とても彼らしい言葉だった。

 2016年の新語・流行語大賞を受賞し、“神ってる男”と名付けられた広島・鈴木誠也はオフのイベントでこう嘆いたそうだ。

「神ってるって、なんかマグレみたいに聞こえて嫌だった」

 実力を見てほしい、そんな主張だった。
 
 根っからの負けず嫌いにして野球が大好き。悔しいことがあればバットを振り、会話の中心は野球がほとんど。それが22歳にしてスター階段を上り始めた鈴木誠也という男である。

「移動中の新幹線の中でもずっと野球の話ですよ。ゲームはしないし、他のことに興味がないんです。何をしているかというと先輩バッターの動画を見ていたりするんです。入団したころは堂林のバッティングを見ていたので様子をうかがっていると、『どういう風に打てば、堂林さんみたいに右方向に長打が打てるんですかね』という話になる。本当に野球が好きなんですよ。あいつは」

 そう語るのは広島の関東地区担当スカウトを務めて7年になる尾形佳紀である。
 二松学舎大附高校時代の鈴木を追いかけてきた人物だ。

 スカウトにとって入団に関わった選手は弟、あるいは年齢差によっては息子同然のようにかわいがるというのはよく聞く話だ。まだ38歳とスカウトにしては若いほうの尾形にしてみれば、鈴木はかわいい弟みたいな存在だ。

「入団会見のあと、その日の夜、ホテルでバットを振っていたんですから」

 そう優しく担当選手のことについて語ることができるのも、鈴木が昨年ブレークしているからにほかならない。

 しかし実際、鈴木の指名はそう容易に果たせたものではなかった。尾形にとっては、スカウト人生を賭けるくらいの覚悟が必要だった。


引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170101-00010001-baseballc-base
名無しさん : 2017/01/01 11:10:08
すごく良い記事。
ドラフトが如何に真剣で、選手の人生を左右するものかよくわかる。
今年も鈴木選手の活躍が楽しみです、。
名無しさん : 2017/01/01 15:24:18
いい選手にいいスカウト、周囲の人間関係…
それが縁というものだね(^_^;)
名無しさん : 2017/01/01 11:09:08
尾形は選手の時から好きな選手でしたが、スカウトとしても一流ですね。
これからもカープのためにお願いします。
名無しさん : 2017/01/01 19:02:04
巧打ショート尾形はケガさえなければ慶彦の後継者になってもおかしくなかった。
名無しさん : 2017/01/01 23:12:13
実際。尾形が怪我するまではチームも上位キープできてたし、
選手として持ってるものが違ったよね。
未だに怪我さえなければ…と惜しむファンが多いからねぇ。
名無しさん : 2017/01/01 11:53:45
誠也を見る目があった尾形も偉いが、活躍して尾形を助けた誠也も偉い。尾形は現役時代良い選手だったのに度重なる大怪我で思うように行かなかった無念がある。スカウトになってからの彼もどうやら良い仕事をしているようで嬉しい。誠也には尾形の分もますます頑張ってほしいと思うね。
あと話が変わるが、ということは北條もやはり素材自体は凄いということだね、今さらだけど。
名無しさん : 2017/01/01 11:29:40
素晴らしい記事だな。
尾形は選手時代好きな選手だった。
センスもいいし闘志もあったが怪我が
残念だったな。
名無しさん : 2017/01/01 11:24:44
素質ある選手を発掘しても、ドラフト制度があるから入団までこぎつけるのは大変だというのが良く分かりました。
名無しさん : 2017/01/01 11:19:35
流し読みとか考えずに最後まで読んでしまった。それだけ読みやすい。
確か森(楽天)と増田(西武)と投手補強のくじを外した年でしたね
2位指名も野手?と思いましたが周りのスカウトも悔しがっていたと聞いて、もしかしたら大きく育つかもしれないとは思っていましたがここまでなるとは想像もつきませんでした。
名無しさん : 2017/01/01 13:00:16
逆に広島はソフトバンクの柳田を指名負けしたからドラフトって難しいなぁと思う。
名無しさん : 2017/01/01 22:12:34
王さんが土壇場で「いちばん長打力のある選手」
ということで2位指名を秋山からギータに変えた
王さんの鶴の一声がなければ秋山がSBに、
ギータが広島に入団していたかも・・・
名無しさん : 2017/01/01 12:15:43
良い話ですね(^^)
名無しさん : 2017/01/01 12:55:08
今年の流行語は「実力ってる!」
名無しさん : 2017/01/01 14:30:53
実ってる
名無しさん : 2017/01/01 13:05:40
スカウトの気持ちが凄く伝わる記事でした。

普段は裏方ですが、育成球団にとってはとても要になる仕事だと思います。
名無しさん : 2017/01/01 12:17:13
誠也の実力は、マグレなんかじゃない!「神ってる」とは、その状況で誠也が出来る最高の結果をいつも出してくれるという意味。これからも間違いなくカープを背負っていく存在。今年も期待している。頑張れ、誠也!
名無しさん : 2017/01/01 11:59:02
広島2位指名に巨人は地団駄を踏んで悔しかっただろうが、鈴木選手にとっては良い巡り合わせとなったね。
名無しさん : 2017/01/01 12:11:24
面白い記事だなー
いまのところ今年一番面白い
名無しさん : 2017/01/01 19:59:32
面白い記事でした。
「グラウンドでの立ち姿や走るその姿勢」って書いてあるけど、
仕事でも、それだけで伝わってくる物ってあるよね。
名無しさん : 2017/01/01 11:59:13
でも北條でも当たりだったな、誠也ほどではないが。近藤と言い合いになるわけだ
名無しさん : 2017/01/01 12:08:45
WBCの強化試合の合宿だったかな?
鈴木選手は同級生の大谷選手の部屋へ行って、良いところを色々学ぼうと思ってたと仰っていましたね。
日本シリーズに負けた後もすぐ1人残ってバッティング練習…やっぱり努力を怠らない選手は応援したいと思う。
名無しさん : 2017/01/01 11:50:10
誠也は三冠王を狙える逸材。
名無しさん : 2017/01/01 12:54:10
尾形がケガなく、プロ野球人生を送っていたら、誠也はカープにいなかったとも言えるわけだ。
ケガの功名って言葉があるけど、まさにそれやな
名無しさん : 2017/01/01 11:16:26
こうやってみると誠也がカープでプレイしてるのも当たり前じゃないんだなぁと思った。いろんな奇跡や偶然が重なってるんだなと。
名無しさん : 2017/01/01 11:50:59
なるへそ!
北條との比較の話、いい記事ですね。
ナイス、尾形ちゃん。
勿論、選手時代の尾形も知ってますよ。
名無しさん : 2017/01/01 14:25:18
今年が勝負です。
まだ一年しか結果が出せていない。
スター選手になる為には。
名無しさん : 2017/01/01 14:34:19
けどその北條も今年はプチブレークしたからね。
名無しさん : 2017/01/01 11:56:51
尾形スカウト頑張った
スカウトにはスカウトの熱意や駆け引き、ドラマがあるんだね
名無しさん : 2017/01/01 11:57:17
来季も大いに期待。
名無しさん : 2017/01/01 12:26:38
カープのスカウトは凄い。
そして、スカウトの期待にこたえた誠也も凄い。
名無しさん : 2017/01/01 13:13:03
1年活躍しただけで消える選手なんていくらでも居る。
最低でも3年やらないとスターとは言わない。
名無しさん : 2017/01/01 12:51:02
でも広島のスカウトの評価は、北條や鈴木よりも高橋の方が上だったんだね

ドラフトは難しいわ
名無しさん : 2017/01/01 13:12:36
あの時外れ外れで北條も取れた訳だから
1位北條2位鈴木も出来たんだな
名無しさん : 2017/01/01 13:34:10
評価だけでなく他球団との兼ね合いで何位なら取れるかという読みもあるから、必ずしも順位と評価は一緒じゃないよ。
名無しさん : 2017/01/01 13:24:54
これは広島スカウトの優秀がわかる記事だね。
入団後も本人が努力して活躍したんだから
鈴木選手も相当努力したのだろう。
それにしても打つのもバズーカみたいな
肩も凄い選手だよ。
名無しさん : 2017/01/01 12:48:23
尾形スカウト、怪我さえなければ名ショートだったかも。誠也も怪我せず頑張れ
名無しさん : 2017/01/01 12:13:55
誠也に関して言えば、当時SBのほかに、巨人も注目していたらしい。
4位どころか、3位でも消えていた可能性がある。
スカウトの尾形は現役当時、走行守、三拍子揃った選手だった。
尾形が果たせなかった夢を、時代を超えて誠也が追っている。
名無しさん : 2017/01/01 12:56:52
いい選手を獲ったなと思う。
名無しさん : 2017/01/01 13:27:19
これは読みごたえのある記事だった。
鈴木の評価は外れ一位の可能性まで高まっていたとは。
名無しさん : 2017/01/01 13:22:06
尾形、良い選手だったなぁ。
遊撃手としても期待したし、大怪我後に外野手として本塁打を打った時は感動した。

自信が果たせなかった事を、鈴木誠也がやってくれたんだなぁ。
今年も広島は加藤、高橋昂、坂倉、長井と関東の選手を獲ったよね。
ほとんど投手だけど、きっとこの中にも尾形の眼鏡に叶った選手がいるんだろうね。

九州の田村、中部の松本といい、広島のスカウトは凄いな。
名無しさん : 2017/01/01 14:21:08
なかなか聞けない話だね。
運命、ってのを感じる。
尾形はケガで苦労したけど、いいスカウトになったね。