<3連覇思想>

広島にリーグ3連覇をもたらし、新しく日刊スポーツ評論家に就任した緒方孝市氏(51)が「3連覇思想」と題して連載を執筆。2回目は緒方氏が好選手の“要素”について語ります。


   ◇   ◇   ◇

すっかり日本の4番打者になった鈴木誠也、この日は二盗、三盗で走れるところを見せていた。監督時代、彼を注意したのは一度だけだと思う。その原因にもなるのだが、誠也のどこが人と違うと言って、その負けず嫌いぶりだ。打てないと異様に悔しがるのだ。

その姿を見て自分の現役時代を思い出した。例えば阪神が「JFK」で優勝した05年。左腕ジェフ・ウイリアムスのスライダー、調子がいいときは空振りした後にそのまま腹にボコッと当たるんじゃないかと思うほどキレが良かった。

そんな球を投げられ、三振すれば悔しいのは当然だ。同時に頭のどこかで「あの球は仕方ないだろう」と思う部分もあった。あのスライダーは誰も打てない。納得というよりも素直にそう思っていた。

だが誠也は違う。相手がどんな好投手であっても勝負どころで打ち取られると荒れる。ベンチに戻ってくると鬼のような形相でバットを投げ、ヘルメットを投げ、揚げ句の果てに革手袋をびりびり引きちぎる。

現役時代の同僚で言えば前田智徳氏(野球解説者)がそんな感じだった。彼がヘルメットを投げる場面はよくあった。だが誠也はそれ以上に荒れていた。

あるタイミングで誠也を呼んだ。悔しくて荒れるのはいい。しかしベンチの中でやるとテレビカメラに抜かれる。誠也にあこがれている野球少年はそれを見てどう感じると思う? どういう印象を与えると思う? そんな話をした。誠也はすぐに理解、納得し、それからベンチの中で暴れることはなくなった。

そこが誠也のすごさだと思う。あれほどの振る舞いをする闘争心と指摘をすぐに理解する知性が同居している。だからここまで存在感のある選手になったのではないかと思っている。

大瀬良大地もそうだ。藤浪晋太郎に死球を食らったときに「いいよ、いいよ」と笑顔で応じたことがあった。若い人は「神対応」とか言っていたようだが、戦いの中でそれでは困る。

監督室に呼んで「いい人はグラウンドの外でやってくれ」と言った。人柄のいい男だが、指摘の意味は分かってくれたと思うし、だからこそ今の立場があるのではと思う。

監督、コーチの指導、考えを理解し、実行できればベストだ。しかし理解できるレベルに来ていない選手もいる。実績を残すには知性が必要だ。指導者もそういう部分を見ていく必要はあると考えている。(日刊スポーツ評論家)



引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/82e61f6c5e86a1936be4a5b41157455ab0f3f45f
名無しさん : 2020/06/04 07:13:56
緒方氏は日刊スポーツの評論家になったのですか。休養が取れ意見が聞けるのは何より。開幕から色々聞けそうですね。楽しみにしています。
名無しさん : 2020/06/04 09:53:36
プロ入りから昨シーズン限りで退任するまで、一度もカープのユニフォームを脱がずにいてくれた。
もっと言えば、少年野球を始めて以来初めて野球を外から見る立場になられた。

誠也のことをおっしゃる以上にご本人が真面目なので、基本線はそれを崩さずやってほしいけれど、何かトピックになるような個性も発揮してほしいとも思う。
名無しさん : 2020/06/04 07:50:38
阪神ファンの自分から見ると、鈴木誠也と大瀬良は黒田と新井を思い出すよな。
投打の核と言うかまさにエースと4番って感じやし、ホンマ存在感が強烈やなと感じるよな。
名無しさん : 2020/06/04 23:23:43
むしろ鈴木誠也は前田智徳っぽいけどね、打撃に凄いこだわりがあると思う。
名無しさん : 2020/06/04 07:47:52
勝負に対するこだわりが強いからこそ感情が表に出るんだろうね。
緒方監督に諭され、感情をコントロールできるようになってまた一段と成長した。
緒方監督には誠也の進化を見守っていてほしい。
名無しさん : 2020/06/04 09:24:28
二連覇の年、怪我した誠也を無茶させずに完治に専念させたこと。ご自身の経験もあったかと思うけど、選手のことを第一に考えている証拠。
それに応えて、さらに進化を続けて日本でも屈指の右打者になった誠也。

采配のことを言われ続けていたが、選手を守って、その選手がさらに進化をする。このことだけでも、私は緒方さんが十分名監督だったと思っている。
名無しさん : 2020/06/04 07:52:26
なんて、シンプルで読みやすい文章。
整理整頓された組み立て方。
もちろん、監督目線の貴重な内容があるからこそだが。

緒方監督お元気ですか。
ずっと忘れていません。
また、ファンの前で笑顔を見せてください。
名無しさん : 2020/06/04 09:54:53
鈴木と大瀬良への注意の内容が正反対なのがおもしろいよね。
闘争心むき出しだった誠也には冷静になる気持ちを諭し、あまりに優しかった大瀬良には、勝負師としての心構えを諭した。
この両者がともに4番とエースに育っていったことに、どれだけ緒方監督のアドバイスが寄与したのかはわからないけど、その成長を促したことは間違いないと思う。
名無しさん : 2020/06/04 10:57:06
まあ大瀬良への指摘は、今の仲良しこよしなプロ野球が嫌だから、よく言ったと思うよ。
優しく接した藤浪もあの体たらくだし。
名無しさん : 2020/06/04 12:46:48
藤波の立場に立ってみたら、あそこでニコニコされたのは逆効果だっただろうと感じた。いやまあ、カープファンの俺は大瀬良なら仕方がないって思ったけどな。やっぱり緒方はきっちり言ってたのか。
名無しさん : 2020/06/04 07:44:19
大瀬良はマウンドを降りてグローブを叩きつけそうになりながら、フッと躊躇して置いたシーンが印象的。

名無しさん : 2020/06/04 08:28:32
誠也が自分の番で凡退して守備に戻る時、歩きながら自分の太ももを何度も強く殴っていたのを見ました
あんなに悔しがる選手は確かになかなかいない
名無しさん : 2020/06/04 10:34:28
それほどストイックじゃないと、3年も4年もあんなすごい成績を残し続けられない世界でしょうね。今は表情に出さなくなったけど、中身は変わらずですよ、きっと。
名無しさん : 2020/06/04 12:23:12
誠也のストイックさを目の前で見たことあります。
打てずにライトの守備位置ついた時、何か言いながらボコッ!ボコッ!って地面を殴ってました(痛まない程度に音が出る殴り方で)
ライトスタンド1列目で見てて、他の選手と違うなぁーと思いました!
名無しさん : 2020/06/04 08:10:21
マツダの一塁側に座った時 打席で凡退して帰って来た誠也がベンチの手すりを殴ってたのを見たことある
決して良いことじゃ無いかもしれないが 特に若いプロの選手のそんな姿を見ると真剣にやってるんだと安心感もある
名無しさん : 2020/06/04 10:32:06
二人に対して良い指導をしてくれた。
二人とも知性があるのかもしれないけど、緒方監督を信頼していたからこそ受け止めてくれたんだと思います。

野間、聞いてるか?!
名無しさん : 2020/06/04 12:57:43
コーチの誰かが言ってましたよね。

聞いてないようで聞いてるのが誠也。
聞いてるようで聞いてないのが野間。
名無しさん : 2020/06/04 14:54:33
誠也は緒方監督の言っている意味を理解して気持ちを切り替える事が出来た選手で毎年結果を出して今では侍ジャパンの4番を打ってる選手で、野間は言っている事を理解できないで行動を変えれない選手だから期待されても結果を出せない選手。
緒方監督も野間を我慢して使ってたのにその気持ちが伝わらなくて思わず殴ってしまったんだと思う。暴力を振るった事は決して許される訳じゃないけど緒方監督は悔しかったと思います。自分の言ってる事が理解されてない事、結果を野間に結果を出させれなかった悔しさ、そして暴力を振るってしまった事。
それだけ選手の事を1番に考えてたからこそ辛かったんだと思います。
今ならまだ間に合うから野間は緒方監督の考えを真剣に考えてこれからの練習態度や試合に望み姿勢を変えて欲しいと思います。
名無しさん : 2020/06/04 10:21:57
緒方って、不器用無愛想頑固一徹な感じだけど、嘘がなくものすごく愛情深い人だと思う。
名無しさん : 2020/06/04 07:38:23
東出コーチも、「誠也が打てずに悔しがっているときは、僕らも声をかけられない」と言っていたな。
お父さんは、「小さい頃からずっと反抗期が続いているような感じ」と言っていた。
知性も同居したら、怖い物なしだね。
名無しさん : 2020/06/04 09:17:30
誠也に憧れている少年は多いだろう。
プロ野球人として社会人として模範になる人であって欲しい。

でも誠也って素直そうな感じするね!
名無しさん : 2020/06/04 12:01:35
今でも思うが、レフト金本、センター緒方、ライト前田智徳の布陣は凄いメンバーだったなと思う。
また緒方さんのカープの話を聞きたいです。
名無しさん : 2020/06/04 09:41:01
凡退した後のベンチでの態度が目に余ったせいで新井にも呼び出されて説教(新井さんなら口調は”説諭”だろうが)をされた

その後はベンチでは荒れず守備位置ついた時に、口をグラブで隠しながら雄叫びを上げていたらしいね
名無しさん : 2020/06/04 09:30:56
知性のある賢い選手だからこそ日本を代表するバッターになってるんだろうね。プロになる選手はみんなその素質を持っているがやはり賢くない選手はみんな消える。
名無しさん : 2020/06/04 07:17:53
緒方氏の自分に対する厳しさを、皆が理解していたから、言うことも聞くのだろう。
名無しさん : 2020/06/04 09:38:38
大瀬良に対する緒方さんの指摘は正しい
あと、神対応はマスコミが好んて使う言葉だね
自分の都合の良い返答してくれる人に使ってるね
名無しさん : 2020/06/04 13:18:04
現役選手の中でももっとも安定感があるんじゃないか?
調子のムラがなく、チャンスにめっぽう強く、外国人特有のクセ球にも対応できるし、粘ってフォアボール、状況に応じたケースバッティング、逆風を切り裂くホームラン、その上足も速く肩も強い。さらにまだ25歳。個人的には柳田、吉田、大谷等より絶対に打線に組み込みたいタイプの選手だね。メジャーでも活躍できると思う。
名無しさん : 2020/06/04 10:56:48
野間も感じてくれよな。
足の速さとべ―スランニングのスピードはセ界でも上位だと思うんだから。
名無しさん : 2020/06/04 08:11:14
誠也の件、新井さんの記事にも同じ様なものがあった気がしますが、、、まあ先輩、監督らが温かく指導したという事でしょう。 「知性」ね、、能ある鷹は、、では無いですが、普段の様子を見ていると、隠しすぎ、隠しすぎ!!とっ突っ込みたくなります。
名無しさん : 2020/06/04 14:24:02
誠也は先輩から言われた事は素直に従うし律義に守ってる
黒田にはグラウンドでガム噛むなって言われてそれ以降してないし、お立ち台で昔は糞真面目にインタビューしてたけど、菊池から面白くない、もっとファンを楽しませろ!と言われてファンを楽しませるために色々やるようになったり、新井さんには影響受けまくりで沢山エピソードがありすぎる。とにかく素直で賢い印象があります!
名無しさん : 2020/06/04 14:06:51
確かに緒方元監督の言っている事はわかる。
けど、大瀬良は人の良さが滲み出てるよな。
誠也もベンチでは荒れなくなったが凡打や三振の後に斜め上を見ながら何事も無かったフリをしてベンチに戻る姿がなんとも悔しそうで笑ってしまう。
そんな2人は大好きな選手ですね。
そんな2人のプレーをはやく見たい。