<とっておきメモ>

広島佐々岡真司投手コーチ(52)が4日、マツダスタジアムを訪れ、新監督就任を要請された。 即答を避けたが前向きな姿勢を見せ、近々正式に受諾を伝えるとみられる。週明けの7日にも新監督が誕生する見込みとなった。


   ◇   ◇   ◇

佐々岡コーチが理想とするのは優勝した91年の広島だと思う。7月13日時点で中日に7・5ゲーム差の3位だったが、そこから盛り返して逆転優勝した。「津田さんのために」と1つになったチームだった。

「炎のストッパー」津田恒実の脳腫瘍が発覚したのは、同年4月だった。佐々岡コーチにとって「本当にあこがれていた。真っ向勝負のスタイルにあこがれた」という存在。「水頭症」と発表されたが、本当の病名を知っていたという。選手だけで集まり「津田さんのために1つになろう」と話し合った。個性派ぞろいの選手たちが、同じ方向を向いた。その先に悲しみが待ち受ける一体感ではあったが、チームとしての力を実感したという。

投手力も充実していた。佐々岡、川口、北別府が先発3本柱で、大野が抑え。チーム防御率はリーグ断トツの3・23と、投手王国の名をほしいままにした。佐々岡はリーグ最多の240イニングを投げ、17勝9敗、防御率2・44。最多勝利投手、最優秀防御率のタイトルを獲得し、MVP、沢村賞に輝いた。「当時は中4日で130~140球投げるのはあたりまえだった」。投手陣はみなプライドのかたまりだった。

佐々岡コーチはそれでも、91年型に固執しない。理想を胸に秘めつつ、気質の違う今の選手をいかに導くかに心を砕く。今季の1軍ベンチでは、先発投手にイニングごとに語りかけ、戦う姿勢が見えない若手は叱責(しっせき)した。優しさと厳しさを持ち合わせ、指導にメリハリをつけた。その手腕に対する評価は高い。

4位に終わったチームにいかに一体感を持たせ、戦力を整えながら優勝を目指していくか。手腕に注目したい。【広島担当=村野森】


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-10040865-nksports-base&pos=5
名無しさん : 2019/10/05 11:17:38
今と野球の質が違うとは言え、240イニングは凄いよ、それも130試合で。この年の日本シリーズはよく覚えてるけど、佐々岡は1・4・7戦目と3回先発してる。中3日だからね。先に王手をかけたけど、西武の強さに脱帽だった。ピッチャー出身の監督というのはカープでは半世紀もなかったわけで、新しい試みで単純に良いと思う。特にピッチャー陣の信頼はかなり厚いのでピッチャーの立て直しをお願いします!
名無しさん : 2019/10/07 18:59:08
1991年日本シリーズ7戦の先発は、中4日です。
7戦が雨で順延されたため。
4戦目に先発して、5戦目、移動日、6戦目、雨中止。
中4日です
名無しさん : 2019/10/05 09:03:27
理想は91年の「津田さんのために」

今は美談のように語られているけど、1991年はリーグ優勝したとはカープファンにとっては悲しさの方が大きい年。それが理想と佐々岡監督候補が考えていたらショックだったけど、単なる記者の憶測だったので安心した。
チームに一体感が必要なのは間違いない。新井さんが引退して、「投手と野手」「ベンチと選手」の架け橋になりチームをまとめる存在がいなくなったのが今季敗因の大きな要因の一つ。
カープは悲劇的なことがなくても、一つになって闘うことができるチームだと信じています。
V奪還目指して頑張ってください。信じて応援してます。
名無しさん : 2019/10/05 09:28:48
暴力事件の頃に一瞬チームがバラバラになった様に見えました。
新監督が束ねてくれるでしょう。
名無しさん : 2019/10/05 16:46:52
同感。

この内容でどうしてこのタイトルになるんだ
名無しさん : 2019/10/05 17:34:44
91年の段階ではファンは津田の脳腫瘍の事を知らなかった。
開幕戦で津田が打たれて勝ちを逃してもう出て来んでええくらいに思ってた。
後になってファンも美談を追加していくのだが、当時のファンは優勝した事だけが嬉しくて津田の事など忘れていたのが事実。
名無しさん : 2019/10/05 09:36:40
新監督が自身の理想の形を追い求めつつも、
現実に即して舵取りをしながら、一体感のあるチームを構築し直して勝利を目指すなら、
尚更、脇を固め、支えるコーチ陣は重要。
監督の意向に沿って決めてほしい。

信頼できない人同士でシーズン長丁場を戦えば、どこかに必ず無理が生じる。
横すべりではないものに期待したいが。
どう人選されるでしょうか。
名無しさん : 2019/10/05 08:42:19
優しさ、厳しさは必要だろうけど監督になった以上はそれに非情な采配も必要不可欠。

例えば今年に関して広島カープは田中広輔、中崎翔太の扱い方を間違えたがばかりにチーム全体を冷え込ませてしまい、それがBクラス転落まで繋がってしまった。

巨人の原監督を見て感じるのは今年ゲレーロ、ビヤヌエバ、中島なんか悪いと見るや否やさっさと2軍に送り出したこと。

特にゲレーロは前任者高橋由伸さんの時扱いに苦慮していた印象があった助っ人だけど原監督は容赦なく2軍に送り出した。

こういうのは他の選手も見ている。

佐々岡さんもそういう姿勢を見せることは時には必要。

心労はコーチの時より倍増するだろう。

その重圧に負けずに頑張って欲しい。
名無しさん : 2019/10/05 08:33:13
当時の中5日での3本柱と
現代の中6日での3本柱では意味が違う。

現代では計算できる柱が4人は必要になるから
次世代の柱の育成は必要だろう。
もちろんドラフトでは即戦力級も獲得しないといけない。
佐々岡氏が監督になるなら、1軍、2軍とも投手コーチが誰になるかも注目。
名無しさん : 2019/10/05 10:58:33
運営能力のある人を外部招聘して欲しい。
名無しさん : 2019/10/05 08:33:59
とりあえず、メディカルチェックを受けてから監督を引き受けた方が良いと思うな。
シーズン途中に体調不良で休養は頂けないのでね。
現役時代からみると太り過ぎだと思う。
北別府・大野・川口などは現役時代とあまり変わらないのになぜ、あんなに肥ったの?
先ずはオフに減量をして下さい。

あと、津田が存命であれば津田監督も見てみたかったな。
名無しさん : 2019/10/05 11:05:20
達川が監督時代に摂生させた筈なのに、リバウンドしたようだ。
達川を招聘して摂生させた方がいいかな
名無しさん : 2019/10/05 10:57:47
石井と達川を招聘して、打撃面と作戦面の補佐が必要だと思う。
攻撃力の低下と箸にも棒にもかからかった交流戦対策を考えないと今年よりさらに悪くなる
名無しさん : 2019/10/05 08:27:48
赤松のこともそうだが、病気と比べたら野球ができるだけでも幸せ。選手にもっと野球の楽しさや面白さを伝えられる監督になって欲しいね
名無しさん : 2019/10/05 17:33:38
佐々岡の性格からして明るいチームになるだろう。脇を固めるコーチ陣も気心のわかる明るい連中で固めてほしい。西田よ帰って来ないかなあ。
名無しさん : 2019/10/05 11:05:26
佐々岡監督が決まりとして、コーチ陣はどうなるんだろうか気になる。
打撃コーチも刷新して欲しい。石井さんが良かったなぁ…
大野や達川や金本辺りの入閣は難しいかな。
名無しさん : 2019/10/05 08:39:53
常勝カープ復活のために、この一年は大事 決まった以上は応援します
名無しさん : 2019/10/05 08:44:08
まず戦う姿勢を見せてほしい。
太りすぎている。
名無しさん : 2019/10/05 11:06:22
達川を招聘して、摂生させるしかない。
達川が監督時代に摂生させた筈なのだが、リバウンドしたようだ
名無しさん : 2019/10/05 18:58:39
今年はチームがひとつになっていなかったということか!
来年はひとつになるためにもコーチ陣の総入れ替えが必要!