流出に歯止めがかからない。

 16日、MLB公式サイトが今オフ、西武の菊池雄星(27)のポスティングによるメジャー挑戦の可能性を報じた。菊池のメジャー挑戦は「既定路線」としても、日本球界に衝撃をもたらしたのは、同日、社会人野球パナソニックの右腕・吉川峻平(23)が、日本のプロ野球を経由せず、直接メジャー挑戦することが明らかになった一件だ。

 吉川は最速148キロの直球とシンカーを武器に、今秋のドラフト1位候補にも挙げられている。ダイヤモンドバックスへの入団が最有力といわれる中、メジャー挑戦すれば、ドラ1クラスの選手が日本のプロ野球を経ずに渡米するのは、2008年の田沢純一(JX―ENEOS=当時)がレッドソックスと契約して以来、2人目となる。

 7月には結城海斗(16)が高校へ進学せず、ロイヤルズとマイナー契約。日本人史上最年少で海を渡った。ダルビッシュ(カブス)が小学生時代にプレーした「羽曳野ブラックイーグルス」出身の右腕は、「甲子園を目指していたが、シニア選抜の時にアメリカで野球をし、甲子園よりアメリカで野球をしたいという思いが強くなった」と、今まさに行われている甲子園より、アメリカンドリームを掴もうとしている。

 先駆者である田沢は主にリリーフとして10年間で約26億円を稼いでいる。とはいえ、プロ野球を経ず、いきなり米球界に挑戦するのはリスクも伴う。いわゆる「田沢ルール」の存在だ。日本のドラフトを拒否してメジャー挑戦した選手は、高校出身で3年間、大学・社会人出身で2年間、日本のプロ野球界でプレーできない。

 元マリナーズスカウトで、法大、PL学園などの監督を務めた山本泰氏が、「吉川、結城両選手の意気込みには賛同します。ただし、向こうは言葉も文化も違う。米国、中南米の選手とは体格も違う。成功は容易ではない。行くと決めた以上は、ダメなら日本に戻ろうと中途半端に考えるのではなく、二度と日本には帰ってこない、アメリカで結婚をして家を建て、親を呼ぶ、というくらいの覚悟をもってやってほしい」と話すのも当然だが、彼らは「田沢ルール」のような島国根性丸出しのいびつな決め事をつくった日本球界を嫌ったのではないか。

■ブランド力の低下

「日本プロ野球のブランド力低下が背景にある」とは、スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏。

「今の日本は、政府による『スポーツ立国』の戦略もあり、『日の丸ブランド』を最高に位置づけている。大谷翔平のような日本人選手が国際舞台で戦うことも同じです。五輪、W杯、WBCなどナショナルチームを中心にメディアは報道し、若者たちを引き付ける一方で、プロ野球は今や、ローカルスポーツです。地上波の全国放送はなくなり、球団も観客動員を増やすことばかりを考え、野球レベル向上の方策はおろそかになっていると感じる。数少ない優秀な選手は国際大会などで『大リーグの野球』に触れ、最高のプレー環境を求めて海を渡るという流れは、もはや防ぎようがありません」

 球界OBも、「プロ野球の人気、伝統球団である巨人と阪神は近年、低迷が続いている。カネに飽かした補強が目立ち、育成はままならない。巨人では不祥事が続出し、阪神では首脳陣による選手のスパルタ指導が選手の反感を買い、これにアマも不安視している。しかも、巨人やソフトバンクはポスティングによるメジャー挑戦さえ認めないというのですから、高みを目指そうという球児たちが今のプロ野球界に魅力を感じるはずがない」と危惧する。

 野茂英雄に始まり、イチロー、松井秀喜、そして今年は大谷翔平がメジャー挑戦した。今後は菊池雄星だけでなく、筒香嘉智(DeNA)、菅野智之(巨人)という日本代表のトップ選手が後に続くといわれる。プロ野球を代表する選手たちがメジャー挑戦を視野に入れることが当たり前となった今、彼らに憧れる球児たちが影響を受けるのは当然だろう。

■いまだに残る体育会気質

 さらに谷口氏は、「中学、高校の部活の指導体質の問題も、無視はできない」として、こう続ける。

「パワハラ、上意下達などの体育会気質や、行き過ぎた勝利至上主義が蔓延している。中でも高校野球は『負の遺産』の巣窟。過度な練習が良しとされ、甲子園では酷暑の中で投手が何百球も投げている。特待生問題も含め、本来のスポーツ、部活動とはかけ離れた大人の論理で動いている。純粋にスポーツを楽しみたい、レベルアップしたいと思う子供はますます増えていくでしょう」

 1月には、ダルビッシュが朝日新聞のインタビューでこう訴えている。

「頑張りすぎなくていいんです、日本の球児は。何百球の投げ込みとか、何千本の素振りとか、そんなのを頑張っちゃダメなんです。日本の高校野球では、正しい知識を持たない監督やコーチが、自分の成功体験だけに基づいて無理を強いている。そういう側面があると感じます。改善されてきているのでしょうが、壊れてしまう選手、苦しむ選手は後を絶ちません」

 DeNAの筒香もドミニカ共和国でのウインターリーグ参加などを経験し、1月の自主トレの際に野球人口が減っていることについて、「世の中が変わっていく中で、野球界は昔から変わっていない」とし、少年野球の勝利至上主義の弊害に言及した。

 今後、優秀な人材はますます日本球界から離れていくことになる――。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000010-nkgendai-base
名無しさん : 2018/08/18 10:28:49
これも最近流行りの日本スポーツ界叩きの記事のひとつでしょう。メジャーへの人材流出はグローバル化の必然で、日本球界の体質云々とは別に論ずることだと思います。
メジャーの報酬と威信の圧倒的な高さ、スカウト網の拡大、そして情報・アクセスの易化といった要因が、世界中の野球選手を集めるようになっています。
ただ、隣国の台湾の状況...もっと見るを挙げますと、台湾プロを経ず若い選手が直接アメリカに行くことの多いこの国ですが、大量の選手を他国から迎えるアメリカでは懇切丁寧に育てられると言う事はありません。チャンスを与えて結果が出ないとダメと言うことが多いのです。台湾球界の場合はアメリカで成功しなかった場合も戻ってくるのは容易ですが、伸び盛りを過ぎてしまった選手は戻ってきて指導しようにもなかなか伸びていかないと台湾リーグのコーチ経験者が言っていました。
早期での渡米はそういうリスクも伴うものなのです。
名無しさん : 2018/08/18 09:44:28
別に嫌われてる訳ではないと思う。それより、メジャー出戻りウェルカムのシステム作った方が、日本のレベルも上がると思う。
名無しさん : 2018/08/18 15:03:45
田澤は今年はともかくずっとめっちゃメジャーで頑張ってるからな WBCも出たがってたけどどうせNPB側が意地になったんだろ
名無しさん : 2018/08/18 09:38:57
どんな競技でも優れた選手はみんな世界の舞台に行ってるじゃん、アスリートならより高みに挑戦したくなるのは当たり前!
国内に留まらないといけない理由の方がむしろ無い。
名無しさん : 2018/08/18 13:36:45
本人と球団との契約の話であってNPBが取り仕切る話じゃない
メジャードリーム掴みたいなら行けば良い。
その為にその選手は野球をしてきたわけでNPBの道具ではない
むしろマイナーであろうと高いレベルでやってきた選手が増えれば野球界としてはプラスだろうに
困るのは既得利権に胡座をかいてる連中だけ
名無しさん : 2018/08/18 15:38:25
ほんとこれ
そして田澤ルールのおかげで日本は閉塞的だとか言われるんだ
名無しさん : 2018/08/18 09:48:56
そりゃプロ行くような選手はいつかはメジャーでって思ってるだろうけど、日本は日本で頑張ってると思うけどね。田澤ルールだって確かにどうかと思うところもあるけどあれ許してたら日本のドラフト制めちゃくちゃになっちゃうしメジャーにだって入団に関しての取り決めなんて沢山ある。
名無しさん : 2018/08/18 14:54:52
MLBなら行きたい球団が選べて、NPBなら球団を選べない。そこの不公平感がどうにかならないと、田澤ルールの撤廃は難しいかな。
そもそもMLBだって自国選手に関してはドラフト制度になっている。
名無しさん : 2018/08/18 09:54:55
サッカーだってJリーグより海外を選ぶ
野球だって当たり前
名無しさん : 2018/08/18 09:34:38
プロ野球よりメジャーリーグの方が歴史も古いですし、野球の本場だからなのではないでしょうか?

サッカーや他のスポーツでは当たり前のことですからね、そもそも、優秀な選手がプロ野球にいかなければならないことないですからね

ただ、菊地投手や、大谷投手が断念したように、直接挑戦するのは日本よりかなり厳しいと思います
名無しさん : 2018/08/18 09:49:42
さすがゲンダイ、極論でしか語れない
実力のある選手が更に上を目指すのはある意味当然
吉川は24になるしポスで行くとしても全盛期過ぎてからだからメジャー志望なら良い選択だと思う
名無しさん : 2018/08/18 13:59:11
社会人は年齢の問題もあるんじゃないの?
名無しさん : 2018/08/18 12:08:19
田澤ルールみたいなくだらないルールは撤廃すべき。
別にメジャー行ってもいいじゃん。そして戻ってきてもいいじゃん。
もっとメジャーを身近に考えてもいいと思う。
ファンの間でメジャー挑戦も出戻りも何となくネガティブなイメージを持っている人が多いのも問題。
名無しさん : 2018/08/18 13:37:14
田澤ルール無くしてアマから直で行っても9割以上はAAAどころかAやAAにも満たないだろうしドラフト外の裏口入団が増えるだけなんだよなぁ・・・。
パク・チャンホ以降、アマから直接メジャー進出が割と普通になってる韓国アマもここ数年メジャーのレベルが凄く上がってるのもあって近年はほぼ全員が失敗してる。
名無しさん : 2018/08/18 12:30:54
同感。選手がメジャー希望を公言すると、なぜかファンごときから「絶対通用しない」「恩知らず」等とバッシングを受ける事が多い。
お前ら何様なんだよと。
名無しさん : 2018/08/18 10:59:51
NPBを腰掛けがわりにしてメジャーいくより、直接メジャー挑戦の方が正々堂々してて良いな!
名無しさん : 2018/08/18 11:02:41
同じだけ活躍した場合の年収比べてみれば一目瞭然。
名無しさん : 2018/08/18 13:22:52
可能性をせばめてるよね。どんどん海外で挑戦して頂きたい
名無しさん : 2018/08/18 11:39:02
中南米 アメリカとは身体能力の高さが全然違うから練習量を豊富にしないとやっぱ追いつかない。やらされるのが嫌なら自分でやるしかないかな
名無しさん : 2018/08/18 13:31:22
記事には概ね賛成だがポスティングを認めないソフトバンクと巨人を悪のように言うのは間違い。選手は金のために売らない。アメリカに行きたいならFAでどうぞは正しいし選手もちょっと活躍してアメリカに行きたいなら今回のように直にアメリカに行けばよい。
目の前の1億をふって直にアメリカに行くような肝の据わった選手はほぼいないだろうな。
名無しさん : 2018/08/18 12:39:53
嫌われるって書き方は悪意があるな。ワールドカップの時のサッカー日本代表は殆ど海外組だったけど、Jリーグは嫌われてるのか?
大リーグや海外サッカーの方がレベルが上なだけ。
名無しさん : 2018/08/18 12:33:58
海外FAを国内FAより短縮するのもいいと思う。
ただし出戻りの場合は原則元の所属球団でプレーすることにして。
名無しさん : 2018/08/18 12:28:52
田澤なんてセットアッパーで年俸7億円、日本ではこんなに貰えない。もし活躍出来れば途方も無い金額が貰える夢がある。
名無しさん : 2018/08/18 10:11:12
日本プロ野球が嫌われている訳ではないのでは、昔と違って選択肢が増えたのは確かでしょう。メジャーの試合がTVでも見れるし、情報も入って来る。力のある選手は行ってみたいと思うのは当然です。