平成の記録を不定期で振り返る4回目は、三振を取り上げます。1993年(平5)にブライアント(近鉄)が史上初の200三振を喫し、98年には石井一久(ヤクルト)が奪三振率11・05の新記録をマーク。平成のプロ野球は三振が増えました。

     ◇   ◇

昭和時代にプロ野球は3万6682試合行われ、三振が34万1595個。両軍合わせた1試合平均の三振数は9・3個だった。これが平成時代は2万4867試合で33万1768三振となり、1試合平均は13・3個に増えた。奪三振率で計算すると、昭和の4・69から平成は6・73へアップした。シーズン三振のチーム最多記録は14年西武の1234個で、シーズン奪三振のチーム最多記録は10年ソフトバンクの1244個。昭和時代は三振、奪三振が1000の大台を超えるチームがなかった。

シーズン奪三振の上位は300イニング以上投げていた昭和時代の投手だが、奪三振率は10傑のうち9人が平成時代。奪三振率9・00以上は昭和時代の9人から68人に増え、68年江夏しかいなかった奪三振率10・00以上は、平成に入って17人がマークした。投手の記録は昭和時代のものが多く残っているが、奪三振に関しては95年野田(オリックス)の1試合19奪三振、90年野茂(近鉄)のシーズン21度の2桁奪三振、17年則本(楽天)の8試合連続2桁奪三振など、平成時代に記録が更新された。

打者のシーズン三振記録は平成時代の選手が上位を独占。100傑に昭和時代の選手は5人しかいない。日本人選手のランキングでは、1位の04年岩村(ヤクルト)から36位の11年中田(日本ハム)まで平成の選手だ。シーズン100三振以上は昭和時代の73人から平成時代は461人と、6倍以上に増えた。

投手側から考えられる三振増の要因は変化球と分業制。昭和時代の変化球はタイミングを外すカーブと打球を詰まらせるシュートが中心だったが、現在は空振りを奪うフォーク、スライダー系が全盛。速球だけでなく、変化球で空振りさせる時代になった。加えて分業制により、短いイニングを全力で投げることが三振増につながった。

打者側からは、意識の変化が大きいかもしれない。川上(巨人)や張本(ロッテ)に代表されるように、昭和時代は三振が少ないことが好打者の条件だった。追い込まれたら何とかバットに当てようとしたが、最近は強く振ることが重要で三振でも内野ゴロでもアウトは同じと考える打者が多くなった。打者が三振を気にしなくなった結果、三振の多い3割打者が続々誕生。昭和時代にはわずか6人だった100三振以上の3割打者が、平成時代は90人いる。柳田(ソフトバンク)は15年に101三振、18年に105三振で首位打者を獲得するなど、昭和時代にはいなかった100三振の首位打者も生まれた。【伊藤友一】


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00443702-nksports-base
名無しさん : 2019/01/13 12:23:00
昭和の投手は、大エースが1人で300イニングも投げる時代

3球投げて三振を狙うよりも、1球で打たせて取る方を必然的に選んだ時代だった
完投も当たり前のような時代だったからね

80年代中盤から完全ローテーションが浸透し、さらに平成になり分業制が進んだ結果、先発投手6人、救援投手6人程度のスタイルが完成し、投手も全力投球しやすくなった


打者も転がせばなんとかなるだろうというのが80年代までの野球で、主軸こそ強打者は多かったが、下位打線は今ほど充実していなかった時代

平成に入り、転がして併殺にするよりは三振の方がマシという打者心理が構築されていった

そしてこれから先、フライボール革命が進行するに従って、ますます三振は増えていくだろう
名無しさん : 2019/01/13 15:45:36
野球が進化してベンチも三振を責めなくなった事もあるのでは?
でも「良い三振」て表現は平成では聞かれなくなりましたね。
名無しさん : 2019/01/13 18:02:16
玄人ウケするのは僅差の投手戦。
素人ウケするのはホームラン乱発の打撃戦。
名無しさん : 2019/01/13 11:44:06
ブライアントは良くも悪くもそれが許された打者だったかも。

なまじ打率が高かったら投手も無理して勝負しないで歩かせただろうけど、あれだけ三振していたら歩かせるのが馬鹿らしくて勝負しにいくんだろうけど。

で、4打席連続三振するけど、1989年のダブルヘッダーで西武の優勝を打ち砕いた離れ業もやってのけることが出来たわけだし。
名無しさん : 2019/01/13 15:46:25
当時のパ・リーグだからこそあり得た打者であり、ロマンでしたね!
名無しさん : 2019/01/13 16:10:29
強烈な個性を残した助っ人でした。
名無しさん : 2019/01/13 13:30:12
三振=悪みたいに考える人もいるけど、見逃し三振でなくしっかり振って三振ならいいと思うが。
変に当てにいくより、しっかり振ってくる打者の方を嫌がる投手が多いのだから、打者はドンドンとしっかり振っていくべきだと思う。
名無しさん : 2019/01/13 15:24:17
四球を増やすためには見逃し三振が多い人ほど四球は増えやすいので戦力としてはありだと思います、ただ観ている人はやる気がないのかと思う人もいるので
名無しさん : 2019/01/13 16:07:58
アダム・ダンみたいな見逃し三振は四球を増やしてアウトになる確率を減らすのでプラスになるケースもあるらしいね
名無しさん : 2019/01/13 18:51:40
選手のタイプや状態によるよ
イチローでも調子が悪く感じる時は
当てたヒットより空振りの方が良いって言ってるし
名無しさん : 2019/01/13 11:21:10
変に転がして併殺打になるなら三振の方がマシっていう場面もあるだろうしね。
名無しさん : 2019/01/13 11:34:16
新井さんの事ですね
名無しさん : 2019/01/13 11:33:22
限度はあるだろうけど、本塁打と出塁率、その副産物としての三振増ならあまり気にしないで良いと思う。
名無しさん : 2019/01/13 13:42:21
ブライアントは極度のアッパースイングで高めの球は当たらない
でも4打席連続HRの時はその高めを打っている
調子が悪いと高めの球に対応できなくなるみたいですね
名無しさん : 2019/01/13 11:48:44
でもブライアントは見ていて気持ちよかったし、ワクワクさせてくれた。
今の選手はみんな特徴がないというか、
素人目だと一緒っぽく見えてつまらないかな。
みんなそうしろという話ではなく、こういう特徴ある選手がポっといる事は必要だと思います。
名無しさん : 2019/01/13 12:56:20
記事にある柳田だけでなく、丸も三振は多いからね。
今年も18試合欠場してるのに130三振。
三振王になった2015年とほぼ同ペースだからね。
丸はほぼ毎年100三振以上してるけど、そんなイメージはない。
多分四球が多いイメージがそれを消してるんだろうね。
それは柳田にも同じことが言える。
昔のように三振=悪ってイメージはなくなってる。
逆にクリーンアップは変に当てに行ってゲッツーくらうよりは三振の方がいいくらい。
名無しさん : 2019/01/13 11:20:29
「ホームランか三振か」と言えば、昔は圧倒的にパ・リーグのイメージだった。
案外その伝統が今の、「ファンを楽しませる野球」という部分で、パ・リーグに一日の長を感じさせる、大きな理由かもしんない。
名無しさん : 2019/01/13 11:34:52
選球眼が悪くて、ホームラン数や打率で大した成績残してないのに三振するバッターも増えてると思う。
名無しさん : 2019/01/13 11:41:21
堂林も三振を気にせず積極的な打撃を心掛けて欲しいです
名無しさん : 2019/01/13 11:31:12
ブライアントさんみたいに打つときに打ってくれたら、アウトは全部三振でも問題ないよ。長距離打者の場合ね。
名無しさん : 2019/01/13 11:12:36
ブライアントって、シーズン始まって20打席くらいまで、三振かホームランしかなかった年があったと記憶してる。当時は笑った。