「前日囲み」に1度入れば、広島・大瀬良大地投手(27)がやけに相手球団に詳しいことが分かるだろう。「前日囲み」とは、先発投手が登板前日に受ける囲み取材のこと。前回登板からの修正点、ブルペンでの感覚など、記者からの質問に答える。ここで、相手打線の印象を聞かれるのも恒例。「回の先頭を出さないように…」「相手に惑わされずに自分の投球を…」と、自らの課題をあげる投手が多いのだが、大瀬良はひと味違う。警戒すべき打者などがスラスラと出てくる。

 大瀬良の前日囲みのコメントを振り返ってみたい。今季の開幕戦前に、巨人・丸対策を聞き出したい取材陣の質問には冷静だった。

 「いい打者がいっぱいいる。吉川君に2番・坂本さん。まずは、吉川君を出さないようにしないと、色んな戦術を組ませてしまう。その中で丸さん、岡本君の前に走者を出さないことが大事になる。下位にもつながりのある打線だと思う」

 前日囲みではないが、昨秋のクライマックス・シリーズ突破直後、日本シリーズの相手が決まっていない段階での取材にも、丁寧に対応してくれた。

 「西武が勝ち上がったら、秋山さんを警戒しないといけない。今はあまり当たっていないかもしれないですが。ソフトバンクだったら、長打もあるし嫌らしい打者もいる。どちらのチームが来ても、走者を出した状態で4番に回さないことが重要になる」

 記者に全ての手の内を明かしているわけではない。言葉を選びながらも、よどみなく答える姿に、登板数日前から頭の中に詳細なデータが入っていることがうかがえる。

 次回の対戦相手の「何十枚にもなる」資料を、かばんに入れて持ち歩いているという。昨季、「ピッチングを深く考えるようになった」と言ったことがある。「何回も同じ相手と対戦するのだから、何も考えずに投げていたら損だなと思った」。17年シーズンからより詳しく研究するようになった相手の情報は、対戦ごとに更新を繰り返しながら蓄積されている。

 「隅々のデータをそろえてくれるスコアラーさんには感謝しかない。結果を出すことが恩返しになる」

 大瀬良がマウンド上で相手打者を見つめたとき、敵の弱点が頭の中に浮かんでいる。(記者コラム・河合 洋介)



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000158-spnannex-base
名無しさん : 2019/05/19 09:56:43
この記事にも書いてあるけど‥

カープは、
主力選手だけでなく

控え選手・スカウトマン・スコアラー・道具運びさん‥

そして球場に駆けつけるファンの声援‥
テレビを観ながら応援するファンの応援や街の雰囲気‥。

全部の気持ちが一つに繋がっているチーム。

そしてそれがカープの魅力でもあるし
強さの最大の秘密だと思う。
名無しさん : 2019/05/19 09:56:41
対戦チームもエース級をぶつけてくるから、投手戦になりがちだけど、カープのエースとして堂々と渡り合い、しっかり勝ちをもぎ取り、勝てなくても試合を作る姿に成長を感じる。結婚して、守るものが増えたのも大瀬良のモチベーションアップに繋がっているのだと思う。四連覇からの日本一、胴上げされる大瀬良が是非見てみたい。
名無しさん : 2019/05/19 13:27:49
本当に報われない時もあるけど毎回ひたむきに投げてる姿がたくましくなったと感じている。周りへの感謝を忘れない人間性と日々の努力だと改めて思う。大瀬良投手登板の時はより勝ちに繋がって欲しいなと思いながら応援している。
名無しさん : 2019/05/19 10:47:36
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

名言だと思う。今やほとんどのスポーツは事前の情報合戦だ。

でも、わかっていてもうまく対処・対応できるとは限らない。こちらがミスったり裏をかかれたりして大敗することもよくある。

でも、それら事前のデータをどのくらい活用するかできるかは個人差が大きい。中にはあまり気にしない選手もいるだろう。

大瀬良はそれに関してはかなり前向きだ。ただ、ノムサンの得意だったそういうデータ野球が全てでもない。

西川の昨日の一発だってそう。まさか、もある。(あ、西川に決して期待してなかったわけじゃないよ)

まあ、データ活用を含めて、各選手が本人なりのベストを尽くしてくれたらいいんじゃないかな。
名無しさん : 2019/05/19 12:53:13
大瀬良がしっかり研究しているのは分かるけど
記者の質問パターンの少なさと文章力の無さのせいで
ありきたりなことしか言っていないような記事になっているのが気の毒でならない。
名無しさん : 2019/05/19 09:54:28
メジャーリーグのエースとして抜群の安定感で大活躍した男気の黒田博樹の影響が大きい。
名無しさん : 2019/05/19 12:52:08
新人王とった翌年から、なかなか勝てなくて〜
CS戦で、中継ぎで出て勝てなくて
最後涙して、マエケンに慰めてもらってた姿が、今でも忘れられません。
よくここまで、成長してくれた。カープの大黒柱の投手になりましたね!
優しすぎるところが、弱点とも言われながら・・・そんな評判?も、見事に跳ね返してくれました。あの頃の苦しい時代があったからこそ、今シーズン当初の絶不調なチーム状況でも、折れない投球でひっぱってくれたのかなーと、心の強さも感じました。
これからも、カープのこと頼みます!
名無しさん : 2019/05/19 15:12:29
本当あの頃ここまでのチームを支える大黒柱に成長するとは正直思ってなかった。
今後も広島を牽引するエースとしての活躍を見たい!
名無しさん : 2019/05/19 10:56:23
全員を抑えようとするとしんどいから、対戦打者によってメリハリをつけるのが大事って、カープ時代のマエケンが言ってたな。当然、弱点を知ってることが前提の技術だ。黒田もメジャー時代にノートに打者の苦手ゾーンを絵を描いてチェックしてた。周囲にお手本になる凄い選手がいてくれた事も大きいね。
名無しさん : 2019/05/19 12:26:01
考えは受け継がれてると思いました。
名無しさん : 2019/05/19 12:54:25
野球は相手との手の内の読み合い、情報戦な部分も結構強いよね。大瀬良はパフォーマンス自体もそうだが、バッター心理を読み取り料理していく上手さが向上していると思う。勝っても「会沢さんが上手くリードしてくれた」とコメントできる謙虚さにも好感が持てる。長くカープで活躍してほしい選手ですね。
名無しさん : 2019/05/19 11:32:28
大瀬良は、自分の持っている能力を確実に一歩ずつレベルアップさせて、エースの階段を登っているのが我々ファンにも解ります。あれだけ力のある菅野でも勝ちにはなっているけど、防御率などが最近よくない。大瀬良は、菅野のようにならぬよう頑張って今年は、最多勝、沢村賞が取れるよう頑張ってもらいたい。
名無しさん : 2019/05/19 11:33:33
丸がカープにいた頃、ベンチで盛んにメモを取っていた。対戦投手の自分なりに感じたことを記録していたのだろう。

成功する人間は確実に人より努力している。浩二、衣笠、慶彦、正田。カープOBも一流選手は皆練習好き、研究熱心。

大地も昨年、今年とエースらしいピッチングが出来るようになった。超一流への階段を一歩一歩確実に歩んで欲しい。
名無しさん : 2019/05/19 10:01:54
大瀬良君、いつもホントに感じがいいんで応援したくなるわあ。エースとしてプレッシャーも相当あると思うけど頑張って欲しいです。
名無しさん : 2019/05/19 10:41:38
これは野球選手に限らず、どの仕事にも言えますね。
研究資料やデータなしでは効率向上には繋がりにくい上、生き残る確率も低くなります。
個人的にも参考にしたいと思います。
名無しさん : 2019/05/19 12:53:28
大瀬良がしっかり研究しているのは分かるけど
記者の質問パターンの少なさと文章力の無さのせいで
ありきたりなことしか言っていないような記事になっているのが気の毒でならない。
名無しさん : 2019/05/19 11:42:33
データは収集力以上に分析力が重要。

大瀬良投手は、様々な経験でそれを磨いてきたのでしょうね。

これからも応援します。
名無しさん : 2019/05/19 12:41:24
いいピッチャーになったなぁ…。
広島入団のいきさつからドラマ性があるし、いずれミスターカープと称されるに相応しい選手だと思う。
名無しさん : 2019/05/19 11:16:21
岡田投手と薮田投手にも見習ってほしいです
名無しさん : 2019/05/19 12:47:43
本当にそれ。
名無しさん : 2019/05/19 10:48:29
この人は、長いイニングを投げるために省エネ投法というのか、そういうものも頭に入れて投げている。ただ投げているだけじゃなくなった。頼もしさしかない。本当に人って成長するもんやな…。黒田さんに似てきたわ…。
名無しさん : 2019/05/19 12:52:50
大瀬良がしっかり研究しているのは分かるけど
記者の質問パターンの少なさと文章力の無さのせいで
ありきたりなことしか言っていないような記事になっているのが気の毒でならない。