大補強もなければ、改革と言い切れるほどの斬新な一手も見当たらない。それでも、広島の投手陣は生まれ変わった。


 昨季、リーグ3位だったチーム防御率4・12は、今季同3・13と両リーグ断トツだ。昨季からの変更点を挙げるとすれば、スタッフの入れ替え。佐々岡投手コーチが1軍担当に配置転換された。だからと言って、“佐々岡マジック”と勝手に銘打つのも迷惑な話だろう。ただし、同コーチによる小さな変化の積み重ねが、好循環につながっているのは見逃せない。

 昨季、与四球数が球団史上2番目に多い535個にまで膨れあがった。一転、今季は1試合平均の与四球数が3・48(リーグ4位)と、昨季の同3・74(同6位)から改善されている。リーグ最多に並ぶ6勝をあげる大瀬良は、制球力向上の要因を「キャンプのときにゴムのラインを引いていましたよね」と振り返る。

 日南秋季キャンプのブルペンには、打者の腰下の高さにゴムが張られた。それよりも低めに投げるための意識付け。春季キャンプでも採用された。

 「低めに強い球を投げることを目に分かるような形で意識できたのは斬新だった。投手全体としていい方向にいっているのかな」

 “ゴムライン”を導入した同コーチは、「監督から低めに強い球を投げさせようという話があって、そう言えば昔やっていたよねという話になった」と経緯を説明する。「ゴムのことは、もう忘れている投手もいるだろうけど…。でも“低めに強く”は、キャンプから言い続けているから意識付けはできているはず」。

 さらに、同コーチが昨オフに掲げた「先発10人構想」には、予想外の効果があった。中崎、一岡以外が先発調整して競争させる構想。米国で主に中継ぎだったレグナルトも、来日前に球団から“先発もできるように”と伝えられた。来日1年目は、全て中継ぎとして27試合に登板して、防御率0・30。新助っ人左腕は、好調の要因を「先発起用を見据えて例年よりも早めに仕上げたことがよかった。今までなら6、7月がピークだった」と分析する。偶然か1軍の救援陣は一岡、中崎以外の全員がロングリリーフをこなせる。

 開幕後も、小さな変化があった。5月31日からの3日間、高卒2年目右腕の遠藤が1軍に練習参加した。昨季は2軍選手の1軍参加は1度もなかった。同コーチは、「見ておきたかったから」と前置きした上で、もう一つの役割にも期待していた。「“なんで遠藤がいるの?”と思った投手もいるはず。次ダメなら俺が落ちるのかな…と。ずっと言っているように、競争だから」。実際に、アドゥワが中継ぎ転向後の2試合で復調の兆しが見えないと判断すると、遠藤との入れ替えを決断して、ブルペン陣の緊張感を持続させた。

 “佐々岡改革”も“佐々岡マジック”も、どこかしっくりこない。けれども、小さな変化は、じわりと効いてきている。(記者コラム・河合 洋介)



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000131-spnannex-base
名無しさん : 2019/06/10 10:31:32
一番驚いたのは恭平の成長。
見違えるようになってる。
潜在能力の凄さは前から言われていたが、
このまま夏場を乗り切れるよう
どうか頑張ってほしい!
岡田も頑張って上がっておいで!
君のストレートはホントにすごいんだから。
競って更にレベルの高い投手陣になる事
心から願ってます。
みんな頑張れ!
名無しさん : 2019/06/10 13:06:44
キョンペーはギータよりも優先して獲得した選手だからね(笑)
これぐらいで満足してもらっちゃ困るな(笑)
名無しさん : 2019/06/10 13:10:22
球団に所属していない方でスポーツ動作の専門家はいらっしゃいますよ。上の方で別の方がコメントされていますが、多くのカープの選手たちが師事している手塚一志氏がそうです。この方以外にもプロスポーツ未経験ですが、プロ野球選手の動作コーチも最近は多くいます。
名無しさん : 2019/06/10 10:19:00
阪神の矢野監督にも言える事だけど、2軍で自分が育てた力を付けさせた選手を良いタイミングで上手に使うから上手くいってるんじゃないかな。
選手たちが佐々岡コーチを信頼してる様子がベンチでうかがえる。
床田はもう怪我さえなければ大丈夫だろうけど、アドゥワ、山口、遠藤にも大きく羽ばたいて貰いたい。
名無しさん : 2019/06/10 10:16:01
あとは中崎をどう使うか。投手の疲労が溜まる時期に備えて…という話はあるが、完調せずに登板させてまたチーム全体の疲労が溜まる結果になってしまっては本末転倒。
チームのムードが上向きなら岡田、矢崎あたりを個人的には見たい。ただ、交流戦のこの雰囲気では、まだ暫く手堅い投手を酷使せざるを得ない。
ひとまず投手も野手もケガなく、勝負の時期まではどうにか持ち堪えて欲しい。
名無しさん : 2019/06/10 11:07:34
期待するのはわかるけど、2軍の試合もしっかり見ないと。
矢崎は相変わらず四球連発。6日も1イニングで3安打2四球で4失点。
岡田に至っては、しばらく登板もしてない。
この2人はしばらく期待できないですよ。
まだ遠藤などの若手にチャンスをあげた方が得策。
名無しさん : 2019/06/10 11:22:40
中崎は思い切って落として休ませたほうが良い
皆の疲れが溜まって来た時に上がってきてくれれば
名無しさん : 2019/06/10 11:41:45
開幕当初、負け続けるカープに、
随分、佐々岡コーチは批判されていましたが、
ここに来て随分と評価が上がりましたね(^_-)-☆
気が付けば、とっても気になるのは、
中崎投手のことだがと思っていましたところ、
フランスアの登場は素晴らしかったです(^^)/
確かに、カープが3連覇できたのは、
中崎投手の貢献度が素晴らしく、
緒方監督が頑なに中崎投手を重宝するのは分かりますが、
ここに来て、彼はまるで批判の的になっていて、
とても、残念に思っていただけにフランスアの登場で、
しかも8球で9回を閉めた姿には、心震えました(^^)/
まだまだ、交流戦が始まったばかりですから、
この時期に「新勝利の方程式」が確立されようとしているのには、
とても、心強かったし、有難かったです(^^)/
そして、今まで頑張った中崎投手もゆっくり体を休ませて、
以前のような球速が蘇ります様に心から願っています(^◇^)
名無しさん : 2019/06/10 11:35:40
中村恭平の復活には驚いている。本人の努力には感服だ。新人の時は速球がアピールだったが、伸び悩んでいた。ここにきて本人の努力で見事に覚醒した。
他の若手も見習って研究と自己研磨で一軍に駆け上がってください。
塹江も負け試合での登板の機会を与えて、精神的な成長から成長はないかと。
ケムナ誠は球威もあり、先発での積み重ねで上がってきてもらいたい逸材かも。
中崎、菊池保則は調整して上がってくるときに、また見たい。
名無しさん : 2019/06/10 12:22:14
中村恭平は復活じゃないよ、覚醒だよ。
それにそれは佐々岡の元で成った訳じゃない。黒田や大瀬良をコーチした動作解析のプロ手塚一志のコーチの元で覚醒した。
今、岡田もそこでお世話になってるから期待出来るね。
ちなみに、床田、フランスア、アドゥワは菊地原、青木のもと育っていった。
名無しさん : 2019/06/10 12:29:15
地味に野球科学のたまものなのですね!
名無しさん : 2019/06/10 12:34:18
佐々岡チルドレンが次々と結果を出してます。
この前遠藤が、いい中継ぎをし、その前には山口が初勝利をあげました。(ただ、西武戦は変化球を打たれましたが、この次に期待します)
畝コーチを悪くは言わないけど、佐々岡は100勝、100セーブを
してます。山本浩二監督時代は、先発にリリーフにと孤軍奮闘の活躍
をして優勝に大きく貢献してます。投手の心理が読めるし、マウンド
に行って適格アドバイスができるのがいいですね。
名無しさん : 2019/06/10 13:17:14
今季当初は佐々岡コーチも色々言われて来たが、恭平投手の覚醒、遠藤、山口各投手等の若手の台頭もある。2軍コーチ時代から投手を見て来ている事は大きいと思う。佐々岡コーチの現役時代の経験も生かされているのかも。
名無しさん : 2019/06/10 12:24:18
色んな要素があるだろうが、自分は去年の日本シリーズ初戦の息がつまるような投手戦を経験した事もきっかけの1つのような気がする。
大瀬良+勝ちパターンの投手と會澤のバッテリーで緊迫した試合を投げきり、引き分けた。投壊、と言われ続けた1年の1番大事な試合でバッテリーが踏ん張った。
緒方はずっと、投手を中心とした守り勝つ野球がしたい、といってたが今年が1番それに近いのでは。
名無しさん : 2019/06/10 10:55:27
カープの投手力はやはり凄い威力があると思う。
エース大瀬良は安定感抜群だし、床田は準エースに成長した。ジョンソンは自身のピークは過ぎたものの、まだまだ先発ピッチャーとしての条件を満たしている。野村は最近少し調子を落としているが、上向きになれば問題はない。そして5番手に九里がいる。此処まではやはり相手チームからすれば脅威だろう。この5人がいればさほどの連敗は考えにくく、逆に連勝の方が可能性が高いので競り負けさへしなければ今年も楽にセリーグは制覇出来るとみた。
名無しさん : 2019/06/10 11:55:51
交流戦で、まだまだ投手力が弱いと露呈しているのでは?計算出来る先発は大瀬良、床田、ジョンソン。ただ、この3人も5回で100球を越えている。中継ぎで安定しているのは、中村、レクナルド、フランスアの3人。せめて、先発投手は7回100球で投げて欲しい。その為には、捕手を含めたバッテリーの成長をお願いしたい!
名無しさん : 2019/06/10 10:36:21
セリーグはどこのチームも投手力に不安がある中、良くやっていると思う。
特に中継ぎの強さはセでは抜けているのでは?

これから暑くなり、投手陣にはきつい季節になるが、先発中継ぎ抑え問わず、好不調をうまく見極めて戦って欲しい。
名無しさん : 2019/06/10 12:00:47
今年のカープは去年よりも強いと思う。投手陣の安定感が全然違う。そこに打線の好調さも重なると、5月の大型連勝みたいなことにつながると思う。

短期決戦には、安定感があり、多彩な投手陣が不可欠。佐々岡マジックで4連覇、日本一を達成してほしい。
名無しさん : 2019/06/10 10:44:05
投手陣が踏ん張れてなかったらあの4、5月の連勝は無いし、交流戦はもっと酷い事になっているだろう。まだまだ強敵が続く交流戦だが、この調子で行って欲しい。そして打線は奮起を。
名無しさん : 2019/06/10 11:27:08
広島って毎年若い投手が出てきている印象。これがあるから優勝できてる。でもそれは逆に言うと毎年故障や不調で下に落ちる投手がいるってこと。広島の場合、多少前年の実績があっても不調が長引けば下に落とす事が徹底されてるから、若手も逆に奮起して「次は俺が」って気になる。この流れが止まったときが心配。
名無しさん : 2019/06/10 11:47:12
防御率は良くても、計算出来る先発は、大瀬良、床田、ジョンソンの3人。中継ぎで安定しているの、中村、レクナルド、フランスア。四球は減っても球数は減ってない。投手だけではなく、捕手含めて、バッテリーで成長しないと、投手だけの成長では、相手打線を抑えるのは酷!
名無しさん : 2019/06/10 11:44:58
広島の投手陣は層が厚いね。打者も効果的に点を取ってくれるから思い切って勝負できるし羨ましい限り。でも開幕当初はバタバタで投壊状態のときは佐々岡も含めてめちゃくちゃ叩かれて気の毒だった。ファンというものは手のひらを返すことは日常だけど辛かっただろうな。
名無しさん : 2019/06/10 10:57:03
中崎は一度二軍でリフレッシュして、8月9月に向けて調整してほしい。現在救援陣は彼なしでもうまくいってるがそのうち疲労が出てきて、必ず彼が必要な時がくる。
名無しさん : 2019/06/10 12:03:13
佐々岡コーチは現役時にチーム事情で先発と抑えと両方を経験したことが、今に活きているのだと思う。先発が長く投げることにこだわりがあるようだが、中継ぎも上手く使えていて、緒方監督にも部下として上手く進言できている。
幹英やら沢崎の仕事かもしれんが、今村の再生をお願いしたい。
名無しさん : 2019/06/10 10:59:33
今年は投手陣がザキ以外安定しているから今の位置にいると思います。駄目な奴はドンドン落としていかなと情けは人の為ならず!目標は4連覇!
後は野手陣が1点でも多く点数を取る攻撃をしてもらえれば、後は野間さん四球でもセフティーバンドでもいいから塁に出る事を考えてくれ!
名無しさん : 2019/06/10 11:14:40
野間はもう変なこと考えず強く振ることを考えてくれ!粘るとか出塁率とかそーゆータイプじゃないのはよく分かったから。
素でやってりゃ3割近く打ててたんだから、もうそれで良いって!
名無しさん : 2019/06/10 10:13:50
先発は良いとしても中継ぎ以降は不安一杯ですが、中村恭平という起爆剤もあるし、中崎の不調を補えるように頑張ってもらいたい。
名無しさん : 2019/06/10 10:19:14
岡田とか薮田とか矢崎を復活させることができるコーチが有能なんだが。
特に岡田は精神的なものだら、根が深い。
名無しさん : 2019/06/10 10:36:54
私も当然アマだが投手経験あるけど。あそこまで酷くなかったが経験がある。
元々そのけはあった。
二軍の水本監督が岡田は危険な状態とコメントした。
野球経験者でない人にとっては、あまりピンとこないかもしれないが、投手として実に致命的な言葉だ。
例えまた試合に出れる状態になってもカウントが不利になるとまたおかしくなると自分で追い込んでしまい、また似たような状態に戻ってしまう難易な問題。
これを克服するようにできたら、たいしたコーチだが。
今は二軍のコーチの力が大きい。
フランスア、中村恭平も菊地原コーチの影響ま大きいのに何も知らない人は、佐々岡の手柄にしてしまう。
名無しさん : 2019/06/10 11:01:03
薮田も二軍に落ちて来た時、佐々岡でなく、完全に菊池原にまかせていたら良かったのに。
名無しさん : 2019/06/10 11:01:51
これから交流戦・夏場をどう乗り切るかで防御率も変わってくるから今だけでは判断できない。確かに佐々岡さんに代わって昨年まで二軍で投げていた投手が活躍している。矢崎・薮田・岡田・中村祐が出て来ない。中崎もこれからどう立て直すのか佐々岡さんに期待したい。
名無しさん : 2019/06/10 10:38:46
先発、中継、押さえ全てに実績ある佐々岡だから、選手が何言われても説得力が違うよね。