広島のエース、大瀬良大地投手が19日のDeNAとの今季開幕戦で、投げては1失点完投勝利、打ってはプロ初本塁打を放つ大活躍を演じ、広島OBでツインズの前田健太投手がツイッターで「やばいな。笑 最高!」と反応したのを見て、思わずニヤリとしてしまった。というのは今年2月、広島の宮崎・日南キャンプを取材した際、球団関係者からこんな話を聞いていたからだ。



i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


「大瀬良はルーキーイヤー(2014年)に、マエケン(前田)と野村祐輔から、シーズンを通して『安打数+打点数』のポイントが1番高かった者に他の2人が食事を御馳走する、というゲームを持ち掛けられていたんだよね。ただし、大瀬良は九州共立大時代の4年間、DH制でほとんど打席に入っていなかったから、1人だけポイントを倍にするアドバンテージをもらっていた」  実際にどんな食事会になったのかまでは取材できなかったが、14年の打撃成績を比較すると、マエケンは60打数9安打1打点(打率.150)で“10ポイント”。野村は30打数7安打4打点(.233)で“11ポイント”。大瀬良は53打数5安打3打点(.094)だが、倍にすれば“16ポイント”で断トツとなる。さぞかし、おいしく“ゴチ”になったことだろう。


引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/285a5af0275a1019720e793ca8e8777bd3f5b54a
名無しさん : 2020/06/26 13:39:20
大瀬良は、藤浪のデッドボールの時も優しかったし2015年最終戦で打たれた時も泣いてしまってたね。でも大瀬良の優しさは大学時代の恩師の教えだったみたいですね。優しさこそが真の強さだと教わり、そのまま素直に野球にも私生活にも行かしている。本当に心の底から優しい男ですね。
名無しさん : 2020/06/26 15:06:29
優しさの中にも揺らぐ事のない秘めた闘志があるんでしょうね。
だからプロの中でもエース格のピッチャーになったんでしょう。
応援してます。
名無しさん : 2020/06/26 13:32:16
よくバカな阪神ファンが黒田と大瀬良を比較しますが、黒田は「送りバントの構え」をしている打者(しかも投手)に対して体に当たるようなボールを2球も投げたので怒っただけですよ
故意ではないにしろ技術不足だと

大瀬良に限らず、投手にとっては味方の得点が自分に有利になるので
打撃をおろそかにする投手はいないと思います
カープに限ったことではないと

特に開幕戦の同日、阪神西がHR・タイムリーを打ったのにも関わらず逆転負けを食らったということもありますから
名無しさん : 2020/06/26 15:39:04
補足させていただくと
「バント処理に気を取られて腕をしっかり振り切れてないからスッポヌケた球が続けて頭部きた
打者と対峙した時にはしっかり腕を振って投げきる事を意識して欲しい」
と言う意味のコメントもしてた
名無しさん : 2020/06/26 15:40:53
優しくて、しかも強いエースになって欲しい。大瀬良ならなれる。

名無しさん : 2020/06/26 13:40:25
投手も9人目のバッター。大瀬良だけでなく九里・野村も良く粘る。古くは大野さんもバッティングは良かったような気がする。バントヒットも良くしていたような。伝統ですね。
名無しさん : 2020/06/26 14:39:46
カープの投手陣は9人目のバッターという意識が強いと思います。バッティングもさることながら、全力疾走を欠かしません。一昨日の試合でも、九里が内野ゴロながら一塁まで全力で走ってアウトになって(しかも二死ランナー無しで)塁上で悔しがる姿を見て、良い姿勢と思いつつも、本業の投球に影響ないかと心配する位でした。
これも含めたセリーグの野球なのでDH制には個人的には反対です。
名無しさん : 2020/06/26 14:47:09
大瀬良はマエケン、黒田の影響をすごく受け継いでいると思う
打席も安易にはアウトにならないようにしたり、何より完投の意識が強いと思う
言動もしっかりしてるし、優等生の代表格だと思う
悔しくてグラブを投げそうになって、そっと置いたのがすごく好き
名無しさん : 2020/06/26 15:44:58
あの映像、大好きです。胸がキュンキュンします。男女を問わず、キュンキュンさせられる選手ですよね。

CSを逃して涙を流し、マエケンに慰められていたあの子が、こんなに立派になって…。ますます活躍できるように、応援しています。
名無しさん : 2020/06/26 13:48:23
開幕6試合を終えて、カープの投手陣は13打数5安打。ヒットを打ってない投手も送りバントを決めたり打席で粘るなど、9人目の打者としてはこの上ない。
名無しさん : 2020/06/26 14:49:10
リアルタイムでは80年代以降からしかわからないけど、大野さんも川口も、現監督の佐々岡さんも良く打ってましたよね。ほかにもエースではなかったかもですが、金石や白武がホームラン打ったのを見たような記憶があります。
前田健太の大リーグ移籍直後に代打ホームランというのも圧巻ですね。
名無しさん : 2020/06/26 15:05:38
川口が巨人戦でホームラン打った試合、観に行ってた。平和台球場だった。
名無しさん : 2020/06/26 14:02:11
2016~2018年は3連覇出来たけど、暗黒時代のカープは投打共に劣っていた。

投手陣が頑張れば野手陣が、野手陣が頑張れば投手陣が…みたいな悪循環だった。

黒田や前田健太がエースとして孤軍奮闘していた時代は投打共に他球団に比べて大きく劣っていたから、自分で打たないと勝てる試合も勝てなかったしね。
名無しさん : 2020/06/26 14:29:38
それはFAが大きいと思いますよ。全盛期になると次々といなくなる。
投手では川口や大竹。野手では江藤、金本、新井。外国人もチェコやシーツ。など。いくら育て上げてもこれだけ柱がいなくなっては。
今は財政も昔ほどは悪くないので、FAで獲らないにしろ、あまり出ていかない。
最近のAクラス常連なのは当たり前なのです。
名無しさん : 2020/06/26 15:03:17
おろそか、というより今年は交流戦がないが投手が打たないと永遠にパ・リーグには勝てない。DH制どうこう言われてるが、投手に打力を期待出来るなら、圧倒的に序盤はセが有利になる。パ・リーグの投手は打撃練習はしないし何より実践で打席にたつ事はないから。セの編成に、二刀流に近い指標を取り入れいち早くチーム編成化したチームが今後は強くなるだろう。
名無しさん : 2020/06/26 14:18:11
打席に立つ以上は9番目の打者だからね。
打てなくともバントや粘る事で貢献はできる。
ひいては自分の勝ち星にも繋がる大事なことだよね。
名無しさん : 2020/06/26 13:37:46
状況に関係なく打席で棒立ちの投手も減ってきたけど、自分が苦労して投げてるのに打者になったとたんアウトを献上してる投手には唖然とする。
名無しさん : 2020/06/26 13:20:48
常に一生懸命ってカッコいい。九里の一塁へ全力疾走なんかも素敵だよ。見てて気持ちいいし、応援したくなる。會澤よ、恥ずかしいだろ?ついでに丸よ、完全に巨人走りになってたな。タクローさんが嘆いてないか?
名無しさん : 2020/06/26 15:46:24
會澤は、あれで一生懸命走ってるんだよっ足がちょっと遅いだけ…
名無しさん : 2020/06/26 16:11:55
カープの投手陣は、バット片手に打撃談義するんですよね(笑)!

大瀬良は打つし、九里は打席で粘るし、いいピッチャーは『チームのために、意味のある打席にする』ことを必ず念頭においているように思います。
名無しさん : 2020/06/26 15:43:20
江夏さんの若い頃に比べれば(中1日の先発など) 年間6完投なんて何なの?と言われてもおかしくないんだけど、時代を考慮してしっかり評価してくれてるのは嬉しいね。
名無しさん : 2020/06/26 14:28:43
黒田の打席と言えば、四半世紀振りの優勝を果たしたあの試合の打席を真っ先に思い出します。
技術力とか、そういうのではない、「凄み」がありました。
名無しさん : 2020/06/26 14:10:47
広島には大瀬良大地という12球団一のエースがいる

江夏がそんなこと言うてくれるとは うれしいねぇ。
名無しさん : 2020/06/26 16:13:09
市民球場で外木場さんがホームランを打ったのを見たよ。