広島は20日、新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園が中止になったことを受け、選手が思いを語った。


 夏の甲子園で活躍した中村奨、堂林、野村がそれぞれ、球児の心情を思いやった。3選手のコメントは以下の通り。

 広島・中村奨(広陵で17年夏準優勝)「特に3年生には何と声をかけたら良いのか思い浮かびません。だから簡単に前を向いて頑張っていこうとか、僕からは声をかけられない。自分がその立場だったら…、目標がなくなってしまうので、悔しい気持ちになると思う。甲子園を目指して3年間、野球に全てをかけていた。目標がなくなれば立ち直れないかもしれない。

 甲子園では6本のホームランを打った。でも僕はホームランバッターじゃないし数には興味がなかった。清宮や安田の方がずっと多く打っていたから。ただ、甲子園では自分が持っていた力以上のものが出た。プロを目指していた。あそこで活躍できていなかったら、ドラフト1位で指名されていたかわからない。甲子園はターニングポイント。僕の人生が変わった場所でした」

 広島・堂林(中京大中京で09年夏優勝)「春のセンバツがなくなり、夏の甲子園も中止になった。もし自分が高校生で、どういう思いになるだろかなって考えたら…、結構つらいです。目標を失うことになる。特に3年生は、高校生活の集大成を見せる場所がない訳だから。何と声をかけていいかわからないです。

 甲子園は急にチームが急成長する場所。ぐっとチームのまとまりを感じたりもした。決勝はあまり思い出したくないですが。何が起きるかわからないのが甲子園でもあるし、それは自分も経験をさせてもらった。最後のゲームセットまで試合はわからない」

 広島・野村(広陵で07年夏準優勝)「春のセンバツもそうですし、(高校)3年間を甲子園に、ずっと頑張ってきた選手、生徒は残念な気持ちでしょうし、かわいそうだなという。残念な気持ちでありますし、高校までで野球を辞めてしまう子どもたちも中にはいると思う。そういった人たちにも、何とかやって欲しいなという気持ちはやっぱりありますけど。まずはやっぱり、残念な気持ちです。

 甲子園は、感謝と悔しさを知ったということですかね。たくさんの方に応援していただきましたし、広島に帰ってきても声をかけてくださる方々もね。こんなにたくさんの人が応援してくださったんだというのを改めて感じたというか、感謝の気持ちを持ったということはすごく覚えています。

 みんなと最後の最後まで一緒に、全都道府県の最後の試合までできた。やっぱり、ありがたいですよね、最後の最後まで野球をやらせてもらったという。特に今年のことを考えるとね、ホントにこう、うれしいことをさせてもらったな、という思いはあります」



引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e26d02f3a8b629dc352a0eba03bb1a5d5c7d2947
名無しさん : 2020/05/20 17:15:36
野村は大学経由でプロになったが3人共甲子園で活躍しただけに球児の気持ちが分かると思う。移動があり中止は仕方ないと思うがどうにか違う形で都道府県の大会を開催して欲しい。
名無しさん : 2020/05/20 17:03:08
この状況を見るとどうにもね。人がいなければ感染しないってわけでもないし。空中にだってウイルスは漂ってるわけだしね。プロ野球も今年は無理なんじゃないかなぁ。ワクチンも無い現状では。
名無しさん : 2020/05/20 17:56:22
乗り越えた壁はいつか自分を守る盾となる byプリンス堂林
名無しさん : 2020/05/20 18:10:25
堂林は頑張って一軍で活躍せんと広島から戦力外通告受けるぞ!
名無しさん : 2020/05/20 18:19:05
この記事に対して書くことではないよ?
しっかり考えようねクソガキちゃん
名無しさん : 2020/05/20 19:37:40
ほんとにそーです。
名無しさん : 2020/05/20 17:24:54
中村奨成とか本当に甲子園で人生変わったもんなぁ。
名無しさん : 2020/05/20 20:34:28
甲子園での活躍で一気に一位指名候補に名乗りを上げた
名無しさん : 2020/05/20 16:55:21
熱闘甲子園はどうなるの?
名無しさん : 2020/05/20 17:11:45
ネタ元がないのに、あるわけない。
名無しさん : 2020/05/20 17:45:55
未だに決勝トラウマなのか堂林
名無しさん : 2020/05/20 16:50:04
堂林はエリート中のエリートなんやな。