2018年のプロ野球公式戦が終了し、ストーブリーグに突入した。今季のタイトルホルダーの顔ぶれを見ると最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の菅野智之(巨人)、首位打者、最高出塁率の柳田悠岐(ソフトバンク)、最多安打の秋山翔吾(西武)、盗塁王の山田哲人(ヤクルト)、西川遥輝(日本ハム)といったおなじみのタイトルホルダーから、山川穂高(西武)、大瀬良大地(広島)、多和田真三郎(西武)、新外国人のボルシンガー(ロッテ)などは初めて個人タイトルを手にした。

 山川、大瀬良、多和田、ボルシンガーの4選手に共通しているのが、オープン戦で思うようなアピールをできなかったこと。昨季10勝を挙げ、今季も先発の軸として期待された大瀬良は、オープン戦の防御率は6.23。やや不安な状態で開幕を迎えたが、4月に3勝(2敗)、5月に4勝(0敗)、6月に3勝(1敗)と、6月が終了した時点でシーズン自己最多タイの10勝に並んだ。

 6月1日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「雰囲気が違う。昨年先発で結果を残して、今年もいい形で成績をあげてきている。堂々としている。自分のボールにさらに自信が持ててきていますよね」と昨季からの成長を感じたという。大瀬良はその後も白星を積み上げ、最終的にはリーグ最多の15勝を挙げた。

▼最多勝、勝率第1位
大瀬良大地(広島)
OP戦:3試 1勝1敗 防6.23
公式戦:27試 15勝7敗 防2.62


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00172759-baseballk-base
名無しさん : 2018/11/18 10:45:37
オープン戦もシーズンも好調というのは意外と難しい
その点、オープン戦からシーズン終了まで、ずっと好調を維持し続けた2015年の秋山はすごかったな
名無しさん : 2018/11/18 11:51:29
大瀬良はオープン戦での数字は良く無かったが、直球の伸びと切れは昨年と
明らかに違って見えた。結果論的になるが今季の活躍はそれほど驚かない
まぁ、タイトルを取れるとは思ってなかったが、今季も2桁勝利は当確の
投球だった。巨人とのオープン戦(雨で途中中止)での投球は、昨年と違い
ストレートの球質が良くなっている印象通りのシーズンだったなぁ。
名無しさん : 2018/11/18 13:09:59
自分もですね、一番坂本を三振に取ったストレート見て今年は違うなと思いました。
名無しさん : 2018/11/18 10:13:11
勘違いしてるようだけど、オープン戦は若手や当落線上の選手ならともかく、一軍選手には調整の為であって結果を残す為ではないって事を分かってないといけないと思いますね。
名無しさん : 2018/11/18 11:13:25
新外国人のボルシンガーはともかく、山川や大瀬良は余程のことがない限り開幕1軍確定の選手だろ。
多和田だって、西武の投手陣考えれば、開幕先発ローテはほぼ確実だったし。
名無しさん : 2018/11/18 10:14:53
オープニング戦で絶好調だとかえってペナントが始まってから大丈夫かと不安にもなったりする
名無しさん : 2018/11/18 10:22:01
今年の楽天だわそれ。

OP戦そこそこ勝ってたから嫌な予感したら案の定
名無しさん : 2018/11/18 11:20:29
OP首位打者だったシリアコですね。あと白崎とか国吉とか…
名無しさん : 2018/11/18 10:14:23
こういう記事は面白い。
名無しさん : 2018/11/18 16:56:14
ほんとオープン戦はあてにならん。