市原 勝人監督はプロに行く選手には2パターンあると考えている。
「最初から高い意識が備わっていて、後から実力を身に付けるタイプ。そして、才能は素晴らしいけど、取り組みや意識を改めていって、プロを狙うにふさわしい選手になるというパターンがありますが、誠也の場合は後者に入る選手ですね」

 市原監督の指導により、着々と力を付けていった鈴木。甲子園を狙うべく最後の夏に突入した。3年になり、鈴木の評価はぐんと高くなっていた。高校通算43本塁打、50メートル5秒8、投手としても最速148キロのストレートを投げ込む強肩があり、181センチ83キロと恵まれた体格。まさに大型野手に求められるスペックを全て満たしていた。

 実際に二松学舎大附の試合では、鈴木がマウンドに登った時、スピードガンを測ったり、ビデオを撮る人間は見られなかった。逆に打席に立った時、スカウトはビデオを撮り、ストップウォッチを手にした。NPBのスカウトたちは鈴木 誠也を「野手」として見ていたのだ。

 ある試合では、鈴木は一塁まで全力疾走をしたり、左翼線に転がった打球に対し、普通の打者なら一塁止まりの打球を、一気に二塁へ陥れた走塁も実践していた。市原監督は鈴木の姿を見て、「彼はエースであっても、将来は野手としてプロに行くことを考えて、全力疾走をしなさいとずっと伝えていました。投手は全力疾走をしないイメージがありますが、投手だからこそ全力疾走をやる意味があると思うんです。これはチームとしても、個人としてもメリットがある。もちろん怪我には気を付けなさいと言いますけど、ああいう姿を見て、真の中心選手になったのだなとしみじみ思いました」と成長した教え子をそう評価した市原監督。

 集大成として夏の甲子園出場を目指した鈴木だったが、準々決勝で、成立学園に敗れ、甲子園出場を果たすことなく鈴木の高校野球は終わった。市原監督はこの成立学園戦はとくに、鈴木にとって悔しい敗戦だったのではと振り返る。

「この試合、誠也にとって苦い記憶が残った試合だったと思います。先発した誠也がまず打たれて、その後に投げた1年生の大黒 一之が粘り強く抑えて逆転した後に誠也が投げたんですけど、誠也が打たれてしまい逆転負けをしてしまったんです。自分が打たれて負けた試合なので、かなり苦い経験として残っていると思います。誠也は2年夏にはベスト4まで進出していて、最後の夏は2年夏のときよりも悪いベスト8。悔しさを感じたのと同時に、野球の厳しさを実感した試合だったと思います」

 悔しい敗戦で終わった鈴木だが、夏が終わった後、すぐにプロ入りへ向けて始動した。練習の内容は野手メニュー。今までやっていなかったショートの練習を繰り返していった。そして迎えたドラフト会議では、広島東洋カープから2位指名を受け、念願のプロ入りを叶えた。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00010007-hbnippon-base
名無しさん : 2019/09/05 13:46:46
ドラフトの時、広島は鈴木と阪神の北條のどちらにするかギリギリまで迷っていたんだよね。
で、決め手になったのが「どちらが足が速いか」。
今のところではあるけど、広島の選択は間違っていなかった(笑)
名無しさん : 2019/09/05 15:18:22
広島が指名しれたら北條はどうやったんやろ?
たらればやけどもちょっと気になる
名無しさん : 2019/09/05 16:04:48
その北條君、ハムも狙ってたけど、三遊間の深い位置からのスローイング(やや肩に難)観て指名回避したらしい。
名無しさん : 2019/09/05 22:18:19
守備の技術的な面は徹底的に練習させれば大丈夫やろの方針なんだろうな
プロになっても足は急には速くならないし素材を重視したカープらしいやり方
名無しさん : 2019/09/05 13:27:26
他球団ファンながら惚れ惚れするような選手。球団幹部が他の選手を推す中、ずっと鈴木を追ってたスカウトが責任は自分がとると頼み込んで2位指名となったそう。
もちろん球団のその後の育成も素晴らしいが、スカウトからすれば正にしてやったり。
この選手も心配なのは怪我だけ。
これからも球界を代表する選手であってもらいたい。
名無しさん : 2019/09/05 15:28:27
野手として総合力で見た場合、誠也がナンバー1だと思います。
それは、例えばHRが打てる、打率が高い、守れる、走れる・・とかの一つ一つの数字のことでは無く、野球に対する取り組み方や打席に立った時の凄みというか、他の一流とされる選手とももう一つレベルが違う雰囲気を強く感じます。
自分は他ファンですが、このような選手を見抜いた編成の確かな目は、素晴らしいとしか言いようがありません。もちろん、ここまで育て上げたコーチ等の育成能力にも目を見張るものがありますが、この選手にこの恩師あり、をつくづく感じます。
名無しさん : 2019/09/05 15:56:18
坂本 山田を越えて欲しい!打率は今トップだが
名無しさん : 2019/09/05 14:32:43
プロ入り前の誠也は、両親や家族の他に、人としての指導が出来るこんな素晴らしい指導者と巡りあえていたんですね。

私は誠也を見ていると、一番素晴らしいのは、彼の人間性と野球に対する姿勢だと思っていたのですが、この記事を見て凄く納得出来ました。

誠也を中心にチーム一丸となって、誠也が打って、今日は絶対勝つぞ!カープ!
名無しさん : 2019/09/05 16:12:59
どの打席でもホームランを狙うような打者ではない
単打でも盗塁してチャンスを自ら作る、、失敗もあるけどね
いろいろ考えて、頑張った結果として
首位打者が取れるんじゃないかな
頑張れ誠也!
名無しさん : 2019/09/05 14:36:11
昨日は途中から最悪だったけど、生観戦で、やはり神宮とは好相性で、ヤってくれたのが救い。今年は、4月の高橋からのバックSへのHRと、生で観れたのは、コレで2回目。ホント、神宮の申し子という印象。長野の活躍と、打撃は良かっただけに、Pの不甲斐なさには、大失望だった。
名無しさん : 2019/09/05 14:04:38
プロに入ってからの成長が凄い。体格の変わりようがエグい。
名無しさん : 2019/09/05 16:43:06
誠也の素晴らしさはものすごく努力するところ。
東出コーチが小園を春早くに一軍に上げたのは、そんな誠也の姿を見せたいからと言っていました。
名無しさん : 2019/09/05 14:59:35
3位なら、他球団も狙っていたらしいが、ダブルチェックをしない、担当スカウトを信頼する広島らしい取り方だ。いずれ地元に帰ってしまうかもしれないが、いつものことだから、また原石を見つけるだけのこと。
名無しさん : 2019/09/05 15:56:28
ここまでなるとは分かりませんでしたが入団当初から一軍で使いたくなる選手と評判ではありましたね。
名無しさん : 2019/09/05 14:43:45
若いのに打てなくてあんなに悔しがる選手少ないと思う。一打席ごとに。頼もしい
名無しさん : 2019/09/05 14:46:40
これからまだまだ成長伸びしろがある
日本球界の宝。三冠王も無理ではない。
名無しさん : 2019/09/05 13:55:18
栄光の背番号1に相応しい選手ですね。
怪我に気をつけて首位打者を獲得して下さい。
名無しさん : 2019/09/05 14:12:45
近いうち3冠取りそうなくらい素晴らしい選手。神宮で観てて9回勝ってても、誠也と丸にまわる打順だと逆転されるイメージしかなかった。
名無しさん : 2019/09/05 23:02:22
横浜ファンだが、鈴木の背番号1は似合っている。桑原には悪いが、横浜の背番号1は彼じゃない感がしてしょうがない。
名無しさん : 2019/09/05 13:41:43
入団当初に予測なんて出来てませんが何か問題でもありましたか?
名無しさん : 2019/09/05 15:57:28
ここまでなるとは分かりませんでしたが入団当初から一軍で使いたくなる選手との評判でしたね。
名無しさん : 2019/09/05 14:09:46
今じゃ畠山愛理もゲットできる選手になったな
名無しさん : 2019/09/05 15:47:54
昨日つば九郎がそのネタでいじってた。つば九郎にしては結構スベったリアクションになってた。ヤクルトの畠山の話と混ぜたネタだったので、客席でどのくらいの人が理解できてたのか分からない感じでした。
名無しさん : 2019/09/05 17:39:36
畠山…。そうか、まさかのホモとは思わないもんねぇ(笑)