広島の鈴木誠也は今季、初めて自身初となる個人タイトル(首位打者、最高出塁率)を獲得した。

 これまでもベストナイン、ゴールデングラブ賞といった表彰をされたことはあったが、意外にも個人タイトルとは縁がなかった。レギュラーに定着した16年以降の打撃成績を見ると、同年は打率.335、29本塁打、95打点の成績を残したが、打率がリーグ2位、本塁打と打点はリーグ5位だった。

 翌17年は4月25日の巨人戦から故障で離脱した8月23日のDeNA戦まで4番に座り、強力広島打線を牽引。戦線離脱するまで打点はリーグトップの90をマークし、2位のロペスに5打点差をつけるなど、初の個人タイトル獲得が見える位置にいた。

 18年も打率がリーグ6位の.320、本塁打がリーグ7位の30本塁打、打点がリーグ6位の94打点だった。

 今季は4月6日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した真中満氏が「完全にノッテきましたよね。昨年も良かったですが、今年はさらに4番としての風格、落ち着きがでてきました。間違いなく(今年も)やる選手ですね」と話したように、6月に月間打率.220に落ち込んだ時期もあったが、その他の月は月間打率3割以上を残すアベレージを見せる活躍ぶり。打率.335で自身初となる首位打者のタイトルに輝いた。

 山本昌氏も解説を務めた4月28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で、鈴木について「日本でもトップクラスに怖いバッターに成長しましたよね。毎年体が大きくなっていますし、4番の風格すら出てきている」と太鼓判を押した。

 来季以降は本塁打王、打点王、さらにはトリプルスリー、三冠王にも期待がかかる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00210435-baseballk-base
名無しさん : 2019/11/26 08:16:33
3冠にセ・リーグでは、一番近い打者だと思います。
侍で4番任されて結果出したので、自信ついたでしょうし。
怪我だけには、注意してほしいです。
きちんとクールダウンしてください。
名無しさん : 2019/11/26 09:17:25
そのタイトルをとってもチームは優勝どころかBクラス、恩師の祝福にも「こんなに悔しいタイトルはありません」って言っていたという。常々「個人の数字はどうでもいい、チームの勝利が一番」と言い続けている誠也らしいし、精神的な成長というか実に頼もしいなと思いました。
そして高みを目指し続ける誠也のことだから、きっとこの成績でも満足はしていないはずだし、自分がもっと打っていれば、という悔しさもあるんだと思います。.335打てたことに満足するのでなく、打てなかった.665を悔しがるのが誠也。プレミアでもまた一回り成長できたと思うし、来年はどんな進化した姿が見れるか楽しみです。
名無しさん : 2019/11/26 09:03:29
タイトルよりチームの成績と常々言っている誠也にとって、
この成績でも忸怩たる思いがあるだろう。
来季はこの鬱憤を晴らすシーズンとしてほしい。

MVP優勝チームからが慣例だけど、自分の気持からすれば誠也だし、
プレミア12で印象づけたから、もしかしたらという気持ちはある。
(まあ、シーズンの成績から判断しないといけないけどね。
名無しさん : 2019/11/26 08:49:34
鈴木誠也は個人よりチームと常々言っている。
しかし、本音はタイトルも選手としては取りたいと思う。
チームの優勝、そして日本一。
その上で三冠王を獲得して欲しい。
名無しさん : 2019/11/26 11:30:04
プレミア12みたいにまともにストライク勝負してもらえれば、やはりポカスカ打ちまくる。
今シーズンは後ろが全然打たないから四球OKの状況が多すぎた。勝ってなおかつ三冠獲るには後ろの打者も大事。後ろが打たないことには三冠は獲らしてもらえない。
松山と打点王争いしつつ、優勝&日本一&MVP、オリンピックも四番で金メダルといきたいところやね。
名無しさん : 2019/11/26 08:09:13
国際大会での活躍といい、今NPBで一番ノッている打者。どこまで成長するか楽しみ。