向けて早くも意欲を燃やしている。19年は自身初の開幕投手を務めるなど上々のスタートを切ったが、シーズン途中の不振もあり、26試合で11勝9敗、防御率3・53だった。

 15勝7敗、防御率2・62で最多勝利と最高勝率(6割8分2厘)を獲得した18年に比べて数字こそ落としたものの、エースとしてチームの苦しい場面を何度も救ってきた。そんな大瀬良が今年、出たかった試合が「プレミア12」だった。

 同大会には広島からは菊池涼、会沢、鈴木の3人の野手が出場。3選手とも活躍し、侍ジャパンは10年ぶりの世界一に輝いた。広島で秋季練習に励んでいた大瀬良は「(テレビで)ちょこちょこ見ていました」という。

 チームメートの活躍には「頼もしいなと思っていました。キクさん(菊池涼)もアツさん(会沢)も(鈴木)誠也も、あれだけ活躍してすごいなという気持ちでした」と喜びつつも「(自分も)出たかったな」とも思っていたという。

 大瀬良は「こればっかりは成績を出さないと(代表に)選ばれないので」と話し表情を引き締めつつ、来年に控える東京五輪には「もちろん出たい気持ちはあります」ときっぱり。18年の日米野球に出場した右腕は代表への熱い思いを持っている。

 ただ、東京五輪のメンバーについて、侍ジャパンの稲葉監督はプレミア12の出場メンバーを「土台にする」と話している。大瀬良の来季の活躍次第といえそうだが、わずか24選手だけが出場できる五輪舞台へ向け、コイのエースはアピールを続けていく。



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000025-tospoweb-base
名無しさん : 2019/12/07 18:27:03
稲葉監督は神宮とかで大瀬良をよく見に来てたし候補には入ってるだろうね
調子次第だと思うから来年頑張れ!
名無しさん : 2019/12/07 20:00:23
メジャーにいる選手は選ばれないだろうから、侍ジャパンのエースは大地しかいない!
たまたま成績よかった山口や大竹が出てて、なんで大地いないの?ってプレミア見ながら思ってたんだから‥‥
侍ジャパン背番号14でオリンピック大会優勝してくれ!黒田もマエケンも、その姿を期待してるはずだから
名無しさん : 2019/12/08 20:16:11
さすがに今年の大瀬良見てた人なら分かるでしょ…
名無しさん : 2019/12/08 15:43:18
まず、基本のストレートに力がない。
150キロ以上を常時投げなければ侍ジャパンには無理だね。
 今の大瀬良は変化球投手。
 やはり、エースのなるためには千賀のようなキレのあるボールを持つべきだね。
名無しさん : 2019/12/07 19:26:43
大瀬良の熱い思いは嬉しいけど、やっぱり皆さんの仰るとおりまずはカープのエースとして恥じない投球をして欲しいですね。五輪云々はそれからですよ。
名無しさん : 2019/12/07 17:38:31
可能性はゼロではない。来シーズンの前半、キレのある球で圧倒できるよう、充実したオフを過ごしてください。
名無しさん : 2019/12/07 18:59:45
来年は五輪に選ばれる位の成績を残してください
そうすればカープの順位もついてくるはず
名無しさん : 2019/12/07 19:15:21
カープで後半のようなピッチングじゃ話にならんよ。まずは一年間安定を。
名無しさん : 2019/12/07 17:41:42
「出たかったな」じゃなく「絶対出てやる」ってなったらもっと勝てるようになると思うなぁ
名無しさん : 2019/12/07 18:31:02
辞退選手が相次ぐ中、プレミアに出たかったという気持ちはうれしい!
名無しさん : 2019/12/07 18:13:42
前向きな気持ちが大事、頑張れ大瀬良
名無しさん : 2019/12/08 09:06:11
縦の変化球の精度が低いからなぁ
国際試合向きじゃぁないんだよ