広島の4番・鈴木誠也が23日のDeNA戦の守備で足を骨折し、負傷離脱。リーグトップの90打点を記録する4番の不在はチームにとって大きな痛手だ。24日の試合では新井貴浩が4番に入り、3打数2安打1打点の活躍を見せたが、チームは3試合連続のサヨナラ負けを喫した。

 24日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』でも、リスナーから『チームの4番が抜ける影響について教えてください』という質問が届いた。

 この質問に答えたショウアップナイターの解説者・大矢明彦氏も、横浜(現DeNA)監督時代の09年に、当時4番を務めていた村田修一(現巨人)が負傷し、チームの主軸を欠いて試合に臨んだことがあった。大矢氏は村田の負傷を受け、「一瞬凍りつきました」と当時の心境を語り、「どうしようかというのはありました」と苦慮したことを明かした。

 そこで4番を任せたのが、08年に打率.378を記録し首位打者に輝いた内川聖一(現ソフトバンク)。今ではソフトバンクで4番を務める内川だが、当時は「なかなかうまくいきませんでした」と大矢氏。内川は開幕から2試合4番を務め、2試合で8安打に終わったチームの中で2安打(7打数)を放ち奮闘したが打線はつながらず連敗。3試合目からは内川を3番に入れ、吉村裕基(現ソフトバンク)を4番に据えた。

 しかし、主砲を欠いた打線は開幕からの6試合でわずか5得点と沈黙。チームも6連敗を喫していきなり躓くと、村田が復帰するまでの15試合で5勝10敗と大きく負け越した。


(ニッポン放送ショウアップナイター)

引用元 https://baseballking.jp/ns/129169

名無しさん : 2017/08/25 11:15:03
横浜でいうと93年に前半戦で
打率1位、本塁打1位、打点2位の
4番ブラッグスが抜けた事例がある

あの時は確かオールスターを2位で迎えたが
ブラッグスが骨折離脱して10連敗
シーズンは5位に沈んだ

最多勝(野村)、盗塁王(石井)、
打点王(ローズ)、抑えに佐々木
ブラッグスがいれば、、、の年だった

名無しさん : 2017/08/25 14:23:26
ブラッグスの場合、三振か凡打だったか忘れたが、腹を立ててバッドを地面にたたきつけるように放り投げたら、跳ね返ってきて小指に当たって骨折→離脱・・・・なんてこともあった

名無しさん : 2017/08/25 15:17:22
フィルダーじゃね?

名無しさん : 2017/08/25 11:50:28
第一次大矢監督の時は、4番にローズがいて怪我の記憶もなかった。ローズはメジャー上がれそうな時にマイナーの遠征移動中のバス事故で怪我をしてメジャー上がれず日本に来てくれましたね。

名無しさん : 2017/08/25 20:37:12
ローズってセカンド守ってたけど守備が上手かったな

名無しさん : 2017/08/25 12:46:44
村田が試合中に監督室でテレビを見てたのは
大矢監督のとき?

名無しさん : 2017/08/25 13:22:26
確か尾花の時だった

名無しさん : 2017/08/25 15:52:51
正直、あの当時の4番村田は負の4番という感じがあった。確かに本塁打王とかにはなったが、あまりいいとこで打ってたイメージが無いんだよな。大差で負けてる時やソロホームランも多かったよ。それに投手陣も駒不足過ぎて大矢監督も気の毒だった 古木選手がブレークしてくれたら魅力的なチームだったが

名無しさん : 2017/08/25 11:38:43
新井さんをあてがうことができるだけでもマシってことかな?

名無しさん : 2017/08/25 14:46:24
プラス材料を思い浮かべてポジるくらいしないと、このショックから立ち直れんわ……

名無しさん : 2017/08/25 11:18:30
村田のは覚えてるが、開幕前のことじゃん。
シーズン中とか後半かと思った。
そういや、フィルダーというのがいました。

名無しさん : 2017/08/25 12:24:26
WBCの試合中だよね。テレビで見てて終わったって思ったの覚えてる。

名無しさん : 2017/08/25 12:33:24
大矢監督懐かしい
今は解説のお爺ちゃんだからね

名無しさん : 2017/08/25 11:18:06
それこそ工藤監督に聞いたほうが早くね?

名無しさん : 2017/08/25 11:27:22
内川抜けてもこの強さ