広島大瀬良大地投手(28)が今秋に投球フォームを矯正することが10月31日、分かった。


すでに秋季練習から2段モーションを封印。1度上げた左足をそのまま踏み出すシンプルなフォームでキャッチボールを繰り返した。下半身への負担減で安定感アップを目指す。飛躍を支えた投球フォームからの脱却は、さらなる進化への1歩になる。

  ◇    ◇    ◇

2日から宮崎・日南では秋季キャンプが始まるが、エース大瀬良は広島に残る。マイペース調整を許可されているが、今季の悔しさと反省から大きな改造を決意した。昨年の投手2冠、今年の3年連続2桁勝利やリーグ最多6完投を支えた2段モーションと決別宣言。秋季練習ではすでにキャッチボールから左足を上げて、そのまま降ろすフォームを試している。「2段モーションを止めて、よりシンプルに投げていこうかなと思っています。イメージはシンプル。そこを目指したい」

もともと2段モーションは偶発的に生まれた。上体が突っ込んだり、体重が軸足に乗り切らなかったりする癖を矯正するため、遠投で右足1本で助走をつけている形が2段モーション投法となった。奏功した結果、昨年はタイトルを獲得し、今年は周囲がエースと認めるまでに成長した。

パフォーマンスの向上の代償に、下半身への負担が増した。2段モーションによる蓄積は長いシーズンで登板を重ねることで、影響が色濃くなった。今季終盤6試合で1勝3敗の数字にも表れている。「下半身を意識しながら投げる部分もあるし、1球1球の疲労感も違う。そこは軽減させたい」。もともと下半身が張りやすい体質。シーズン終盤にランニングの量を落とすなど対応してきたが、パフォーマンスの低下は否めなかった。

すでにシーズン終盤に2段モーションの動きを小さくした形を試している。「小さくして安定して良かった。それなら(2段)なくても変わらないんじゃないかなって」。一定の手応えを得て、オフの大改造に入っていく。変化なくして、進化なし。今秋、鍛錬の日々を過ごすのは、秋季キャンプに参加する若手だけではない。王座奪還へ-。主力選手もまた、鍛錬の日々を送っていく。【前原淳】


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-10310663-nksports-base
名無しさん : 2019/10/31 18:41:29
全てではないが2段モーションで相手のタイミングをずらしたのもこの2年間の活躍の一因だと思う。ただ自分で考え短所だと思うなら変えた方が良いと思う。疲労を抜きながら試して自分の物にして欲しい。新しい大瀬良を期待しています!
名無しさん : 2019/10/31 18:53:06
確かにこのフォームになってから活躍はしたけど
特殊なフォームだから負担もあったんだろう。
本人のやりやすいものをやればいいと思う。
個人的には2018年なフォームがかっこいいと思うけどね。
名無しさん : 2019/10/31 19:15:54
成績が示す通り夏場からボールの勢いがなくバテ気味なのは
投球全般に感じられた。2段モーションになってから投手として
覚醒したのだが体への負担は大きかったのだろう
名無しさん : 2019/10/31 22:12:59
2段モーションでタイミングをずらすなら、やったりやらなかったり、混ぜれば打者はもっと打ちにくくなるだろう。少しなら疲労も溜まらないだろうから、武器は完全に捨てない方がいいと思う。
名無しさん : 2019/10/31 18:40:02
来季は投げミスを少なくして欲しい。
名無しさん : 2019/10/31 18:58:38
2段モーションがバッチリ決まっていた時期のほうがいい内容だったと思うけどね。。
名無しさん : 2019/10/31 20:25:27
二段モーションが禁止の時でさえ、二段モーション気味だったのにできるのかね?笑
しかし、何事にもチェレンジ!良いことです。頑張れ!!
名無しさん : 2019/10/31 20:52:38
向上心の塊ですね
大瀬良くんの2020年はカープ日本一と東京オリンピック金メダル、そして沢村賞ですね
いけるぞ