今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。


 では、かつてのドラフト会議で指名された選手たちは、一体どういった結果を残しているのか? 当時のドラフト直後の12球団の指名評価を振り返り、現在、その年々の指名選手たちがどうなったのか、検証してみよう。

 今回は今から7年前の2013年ドラフトを見ていきたい。この年の目玉は森友哉、松井裕樹の高校生2人、大瀬良大地、吉田一将、石川歩ら。ただ、藤浪晋太郎や大谷翔平らが目玉だった前年と比べると、年度全体として“不作”と評されていた。

 1巡目では松井裕樹に最多の5球団、大瀬良に3球団、石川に2球団が競合。外れ1位で柿田裕太に3球団、杉浦稔大に2球団、そして外れ外れ1位で岩貞祐太に2球団が入札した。松井は楽天、大瀬良は広島、石川はロッテ、柿田はDeNA、杉浦はヤクルト、岩貞は阪神がそれぞれ交渉権を獲得。オリックスは吉田、西武は森を一本釣りした。

 この年のドラフトで12球団のうち、最も評価が高かったのはオリックスと楽天だった。オリックスは吉田を一本釣りし、2位の東明も即戦力として期待された。吉田は1軍で主に中継ぎとして活躍し、東明は2年目に2桁10勝をマーク。3位の若月は正捕手となっている。ただ、期待値からすれば、物足りないか。

 松井を5球団競合の末に引き当てた楽天。松井は前評判に違わぬ活躍を見せて2年目から守護神として大活躍した。2015年から3年連続30セーブ超え。最年少100セーブも達成し、昨季は最多セーブのタイトルを獲得した。ただ、2位以下はやや厳しい結果か。2位の内田は大砲候補として期待されているが、ここからの覚醒はあるか。
名無しさん : 2020/03/31 11:47:47
西武のこの年のドラフトは神がかってたね

この年は投手豊作と言われた年で、各球団多くは投手に指名が集中する中で森の単独指名だからね。
しかも2位で山川。今でこそ西武の富士大と言えば山川・外崎・多和田と大当たり排出する大学のイメージ持ってる人もいるけど、当時は大学の知名度低く、他球団からパワーは凄いけど上位指名するほどではって評価だったみたいだからね。それが今では2年連続本塁打王。
森と山川の他にも地味に第二捕手の岡田も採れてるし、この年の神ドラフト指名無かったら、今の西武の成績も無かったと思う
名無しさん : 2020/03/31 13:40:09
西武は当時も投手不足が懸念されており、松井裕樹、大瀬良に注目が集まるなか森友哉の1本釣りに見事成功。会場がどよめいてましたね!
名無しさん : 2020/03/31 15:35:13
森はともかく、西武に指名されるまで山川の存在は知りませんでした。
冨士大って何って感じでしたね。
西武のスカウトの慧眼・パイプに、今脱帽してます。
名無しさん : 2020/03/31 11:49:08
森は外れ1位またはドラ2位くらいの評価だったはず
当時から投手力が弱い西武で1位2位で投手を指名しなかったから相当叩かれてた 今も投手力は弱いが森山川の指名は間違ってなかった
名無しさん : 2020/03/31 13:49:42
阪神が外れ一位でいくと言われてましたね
名無しさん : 2020/03/31 12:06:53
西武は例年なら上位は投手になるが、この年に監督になることが決まった伊原が、「途中から入った人間がスカウトに意見を言うのは失礼」と言って一切口出ししなかった。そのため1位、2位とも野手の指名となった。結果的に大当たりだったな。森はともかく守備と走力に難があると言われた山川を果敢に2位で獲りに行ったのは見事だった。
名無しさん : 2020/03/31 11:55:07
西武の1位森はわかるけど、2位山川はよく獲ったなと。0か100の選手で、100になったのは西武の育成力だろう。
名無しさん : 2020/03/31 13:45:42
本当それ!山川がもし他球団の下位に指名されていたら、今頃戦力外だったかもしれない可能性はある。2軍じゃ大活躍だったけど1軍では通用しない苦しい時期もあった。いまの若いスラッガーを同様に考えると続々と1軍で開花して来そう。
名無しさん : 2020/03/31 14:18:56
たしかに、同時期に似た体格のアジャ井上はまだ成長途中と言わざるを得ないし、奥浪は論外。
森も打撃面でこの年齢にしてほぼ完成してるし、そうでなければ捕手として育てる余裕はなかった。
名無しさん : 2020/03/31 11:59:04
ライオンズは投手が居ない…足りない…絶対に投手を取らなきゃいけない時(まぁ毎年だがw
そんな中ドラ1森 ドラ2山川でズコーッ!!てなった
森は高卒だし山川は走れないしコーラばっかり飲んで怒られてたけど今や中核選手だもんね〜
特A評価以外はドラ1で野手を取らないのに納得した!
名無しさん : 2020/03/31 13:16:10
この年は捕手が凄まじい面子だった。
ドラフト1位に西武の森、巨人の小林、3位でオリックスの若月、4位に阪神の梅野と日本代表級の選手が4人も居るなんてそうそうない。
19年のドラフトも捕手豊作と云われたが、5年後にそう云われて欲しいものだ。
名無しさん : 2020/03/31 15:15:23
いやオレもパリーグ派だけどさすがに梅野が代表に選ばれるぐらいの選手だってことぐらいは分かる
名無しさん : 2020/03/31 15:25:09
梅野は日本代表レベル。
名無しさん : 2020/03/31 12:24:14
こうして見ると、ドラ1はクジ運もあるからともかく、ドラ2以下で良い選手を獲った球団は、その後のチームの浮上に繋がる。
スカウトの目利きがどれだけ大事かということ。
名無しさん : 2020/03/31 14:59:14
それと育成力も!
名無しさん : 2020/03/31 14:15:01
西武、広島、ソフトバンクがよいね。

西武はまさに今のチームの象徴の二人でMVPもとった。
ソフトバンクは四人しか指名してないのにすごい。


日ハムは成功とは言えないかもしれないが、ヤクルトからいただいた二人が活躍してる。
名無しさん : 2020/03/31 11:41:58
ソフトバンクは最初の数年はなんの印象もなくても気がついたら一軍で活躍してる人多いよな
名無しさん : 2020/03/31 14:11:54
オリックスは1位2位で即戦力、3~6位で高校日本代表メンバーを中心に高卒選手を指名した
しかし4位以下は全く活躍できず
奥浪に至っては素行最悪で腐ったミカン状態

ドラフトの時は将来性のあるドラフトができたと喜んでたんだがなぁ…
今の高卒選手は絶対にこういう事にはならないでもらいたい
名無しさん : 2020/03/31 13:00:54
当時は森と阪神は相思相愛と言われていた。でも阪神は大瀬良に行ってしまったが、結果、4位で梅ちゃん獲れたから、今となってはお互い良いドラフトでしたね
名無しさん : 2020/03/31 14:42:25
「投手力が弱いな、大石牧田を指名しよう」
「投手力が弱いな、十亀小石を指名しよう」
「投手力が弱いな、増田相内を指名しよう」
「投手力が弱いな、森友山川を指名しよう」
「投手力が弱いな、光成佐野を指名しよう」
「投手力が弱いな、多和田川越(投手)を指名しよう」
「投手力が弱いな、今井中塚を指名しよう」
名無しさん : 2020/03/31 11:56:55
ホークスはドラフト直後の評価は良くないが、下位指名や育成の選手で、他球団を巻き返してることが多い気がする。
名無しさん : 2020/03/31 12:06:07
横浜は砂田がドライチで柿田は育成だとか言われてるな。
名無しさん : 2020/03/31 14:11:27
ドラフトの有識者のオリックスの採点は100~120点だった。当日神ドラフトと言われても結果がこれでは。
名無しさん : 2020/03/31 12:55:16
クジを外したけど、結果良かったということは意外とあるようで面白い。
名無しさん : 2020/03/31 15:38:20
前後の年が二刀流大谷、大学No.1有原と凄まじい面子だったからどうしても地味な印象になるのは仕方ない。
名無しさん : 2020/03/31 11:43:03
下位の梅野、岩崎をモノにした阪神にも言及してくれや
名無しさん : 2020/03/31 13:53:36
梅野は全日本の四番だったし、上位候補でしたよね
名無しさん : 2020/03/31 15:04:54
ホンマにカキタいうのはパッチもんやったな。あれで中畑に選手を視る眼がないことが、よくわかった。