【ネット裏 越智正典】広島34年ぶりの日本一はならなかったが、CSが始まろうとしていた10月11日、最終ステージで待ち構えていた広島の松田元オーナーが「優勝パレードは日本一になったときだけ」と言明したのは見事な選手激励だった。

 1974年、セで優勝した中日が名古屋まつりとぶつかった地元の熱望を断れず、チームを二分し、分隊を長嶋茂雄現役引退の巨人戦の後楽園球場へ。本隊はパレード。監督与那嶺要は泣いた。「みんなでパレードをやりたかった」。ドラは日本シリーズでロッテに負けた。

 カープの勝利の歴史は63年松田恒次オーナー(日本野球機構への正式届けは2月26日)の決断で初の県外キャンプに始まる。それまで、呉二河球場。雨の日はからだを動かさなかったからと、晩ごはんが焼きそば一皿の日もあった。

 キャンプ地を探せ! マネジャー竹内鉄男(法政大)が九州へ。どこもいっぱい。日南に球場があるらしいと聞き、宮崎の宮田旅館に一泊。翌朝バスでガタガタ道を3時間。青空、防風、町の人々の人情。あったあー。

 キャンプイン当日、一行は空路広島から鹿児島。着陸したとき機内の拍手はやまなかった。日南天福球場には歓迎の鯉のぼりが泳いでいた。横溝桂はいいボールが用意されていたのに感激。もう、変形したボールを金槌で叩いて直さなくてよい。

 カープは70年(4位)秋、アリゾナ州フェニックスのアストロズの教育リーグに三村、山本一義、山本浩二、衣笠ら6選手を送った。71年(4位)秋には同、ブルワーズに3選手。引率のコーチ、終戦直後の阪神の速投げ人気投手野崎泰一は、出会ったインディアンスの“火の玉投手”ボブ・フェラーと意気投合した。

 その71年秋、代表西野襄は恒次オーナーの意を汲んで72年の予算に「練習費」なんと、5000万円を組み込んだ。そして春、アリゾナ州ツーソンのインディアンスのキャンプへ。ナインはあの猛烈ジョー・ルーツに出会う(2月25日~3月17日)。当時快打選手、現スカウト、チーム編成の異彩、苑田聡彦ら36人。秋はパイレーツの教育基地、フロリダ州ブラデントンへ(10月31日~11月24日)。OB金山次郎、長谷川良平に臨時コーチを委嘱。43人。大デモンストレーションである。山本浩二、衣笠祥雄は結局、アメリカで計3度腕を磨く。

 赤へル軍団誕生前夜、北米を旅行中の私はパイレーツのGMジョー・ブラウンに自宅に招いて頂いた。「ヒロシマの選手はラブリーだ。みんな礼状をくれた。きっと黄金時代を作る」。氏はヤンキースを倒すのに選手の躾を貫いてワールドチャンピオンになった。

 75年10月15日、広島は初優勝。結団以来、風雪26年。銀座に行かなかった苑田らは、ビールかけの両国の宿舎から隅田川の土堤を歩いて、粋な向島へ。料亭で賑やかな三味線に合わせて太鼓を叩いて勝利のよろこびに浸った。夜が明けた…。 =敬称略=
 (スポーツジャーナリスト)


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000001-tospoweb-base
名無しさん : 2018/11/17 11:50:33
天福球場は広島がキャンプ地に使用してたのに
巨人が奪おうとしたんだよな。
日南市民が「カープを裏切るなんて出来ない」と反対してくれた。
しかし巨人って昔からみっともないんだな。
名無しさん : 2018/11/17 11:55:00
選手を育てあげたと思ったら、巨人や阪神にFAで流出することの繰り返しだけど、それでもまた次の選手を育てて強豪チームを作るカープのチームカラーは好きだな。

丸、もちろん自分の意思を尊重してほしいけど、本音言ったら残ってほしいよ。
名無しさん : 2018/11/17 13:29:43
本当にそうですよね。

プロ野球選手は夢を与えなくてはいけないから、たくさん稼がことが大切という論調もありますが、夢というのはお金だけではないはず。

大切な仲間や応援してくれるファンと作り上げる物語が夢なんだと思います。

お金を大切にすることを否定はしませんが、お金を二の次にする人を尊敬するし応援したいです。
名無しさん : 2018/11/17 13:25:35
相変わらず脈絡のない分かりにくい文章だけど、冒頭にあった中日の優勝パレードがリーグ優勝決定2日後、日本シリーズ開幕2日前に開催に関しては長年の疑問だった。なんて無茶をしたんだろうと。成る程、事前に開催が決まっていた祭りに無理矢理優勝パレードを抱き合わせした結果だったのか。これなら道路使用許可も事前に申請してあるわけだから問題ないわけだ。展開によっては後楽園球場の直接対決のダブルヘッダー最終戦がリーグ優勝決定戦として「10・14決戦」と後に語り継がれる可能性もあったわけで、歴史にもしもはないものの色々想像をかきたてられる。
名無しさん : 2018/11/17 13:46:54
御年90歳のでえベテランだ。

多少文章にまとまりが無いのはカンベンしてくれよな。
名無しさん : 2018/11/17 12:25:06
越智さんと言えば、巨人というイメージだった。カープのことやたら詳しい、凄い人だ。
もっと功績を称えるべきでしょう。
名無しさん : 2018/11/17 11:52:36
世界1のチームになるためのチーム作りをしているソフトバンクを日本シリーズで倒し日本1になってこそ、カープは真の黄金時代と言えるでしょ。
名無しさん : 2018/11/17 14:05:37
カープは既に黄金時代なのかもしれません。
リーグ三連覇はこれまでなかったわけだし。
またしても日本一になれませんでしたが
個人的には地元のパレードは
やってもいいように思いますけど。
日本一にならなきゃ駄目ってことは
リーグ優勝を逃した場合でも
CSとシリーズを勝ち抜けばパレードはOK
ってなるんですかね。
名無しさん : 2018/11/17 19:05:52
カープは強いけどまだ日本一になった訳ではないから今を黄金時代だというのは失礼だと思う。
これから何度も日本一になる本当の黄金時代を迎える事を祈ってる。
名無しさん : 2018/11/17 12:03:09
はっきり言って女性ファンが増えたことに尽きる
黄色い声援が増えれば増えるだけ選手は燃えるに決まってる
なぜ、女性ファンが増えたか。赤がお洒落でかわいいから。
MAZDAの赤で一気にイメージが変わった。
これが巨人の薄汚い色や阪神のセンスない縦じまなんかだったら、こんなに強くなってない、と思われる
名無しさん : 2018/11/17 11:55:37
やっぱり70年代中盤から80年代後半までが黄金時代だよね。
今は少し違う気もします。
名無しさん : 2018/11/17 12:48:46
越智さんはお元気ですね。
越智さんの思い出は日本テレビの野球専門アナのイメージが強い。
当時の日本テレビは巨人一辺倒で、文句があるなら観るなって感じだったな。
時代は流れて日本テレビは巨人OB以外が専属解説者となっている。
巨人中心主義が崩壊しつつある。
名無しさん : 2018/11/17 12:48:10
来年こそは日本一だ︎
名無しさん : 2018/11/17 11:55:56
72年の続きが読みたいなぁ…。
名無しさん : 2018/11/17 14:17:29
安仁屋さんの安仁屋算は毎年黄金時代。